NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年03月14日 更新 | 5,486 views

もういや。どうしてこんな肌質に生まれてきたの? ニキビとの果てしなき戦い[体験談]

ある化粧品との出会いで、徐々によくなってきたニキビ。でも、ニキビのできやすい体質は自分の息子にも遺伝してしまいました。息子には、私がいままで経験した来たことをしっかり伝えようと思っています。

悲しいことを思い出して涙があふれている女性

子どもの肌ってとてもキメが細かくてキレイですよね。私もそうでした。

でも中学生になったっころ、ある朝起きたらほっぺたに赤いできものが……。そうです、これが初めてのニキビとの出会いでした。

親は「ニキビができる年頃になったんだね」となんだか普通な様子だったので、私も軽く考えていました。

実際に中学時代、高校時代は運動系の部活に所属していたこともあって、汗をかくたびに洗顔をしていからでしょうか。ニキビは、ポツポツとできてはいましたが、そんなに悩むほどではありませんでした。

自分でも一過性のものとして楽観視していたと思います。

ところが、それから4年後、私の顔はとんでもないことになっていたのです。

21歳にして顔中がニキビだらけに

年齢にして21歳のころでしょうか。

お化粧をすることが多くなったのも原因だったのでしょう、*ニキビがひとつ、ふたつとできていくペースがとにかく速くなりはじめ、顔中ニキビだらけになってしまったのです。 *

私はそのころ、就職をして働いていたので、毎日お化粧をしていました。

しかも、「とりあえず、ファンデーションで隠してしまえばいいや」という安易な考えで、ファンデーションを厚塗りしてしまっていたのです。

当時は今のようにクリーム状のファンデーションはあまりなかったこともありますが、成分も考えず流行のファンデーションをファッション感覚で使っていたことも、ニキビの悪化の原因かもしれません。

また、今思うと社会に出て楽しくて仕事の後に友達と遊ぶことがかなり多かったのも原因のひとつだったのでしょう。

ニキビの芯を無理に出したせいでさらに悪化

あまりにニキビがひどくなってきたので、さすがに母が心配になったらしく知り合いに相談。

その知り合いの人は、薬局勤めをしており、ニキビ肌の相談もよく請け負っているそう。

母の知り合い、薬局の人、肌の相談を請け負っている……、この3点が揃っていたら迷うことはありません。

藁にもすがる思いで……というよりこれなら治ると思い込んでその知り合いのもとへ通いました。

そこでは、先の細くなったガラス管でニキビひとつひとつの芯を抜いてもらっていました。

しかし、これはかえって悪い結果を招きました。

毎週土曜日に通っていましたが、痛みもさることながら終わると顔中血だらけで日曜日など外へ出かけるなんてまったくできなくなってしまいました。

日曜日、丸1日時間があるということでなんとかかさぶたにはなるのですが、化粧はできる状態ではありませんでしたし、する気にもなりませんでした。

平日は仕事がありましたが、すっぴんで出社していました。当時はほとんどが男性という会社の事務職をしていたので、男性社員によく、「どうしたの、その肌?」と聞かれてとても困惑したことが何度もありました。

とにかく、そのころは誰にも会いたくなくできることなら引きこもっていたいという気持ちでいっぱいでした。

それでも、治ると思い3か月ほど通いましたが、あまりによくならないのと肌が心配になって通うのをやめてしまったのです。

そのころ、はじめて自分の母も若いころはニキビに悩まされていたことを聞かされ「遺伝なんだ」と失望してしまいました。

自分の周りの友人や同僚はみんなニキビがない肌で、キレイにお化粧をしているのを見ると「なんで、私だけこんな肌質なの? 親の悪いところだけ遺伝してしまったの?」と落ち込む日々でした。

母の言葉がきっかけに

ニキビに悩みながらも日々は過ぎていったのですが、仕事にも慣れ新人ではなくなり仕事の量も増えてきました。

残業も多くなり、ふさぎ込みな私に気分転換だと友人が趣味で歌をすすめてくれたこともあって休日は趣味のために出かけていました。

ただ、あまりにハードな毎日で睡眠不足も重なっていました。

ある日、母が「もう少し身体を休めなさい」と心配してひと言。

たしかに、身体は疲れ切っていたし、ニキビはどんどんひどくなっていたので、すこし生活を改善することにしたのです。

後悔で落ち込んでいる女性

そのころは外食が多くなっていたので、家での食事に切り替えることにし、なるべく睡眠時間を多くとるようにしました。

そして同じころ、叔母から殺菌作用があるという化粧水をもらいました。

その両方が功を奏したのかニキビは少しずつ減っていきました。しかし、困ったことにガラス管での治療のせいで毛穴がぽっかり広がっしまっていました。

広がった毛穴への悩み

化粧品のコマーシャルをみかけると「どうしてあんなにキレイな肌なんだろう、うらやましい」と毎日思うようになっていました。

そのころ、母は母で「どの化粧品をつかっても合うものがない」と悩んでいたらしいんです。そんな折、母は熱い味噌汁を鍋ごと落としてしまい、ひどい火傷を負ってしまいました。

母は、同窓会で化粧品の話になったとき、試しに使ってみてと渡された化粧品を思い出し、それが火傷にも効くと言われていたことを思いだして使ってみたそうです。

すると、時間はかかりましたが跡もなくキレイにやけどが治ったんです。

そしてその化粧品を私にもすすめてきたので、使用してみました。

ずっと悩まされていたニキビが……! 見事に効果あり

母にすすめられた化粧品は、成分が自然のものであり無添加。肌に塗ったあと、蒸しタオルであたためその後冷やすという方法で毛穴をひきしめていくというものでした。

同時にニキビのもとになる毛穴のつまりも綺麗にしてくれるとか。かといって、肌のつっぱり感はなく気持ちのいいものでした。

そしてその化粧品が「イオン化粧品」です。イオン化粧品とは、温泉の成分からできている化粧品のこと。

化粧水は殺菌性があり、肌に浸透しやすく、クリームでのパックはとにかく心地いいものでした。おかげで、かなり肌の調子がよくなりました。

まだ終わらなかったニキビとの戦い

顔のニキビについては、その後も落ち着いていて今にいたってます。

時が経ち私も結婚して出産も経験しました。

ですが、現在もニキビとの戦いは終わっていません。いわゆる、大人ニキビというものでしょう。

あごやあごから首にかけて、ニキビはいまだに繰り返しできてています。

少し忙しくなって疲れたときや、生理前後には必ずニキビがでてきます。 特に、婦人科系の調子がすぐれないときにできていることが多いようです。

大人になってからのニキビへの対処法

現在はなるべく生活や食べ物にも気をつかっていますが、もともと皮脂が多いので洗顔やボディソープは自然派のものを使うようにしています。

わかったことは、脂性で皮脂が多くても、肌の奥の方は乾燥しているということ。だから保湿もしっかりするようにしています。

皮脂が多いからといって、全部落としてしまうような乾燥状態は避けるべきだし、しっかりスキンケアすることで皮脂の多い状態も改善されるということです。自分の肌をもって実感しました。

子どもにも遺伝したニキビ体質

そして、このニキビ体質は、自分の子どもにもしっかり受け継いでしまいました。

中学まではつるつるの肌で私に似ないでよかったと思っていましたが、最近はニキビに悩まされています。

私がかつて思っていたことと同じように 「なんで、こんな肌質なんだろう」と言っています。

ただ、私もいまだにニキビと戦っているので、解決方法ではなく、私がこれまで体験してきたことを話しています。

男の子なので最初は、洗顔の方法も、ゴシゴシ洗いではなく丁寧に泡を作って洗うことや化粧水など面倒くさがっていましたが、最近はきちんと行っているようです。

しかし、彼も疲れたり寝不足な日が続いたりするとニキビが増えてしまいます。見ていて痛々しいほどです。

そこからも、あらためて普段の生活がニキビに影響するということがわかりました。

また、ニキビ用の石鹸や化粧水などが出ていますがすべてが合うというわけではないこともわかりました。子ども用はテレビをみていて使ってみたいというものがあったので、私はあまり気乗りしませんでしたが使わせてみました。

すると、まったく肌に合わず、かえって肌が乾燥しすぎの状態に。今は子供ともども清潔と保湿に力をいれています。

ニキビは、繰り返し繰り返し出てきます。ニキビの治療薬はいろいろありますが、思っているほど簡単には治らないもので、かなりの長期戦になるということを、最後にお伝えしたいと思います。

written by kujaku

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

ニキビ・ニキビ跡

詳しく見る

全国

湘南美容外科

ニキビ・くすみ・しわ

詳しく見る

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43613 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ