NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年07月01日 更新 | 15,528 views

超簡単に自力で二重まぶたにするテクニック3選

くっきりした二重まぶたにすることで目力がアップして、顔の印象が明るくなります。二重まぶたのキレイなあの子も、もしかしてこっそりこの方法を試しているのかも……? そんな二重まぶた、実は自力で作れるんです! 特におすすめの厳選テクニックを3つを紹介します。毎日やり続けることが一重まぶたを二重まぶたにする秘訣です。

一重まぶたにも魅力はありますが、キレイな二重まぶたには憧れます。

でも実は一重の人でもきれいなくっきり二重まぶたにする方法があるんです。

やり方はどれもとても簡単で、しかも費用もあまりかかりません!

この記事で紹介する「一重まぶたを二重まぶたにする簡単テク」

  • 輪ゴムを使って二重まぶたを作る方法
  • 絆創膏で二重まぶたを作る方法
  • オロナインで二重まぶたを作る方法

どうして一重になってしまうのか

とくに女子の悩みのタネになりがちな一重まぶた・・・。どうして一重まぶたが生まれてしまうのでしょうか。

これれは遺伝によるものが大きいとされていますが、それ以外にも原因がないわけではないようです。

遺伝による一重の発症

一般的に二重まぶたにならない原因としては、遺伝によるものが大きいとされています。

遺伝的には二重が優生、一重が劣性の遺伝子として分類されているということをまず念頭においておきましょう。

両親が一重だった場合、ここから二重の子供が生まれるということは考えられません。しかし両親が二重同士だと子供も二重かというと、実はそうではないのです。

両親たちの持つ、発症しなかった劣性遺伝子(一重の遺伝子)が子供にどちらも受け継がれると、例え両親が二重でも一重の子供が誕生してしまいます。

このように、二重まぶた・一重まぶたは遺伝による発症が大部分を占めるのです。

まぶたの脂肪やむくみ

ただ遺伝以外の要因が考えられることもあります。それはまぶたのむくみや脂肪です。これらが厚ぼったいまぶたを作り出しているケースも考えられます。

脂肪による一重の形成というのは太っている人だけがなると思われがちですが、実は痩せていても顔にだけ異様に脂肪がつきやすい人もいるので一概には言えません。

そしてむくみは、身体の循環が滞っているときに良く起こります。お酒を飲みすぎた日や塩辛いものを食べ過ぎた翌日に、よくむくむことがあると思いますがこれらも一重を形成するファクターです。

どちたもマッサージなどを行えば解消される可能性があります。一重を改善するマッサージは後述しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

1. 輪ゴムを使って二重まぶたにする方法

高い所に上って、風に髪をなびかせながら正面を見ている女性

この輪ゴムを使って二重まぶたにする方法は大人気youtuberの関根理沙さんもイチオシの方法です。彼女自身もブログでやり方を公開しています。用意する物はたったの2つ。

  • 輪ゴム
  • タコ糸

タコ糸は百均で手に入ります。

やり方

  1. まずタコ糸の端と輪ゴムを結びます。そしてその輪ゴムを片方の耳にひっかける
  2. 次になりたい二重幅に合わせて目のまぶたの上に糸を引っ張っていく。このとき、きつくしすぎないのがポイント!
  3. 自分に合った長さを調整し、結んでいない片方の端を輪ゴムに結んでもう片方の耳にかければ完成

糸をきつくしすぎると眉間に跡が残ってしまうので注意。

メイク前お風呂あがりのパックのときなどに毎日やれば、自然に二重まぶたになっていくんだとか。

2. 絆創膏で二重まぶたにする方法

顔の横に手を当て、不思議そうにこちらを見ている女性

二重まぶたにするテープは100均でも買えますが、家にある絆創膏でも代用できます。

むしろこの絆創膏を使ったテープで二重まぶたにする方法のほうが効果が高い!という口コミも多数アリ。

用意する物は

  • 絆創膏
  • はさみ

の2つだけ。家にあるものでできちゃうからコストはなんと0円!

やり方

  1. 絆創膏の粘着部分を、自分の目の横幅のサイズに細くカット
  2. 目を薄く開けた状態で、自分が二重のラインを作りたいところに切り取ったばんそうこうの両端を引っ張りながら貼り付ける

たったこれだけ!

できれば家にいる間や寝ている間ずっと貼り続けていると効果が高くなるそう。

寝る前の習慣にすれば、翌朝ぱっちりした二重まぶたが手に入るかも。地道に頑張りましょう!

3. オロナインで二重まぶたにする方法

これは最近話題の二重まぶたにする方法です。オロナインとは、大塚製薬が販売している皮膚疾患用のオロナイン軟膏のことです。やり方もとてもシンプル。

  1. 寝る前にまぶたにオロナインを塗って、目を閉じたまま眼球をくるくると回す
  2. 二重ラインを入れたいところに塗り、ヘアピンなどでラインをなぞったり、軽くつついたりする

たったこれだけで二重まぶたが出来るそう。

なぜオロナイン軟膏で二重まぶたをつくれるのか

その理由は、「オロナイン軟膏をつける事で発汗作用によりまぶたの脂肪が落ちるから」とか……。

ただ、これは実際に二重まぶたにする方法として効果があった!という人とまったくダメだったという人で意見が分かれます。

公式見解では、オロナインには脂肪燃焼させるような成分はまったく入っていません

オロナインを塗ることでマッサージしやすくなり、むくみがとれ二重まぶたができやすくなるのでは?という説が有力です。

簡単な方法なのでぜひ試して欲しいですが、付けすぎてオロナインが目に入らない様に注意してください。

一重を解消するマッサージ

一重はむくみや脂肪が原因で引き起こされている可能性もあります。そんなときは、マッサージを施して解消していきましょう!

毛細血管マッサージ

目の周りの血行をよくすることで、代謝をアップするという方法です。これによってむくみが解消されるかもしれません。気になる方はトライしてみてください。

  1. まゆげの下を親指の腹の部分で軽く抑える
  2. 15秒くらい軽く抑えらたぱっと指を離す
  3. これを眉頭から眉尻の方まで進めていきます
  4. 今度は眼球下の骨のフチの部分を人差し指を使って刺激していきます
  5. これも先ほどと同様15秒程度行っていきます

これらを一日2回行うと、効果が出てくるようです。目元はデリケートな部分ですので、マッサージを行うときは慎重に行いましょう。

化粧水やクリームを塗ったあとのお肌は滑りがいいので、スキンケアが終わってからマッサージを行うとより効率的でおすすめです!

またお風呂上がりは皮膚が水分をたくさん要していて、マッサージの効果が得られやすいタイミング。お風呂から出たら体が冷えないうちに、マッサージを行いましょう。毎日のちょっとした努力が、ぱっちり二重の自力形成につながっていきます。

自力で二重まぶたにする方法では、動画付きで二重まぶたにするマッサージ方法を紹介しているので、見てみてください。

少しずつでも二重に近づく方法

上記に紹介した方法以外にも、些細なことですが二重まぶたに近づけるメソッドがあります。日常のちょっとした意識の中でできることなので、実践してみてください。

  • 意識的に目を大きくあける
  • 爪で毎日二重の線をつけてクセ付けする
  • 一日に500回以上まばたきをする

一重から二重の形成に関しては、要する期間にかなり個人差があるようです。毎日にようにこういった努力をして、3ヶ月程度で二重になった人もいれば数年かけたという人もいます。

二重まぶたは毎日の努力で作れる

鏡を見て結婚式の余韻に浸っている女性

今回紹介した3つの二重まぶたにする方法は、「すごく効果があった!」方法として、沢山の人がブログやサイトで紹介している方法です。

どの方法もお金があまりかからないプチプライス。後は自分の努力次第です。

これらの二重まぶたにする方法は、毎日しっかりとやり続けるのが一番のコツ。二重まぶたを自然に作るには、ある程度の期間継続することが大切です。

とはいえ、二重まぶたができるのは個人差があります。この二重まぶたにする方法で、たった2日で二重まぶたになった人もいれば、1年かかったという人も。

まずは1週間、二重まぶたにする方法を試してみてはどうでしょうか。やればやっただけ、必ず効果が出るはず。

まとめ:二重まぶたを作る簡単テクのおさらい

輪ゴムを使う方法

  1. タコ糸の端と輪ゴムを結んで輪ゴムを片方の耳にかける。
  2. きつくしすぎないように注意して、作りたい二重幅の合わせて糸をまぶたの上へと引っ張る
  3. 長さを調整し、もう片方のタコ糸の端も輪ゴムに結んで耳にかければ完成!

絆創膏を使う方法

  1. 絆創膏を目の幅に合わせてカットする。
  2. 作りたい二重のラインに合わせて、先ほどカットした絆創膏の両端を引っ張って貼れば完成!

オロナインを使う方法

  1. 寝る前に、まぶたにオロナインを塗って眼球をくるくる回してみる。
  2. 二重ラインを作りたいところに合わせて、ヘアピンなどでやさしくつついてみて二重になれば完成!

二重を定着させるにはこれらの方法を毎日やり続けるのがベストです。

images via shutterstock

written by ぎりぎりへぶん

あわせて読みたい

いま話題の記事をまとめてチェック!おすすめの特集記事を紹介します。

二重整形の地域別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

品川美容外科 福岡院

西鉄 福岡駅より徒歩約5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44066 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ