NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1025記事

メルマガ登録

2016年08月09日 更新 | 7,985 views

野菜ダイエットにいいのは、生野菜? 温野菜?

ダイエットといえば「肉はNGで野菜はOK」というのがお決まり。ダイエットを始めようというときに、やはり「野菜を多くとろう」と考える人は多いはず。しかし、ただ野菜を食べていればやせられるものなのでしょうか。そして、そもそも野菜ダイエットに効果はあるのか......。そこで今回は、野菜ダイエットについて検証してみました。

栄養価が高く、カロリーが少ない野菜は、ダイエットの強い味方。

ダイエットのために野菜を積極的に食べようと!考える人は多いと思います。

しかし、ご用心。「野菜ダイエット」は、やり方を誤ると身体を壊してしまうおそれもあるんです。

今回は、野菜中心の食生活で健康的に減量するための秘訣をご紹介します。

この記事に書いてあること

  • 野菜ダイエットの効果
  • 効果的な野菜ダイエットのための方法
  • ダイエットに効果的な野菜、おすすめの料理、おすすめの食べ方

野菜ダイエットでやせられる?

結論からいうと、野菜を食べるだけでやせられるのかというと、そうとも限りません。

それじゃあ野菜をとる必要がないのかというと、それは違います。

野菜ダイエットで効果を得るために大切なことは、野菜の「食べ方」なんです。

「野菜だけしか食べない」はNG!

野菜だけを食べていればカロリーも抑えられて、ダイエットにいいと思っている人は要注意。

野菜だけしか食べないと、栄養不足になってしまい、ダイエットどころか体調を崩してしまいかねません。

なにより、とくに肉類に多く含まれているタンパク質が不足すると、身体の基礎代謝が下がってしまいます。

そして基礎代謝が下がると脂肪燃焼力が弱まるので、余計に太りやすくなってしまう結果に。

もちろん、1日に必要な野菜の摂取量である350グラム分の野菜は毎日摂取していただきたいところですが、それだけ食べていればいいというわけでは決してありません。

効果的な野菜ダイエットのための野菜の食べ方

それでは、ダイエットに効果的な野菜の食べ方とはいったいどういったものなのでしょうか。

バランスの良い食事

まず重要なのは、さまざまな食品をバランスよく食べること。

これはダイエット以前に食生活の基礎ですが、とても大切なことなんです。

人間の身体を健康に維持するためには、ビタミンやミネラルだけでなく、炭水化物やタンパク質、脂質なども適度に摂る必要があります。

ダイエット中の人は脂質や炭水化物を過剰に忌避する傾向がありますが、これらが不足すると栄養不足になったり、肌から油分が失われてカサカサになったり、脳の働きに支障をきたしたり、脂肪燃焼するためのエネルギーが生まれず、かえって痩せにくい身体になってしまったりすることも。

なにより、食べた感じのしない物足りなさでストレスがたまってついにはダイエット放棄......などということも考えられます。

生野菜? 温野菜? 野菜のダイエットに効果的な食べ方

野菜を食べるにしても、生野菜や温野菜など、調理方法はさまざま。

とくに野菜ダイエットというと生野菜か温野菜、どちらを食べればいいの?と思う人もいると思いますが......これに関しては一長一短です。

生野菜は身体を冷やしてしまいますがビタミンなどの栄養は摂取しやすく、一方、温野菜は身体を温め食べやすいですが、熱を加えることでビタミンや栄養が失われてしまうことがあります。そのときそのときで食べやすい方を選びつつ、生野菜と温野菜の両方をバランスよく取り入れていくのがいいのではないでしょうか。

私は寒い日はキャベツやレタス、人参などを茹でて温野菜にして食べ、暑い日は生野菜サラダというように、そのときの天候によって食べ分け、食感の変化を楽しんでいます。こうすれば野菜ばかりで飽き飽き......ということも少ないです。

野菜ダイエットの強い味方!ダイエットに効果的な野菜

ひとくちに「野菜」といっても、栄養価や糖質の量にはものによってかなり差があり、すべての野菜がダイエットに良い野菜とは限りません。

なかでも、とくに野菜ダイエットに効果的な野菜は、栄養価の高いトマトやホウレンソウ、アスパラガスなどの緑黄色野菜や、キャベツ、レタス、ブロッコリー、デトックス効果のあるキュウリやゴボウ、大根、セロリなど。

ビタミン豊富で香りがよく、料理の食べごたえを増してくれるきのこ類などもおすすめです。

これらのダイエットに効果的な野菜を摂取することで、より効率的に野菜ダイエットをおこなうことができるでしょう。

野菜ダイエットにおすすめの野菜料理

生野菜にしても、温野菜にしても、毎日たくさんの野菜を食べるとなると、すこし味に変化をつけたくなってきます。

野菜を生のままや茹でただけで食べていては味気ないですから、調理法や味付けなどを工夫してみましょう。

私自身が野菜ダイエットを実践していた際に重宝した、応用が利く野菜メニューを少しだけ紹介します。

デトックススープ

色々な味を楽しみたいという人は、スープやお鍋はいかがでしょうか。

お肉を入れて作れば、肉も野菜も効率よくとることができます。

私のおすすめの食べ方は、通称「デトックススープ」です。

作り方はいたって簡単、お鍋に切ったセロリ、キャベツ、ささみ、生姜、にんじん、トマトホール缶、水を注ぎ煮込むだけ。

野菜も肉も摂取できるうえに、セロリとキャベツの食物繊維でお腹の中の毒素を排出できます。

そしてトマトの味付けで満足感を得られるし、生姜で身体の基礎体温をあげて新陳代謝アップも期待できます。

実際これを夕飯として食べ続けると、お通じがよくなり肌が以前より荒れにくくなりました。

サラダ

料理に手間をかけられないという人にぴったりなのがサラダ。

こちらも食べ方には気を付けましょう。

注意すべきはドレッシング。マヨネーズやごま、甘めのドレッシングはカロリーが高く、糖分も油分も多いので、かけすぎてしまうとせっかくの野菜ダイエットも効果が薄れてしまいます。

そこで、おすすめなのがオリーブオイルです。

オリーブオイルは、ビタミン吸収の手助けをしてくれます。完全に油をシャットダウンするのではなく、どうせならダイエットにいい油をとるようにしましょう。

お手軽なダイエット法「ベジタブルファースト」

野菜ダイエットをする際に、私がぜひ一緒に取り入れることをおすすめしたいのが「ベジタブルファースト」という食べ方ダイエット法です。

やり方はいたって簡単で、食事を野菜から食べるだけというもの。

野菜を先に食べておくと、野菜に含まれる酵素が、食後のインスリンや糖分の上昇を抑えてくれるんです。

また、先に野菜でお腹がある程度ふくれるので食べすぎを防ぐことができます。

この「ベジタブルファースト」はダイエット効果だけでなく、老化や糖尿病予防にも効果があると言われています。

野菜が苦手という人は、まずは「ベジタブルファースト」だけでも先に試してみてはどうでしょうか。

まずは野菜のことを知ろう

野菜の力を生かしてダイエットをするためには、まずはそれぞれの野菜の特性を知ることが大切。

知識をもとにダイエットに効果的な野菜の選別や適切な調理をおこなうことで、より効率的な野菜ダイエットをおこなうことが可能になります。

written by 戸隠

まとめ:野菜ダイエット

野菜ダイエットの効果

  • ダイエットにつながるかどうかはどうかは野菜の食べ方しだい
  • 野菜だけしか食べないのは逆効果

効果的な野菜ダイエットのための方法

  • さまざまな食品をバランスよく食べる
  • 生野菜と温野菜はそれぞれ一長一短、状況しだいでどちらもバランスよく取り入れるのが吉

ダイエットに効果的な野菜、おすすめの料理、おすすめの食べ方

  • ダイエットに良い野菜は、栄養豊富な緑黄色野菜やデトックス効果のある野菜、きのこなど
  • 野菜はスープやサラダなどにして味や触感に変化をつけるのがおすすめ
  • 野菜をはじめに食べる「ベジタブルファースト」でさらなるダイエット効果と健康効果をゲット

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44250 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ