NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1034記事

メルマガ登録

2016年08月25日 更新 | 16,892 views

顔のたるみを撃退! リフトアップに効く化粧品ランキング 

市販されている化粧品は、リフトアップ効果を謳うものが多くて、どれを使えばいいのか迷ってしまいます。価格や口コミを参考に、おすすめのリフトアップ化粧品ランキングを作ってみました。また、たるみを防ぐエクササイズやマッサージも紹介。化粧品とエクササイズの合わせ技で、リフトアップを目指しましょう。

年齢とともにおこる「顔のたるみ」は、女性にとって大きな悩み。

若いころのハリのある肌を取り戻したいという思いから、すでに年齢化粧品を使っている人も多いのではないでしょうか。

市販されている多くの年齢化粧品が、リフトアップの効果を謳っていますが、使っていても効果が感じられないということもあるかもしれません。

どんな化粧品を選べばいいのか、また、どんな使い方が効果的なのか、ポイントを探ってみました。

この記事に書いてあること

  • 顔のたるみの原因と対策
  • 自己流マッサージの危険性
  • リフトアップに効果的な成分
  • おすすめのリフトアップ化粧品ランキング

顔のたるみの原因とその対策

女性が鏡を見て憂鬱そうにしている

顔のたるみは、肌の真皮層で生成されるエラスチンやコラーゲンが、加齢や紫外線などの原因によって減少してしまうことでおこります。また顔にある表情筋が老化によってたるんでしまうことも原因のひとつ。

「頭皮のたるみ」「顔の筋肉の衰え」「老廃物の滞り」、この3点を覚えておきたいところです。

たるみをとってリフトアップするにはコラーゲンの生成と表情筋を鍛えることがポイントです。

コラーゲンの生成には、肌の真皮層まで届いて繊維芽細胞を活性化させる成分が入った化粧品を使うのがおすすめ。

また、表情筋を鍛えるには、口に割り箸を挟んでイとウを発音するエクササイズや、舌を思いっきり前に出すエクササイズをやったり、驚いたり笑ったり毎日を表情豊かに過ごすことも有効です。

日常生活の中で、表情筋を意識している人は3割ほどの人しかいない(10代~70代のドクターシーラボ会員360名のアンケート結果、2011年12月)と言われている現代。

表情筋を動かそうと意識するだけでも、たるみには効果があります。

また、表情が豊かな人(表情筋をよく使っている人)は、表情筋を使っていない人よりもストレスが2割減であるというアンケート結果も出ています。

積極的に表情筋を動かして、ストレスフリー&たるみのない生活を目指しましょう!

顔のたるみの原因

表情筋は、顔面の下にある筋肉の総称です。30種類以上の筋肉が、まばたきや、口の開閉の動きなど、さまざまな表情を作り出しているのです。

そんな表情筋ですが、私たちは通常生活で全体の30%しか表情筋を使っていないと言われています。

顔のたるみの主な原因

  • 皮下脂肪が肥大化

年齢を経ることで新陳代謝が衰えてしまうと、皮下脂肪が肥大化していきます。この脂肪が重力の影響で下にだらんとさがってしまいます。

  • 肌弾力の低下

肌のハリを支えているエラスチンやコラーゲンの質が変化することにより、肌弾力が失われてしまいます。

  • 筋肉の低下

顔の表情筋の場合、骨ではなく直接皮膚についているため、繊細な表情をつくることができます。

歳を取っていくと、顔の筋肉は手足の筋肉と同様に衰えていきます。そのため、皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなるのです。

表情筋を使わないと、肩こり同様、表情筋も凝り固まってしまいます。すると、必要な場所に栄養が運ばれないため、コラーゲンやエラスチンの産生に影響が出ます。

凝り固まった表情筋が老が異物や水分(不必要なもの)が蓄積してしまい、むくみの原因になるばかりか、脂肪がつきやすくなります。

参考:顔のたるみ研究所

自己流のリフトアップマッサージは危険!

女性が顔に手をおいている

顔のリフトアップマッサージは、間違った方法でやると、かえってたるみが酷くなってしまう恐れが!

顔のマッサージより、顔の皮膚とつながっている頭皮の部分のマッサージのほうが、皮膚を傷める心配がなく、効果があるそうなので、ぜひ試してみてください。

頭皮マッサージのやりかたは、こちらのサイトを参考にしてみてください。

参考:顔のたるみを解消する方法が分かった!最も効果的なケアはこれ!

リフトアップに効く成分を分析

女性が虫眼鏡をのぞいている

リフトアップに効果的な成分を知っておけば、化粧品を選ぶときの参考になります。

リフトアップには、真皮層のコラーゲンを生成することが大切。コラーゲンの生成を促進する成分には、

  • ビタミンC(ビタミンC誘導体)
  • レチノール
  • ナイアシン
  • EGF
  • FGF

などがあります。

さらに、老化の原因である酸化を防ぐ成分も重要です。酸化を防ぐ成分は、

  • コエンザイムQ10
  • ビタミンE
  • プラセンタ
  • アスタキサンチン
  • フラーレン

など。

化粧品を選ぶ時はこれらの成分が含まれているかどうか注意してみてください。

おすすめリフトアップ化粧品ランキング ベスト5

化粧水など

数あるリフトアップ化粧品の中から、値段が手ごろで、口コミの評価も高い商品をランキングにしてみました。

化粧品選びの参考にしてみてください。

第1位. サインズショット / POLA

表情圧に着目しリフトアップやエイジングに効果のある有効成分を配合した化粧品です。浸透ナノカプセルを使っていて、肌の奥まで有効成分を届けます。

サインズショット

第2位. エッセンスデスティニー / ASTALIFT

肌の内部でコラーゲン生成をサポートする”高浸透型レスベラトロール”と、抗酸化力の高いアスタキサンチンを配合。

肌そのものを健康にしながらリフトアップできます。

エッセンスデスティニー

第3位. メディプラスゲル / Mediplus Orders

62種類の美容成分を贅沢に配合。リフトアップだけでなく、抗酸化、保湿にも重点を置いた万能化粧品です。

これ一本でお手入れが完了するのがうれしい商品。

メディプラスゲル

第4位. アヤナスASクリーム / decencia

肌のバリア機能改善と”CVアルギネート”により肌のハリと弾力の低下を修復します。

アヤナスASクリーム

第5位. ラグジュアリー・デ・エイジリフティングクリーム / AMPLEUR

3種のハリ成分”コルクガシ樹皮エキス”、”シアテアクミンギ葉エキス”、”セキラート”配合で肌を劇的にアップさせ、ナノ化した金の微粒子が肌の奥に届いてコラーゲン生成を活発化させます。

ラグジュアリー・デ・エイジリフティングクリーム

化粧品とエクササイズの組み合わせでリフトアップしよう

女性が顔のマッサージをしている

リフトアップ効果を謳っている化粧品は、たくさん市販されているから、効果の高い商品を選びたいものです。

今回紹介した、リフトアップに効果的な成分や、化粧品ランキングもぜひ参考にしてみてください。

効果の高い化粧品と、マッサージやエクササイズを組み合わせて、顔のリフトアップを目指しましょう。

まとめ 

顔たるみの原因

  • 皮下脂肪の肥大化 -肌弾力の低下 -筋肉の低下

自己流リフトアップは危険

  • 間違った方法でやると、かえってたるみの原因に

リフトアップに効果的な化粧水ランキング

  • リフトアップには、真皮層のコラーゲンを生成することが大切。コラーゲンの生成を促進する成分を選びましょう。

化粧品とエクササイズの組み合わせでリフトアップ

  • リフトアップ効果をうたっているものはたくさんあります。より効果のある化粧品を選ぶために、ビタミンC(ビタミンC誘導体)、レチノール、ナイアシンなど、記事内で取り上げている成分の入ったものを選びましょう。

written by みちい

images via Shutterstock

お悩み別人気クリニック

全国

湘南美容外科

アンチエイジング

詳しく見る

全国

湘南美容外科

アンチエイジング

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45501 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ