NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年05月05日 更新 | 11,499 views

二重ライン死守! 奥二重の魅力を引き出すメイクテクニックまとめ

日本人に多いと言われている、奥二重。二重と一重の両方の要素を合わせ持つ奥二重さんは、可愛らしい印象もクールな印象もメイクで作れます。しかし、アイラインを太く引いてしまうと一重まぶたのように見えてしまうなど、奥二重メイクは結構難しいもの。そこで奥二重の魅力を引き出すメイクテクニックをまとめました。

下を向いている女性の写真

メイクひとつで可愛らしくも、クールっぽくもできる奥二重さん。

けれど、奥二重さんのメイクは意外と難しいもの。

たとえば、アイラインを少し太めに引いてしまうだけで、一重まぼたっぽく見えてしまうことも

奥二重さんの魅力を引き出すメイクはどんなものなのでしょうか。

簡単ですぐにできるメイクテクニックをまとめてみました。

まずは自分の奥二重のタイプを知ろう

女性の目元の写真

奥二重は二重ラインがまぶたに隠れているような状態のまぶたをいいますが、そのなかでもさらに2つのタイプに分かれます。

奥二重のタイプ

  1. 目を開けたとき目頭側のラインのみが隠れ、目尻側はしっかり二重になっている奥二重
  2. 二重の幅が狭いため、目を開けるとほとんどラインが見えない奥二重

自分の奥二重タイプはどちらなのか把握しておきましょう。

奥二重さんのメイクテク♡

メイクされている女性の写真

奥二重のままだとクールな印象を持たれがち……だけどたまには可愛らしい雰囲気にしてみたい! そんなときに使えるのが、クールな印象を可愛らしく見せるメイクテクです!

眉は太めで平行気味に

貴重な体験ありがとうございました! #salonmodel #hairmodel #spice #二子玉川 #太眉メイク

A photo posted by 東原 里夏 (@rinari2929) on

眉毛は顔の印象を決める最重要な要素!

可愛らしい雰囲気に仕上げたいなら、太めで平行気味に描くのが正解。

眉と目の間の幅が広いと、のっぺりとした印象になりやすいのだとか。

あまりカーブを作らず、平行気味に、やや太めに眉を描きましょう。

濃い色のアイブロウでガシガシと描いてしまうと眉毛ばかり目立ってしまうので、淡い色の眉パウダーを使ってふんわり仕上げると◎。

眉毛が黒い人は眉マスカラを使用すると、ナチュラルな表情に仕上がります。

ふんわりとした太めの眉は目を大きく見せる効果もあるそうです。

アイシャドウはつやを出して

可愛いのはもちろん、印象的な目もとに仕上げるために、重要なのは「立体感」。

つやのあるベージュ系のアイシャドウをまぶた全体に塗りましょう。

上まぶたのキワから上に向かって、グラデーションをつけていきます。

濃い色を乗せてしまうと、二重の幅が暗くなって見えにくくなるので、濃い締め色を使うのは目尻のみでOK。

まぶたが腫れぼったい人は、パール感が強いアイシャドーを使うとさらに膨張して見えるので、パールの控えめなものがおすすめです。

目尻に陰影をつけるならブラウンアイシャドウがベスト

濃いブラウンのアイシャドウを入れるなら、上まぶたの目尻側がベスト。

下まぶたの目尻側3分の1にも同じ色をのせれば、ちょっとたれ目気味のデカ目が完成♡

アイラインは黒だと二重部分が潰れてしまいがちなので、ナチュラルな茶色がおすすめです。

リキッドアイライナーでまつげの間を埋めるように、描きましょう。

まぶたに隠れる部分は、にじみがちなのでアイラインは引かなくてOK。

ラインがほとんどまぶたに隠れる人はアイラインなしで!

目を開けるとまぶたに隠れてラインがほとんど見えない奥二重さんは、あえてアイラインなしでメイクをしましょう。

まぶた全体につやのある明るいシャドウを乗せたら、上下まぶたの目尻側に締め色をオン。

アイシャドウをのせる前に、眉パウダーをまぶた全体にいれると、骨格がより強調されて◎。

まつ毛の根元からマスカラを塗る

可愛らしい目もとにハズせないのがくるんとしたまつげ。

おすすめはコームタイプのマスカラを使うこと。

まつ毛の根元からしっかりとマスカラが塗れるので、目の縦幅が広がります。

目が丸く、大きく見えて一気に可愛らしい印象に。

忘れずに下まつ毛にもマスカラを塗りましょう。

下まつげにマスカラを塗るときは、コームを縦に持つと塗りやすいです。

ハイライト効果でさらに立体感

最後に目頭のアイホールのくぼみ部分に明るいベージュのアイシャドウを入れましょう。

これによって目に奥行きが出ます。

可愛いだけでなく、立体感のある印象的な目もとの完成です!

覚えておきたい5つの奥二重メイクルール

顏に手を当てている女性の写真

さらに、覚えておきたい5つの奥二重メイクルールをまとめました。

奥二重のメイクルール

  1. アイラインは極細に。二重幅を残すイメージで
  2. 目尻の部分をちょっと下げてアイラインを描くとデカ目効果あり
  3. 黒のリキッドライナーでまつげの間を埋めると黒目が大きく見える
  4. つやのあるアイシャドウで明るい目元に
  5. 眉はやや太めに描いて、優しい雰囲気に

マスカラやつけまつげで目尻を強調すると、さらに大きな目元になります。

また、濃いカラーのアイシャドウを多用すると、目全体が小さく見えてしまうので注意!

二重の幅は絶対に消さないこと!

口に手を当てている女性の写真

奥二重メイクの最大のポイントは二重の幅を消さないこと

目を大きく見せようとして濃いアイシャドウで目を囲むのはNG。

極細のラインやアイシャドウを使って、自然に目を大きく見せるのが大切です。

アイラインでまつげのキワを埋めるのが難しいと感じたら、まぶたの内側の粘膜部分に描いてみてもいいかも。

よりナチュラルに目元が強調されます。

written by かよちゃん

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44654 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ