NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年05月05日 更新 | 5,527 views

自力で二重を目指すなら脂肪燃焼マッサージがオススメ! 目の疲れにも◎

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行が監修しています。

重たい一重まぶたの原因はまぶたの脂肪。やさしくマッサージをすることで脂肪を燃焼して、自力で二重まぶたにすることが可能なんです。危険をともなう整形手術と違って、マッサージなら安心だし手軽。マッサージと同時に二重のくせ付けも行いましょう。自力で二重を作るには気長に継続していくことが大切。

女性の顏を触っている医師の手の写真

「二重まぶたになりたいけど、整形には抵抗がある……」というひとは多いのではないでしょうか。

わたしもその一人なので、気持ちはよく分かります。

実は、手術をしないで自力で二重まぶたを手に入れたという強者もがいるんです。

「自力」で二重まぶたを作る方法を紹介します。

一重まぶたの原因を解消すれば二重になれるかも

自然の中で目をつむっている女性の写真

一重まぶたと二重まぶたの違いは、上眼瞼挙筋の枝分かれの構造の違いです。

一重まぶたは上眼瞼挙筋の分岐した先が皮膚にくっついていないか、分岐部分の皮膚へのくっつきが弱いために起こると言われています。

ここにまぶた周辺の皮下脂肪が多いといった原因が重なると、まぶたが上側の皮膚まで持ち上げることができなくなるので、一重になってしまうんです。

でも実は、皮膚への筋肉のくっつきが弱くても二重まぶたになれるケースがあるんです。

上眼瞼挙筋の筋力をあげることでまぶたを持ち上げる力が強くなったり、まぶた周辺の皮下脂肪を薄くすることができれば、自力で二重まぶたになれる可能性があります。

まずは蒸しタオルでまぶたの脂肪燃焼を

女性が笑っている写真

まぶたの脂肪がぱんぱんに張っていると、まぶたは二重になってくれません。

自力で二重まぶたを目指すなら、まずはまぶたの脂肪燃焼から始めましょう。

蒸しタオルを使ったまぶたの脂肪燃焼方法はとっても簡単。

  1. 温かい蒸しタオルを用意して、目の上に5分くらい乗せます。
  2. 目の辺りがぽかぽかしてきたら、今度は水で絞ったタオルをのせて1分ほど冷やします。
  3. これを2、3回繰り返します。

これによって血行が良くなり脂肪燃焼が促進されます。

さらに目の疲れもとれるので一石二鳥です。

まぶたの奥がズーンと重いときにこれをやれば、翌日は調子よく過ごせること間違いなしです。

蒸しタオルでまぶたを温めたら、次はマッサージ!

蒸しタオルでまぶたが温まったところで、次はマッサージを行います。

むやみやたらと目をぐりぐりするのは絶対にやめてください。

最悪、眼球を傷つけてしまう恐れがあります。

目はとってもデリケートな部分なので、マッサージは優しく行います。

マッサージを始める前に、眉間の下の骨が落ち込んでいる部分を1分間ぐぐっと押してください。

その後、優しくまぶたの脂肪を外へ外へ流すようにマッサージします。

二重のくせ付けをマッサージにプラスすることで効果アップ

サングラスをかけた女性が笑っている写真

マッサージと同時にくせ付けも行うと、さらに二重まぶたになりやすくなります。

まぶたの上を触るのでアイクリームがあると良いかも。

二重のくせ付けのポイントは伏し目がちになること。

人差し指で目頭の上のまぶたをぐっと上に引っ張り、そのまま持ち上げた状態で人差し指を目じり側に動かしてください

このとき目を見開くと不思議なことに二重まぶたのような線ができます。

この二重ラインは最終的にできあがる二重ラインになりますので、二重の形が気に入らない場合は何度もやり直して調整してみてください。

「これで完璧!」というラインが見つかったら、その状態で5分キープ。

雑誌を見たりテレビを見たりなどして気を紛らわせば、あっという間に終わります。

個人差はありますが、3日くらいで二重のくせがつくひとも。

まぶたが傷つく恐れがあるので、1日何度もやるのは控えましょう。

自力で二重をつくるコツは「継続すること」

下を向いて笑っている女性の写真

短期間で自力で二重になったひとも中にはいますが。マッサージは即効性のあるものではありません。

自力で二重を作るには、気長に継続していくことが大切です。

毎日お風呂上がりにマッサージと二重のくせ付けを習慣化するなど、日常生活の中に取り入れていくのはオススメです。

早く二重になりたい気持ちを抑えて、まぶたは優しく扱いましょう。

ごしごし擦ったり強くマッサージすることは危険なので、絶対にNG。

自分が心地よく感じる程度の強さがベストです。

written by かよちゃん

images via Shutterstock

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43183 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ