NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年10月31日 更新 | 7,209 views

ワキガ手術の方法と費用は症状の程度によって変わる

品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香

この記事は、品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香が監修しています。

ワキガの手術は症状の程度によって方法が違います。軽度~中度なら皮下組織吸引法や超音波吸引法、重度のワキガなら剪除法や皮下組織削除法で手術する場合がほとんど。保険適用すれば両脇で5万円という安さで済ませることもできますが、手術したからといってワキガが完治するわけではなく、再発する可能性もあります。

髪をなびかせる女性

独特の臭いを生み出してしまうワキガ。

ワキガを解消する方法のひとつに、手術があります。

実は、ワキガの手術法はさまざまで、ワキガの程度によって異なるんです。

ワキガの原因

髪を手で押さえ、目をつぶる女性

ワキガの臭いの直接的な原因は、汗を分泌する小さい器官「汗腺(かんせん)」のひとつ、「アポクリン腺」から出る汗

このアポクリン腺から出た汗が皮膚表面に常にある細菌「常在菌」に分解されると、ワキガの臭いが発生するんです。

アポクリン腺の発達には個人差があるので、ワキガ体質になる人とそうではない人とが存在します。

ワキガ体質の人は、アポクリン腺の数が多く、しかも1つ1つが大きいのが特徴です。

このワキガ体質の原因となるアポクリン腺を除去するには、手術を受けるのがもっとも効果のある方法。

ワキガを解消する手術は、どの手術もわきの下にメスを入れ、アポクリン腺を取り除きますが、取り除いたあとの処置は、ワキガの症状の程度によって違います。

軽度から中度のワキガの手術法:皮下組織吸引法

地面に座る女性

軽度から中度のワキガで行う手術のほとんどが、「皮下組織吸引法」

皮下組織吸引法は、美容整形で行われる脂肪吸引と似ていて、脇の下に小さな穴を開け、「カニューレ」という細い吸引管を入れてアポクリン腺を吸い出すというものです。

手術時間は30分~1時間程度と人によって差があり、手術直後は5mmくらいの手術跡が残りますが、すぐに目立ちにくくなるそう。

ただ、吸引箇所に腫れや痛み、内出血が起きることもあるので、手術後1週間程度は両わきを軽く固定する必要があります

クリニックによっては固定のいらない施術もあるようなので、仕事の関係などで難しい場合は相談してみましょう。

また、皮下組織吸引法以外にも、アポクリン腺や脂肪を超音波で分解して、吸引しやすくする「超音波吸引法」という新しい技術も導入されています。

皮下組織吸引法のメリット

皮下組織吸引法のメリットは、なんといっても簡単にできて体への負担が小さいこと

局所麻酔で痛みもほとんど無く、手術後の回復も早いのでスムーズに日常生活に戻れることが多いです。

手術跡はあまり目立たず、わき毛の量などの見た目もほとんど変わりません。

皮下組織吸引法のデメリット

手術は医師の感覚によって行われるため、アポクリン腺をすべて除去するのは難しく、残ったアポクリン腺からワキガが再発する可能性があります

手術をしたからといって完全にワキガの臭いが解消されるわけではないことを理解しておきましょう。

重度のワキガの手術法:剪除法(せんじょほう)

階段を下りる女性

「剪除法(せんじょほう)」は、わきの下を2~5センチ切開して皮膚を裏返し、医師が目で見ながらアポクリン腺を取り除くというもの。

アポクリン腺はイクラの粒ほどの大きさがあるので、目視で行われる剪除法なら効率よく取り除けるんです。

剪除法の手術は局所麻酔で約1~2時間で、切開した部分に手術跡が残りますが、徐々に目立たなくなります。

また、手術後1~2週間は両わきを固定する必要があり、腫れや痛み、内出血が起きるかもしれません。

剪除法のメリット

剪除法は医師が直接目で見てアポクリン腺を除去するので、アポクリン腺の取り残しがあまりなく、ワキガ再発の可能性が低いんです。

また、アポクリン腺と一緒に毛根も除去されることもあり、手術後はわき毛が薄くなることも。

効率のよさと再発率の低さから、ワキガの手術でもっとも広く行われている方法といわれています。

剪除法のデメリット

剪除法は、しっかり切開する必要があるため必ず傷が残ります。美容クリニックであればなるべく傷跡が目立たないような縫合をしてもらえます。

品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香

医師の技術という側面ももちろん大きいですが、保険診療は安く多くの人数をさばく必要があるので、本来技術の高い医師でも、悪い言い方をすると、短時間で終わらせるために手を抜くことがあり、傷が目立つことがけっこうあるようです。

また、傷口が安定するまでは両腕の動きを制限されることがほとんどなので、日常生活に不便さを感じるかもしれません。

その他のワキガ手術法

振り返る女性

軽度のワキガなら、手術までせずにボトックス注射でワキガを解消できることがあります。

脇ボトックス注射の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
東京美容外科 8,000円
城本クリニック 100,000円
湘南美容外科クリニック 12,000円
水の森美容外科 12,000円
聖心美容クリニック 78,000円

※費用は税抜表示です。ボツリヌストキシンの種類や注入量は各クリニックで異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

脇ボトックス注射の体験レポート公開中!

test

脇ボトックスで脇汗を撃退してみた!3日で汗とは無縁に!

こんにちは! 私はNICOLY読者のひとりで、今回は脇のボトックス注射のモニターに挑戦しました。術後少し経ってから効果が出てきて、今では外での仕事のときも脇汗がまったく出ないんです……!施術中の痛みも特になく、あっという間に終わりました。

出典:[美容整形体験レポート] 脇ボトックスで脇汗を撃退してみた!3日で汗とは無縁に!品川スキンクリニック 表参道院

また、重度のワキガの場合は、スプーンのような形をした特殊な器具「キューレット」を使ってアポクリン腺を取り除く「皮下組織削除法」も。

このキューレットはカミソリ状の刃とローラーを組み合わせた器具で、脇の下にいれて皮膚裏面を削り取ることができます。

皮下組織削除法は、治療効果は高いのですが、ダウンタイムが長いデメリットがあるので、長期的に休暇を取れないと難しいかもしれません。

ワキガ手術の費用と保険

壁に寄りかかり、携帯をいじる女性

ワキガの手術で保険を適用するには、保険診療をしているクリニックで医師に判断してもらう必要があります

傷跡のキレイさにまで配慮してもらえないこともありますが、一般的に保険が適用されやすいのは、剪除法での手術が多いそう。

ただ、あくまでも医師の判断が基準になるので、自分では重度のワキガだと思っていても、必ず保険が適用されるわけではありません

また、保険が適用された手術の場合、費用は両脇で5万円前後になることがほとんど。

保険適用外の場合は全額自己負担となり、剪除法では30万円前後、皮下組織吸引法では15万円前後の手術費用がかかります。

美容外科など、保険を一切取り扱っていないクリニックもあるので、事前にワキガの保険適用を行っているクリニックかどうか調べておきましょう。

傷跡をキレイにしたいなら美容クリニックがオススメです。

ワキガの手術は再発する可能性もある

振り返る女性の顔

ワキガの手術は、ワキガの程度で異なります。

軽度から中度のワキガなら皮下組織吸引法や超音波吸引法、重度のものなら剪除法や皮下組織削除法で手術することがほとんど。

でも、手術をしたからといって完治できるわけではなく、再発する可能性もあります

また、費用は皮下組織吸引法なら15万円前後、剪除法なら30万円前後です。

ただ、保険適用可能なら5万円前後で済ませられることも。

保険適用できるかどうかはクリニックによって違うので、よく調べておきましょう。

images via Shutterstock

written by PINNOHIDE

お悩み別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ