NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年05月13日 更新 | 9,653 views

絆創膏で二重になれる♡超簡単整形メイクのやり方

二重メイクのアイテムはたくさんあるけど、なにが1番使いやすいの? なりたい二重を手に入れたいなら、絆創膏をつかった二重メイク方法にきまり。絆創膏二重メイクなら、ぱっちり二重も切れ長二重も、あえての奥二重だって作れちゃいます。寝ている間、二重のくせ付けのために絆創膏を貼っておくのもおすすめ。

じっと前を見ている女性の写真

見た目の印象を大きく左右する目元。

一重まぶたもいいけど二重まぶたになったら、もっと可愛くなれるかも、と考えるひとも多いのではないでしょうか。

二重を試してみたいときおすすめなのが、絆創膏を使ったメイク方法。

ケガをしたときに使う救急絆創膏でOKです。

実は、絆創膏二重メイク方法は日本にとどまらず、海外でも話題なんです。

この記事に書いてあること

  • 二重メイクに使える絆創膏のタイプ
  • 絆創膏を使った二重メイクのやり方
  • 寝てる間も絆創膏二重メイクでくせ付け

絆創膏で二重まぶたになれる?

花に囲まれている女性の写真

絆創膏は医療用テープ

だから肌への負担も少ないうえ、自然な仕上がりで二重を作ることができます。

この方法を気に入って週2~4ペースで頻繁に絆創膏メイクをしていたひとの中には、二重のくせがついてきたひとも。

完全に重い一重だった両目のうち、左目がたまに二重になるようになったそうです。

右目も二重絆創膏メイクがしやすくなったんだとか。

絆創膏を使った二重メイクのやり方

サングラスをした女性が投げキッスをしている写真

絆創膏を使ったメイク方法とはどんなものなのでしょうか。

このとき、使用するのは透明な絆創膏です。

おすすめは防水加工してあるタイプですが、もちろんそうじゃないのものでも大丈夫です。

1.まぶたの下準備

まずは、まぶたの油分をふき取りましょう。

水で濡らしたティッシュなどで軽くまぶた全体をふき取ればOK。

肌の弱い人は絆創膏をはがすときにまぶたを痛めてしまうことがあるので、保湿クリームを薄く塗っておくと良いと思います。

クリームを塗りすぎると絆創膏が剥がれやすくなるので、塗りすぎはNG。

2.絆創膏をカッティング

1度にたくさん切ってストックしておくのも便利ですが、カットした絆創膏はとても小さいので失くしてしまうことがあるよう。

なので、使うたびに1回分ずつ切るのがいいと思います。

このとき、テープを細目に作ると自然な二重に、太目に切ると丈夫で長持ちする二重を作れるようです。

何個か違う大きさの幅で作って、自分に合うタイプを試してみてください。

二重のくせがつきやすいかどうかが選ぶ基準。

3.剥離紙を剥し、粘着テープを持つ

透明な絆創膏は見づらいうえに、細く小さく切ってあるので、剥離紙がはがしにくい場合もあります。

その場合は、絆創膏の両側を指で掴んで、軽く引っ張ってみてください。

ぷつっと剥離紙が途中で破けて外れるはずです。

粘着テープのみになったら、できるだけ指で端をつまんで持ちましょう。

べたべた触ると、肌に貼り付きにくくなるので注意。

4.絆創膏を貼る位置を決める

女性の目元の写真

とっても大事な絆創膏を貼付ける位置の確認。

このときの絆創膏の貼り方で、できあがる二重の形が変わります。

例えば、目じりと横幅に広めに貼ると切れ長の二重線に

まつ毛の生え際近くに寄せた状態で貼ると、奥二重風になりやすいのだとか。

ぱっちり二重を作りたい場合は、目頭側の縦幅を広くとると、目頭まで線がついて派手な印象になるそうです。

貼る位置を上にしすぎると、ベストな位置を逃してしまい、元の一重まぶたになってしまうので要注意です。

絆創膏を貼る位置を決めるポイントは「一番自分の目が大きくなる位置に貼ること」。

二重の幅にこだわりすぎると、目の開き方が逆におかしくなってしまう場合があります。

5.テープを貼るのは中心から。両端はしっかりと張り付ける。

絆創膏を貼る位置が決まったら、両端をぐっと引っ張って、目の1番高い部分から貼っていきます。

距離感を掴むため、目は伏し目がちに、半開きがおすすめです。

1番剥がれやすいの端の部分は、最後にきゅっと押さえます。

これで完成です。

絆創膏を使うメリット

まず絆創膏は非常にコストパフォーマンスがいいというのが、おすすめできる理由です。医療用のしっかりしたものでも、50~60枚入っていて数百円という安さです。

ここでいうコストパフォーマンスというのは、ただ安いというわけではなくてその品質にもあります。絆創膏は目を二重にするアイテムとしてはとっても有能!かぶれや皮ふの不具合も起こしやすいと言われています。

そして自然に二重が仕上がるというのもメリットと考えていいでしょう。アイプチなどは慣れていないとなかなか不自然な仕上がりになってしまいます。

その点絆創膏は、初心者でも扱いやすくナチュラルな二重が形成できます。毎日のように絆創膏で二重を作っていると、それによって癖がついて自力で二重になることも可能なようです。

絆創膏二重の豆知識

絆創膏が合う人ってどんな人?

一重を二重にするアイテムというのは巷に溢れていますが、絆創膏を使用するのに合っている人の条件というものはあるのでしょうか?リサーチしてみたところ・・・

  • まぶたの皮ふが薄い人・かぶれやすい人
  • 目のカーブが浅い人
  • 二重の幅が広すぎるのが嫌な人

こういったことが挙げられます。

さらにアイプチやメザイクは、メーカーによってはけっこうなお値段してしまうこともあるようで・・・。お金のない、中高生などは毎回購入するには厳しいという現状もあるようです。

前述したように、絆創膏はコストパフォーマンスが抜群!ひと箱買えば何ヶ月だって使うことができます。

なので経済的な理由で絆創膏を二重づくりのアイテムとしてチョイスする人も多いようです。

絆創膏でつくった二重の特徴

絆創膏でつくった二重と、アイプチなどでつくった二重には仕上がりに差があります。同じように二重を作り出すアイテムですが、どのような違いが生じるのでしょうか?

絆創膏でつくった二重は、かなり二重の幅が広くなります。「平行型」の二重のようになる、と言えばわかりやすいでしょうか。

これと比べてアイプチの方は、絆創膏に比べてシャープな印象の二重が出来上がります。自分のなりたい二重や仕上げたいメイクによって、アイテムを使い分けるのもいいかもしれませんね!

絆創膏で二重にしたあとのメイクについて

絆創膏で二重を作り出したあとにメイクをする場合、どのような点に気をつければいいのか気になりますよね。

絆創膏二重は、他のアイテムに比べて客観的に見ても人工二重だということがわかりにくいというのもおすすめできるポイントです。

二重をつくったあとには、いつもどおりのメイクをしてOKです。ただブラウン系のアイシャドウをすると、より絆創膏がバレにくいようなので不安な方はぜひ実践してみましょう。

アイラインもできるだけ濃い目の色を使用すると、絆創膏が目立たなくなります。赤やオレンジなどのビビットカラーなんかもいいですね♪

寝てる間も絆創膏で二重ラインのくせ付け

カラーメイクをしている女性の写真

絆創膏をまぶたに貼る方法は、睡眠時にやるのも二重ラインを作るうえで効果的なんだとか。

この方法で「二重になった」という声もたくさんあるので、期待できます。

ちなみに絆創膏は透明なものと肌色のものがありますが、やはりより目立たなくさせるために透明なタイプをチョイスする人が多いようです。

ただ寝るときに家で二重をつくるのであれば、別に肌色の絆創膏でも全然OKですよね!誰に見られるわけでもありませんから。

なので透明なもの、肌色ものを用途別に分けてつかってみるのもいいかもしれませんね!絆創膏は家にあるものだし、コストも安いので、気軽にトライできそうです。

絆創膏の種類によってはかぶれることもあるかもしれませんので、そのあたりは注意して使用してください。目元は皮ふが薄い上に粘膜もあります。異常を感じたら使用をストップして、ひどい場合はお医者さんに診てもらうしましょう!

まとめ:効果的に絆創膏で二重を作る方法

絆創膏を使うと二重のクセがつく

絆創膏は医療用テープなので長時間目元に貼り続けても肌への負担が少ないので、二重のくせをつけやすいアイテムなんです。

絆創膏二重メイクの大まかな流れ

  1. まぶたの油分を取る
  2. 絆創膏を切る
  3. 予めまぶたのどこに絆創膏を貼るかを決めておく
  4. 絆創膏の中心から貼るように意識して両端はしっかり止める

寝ている間にも貼るのがオススメ

絆創膏は肌への負担がすくないテープなので寝てる間に貼って二重のくせを作るのがオススメです!

written by かよちゃん

images via Shutterstock

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45176 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ