NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年08月09日 更新 | 8,669 views

幸せなセックスが、アトピーを改善させるかも

アトピー性皮膚炎を発症していると、日常生活にさまざまな支障が出てきます。自分ひとりで解決できることもあれば、周囲の人との関係が重要になることもあります。その中でも恋愛においては、アトピーだということで消極的になりやすく、セックスの時に荒れた素肌をパートナーに見せることに、抵抗を感じる人も多いでしょう。今回は、アトピーの人でも充実したセックスライフを送れる...その秘訣をご紹介します。

どこから見ても、美しい肌とは言えないアトピーの肌。「こんな肌、相手に見られたくない」と考えるのは、仕方のない感覚だと思います。

アトピーはダイレクトに外見に表れてしまうので、お互いの素肌に触れあうセックスに尻込みしてしまうのは、やはり仕方のないことです。

私自身、以前はひどいアトピーのせいで恋愛をあきらめていました。自分の見た目がネックになって、中身を見てくれる人を見極めきれない...自信が持てない...。

でも振り返ってみると、アトピーを気にせずもっと恋愛を楽しんでおくべきだったと、今になって後悔しています。

この記事に書いてあること

  • アトピーでセックスができなくなる理由
  • セックスに対して前向きに考える効果
  • 満足できるセックスのために必要なこと

セックスができなくなる理由

恋人ができた時、相手とのセックスに踏み切れないという心理には、主に二つの理由が考えられます。

傷だらけの身体を見られるのが恥ずかしい

愛し合う二人の間で徐々に愛情が高まってきたら、その愛情を確かめるためにも、セックスをするのは自然なことです。心の底からセックスが嫌いでしたくない、という人はほとんどいないでしょう。

ではアトピーの人がセックスを遠ざける理由は何なのか、それは相手を大切にしたいから、逆に自分の悩みを隠そうとすることにあるんです。

かきむしった傷跡...象のような質感のかたい肌...粉が吹いていたりする皮膚。他にも、赤黒くテカっている肌、身体中のブツブツなど、アトピーの肌を自信満々に見せられる人は、まずほとんどいません。

そんな肌を相手に見せたら、嫌われてしまうかもしれない.....。

触れ合うと悪化してしまう

アトピー肌は極度の敏感肌なので、肌と肌が触れ合っただけでも、かゆみや炎症などにつながって悪化してしまう可能性が。

症状によっては、ジュクジュクして、ただれている場合もあるので、刺激となる行為を避けたい気持ちが生まれます。愛するパートナーとのセックスでアトピーが悪化した...なんて思いたくない。

かと言って、触れてほしくない部分をあらかじめ指定する、なんて失礼なお願いをできるはずがありません。結局は悩んだ末に、セックスそのものをあきらめることに。

セックスに対して前向きに考える

恋愛は一方通行で成立するものではありません。自分のこと以上に、相手の気持ちを考えるのが大人の恋愛のはず。

理由も分からず拒まれた時、相手は「拒絶された」「自分のことを嫌いになったのだろうか」と捉えてしまうのではないでしょうか。これでは相手が傷ついてしまうし、ささいなすれ違いの積み重ねが、お互いの気持ちを遠ざけてしまう可能性もあります。

大切なのは、自分のアトピーをしっかり相手に伝えること。「察してほしい」というのは、相手の気持ちを無視しているのと同じことです。

まずは、自分の症状を伝え、恥ずかしい気持ちや触るのを避けてほしい部分などを理解してもらいましょう。意思の疎通をしっかりと行うことで、より強い信頼関係が生まれるし、信頼できる相手とのセックスなら、もっと積極的になれるはずです。

精神的な幸福は身体に現れる

ストレスが原因でアトピーを発症することがあるように、心と身体はダイレクトに影響し合うもの。ということは逆に、幸福感がアトピー改善につながることも考えられます。

恥ずかしい気持ちや我慢によって、ストレスや不安感をつのらせて、症状の悪化を招いてしまうのなら、はじめから愛するパートナーの胸に飛び込むくらいの気持ちでいた方がいいはずです。

よく女性の間で「セックスをした翌日は化粧ノリがいい」なんて話を聞きますが、これにはホルモンの関係以外にも精神的なものが大きく関わっています。

それはアトピーだって同じこと、充実したセックスは健康にもいいんです。セックスによる幸福感がホルモンに影響を及ぼして、内蔵の働きや肌の再生が活発になります。また、セックスは有酸素運動でもあるので、新陳代謝が活発になり、身体全体が健康になるんです。

お互いが満足できるセックスのために

自分がアトピーでも、相手がアトピーの場合でも、セックスではお互いを思いやる気持ちが何よりも大切です。そこには自然な快楽を求める心と一緒に、互いに注意するべき点がいくつかあります。

見られないという安心感

恋愛関係になって初めてのベッドインで、照明を全開にするシーンはまず考えられません。アトピーの人は、照明を可能な限り暗くしてもらえば、より安心して相手と触れ合えるのではないでしょうか。 もちろん、事前に相手に自分の気持ちを伝えておくことは必要です。

また、汗をかいたまま長時間過ごすことは、アトピーの炎症を悪化させてしまいます。セックスの時には、エアコンを適度にコントロールして、汗はすぐにシャワーで洗い流した方がいいでしょう。

でも、あまりにも事務的に処理してしまっては、相手の気持ちがすっかり萎えてしまいますから、優しいことばと細やかな気づかいを忘れずに。

アトピーを悪化させないことも大切

相手の求めに応じるあまり行動的になり過ぎて、アトピーの症状が悪化してしまうと、その後のセックスに影響を与えかねません。基本的にアトピーの炎症がある部分は、刺激しないように気をつける必要があります。

行為の最中に違和感を覚えたら、一時的に中断してひと息入れるなど、自分にとって無理のない流れを見つけておきましょう。 避妊具や避妊薬が体質に合うかどうかも、確認した方がいいでしょう。また、アトピーの肌は感染症にかかりやすいので、相手にも常に清潔な状態でいてもらいましょう。

セックスに積極的になろう

アトピー改善のために、日頃からスキンケアやステロイド軟膏などで治療を頑張るのと同じように、パートナーとのセックスにも前向きになってください。

でも、恋愛はセックスや外見だけがすべてというわけではありません。もちろんどちらも大切な要素ですが、一番重要なのは「中身」です。

とくに真剣な交際をする場合、外見よりも人間性が大切という人がほとんどなので「パートナーがアトピーであっても気にしない」という人はたくさんいます。というよりむしろ、そういう人を選ぶべき。

もしも不安を感じたら、まずは自分の症状や気持ちをなるべく詳しく相手に伝えて、意思の疎通をはかるところから始めるのがいいと思います。

アトピーでも充実したセックスで、お互いに満足することは可能です。パートナーとの信頼関係を深めて、幸せなセックスライフを送ってください。

written by LisaKuwahara

まとめ:幸せなセックスが、アトピーを改善させる

アトピーでセックスができなくなる理由

  • 傷だらけの身体を見られるのが恥ずかしい
  • 肌が触れ合うと悪化してしまう
  • 結局、セックスそのものをあきらめる

セックスに対して前向きに考える

  • 自分のアトピーをしっかり相手に伝える
  • パートナーとの信頼関係を築くことが重要
  • 充実したセックスは健康にもいい

お互いが満足できるセックスのために

  • 照明やエアコンなど、環境を整える
  • アトピーを悪化させない気配りも必要
  • 前向き思考で、セックスに積極的になる

お悩み別人気クリニック

東京

シロノクリニック銀座院

JR有楽町駅より徒歩3分

詳しく見る

大阪

シロノクリニック大阪院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

横浜

シロノクリニック横浜院

横浜駅直結

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45140 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ