2016年12月23日 更新 | 19,125 views

たれ目整形で、フェミニン&セクシーな魔性の雰囲気を手に入れろ♡

やわらかで癒し系な印象を与えてくれるたれ目。たれ目にするひとつの方法として、美容整形があります。たれ目の整形の施術法は下眼瞼下制術と目尻切開のふたつで、下眼瞼下制術と目尻切開をあわせて手術を行う場合もあるようです。また、クリニックのホームページにある症例写真を見て、術後の仕上がりの理想をあまり高く持ちすぎないようにしましょう。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行先生が監修しています。

サングラスをかけた女性

フェミニンかつセクシーな印象を与えてくれるたれ目。

女性誌などで「たれ目に見せるメイク」の特集がたびたび組まれることがあり、たれ目にあこがれる人は少なくないようです。

ただ、もともと目がつり目気味の人は、メイクでたれ目風に見せるのには限界がありそう。

でも、たれ目の整形なら憧れのたれ目を手に入れられるかも

最近では施術項目のなかに「たれ目(形成)」という項目を設けているクリニックもあり、かなり人気のある施術のようです。

そもそもたれ目とは?

クラッチバッグを持つ女性

たれ目とは、名前の通り、「垂れている目」のこと。

垂れている目といってももちろん眼球がだらりと垂れているわけではなく、一般的な定義としては「目尻が下がっている目」のことを指していて、「下がり目」とも呼ばれています

芸能人でいうと、女性なら石原さとみさんや綾瀬はるかさん、男性なら福山雅治さんやB'zの稲葉浩志さんなどがたれ目です。

たれ目が与える印象

鞄を持つ女性

たれ目は、

  • やさしい
  • フェミニン
  • セクシー
  • 癒し系

といったような女性らしいイメージを与えることが多いよう。

目もとがとろんと潤んでいるように見えることも多いせいか、たれ目の人は男女ともに「セクシーに見える」という声も多数あります。

整形でたれ目になる方法1:下眼瞼下制術(かがんけんかせいじゅつ)

「下眼瞼下制術(かがんけんかせいじゅつ)」とは、たれ目整形の一つで、優しい印象を与えるたれ目を形成する美容医療です。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

黒目の外側の下まぶたを、丸いカーブを描きながら下げていくので目尻が垂れ、結果的に白目の部分も大きくなるので、目が大きく見えるようになります。

別名「下眼瞼拡大術」、「グラマラスライン形成」とも呼ばれています。

目の説明

下眼瞼下制術には糸で留めるお手軽な「埋没法」、切開してラインを作る「切開法」があります。

場合によっては術後に下まぶたのまつ毛が逆さまつ毛になってしまうことがあるので、逆さまつ毛の手術も一緒におこなわれることもあります。

施術内容

埋没法

埋没法は、切開をせず、結膜(下まぶたの裏側)に数ミリ程度の入り口を作り、仕上がりのラインに合わせて糸を留めるというもの。

切開する場合に比べると、戻るというリスクがあり、大きなたれ目効果もあまり期待できないかもしれませんが、その分痛みや腫れを抑えやすいです。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

顔にメスを入れるのがどうしても怖い、失敗が怖いという方は埋没法から始めてもいいかもしれません。

切開法(裏側のみ)

下まぶたの裏側の結膜のみを切開する方法。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

結膜か下まぶたの皮膚を切開して瞼板を引き下げます。

結膜側からの切開の場合、皮膚の傷跡はほとんど残りません。

表側も一緒に切開する場合に比べると、下まぶたのラインを下げられる幅はやや狭くなります。

湘南美容外科クリニックの吉原先生の症例写真を見ると、手術前の症例写真ではややつり目気味になっていた目じりが、手術後の症例写真ではかわいらしいたれ目に変化しているのがわかるでしょう。

切開法(表・裏両側)

下まぶたの表側と裏側の両方を切開する方法。

下まぶたのラインをもっとも大きく下げやすい手術です。

ダウンタイム

術後の目もとの腫れは1週間ほど、(切開する場合は強い腫れが1週間~2週間ほど続きます。)内出血は10日~2週間ほどでおさまることが多いよう。

埋没法や結膜のみの切開の場合、メガネなどで目もとの腫れをカバーすれば休みを長くとらなくとも社会復帰ができそうです。

また、1~3カ月は目もとに赤みが残ることがあり、切開した場合は約1週間後に抜糸が必要です。

手術費用

切開せずに施術する場合は20万前後、切開する場合は30万~50万円ほどがおおよその相場のよう。

切開法の方が多少技術を要するため、高めな値段設定になっているのでしょう。

整形でたれ目になる方法2:目尻切開

金髪女性

目尻切開とは、まぶたの目尻の端を切開し、目を外側に向かって広げる手術のこと。

たれ目にするというよりは、目を目尻方向に上下に拡張して横幅を広げる手術ですが、下眼瞼下制術とあわせて行うことでより印象的なたれ目にできます

施術内容

目尻の皮膚を切開し、上まぶたと下まぶたの皮膚を切除・縫合することで眼球の露出面積を大きくします。

目尻切開でかかる手術時間は、両目で30分ほどです。

もともと目尻側の白目が小さい人は、目尻切開によりピンク色の結膜が露出して不自然な目になってしまうため不向きです。カウンセリングの際には適性があるか、しっかり確認しましょう。

ダウンタイム

術後の目もとの腫れは1週間ほど、内出血は10日~2週間ほどでおさまることが多いよう。

また、1週間後には抜糸があり、傷跡や赤みが目立たなくなるまで1ヵ月程度かかる場合があります。

手術費用

相場は20万~30万円前後

下眼瞼下制術とあまり費用は変わらないようです。

たれ目整形によくある失敗談

モダンな女性

たれ目を手に入れるために整形をしたはずなのに、思っていた仕上がりと違う……ということもあるよう。

理想と現実の仕上がりのギャップをあらかじめ埋めておくことが重要です。

たれ目整形によくある失敗談1:思ったよりたれ目にならなかった

下眼瞼下制術も目尻切開も、目の形を劇的に変化させられる手術ではありません

それぞれの黒目の大きさなどにもよりますが、下まぶたのラインを下げられる幅は大きくて2mmほど

下まぶたのラインを2mm程度下げるだけでもずいぶん目もとの印象は変わりますが、極端にたれ目にしたいという人には、もしかすると少し物足りないかもしれません。

たれ目整形によくある失敗談2:目は大きくなったが三白眼になってしまった

下眼瞼下制術の下げ幅を大きくしすぎると、黒目が上方に偏り、左右下の三か所に白目が出る「三白眼」になってしまうことがあります。

むやみに目を拡張するのではなく、黒目の大きさなども考慮しつつ、自分に合ったたれ目をデザインすることが大切です。

たれ目整形によくある失敗談3:逆さまつ毛になってしまった

下眼瞼下制術の施術の際に、まぶたの内側の組織を切除することでまぶたの皮膚が余ってしまい、下まつ毛が目の中に入りやすくなってしまうことがあります。

逆さまつ毛になってしまった場合、下眼瞼下制術とあわせて下まぶたの逆さまつ毛手術を受けることで解決するようです。

たれ目整形の症例写真が見られるサイト6選

白ずくめの女性

たれ目整形を行っているクリニックのホームページでは、実際の症例写真が載っていることがほとんどです。

自分の目元と似ている人を見つけて、よりリアルに手術後の自分の目元をイメージしましょう。

たれ目整形の症例写真が見られるサイト1:品川美容外科

品川美容外科のホームページ

目元の施術は埋没法から切開まではば広くやっています。

目尻切開術直後の症例写真なので、ダウンタイムが心配な方、術後の状態がイメージしづらいなと思う方はぜひ参考にしてください。

たれ目整形の症例写真が見られるサイト2:湘南美容外科クリニック

湘南美容外科のホームページ

検索のフリーワード欄に「たれ目」と入れて症例写真を検索すると、26の症例写真が見られます。

また、下眼瞼下制術や目尻切開などを組み合わせて施術したたれ目整形の症例写真もあるので、いくつかの施術法を組み合わせて受けようと考えている人は参考にしてみてください。

たれ目整形の症例写真が見られるサイト3:聖心美容クリニック

聖心美容外科のホームページ

下眼瞼下制術の仕組みが絵でわかりやすく説明されています。

下眼瞼下制術や目尻切開の症例写真と一緒に担当医師のコメントも載っているので、見てみましょう。

たれ目整形の症例写真が見られるサイト4:プリモ麻布十番クリニック

プリモ麻布十番クリニックのホームページ

下眼瞼下制術、目尻切開の手術前と手術直後から手術後6か月までの症例写真が多数掲載されていて、術後の経過がよくわかります。

たれ目整形の症例写真が見られるサイト5:もとび美容外科クリニック

もとび美容外科クリニックのホームページ

もとび美容外科クリニック院長のブログに症例写真が多数アップされています。

埋没法などの「切らないたれ目形成」での下眼瞼下制術の症例もいくつか載っているので、切開しない施術を受けようと思っている人におすすめです。

たれ目整形の症例写真が見られるサイト6:高須クリニック

高須クリニックのホームページ

手術前や手術直後、さらに手術後数週間から数か月の経過がわかる下眼瞼下制術や目尻切開の症例写真が載っています。

たれ目整形は得意な医師に任せよう

白髪の女性

たれ目は、癒し系な雰囲気からセクシーな雰囲気まで、さまざまな女性らしい印象を与えてくれます。

たれ目を手に入れる方法のひとつとして整形がありますが、たれ目の美容整形の手術法は主に下眼瞼下制術と目尻切開のふたつで、組み合わせて手術する場合もあるよう。

たれ目整形を扱っているクリニックのホームページを見れば、いくつか症例写真を見ることができます。

術後の仕上がりに納得いかないことがなるべくないよう、症例写真を見て、事前に理想の現実のギャップを埋めておきましょう。

また、美容整形で自分の目もとにあった美しいたれ目を手に入れるためには、たれ目形成手術の施術経験豊富な医師に施術してもらうことが何よりも重要

医師とのカウンセリングの際には、担当医師がこれまでに行ってきたたれ目形成手術の件数を尋ねてみるといいかもしれません。

あわせて読みたい

いま話題の記事をまとめてチェック!おすすめの特集記事を紹介します。

関連する記事

二重整形を悩んでいる人へ!知っておきたい情報記事まとめ

二重整形をしたくても踏み出せず、悩んでいる人に役立つ情報を一挙にまとめました。「どのような二重になれるのか」「二重施術の基礎情報」「施術を受けた人のブログ」「二重施術の失敗やリスク」「クリニック選びのコツ」など役立つ情報を紹介します。

関連する記事

☆二重整形をするクリニックを選んでいる人、必見!地域別まとめ特集☆

見やすいクリニックまとめ一覧です。埋没法、切開法、口コミで今回はまとめました。近くに気になるクリニックは見つかりましたか?お医者様によって施術法もこだわりがあったりします。ぜひサイトを訪問してみてくださいね。

たれ目・グラマラスライン形成の地域別人気クリニック

  • 東京銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分
  • たれ目形成術(下眼瞼下制術)250,000円

水の森美容外科 東京銀座院の詳細

  • 大阪大阪梅田院JR大阪駅より徒歩3分
  • 皮膚切開法(切るたれ目術)348,000円

湘南美容外科クリニックの詳細

  • 福岡西鉄福岡天神駅より徒歩5分
  • たれ目形成(切開法)380,000円

聖心美容外科 福岡院の詳細

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

58,790 views

この記事の監修者

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

和田哲行

院長 / 監修記事 (214)

品川美容外科渋谷院

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー