美容整形の新着記事一覧

美容整形の新着記事一覧

医師が監修・執筆した美容整形や皮膚科の施術に関する記事やニュースを新着順に紹介しています。施術の効果や流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)について学べます。
【医師解説】二重整形に失敗したら修正可能?再手術で目指せる目もととは

【医師解説】二重整形に失敗したら修正可能?再手術で目指せる目もととは

二重整形後、仕上がりに不満をもっている方は実は少なくありません。そのため、修正手術を検討する人もいます。修正手術では、二重の形や幅を変えたり、傷を目立たせなくさせたりすることができます。通常の美容外科手術のほか、目もとや豊胸術の修正も行っているタウン形成外科クリニック総院長、石原先生にお話を伺いました。

【医師解説】二重切開はバレる?自然な仕上がりが目指せる「つるきり法」とは

【医師解説】二重切開はバレる?自然な仕上がりが目指せる「つるきり法」とは

二重整形は人気の高い治療ですが、「整形をしたことがバレてしまう」ことがあります。それは不自然な二重幅が主な原因。ティーズクリニックでクリニックで行っている「つるきり法」による二重切開法なら、まるで最初から二重だったかのような自然な仕上がりが目指せます。しかし、施術時間が長い、二重のラインが多少ズレる場合があるといったデメリットもあります。

目頭切開をしたことは友人・彼氏にバレる?周囲に知られず整形を受ける方法

目頭切開をしたことは友人・彼氏にバレる?周囲に知られず整形を受ける方法

目頭切開が他人にバレるケースとしては、抜糸前の縫合糸がまだ目頭についている状態で人に会ったり、不自然な目もとになったり、切開の傷あとが目立つ形で残ってしまった場合などがあります。抜糸までは人に会わず、高い技術を持つ医師を選び、カウンセリング時に医師とよく相談することが、目頭切開がバレる可能性を低くすることに役立ちます。

目頭切開のダウンタイムと術後の経過は?治療はいつ完成する?

目頭切開のダウンタイムと術後の経過は?治療はいつ完成する?

目頭切開の術後のダウンタイムは、一般には1〜2週間であるとされます。術後1週間前後に行う抜糸後は、大きな腫れも引き、アイメイクも可能に。しかし主な腫れが引くには2週間〜1か月、治療が完成するまでには約半年を要します。治療完成を早めためには、術後の生活制限を正しく行うことが重要となります。

二重・目もとの整形の費用相場とは?注意すべき料金表示の秘密

二重・目もとの整形の費用相場とは?注意すべき料金表示の秘密

二重整形には健康保険が適用されませんが、美容整形の治療のなかでは比較的安価な治療です。料金設定が安価なクリニックを選んだり、割引キャンペーンを利用したりすることで、治療費を抑えられます。二重整形と目頭切開や目尻切開の手術を同時に受ける場合は、お得なセット料金が設定されているクリニックも。

事前に知っておきたい!脂肪吸引手術の1日の流れ

事前に知っておきたい!脂肪吸引手術の1日の流れ

脂肪吸引当日は、病院に到着して受付をすませ、体調確認と医師の診察を経て、点滴と麻酔が行われた後にに手術が開始されます。術後は休憩室で数時間休み、帰宅できるまで体調が回復したのち、薬の処方を受けて帰宅します。術後は疲労感や腫れ、痛みが強いため、帰宅後すぐに安静の体制に入ることができるようにしておくと良いでしょう。

太い鼻筋や曲がった鼻筋を改善!「鼻骨骨切り術」とは

太い鼻筋や曲がった鼻筋を改善!「鼻骨骨切り術」とは

太い鼻筋や曲がった鼻筋の原因は、鼻筋の骨「鼻骨」の幅が広かったり、横方向に突出していることが原因です。この場合は、鼻骨に切れ目を入れて中央に寄せて幅を縮小する「鼻骨骨切り術」という整形手術で改善が期待できます。術後は2週間ほどギプスを装着して、新たに形成した鼻骨の形を固定させます。

ワシ鼻を改善して女性らしい顔に!ワシ鼻修正(ハンプ修正)術とは

ワシ鼻を改善して女性らしい顔に!ワシ鼻修正(ハンプ修正)術とは

鼻骨と鼻軟骨が盛りあがっている「ワシ鼻」は、盛りあがっている部分を削る「ワシ鼻修正(ハンプ修正)術」により改善が期待できます。ワシ鼻の盛りあがりが大きい場合は、「鼻骨切り幅寄せ手術」などのほかの整形手術も併用することがあります。術後には1〜2週間のあいだギプス装着が必要となり、この期間がダウンタイムとなります。

ほうれい線を美容整形で薄くしたい!どのような治療法があるの?

ほうれい線を美容整形で薄くしたい!どのような治療法があるの?

ほうれい線を美容整形治療で改善するには、ヒアルロン酸注入や脂肪注入、高周波治療や切らないフェイスリフト、肌再生療法などの治療法があります。ヒアルロン酸注入や高周波治療では即効性が期待できるものの効果は一時的です。脂肪注入や切らないフェイスリフト、肌再生療法では長期的な効果が期待できます。

知っておきたい!切らない鼻整形の効果や持続期間・注意点とは

知っておきたい!切らない鼻整形の効果や持続期間・注意点とは

皮膚の切開を伴わない「切らない鼻整形」には、ヒアルロン酸注入による隆鼻術や、脂肪溶解注射による鼻尖縮小術、糸を使った「団子鼻」の治療(切らない鼻尖縮小術)や、糸を使った「ブタ鼻」の治療(切らない鼻中隔延長術)があります。ダウンタイムが短く、低価格であるメリットがある一方で、効果が一時的であるなどのデメリットもあります。

鼻整形は他人に秘密で受けられる?ブラックライトで光る?バレるのを防ぐ方法

鼻整形は他人に秘密で受けられる?ブラックライトで光る?バレるのを防ぐ方法

鼻整形がバレることが多い鼻には、特徴があります。横から見たときに鼻筋が一直線である場合や、眉間や鼻の付け根にしわがよらない鼻、俗に言う「アバター鼻」や、プロテーゼの輪郭が浮き出ている鼻などです。鼻整形がバレることをふせぐには、高い技術をもった医師の治療を受ける、大きな変化を望まないことなどが重要となります。

ブタ鼻の改善が目指せる!鼻先を伸ばす鼻中隔延長術とは

ブタ鼻の改善が目指せる!鼻先を伸ばす鼻中隔延長術とは

鼻中隔延長術とは、鼻先に軟骨を移植して、鼻先の長さを延長する整形手術です。鼻先が上を向いた、いわゆる「ブタ鼻」の解消効果が期待できます。移植に使う軟骨は、耳介軟骨や鼻中隔軟骨、肋軟骨を患者の体から採取します。鼻中隔延長術は難易度の高い手術であるため、治療を受ける医師を慎重に選ぶことが重要です。

意外と多いコンプレックス!耳の形の改善が目指せる整形治療

意外と多いコンプレックス!耳の形の改善が目指せる整形治療

立ち耳や柔道耳、大きな耳たぶや小さな耳たぶ、裂けた耳たぶなどの耳の悩みは、整形治療により改善が期待できます。なかにはヒアルロン酸注入のように、手軽に受けることができる治療法もあります。立ち耳や先天性耳垂裂などの先天的な耳の変形や、柔道耳などの外傷による耳の変形の場合は、健康保険が適用されるケースも存在します。

唇の厚みを薄くする整形手術「口唇縮小術」ってどんな治療?

唇の厚みを薄くする整形手術「口唇縮小術」ってどんな治療?

厚みのある唇を薄くしたい場合、整形手術「口唇縮小術」により効果が期待できます。口唇縮小術では、唇の粘膜や筋肉の一部を切除することで、唇の大きさや厚みを縮小します。しかし、唇を過度に薄くした場合の修正治療は難しいため、口唇縮小術では粘膜の切除量を慎重に決める必要があります。 


ヒアルロン酸注入による豊胸術の効果やデメリット、費用相場まとめ

ヒアルロン酸注入による豊胸術の効果やデメリット、費用相場まとめ

ヒアルロン酸注入による豊胸術は、注射器で乳房にヒアルロン酸を注入することで乳房を大きくする治療法です。注入箇所や量の調節により、谷間を形成したり、左右差をなくしたりなどの効果も期待できます。一度に大量のヒアルロン酸を注入するとしこりなどのリスクがあるため、ヒアルロン酸豊胸では、1〜2カップのサイズアップが上限とされています。

知っておきたい!「ヒアルロン酸注入」のしくみと効果やリスク

知っておきたい!「ヒアルロン酸注入」のしくみと効果やリスク

ヒアルロン酸は、人間の体内にもともと存在する、保水力にすぐれた物質です。美容医療でヒアルロン酸注入が行われる場合は、皮膚などのボリュームを増すことで、希望する形状をつくったり、しわなどを目立たせなくしたりする目的で使われます。即効性が期待できますが、体内で吸収されていくため、効果の持続期間は数か月〜半年であるとされています。

小鼻の大きさを改善!小鼻整形「小鼻縮小術」とは

小鼻の大きさを改善!小鼻整形「小鼻縮小術」とは

小鼻の大きさを改善する治療に、小鼻の皮膚を切除する小鼻整形「小鼻縮小術」がありきます。小鼻縮小術の術式には、鼻の内側を切開する「内側法」と、鼻の表面を切開する「外側法」、切開せず小鼻を糸で中央に寄せる「ケーブル法」があります。小鼻縮小術では小鼻の膨らみは改善可能ですが、小鼻の幅を狭くすることは難しいとされます。

「団子鼻」の解消に効果的な鼻尖形成「鼻尖縮小術」とは?

「団子鼻」の解消に効果的な鼻尖形成「鼻尖縮小術」とは?

団子鼻の原因には、皮膚や脂肪の厚み、左右の鼻翼軟骨の発達などがあり、鼻先の大きさを縮小する手術「鼻尖縮小術」で改善が期待できます。鼻尖縮小術は脂肪や軟部組織を除去し、左右の鼻翼軟骨を中央に寄せて縫合するなどの処置が行われます。希望する鼻の形になるためには鼻尖縮小術に熟練している医師の治療を受けることが重要です。

プロテーゼ挿入による隆鼻術の効果や手術の流れ、失敗例や修正治療まとめ

プロテーゼ挿入による隆鼻術の効果や手術の流れ、失敗例や修正治療まとめ

プロテーゼ挿入により鼻を高くする「隆鼻術(りゅうびじゅつ)」では、プロテーゼを鼻骨と骨膜のあいだに挿入します。鼻筋を高くしたり、まっすぐにする効果が期待でき、効果は基本的には半永久的に持続するとされています。プロテーゼの周辺組織が炎症を起こしたり、プロテーゼが正しい位置に挿入されていない場合は、抜去が必要となることも。

鼻の悩み別・鼻整形の種類と治療内容まとめ

鼻の悩み別・鼻整形の種類と治療内容まとめ

鼻整形には、鼻を高くする「隆鼻術」や、ブタ鼻を改善する「鼻中隔延長術」、団子鼻を改善する鼻尖縮小術や、鼻筋を細くする鼻骨骨切り術などがあります。鼻整形の特徴は、修正治療が難しいこと。基本的に、鼻整形は一度のみ受けることができると考えたほうが良いでしょう。

1~20件を表示 / 363記事中

口コミ・費用明細投稿

クリニックに行こうか悩んでいる人が、
あなたの体験を必要としています。

口コミ・費用明細を投稿する

投稿でamazonギフト券プレゼント!

本日のアクセスランキング

ピックアップクリニック

注目の医師

理事長・院長 田牧聡志

田牧聡志

理事長・院長 / 監修記事 (1)

ティーズクリニック形成外科

総院長 兼 郡山院長 石原信浩

石原信浩

総院長 兼 郡山院長 / 監修記事 (1)

タウン形成外科クリニック

サイトメニュー