NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年06月01日 更新 | 29,885 views

キスもデートもするけど付き合わない、新しい男女関係「カモフレ」とは?

デートをしたり手をつないだり、恋人気分でいるけれど、実際には付き合わない……そんな新しい男女関係性「カモフレ」。本当の恋人ではないので束縛や嫉妬がなく、身体の関係もありません。ライトな関係のカモフレは、恋愛に臆病になっている女性の後押しをしてくれるはず。

体育座りをして、どこか悲し気な女性

過去の恋愛で傷ついたから、しばらく恋愛はしたくない。

でも独りでいるのがたまにさみしくなる……。

そんなとき、深い関係にならずに恋人気分を気軽に楽しめる「カモフレ」がいたら、恋愛に臆病になっている自分を後押ししてくれるかもしれません。

カモフレは男女の擬似恋愛

手をつなぐ男女の後ろ姿

セックスだけする「セフレ」、添い寝だけする「ソフレ」、キスだけする「キスフレ」……。

「◯◯フレ」という言葉をひんぱんに聞き、男女の関係性は「友達」「恋人」の2択だけでは説明できなくなっています。

そしていま、新しい男女の関係性として注目を浴びているのが、デートだけして恋人気分を楽しむ「カモフレ」です。

カモフレとは、「カモフラージュフレンド」の略。ただの友達という関係性を「カモフラージュ」して、恋人のふりをする男女のことをさします。

デートスポットに一緒にでかけたり、手をつないだり、人によってはキスしたりすることも

恋人ではないので身体の関係はなく、束縛もありません。同時に何人も「カモフレ」をつくるのだってOK。

後腐れなしで気軽に恋人気分を味わうことができるので、「独りがさみしい」と思ったときにカモフレはうってつけなんです。

カモフレはどんな人に有効?

飲み物片手に電話する女性

手軽に恋人気分を楽しめるカモフレは、さまざまなニーズにこたえることができる存在です。

  • 仕事が忙しくて恋人をつくる暇がないけど、独りはさみしい
  • 恋愛にトラウマがあって、まだちゃんと恋人をつくる心の余裕がない
  • クリスマスやバレンタインなどのイベントを、独りで過ごしたくない
  • カップルでにぎわってるデートスポットに行ってみたいけど、1人で行くのは気がひける
  • エッチはしたくないけど、キスくらいまでなら楽しみたい
  • 「なんで恋人つくらないの? 」とかいちいち聞かれるのがわずらわしい
  • 記念日をわざわざ祝うのが面倒くさい

などなど、恋人をつくらない女性にはさまざまな理由があります。

少しでも心が満たされるなら、カモフレを作ってみるのもありかも。

行ってみたいけど一人で行くにはちょっと・・・

カモフレがいる人に、どんなことをカモフレとするのか聞いたところいちばん多い回答が「一人じゃ行けないようなところに二人で行く」というものが多かったです。

例えばイルミネーション。きれいだし話題になってるし、行ってみたい~と思うけどさすがに一人じゃ行けない・・・。それに同性の友達を誘っていくにも気が引ける。

そんなときにはカモフレの出番なのです!カモフレといっしょにデートスポットに行って、一日を満喫することで気分は一気に満たされていきます。

デート中に盛り上がってキスすることはあっても、デートが終わればすっきり解散。体の関係に発展することもありません。それがカモフレなのです。

ちなみにカモフレとよく行く場所は・・・

  • イルミネーション
  • ディズニーランド・ディズニーシー
  • 水族館
  • 映画館

などが多いようです。同性の友達と行っても楽しめるんじゃ・・・と思う方もいるかと思いますが、そこには異性で行く別の楽しみが待っているのです。

恋人は「要らない」!?

最近の若い人の価値観として、「趣味>>>恋人」という考え方が広まってきています。これは恋人がいたとしても、自分の趣味ややりたいことを阻害されたくないという価値観です。

恋人を作るとどうしてもそちらの約束を優先しなくてはいけません。これが今の若い人たちにとっては窮屈なのです。

その点カモフレであれば、そういった自分の好きなことを邪魔される心配はありません。趣味を最優先して、その合間で都合がつく時間があればカモフレと会ってデートすればいいのです。

この価値観に関して、まったく理解ができない!と目くじらを立てる人もいるでしょう。とくに年配の人にとっては理解に苦しむ以外のコメントができない・・・なんて人もいるはずです。

しかしこれはこれでありなのです。絶対に恋人を優先しなければいけない、なんて価値観を人に押し付けること自体がそもそも間違いであって正されるべきです。

家族でいられるカモフレ

カモフレがいる人の中には、カモフレを「家族」のように感じている人もいます。恋人にはどうしても見栄を張ってしまって、本来の自分の姿を隠してしまいがちですよね?

嫌われたくない・・・そう思って自分を偽ってお付き合いをしている人も多いんじゃないでしょうか。カモフレができればそういった虚栄心は一切必要なくなります。

「かっこいいところを見せなきゃ」「可愛い自分でいなくちゃ」と肩肘張った関係でなく、なんとなく隣にいて落ち着く・素のままの自分を見せられるというのがカモフレのメリットなのです。

なので自然体で付き合えるカモフレは、家族同然と感じている人も多いんだとか。

カモフレについてどう思ってる? 男子のリアルな意見

ベンチに座って討論する男女

デートを楽しんだり、手をつないだり、胸キュンで心を満たしてくれるカモフレ。

エッチはしたくないけど恋人気分を楽しみたい女性にとってうってつけの関係性ですが、男性はカモフレについてどう思ってるんでしょうか。

別にいいと思うけど、そんなんしたらどっちかが好きになっちゃわないのかなーとか思う (20代 大学生)

カモフレとしてカテゴライズして、正当化というか社会からの風当たりを良くしたい人がいそうだね。個人的にはありだけど、セフレとかよりも相手に好意がある必要がありそう (20代 商社)

カモフレにする時点で、他のフレンドよりは異性としていいなって思うからカモフレになるんでしょ? それって単純に傷つかない為に、予防線をはった恋人じゃない? (20代 IT)

そこまでしたらやりたいよね、男としては。デートだけしたいなんて彼女にしか思わないし。 (20代 金融)

それって女にとって都合のいい男って感じがする (20代 広告)

寂しくならないからいいと思うけど、身体の関係がないのは微妙 (20代 金融)

男性側の意見もさまざまですが、意外と男性にとっては「デート=好意のある女性とするもの」という価値観が根強いのかも。

カモフレのつもりだったのに相手が実は自分のことが好きだったり、もしくは「エッチできるかも」という下心があったりする可能性もありえそうです。

カモフレはとっても便利な関係性だけど、「付き合う気はないけど恋人ごっこを楽しむ」という、とても曖昧なもの。

曖昧だからこそ、カモフレになる相手は慎重に選んだ方がよさそうです。

一方女性側の意見は?

男性は少なからずカモフレの存在に対して疑問を持っているようですね。意外に男性の方がロマンチストで、デートに対するハードルが高いのかもしれません。

一方で女性のカモフレに対する意見ですが、男性側のものとは微妙なズレがあるようです。女性はカモフレを便利な存在として見ている場合が多いということが分かりました。

  • カモフレといることで生活に充足感が出てくる
  • やりたいことがあるのでがっつり付き合うのは無理なのでカモフレで十分
  • カモフレがいるお陰で「恋人は?」と聞かれなくなってよかった
  • 気のない男性からのアプローチ避けとしてカモフレの効果絶大

などなど・・・。カモフレによって自分の生活をより便利に豊かにしているといった感じでしょうか。最近は女性でもバリバリ働く人も増えてきて、「別に結婚しなくてもいい」という価値観も広がってきています。

そんなときにはたまに湧く寂しさをカモフレで埋めてもらい、自分のやりたいことに向けて邁進する。女性でもこういったドライな考え方を持つ人たちが増えてきているようですね。

カモフレとセフレを融合してみるのも……あり?

ベッドの中で見つめあう男女

カモフレは新しい男女の関係性としてあり。それに、忙しくて恋人をつくる暇がない現代人のニーズにマッチしていると思います。

どんなに仕事が充実していても、友達と楽しい時間が過ごせても、恋人にしか埋められない心のスキマがあるはず。

恋人気分を楽しめたり、女の子扱いされる喜びを味わえたり……、カモフレは女性の「心」を満たしてくれる関係性です。

「カモフレ」+「セフレ」=……?

でももしかしたら、「カモフレ」と「セフレ」を融合するのが、1番女性が満たされる関係性かも。

ただのセフレだと身体の関係のみで、男性の冷めた態度に傷つく女性がいるのも事実。

でもカモフレ兼セフレだったら、デートで恋人気分を味わってからエッチができるので、心も身体も満たされるはずです。

恋人はしばらくいらないけど、女性にだって人肌恋しくなる夜がある。でも身体の関係だけってなんだか冷めてるし、うしろめたくてちょっとやだ……。

そんな女性にとって、カモフレ兼セフレの男性がそばにいたら、心も身体も満足できるのではないでしょうか。

男女ともに満足できる関係性

カモフレ兼セフレなら、エッチだけでは満足できない女性も、デートだけでは満足できない男性も両方が充足感を味わえるーー。

しかも束縛や嫉妬などがいっさいなく、気軽な関係を築くことができるし、同時に何人カモフレ兼セフレがいようが、誰にも責められることはありません。

異性との関係で身も心も満たされたいからといって、必ずしも恋人をつくる必要はないのではないでしょうか。

自分が納得する関係性を見つけて、より充実した人生を

密着しあう男女の足

男女の関係性が多様化しているいま、「絶対に恋人にならなきゃいけない」なんてことないはずです。

カモフレのように、お互いのニーズが合えば異性との関係性はなんでもいいのではないでしょうか。

もし恋愛にトラウマがあったり、臆病になっているのなら、まずはカモフレをつくってみるのもありだと思います。

「恋人にならなきゃ」「結婚しなきゃ」なんて固定概念にとらわれず、自分にとって1番心地のいい異性との関係性を探してみたら、より充実した人生がまっているかもしれません。

image via Shutterstock

written by 町田真琴

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44809 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ