2017年09月29日 更新

フォトフェイシャルの効果と副作用とは。ニキビやシミが増えるって本当?

肌トラブルの改善に有効だといわれているフォトフェイシャル。肌へのダメージの少なさや安全性の高さが宣伝されているけれど、副作用のリスクはゼロではありません。治療に用いる光の照射の仕方や体調によって、火傷を負ったりかえってシミが濃くなったりなどの副作用が生じることもあるんです。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大先生が監修しています。

シミやそばかす、赤みなど顔の表面の色ムラだけでなく、内側からも肌を活性化させるフォトフェイシャル。

実年齢より若く見える肌になれるともいわれています

とはいえ、あまりその効き目ばかりを強調されると、「とんでもない副作用があったりするんじゃ……」と不安に思ってしまうもの。

フォトフェイシャルは安全性の高い治療法ですが、副作用が生じる可能性がゼロというわけではありません

フォトフェイシャルの治療を受けている人も、今後フォトフェイシャルを受けることを検討している人も、フォトフェイシャルのリスクを知っておきましょう。

目次

フォトフェイシャルって?

複数の手に顏を触られている女性の写真

フォトフェイシャルの治療は、顔の皮膚にIPL(INTENSE PULSED LIGHT)という特殊な光を当てて行われます。

この光は肌の表面にあるシミやそばかすの黒、赤らみやニキビの赤といったさまざまな「色」に反応し、取り除いていきます。

さらに、IPLの波長は肌の内側の奥の奥まで浸透し、真皮層と呼ばれるところまで達するのが特徴。

真皮層というのは、コラーゲンやヒアルロン酸など皮膚にうるおいを与える成分を生成し蓄えている、いわば肌の貯水槽のような場所。

真皮層にある繊維芽細胞という細胞をIPLの熱で刺激することによって、 コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促し、肌の保水力をアップさせるのです

フォトフェイシャルの効果

唇に人差し指を当てている女性の写真

フォトフェイシャル治療には、下記の効果が期待できます。

  • 肌表面の色素沈着の解消
  • 色ムラの解消
  • 保水力向上によるキメやハリの回復
  • 肌の乾燥が原因となって生じる小じわや毛穴の開きなどの解消

フォトフェイシャルの副作用

ナチュラルメイクの青い瞳の色白の女性

一方で、フォトフェイシャルの効果が肌にダメージをもたらすといった副作用の可能性も。

副作用が出やすい人の特徴

フォトフェイシャル治療は、以下のような人に腫れや火傷などの副作用が生じるリスクが大きいといわれています。

  • 色黒の方、肌の色素が濃い
  • 日焼け直後、もしくは治療後に日焼け予定がある
  • 肝斑がある
  • アトピーなどの炎症が深刻
  • 顔に刺青やアートメイクをしている
  • 妊娠中
  • 日光過敏症
  • 皮膚の炎症を起こしやすい
  • 糖尿病や心疾患を患っている
  • ペースメーカー着用している

いずれかひとつでもあてはまる場合は、治療前に相談するのがよさそうです。

副作用が起きる理由は?

IPLは皮膚の表面の「色」に反応してしまうため、刺青やアートメイクなどはもちろん、もともと地肌の色が濃い場合でも、メラニン色素や赤みを取り除こうと作用してしまいます。

そのため、腫れや火傷などの副作用が起こりやすくなります

また、もともとの肌質や健康状態によって肌が敏感になっているひとは、肌の奥深くまで届くIPLの光の刺激が悪影響を及ぼしてしまうことも

照射する光の出力や照射時間、治療の間隔によって肌に炎症が生じる可能性もありますが、それは医師の技量によるところが大きいので、信頼のおける医療機関で治療を受けていれば回避できるはずです。

フォトフェイシャルでシミが濃くなる、ニキビが増えるって本当?

悩ましい表情で腕組みをしている女性の写真

フォトフェイシャルの経験者のなかには「治療後にかえってシミやそばかすが濃くなった」「ニキビが増えた」という人も。

これらは、本当に治療による副作用なのでしょうか?

シミ、そばかすが濃くなった

フォトフェイシャルの治療後にシミやそばかすが濃くなるのは、IPLの光に反応して破壊されたメラニン色素が肌の表面に浮き出てきているから。

つまり、治療後の正常な経過です。

一時的に濃くなったシミやそばかすは1週間ほどでかさぶたのようになり、自然にぽろぽろとはがれ落ちるそう。

ただ治療後の肌は紫外線の影響を受けやすくなっているので、新たなシミ、そばかすを作らないために日焼け対策は万全に行う必要があります

ニキビが増えた

フォトフェイシャル治療を受けると、治療後、顔の表面にニキビのような発疹症状が生じることがあります。

これはIPLの照射によって刺激を受けて、軽いやけどの反応だったり、熱に対する反応やアレルギーの反応としてでていたりする場合があります。一時的な反応なので通常は数時間~数日で治ります。

ただし、症状がひどい場合は、治療を受けている医療機関に相談しましょう。

フォトフェイシャルを受ける前に自分の肌について知るのが大切

頭に手を当てている笑顔の女性の写真

さまざまな美容効果をもたらしてくれるフォトフェイシャルですが、副作用のリスクを回避するために、自分の肌質や状態を把握しておくことが大切です。

「こんなはずでは……」という結果にならないように、知識を持って安全に治療を受けましょう。

この記事の監修医:武内大先生のクリニックはこちら

  • 住所新潟県新潟市中央区弁天1-1-22 東信新潟ビル2F
  • アクセスJR新潟駅「万代口」徒歩約2分 京成新潟駅「新潟駅」徒歩約2分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00~19:00
  • 電話番号0120-293-740
  • 予約ネット予約・電話予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

品川スキンクリニック新潟院の詳細

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

シミ・そばかすの施術を受けられるクリニック

  • 全国シミ・くすみ
  • 顔全体初回 フォトシルクプラス9,250円

品川スキンクリニックの詳細

  • 全国シミ・肝斑
  • レーザートーニング 顔全体初回4,800円

品川美容外科の詳細

  • 全国シミ・そばかす
  • フラクセルレーザー 頬40,000円

シロノクリニックの詳細

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー