NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年02月29日 更新 | 9,348 views

食事制限いらず♡ リバウンドしない好きなものを食べるだけダイエット

管理栄養士 若子みな美

この記事は、管理栄養士 若子みな美が監修しています。

ダイエットに成功できたとしても、怖いのがリバウンド……。短期間のダイエットは、たとえ成果をあげられても、それを継続するのはなかなか大変なことです。そこで、おすすめなのが自分の好きなものを食べながらヤセるダイエット方法。食べ物から目を背けるのではなく、いい関係を築くことでダイエットを継続し、リバウンドを防ぐことができるかも!

せっかくダイエットに成功しても、すぐにリバウンドしてしまっては、元も子もありません。

無理な食事制限や激しい運動によるダイエットは、短期間なら続けられても、継続するのはなかなか難しいこと。

そんななか、リバウンドせずに続けられそうなのが、食べたいものを食べてヤセるダイエットです。

長くダイエットを続けてリバウンドを防ぐことができる「好きなものを食べるダイエット」を紹介します。

厳しい食事制限によるダイエットは危険

リンゴを食べるか葛藤している女性

リバウンドを引き起こしやすいダイエットの代表格ともいえるのが、厳しい食事制限をするダイエット。

このダイエットがリバウンドを引き起こしやすいのには主に2つの原因があります。

1. ストレスが過食を引き起こす?

まず、食事制限によるダイエットはかなりのストレスがかかってしまいます。

永久的に続けなければ効果がない食事制限ですが、体はこのストレスにずっと耐えてはくれません。

食事制限に伴うストレスが引き金となって過食を引き起こしてしまうリスクがあるんです。

実際に、ダイエットによるストレスで食事制限が原因で、拒食症や過食症などの摂食障害になって、医師による治療が必要になってしまう人は多くいます。それくらいストレスはダイエットに大敵なんです。

2. 食べないともっと太りやすくなる?

ストレスなんかは根性でどうにかなる!と思っても、実はどうしようもできないリバウンドの要因が食事制限によるダイエットには潜んでいます。

なんと、食事を断つことで身体が太りやすくなるんです。

人間の身体は、毎日食事からエネルギーを摂ることで活動をしています。

ところが、ある時に食事の回数や量が急に減ってしまうと、身体は1度の食事から大きなエネルギー(脂肪)を蓄えようとします。

これは、人間に備わっている飢餓状態に対応するためのもの。激しい食事制限を急に行うと、身体は「飢餓状態」と錯覚し、少ない食事でもエネルギーを蓄えようとします。

たとえ、それでダイエットできても、通常の食事に戻れば、ダイエットする前よりももっと脂肪を蓄えてしまい、リバウンドしてしまいます。

結果的に、せっかく食事の量を減らしたのに効率よくヤセられなくなってしまうのです。

好きなものを食べる

ハート型に盛り付けたトマトスパゲッティ

そこで、リバウンドを防ぐためにおすすめなのが、好きなものを食べるだけというダイエット。

それでどうしてダイエットになるの?と疑問に思ってしまいますが、守るべきルールがひとつあります。

それは、空腹時以外はなにも食べないということ。

食べ物を目の前にしたときに、「ほんとにお腹すいてる?」と自分に問いかけることで無意識の間食を防ぐことができます。

それだけでなく、厳しい食事制限のような負担もないので、肉体的、精神的に健康なままダイエットをすることができます。

1日3食を食べている人が多いと思いますが、「今日はなんとなくお腹すいてない」と思う時もあるはず。そういう時は食べなくてもOKです。飲み会などで夕食を食べ過ぎてしまった翌日の朝なども無理に食べる必要はありません。

何かを食べるときに、「ほんとにお腹すいてる?」と問い続けることで、自分の「空腹」と「満腹」の感覚に敏感になることができ、余分に食べることを防止できます。

また、空腹時だけに食べるようにすると、ダラダラと食べ続けることがなくなります。

ダラダラ食いをすると、その分、血糖値が上がります。血糖値が上がると、インスリンというホルモンが分泌され、血糖値を下げるために働きます。

しかし、インスリンには脂肪を合成する働きもあるんです。ダラダラ食いをやめれば、余分なインスリンが出ることもなくなるので、ダイエットにつながります。

続けてこそダイエット

仲良しの友達と近況報告をしあって楽しんでいる女性

ダイエットといえば厳しいもの、と考えられがちですが、長続きさせられない激しいダイエットのさきに待っているのはリバウンドです。

医師であり、この「好きなものを食べるダイエット」を考案した、ミッシェル・メイ氏は、かつてダイエットのたびにリバウンドを繰り返していたそう。

ところが、このダイエット法を試したところリバウンドをすることはなくなったと語っています。

加えて、メイ氏は「食とのいい関係を築けた」ことがダイエットの成功の要因だとしています。

リバウンドに悩んでいる人は、食べ物から目を背けるのではなく、「適度な関係」で付き合っていくことでダイエットの失敗を防ぐことができるかもしれません。

written by ナカヤマ

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43675 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ