NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年10月31日 更新 | 1,896 views

まぶたが垂れ下がりものが見にくくなる眼瞼下垂の簡単セルフチェック方法

湘南美容外科大宮院 院長 吉原伯

この記事は、湘南美容外科大宮院 院長 吉原伯が監修しています。

眼瞼下垂は、まぶたが垂れ下がって視野がせまくなり、ものが見えにくくなる症状のこと。先天性のものと老化やライフスタイルによって引き起こされる後天性のものがあり、その原因はさまざま。眼瞼下垂を治すためには手術をしなければならないこともあります。セルフチェック方法を試してみて、当てはまる項目が多ければ、1度病院で診察してもらった方がいいかもしれません。

こちらを見る女性

人が1日にするまばたきの回数は約1万回以上と言われています。

コンタクトレンズをしていたり、パソコンを見る回数が増えると、目が乾きがちになり、さらにまばたきの回数が増えることも。

実は、目の周りの皮膚は薄く、まばたきは大きな負担になっているんです。

また、まぶたの皮膚が薄く軟らかいので、年齢とともにたるみやすく、「眼瞼下垂(がんけんかすい)」という眼が開けにくくなる症状を引き起こしやすくなります。

眼瞼下垂かどうかを判断するセルフチェック方法があるので、1度試してみましょう。

眼瞼下垂になる原因

道端に座って音楽を聴く女性

まぶたの皮膚はまつ毛に近くなるにつれて薄くなるのですが、その薄い皮膚の下にまぶたを閉じる筋肉「眼輪筋(がんりんきん)」があり、さらにその下に目をあける筋肉「眼瞼挙筋(がんけんきょきん)」と「ミュラー筋」があります。

眼瞼下垂は先天性の場合、生まれつき眼瞼挙筋とミュラー筋を支配する神経の異常や発育不良によるものが多いです。

後天性の眼瞼下垂は、老化やハードコンタクトレンズの使用、目をこする習慣、長時間パソコンを見る生活などで眼瞼挙筋が伸びきってしまい、まぶたをあける力が衰えてしまうことが原因と言われています。

また、事故による怪我や病気などで眼瞼挙筋に異常が生じる場合も。

加齢、老化によってまぶた自体がたるんで垂れ下がってしまう「老人性眼瞼下垂」というものもあります。

いずれにしても、病院などで眼瞼下垂と診断された場合は、治療や手術を受ける必要があるでしょう。

眼瞼下垂かどうかのセルフチェック法

自撮りする女性

眼瞼下垂はまぶたをあける筋肉が働かなくなる病気の1種なので、以前より視野が狭くなった、黒目の3分の1がまぶたで隠れてしまうなどの自覚症状があれば、眼瞼下垂である疑いが高いかもしれません。

ただ、やはり素人では判断しづらいものですよね。

そこで、簡単なセルフチェック方法があるので、ひとつの基準にしてみましょう。

眼瞼下垂のセルフチェックポイント

  • 最近まぶたが重い
  • 目をこするくせがある
  • ハードタイプのコンタクトレンズをしている
  • 肩こり、目の痛み、頭痛がある
  • 目が小さくなったように感じる
  • おでこのシワが増えた
  • まぶたがくぼんでいる
  • 片方の目が開きにくい
  • 目を閉じて、眉の上を指で押さえたまま目を開けようとすると、開きにくい、または開けられない

チェック項目の中で、当てはまる点が多ければ多いほど、眼瞼下垂の可能性が高いかも。

このセルフチェック法はあくまで基準なので絶対というわけではありませんが、心配なら1度病院に相談してみてもいいかもしれません。

眼瞼下垂の治療法

音楽を聴く女性の横顔

眼瞼下垂の治療法は、まぶたを切る手術が一般的

ただ、まぶたの手術はとても難しいとされているので、手術後のトラブルも少なくないようです。

最近はレーザーや電気メスで行う手術法も開発されており、手術時間の短縮や出血を少なくできることで注目されているそう。

どの方法にもメリット、デメリットがあるので、手術前の十分なカウンセリングが重要です。

まぶたがあけにくいと眉のあたりがこっていたりするので、眉周りのマッサージで痛みを軽減させるのもおすすめです。

ひとりで悩まずカウンセリングを受けてみましょう

山道を歩く女性

眼瞼下垂はまぶたがうまく動かなくなる病気の1種で、先天性のものや後天性のものがあり、原因はさまざま。

手軽にできるセルフチェック法があるので、自分は眼瞼下垂かもしれないと思ったら1度試してみるのもいいかもしれません。

また、セルフチェックで当てはまる点が多かった場合、念のため病院で診てもらうことも重要です。

医師のアドバイスで目に対する健康意識も高まって、軽度の症状で防げることもあるでしょう。

眼瞼下垂解消 切開法の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
品川美容外科 275,920円
タウン形成外科クリニック 400,000円
もとび美容外科クリニック 448,000円
聖心美容クリニック 480,000円
東京美容外科 550,000円

※費用は税抜表示です。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

眼瞼下垂の地域別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック

大阪梅田院JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45433 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ