2017年08月22日 更新

不機嫌そう顔がいや!つり目をやわらかい印象にする整形方法まとめ

不機嫌に見えたり、怖い印象をもたれやすかったりするつり目。つり目の解消を目指す整形には、二重整形や目頭側の目の開きを良くして上まぶたのラインを修正できる眼瞼下垂の手術、たれ目形成といわれる下眼瞼下制術(グラマラスライン形成)や目尻切開などがあります。それぞれのメリット、デメリットを知って、自分に合った施術法を知りましょう。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行先生が監修しています。

目尻がきりっと吊り上がったつり目

つり目は、クールで凛とした印象だけでなく、怖い、きついなどの印象を与えることもあり、コンプレックスに感じる人も少なくないようです。

つり目を解消して、やわらかな雰囲気の目もとにしたい人には美容整形が効果的です。

この記事では、つり目の解消が目指せる手術を紹介します。

目次

どうして「つり目」になるの?

鏡を見る女性の写真

つり目とは、目尻が目頭の高さよりも高い位置にあること。一方たれ目は、尻が目頭の高さとほぼ同じか、目頭よりも低い位置にあることを指します。

この違いは、顔の筋肉の発達の差異に違いがあるといわれています。

顔の外側(目尻側)の筋肉が発達している人は目尻側がもち上がってつり目になりやすく、反対に顔の内側(目頭側)の筋肉のほうが発達している人は目頭側がもち上がってたれ目になりやすいそうです。

つり目が与える印象にはマイナスイメージも

つり目が人に与える印象はさまざまですが、一般的に以下のように見られることが多いようです。

  • クール
  • 美人
  • 知的
  • 性格がキツそう
  • 怖い
  • 近寄りがたい

良いイメージもありますが、マイナスな印象を与えることも。

また、普通にしているだけなのに不機嫌そうに見られたり、怒っているように見られたりすることも多いそうです。

つり目の解消を目指す美容整形の種類

医師の写真

つり目は、美人や知的などのイメージを持たれることもありますが、近寄りがたいなどのマイナスな印象を与える場合も。

自力で目の位置を変えることはできないため、つり目に悩んでいる人は整形で解消を目指すのもひとつの手段です。

つり目を解消が目指せる手術は以下の4つ。

  • 二重手術
  • 眼瞼下垂手術
  • たれ目形成
  • 目尻切開

二重整形で二重を作ったり、目頭側の二重幅を大きくしたり、眼瞼下垂手術によって目を開ける力を強くしたりすることで目の内側の開きを大きくし、上まぶたのラインをたれ目気味に修正できます。

また、たれ目にする整形では、目尻側の下まぶたのラインを引き下げてたれ目を形成する「下眼瞼下制術(かがんけんかせいじゅつ)」や、目尻の皮膚を切開することで目を目尻方向に拡張する「目尻切開」もあります。

4つの施術のいずれか、あるいは複数を併用して、つりあがった目もとの目尻を下げることが可能かもしれません。

つり目を解消を目指す整形1:二重手術

目元アップの写真

ひとくちに二重整形といっても、二重整形の施術法はさまざま。つくりたい二重の形や効果の持続性、ダウンタイムの長さなどを比較して自分に合ったものを選びましょう。

二重手術:埋没法

埋没法とは、まぶたの皮膚の下に、1㎜程度の細い特殊な糸を埋没させて二重をつくる方法です。

まぶたの内側を糸で留めるだけなので、仕上がりに納得がいかないときはやり直しが可能ですが、何年か経つと糸が取れて元に戻ってしまいます。

手術時間の目安は両目で20分ほど。ダウンタイムは個人差はありますが、まぶたの腫れや内出血が生じます。

腫れや内出血が完全に消え、二重が完成するのは術後から1か月後といわれています。

手術費用の相場は、8〜15万円ほど。糸を留める箇所を増やしたり、糸の埋め込み方を複雑にしたりすると費用が高くなるようです。

二重手術:切開法(部分切開・全切開)

切開法は、まぶたを切開し、そこから内側の余分な脂肪や組織などを切除し、皮膚を縫合することで癒着させ、二重にする手術。埋没法よりも幅の広い二重にすることができ、効果は半永久的といわれています。

切開法には、部分切開と全切開があり、切開する範囲が異なります。

部分切開の方が傷が小さくて済むメリットがありますが、範囲が狭いため内部処理がしっかり行えないことがあり、仕上がりや二重の確実性が乏しい場合も。

そのため、部分切開よりも全切開を推奨しているクリニックが多いようです。

手術後の腫れや内出血は個人差がありますが、腫れや内出血が生じます。1〜2週間で落ち着いていき、二重が完成するのは手術から3か月後ほど。

手術費用の相場は20〜30万円ほど。全切開の方が数万円高いか、どちらも同じ費用のところもあるようです。

つり目を解消を目指す整形2:眼瞼下垂手術

目をさわる女性の写真

眼瞼下垂とは上まぶたが開けづらくなる症状。眼瞼下垂は先天性のものだけでなく、目を酷使している人にも起こるとされています。

眼瞼下垂の手術では、上まぶたの一部を切開し、上眼瞼挙筋を縫い縮めてまぶたを上げる力を強くすることができ、目元の印象も大きく変わります。

手術時間の目安は両目で30分~1時間ほどです。

術後のダウンタイム

術後の目もとの腫れは1週間ほど、内出血は1~2週間ほどでおさまる場合が多いようです。

また、1~3か月は目もとに赤みが残ることがあり、切開した場合は約1週間後に抜糸が必要となります。

手術費用

手術費用は、50万~100万とクリニックでかなり差があります。眼瞼下垂の治療目的の場合、保険が適用されることもあるようです。

つり目を解消を目指す整形3:たれ目形成

目元をさわる女性の写真

つり目の解消を目指す方法のひとつとして、たれ目にするといった法もあります。たれ目形成の施術法は、大きく分けて2つあります。

たれ目形成:下眼瞼下制術

下眼瞼下制術とは、まぶたの整形の1種で、下まぶたの目尻側のラインを下げてたれ目をつくる方法。「たれ目形成」や「グラマラスライン」とも呼ばれています。

たれ目形成は、手軽に糸で行う埋没法と、ラインをつくる切開法と2種類あります。

場合によっては術後に下まぶたのまつ毛が逆さまつ毛になってしまうこともあるので、逆さまつ毛修正の手術も一緒に行う場合もあります。

術後の目もとの腫れは1週間ほど、内出血は10日~2週間ほどでおさまる場合が多いようです。しかし、1~3か月は目もとに赤みが残ることがあります。

費用は、糸による方法で20万前後、切開する場合は30万~50万円ほどが相場になります。

たれ目形成:目尻切開

目尻切開とは、まぶたの目尻の端を切開して広げ、目を外側に向かって広げる手術のこと。

目尻の皮膚を切開し、上まぶたと下まぶたの皮膚を切除・縫合することで眼球の露出面積を大きくします。

たれ目にするというよりは目を目尻方向に上下に拡張し横幅を広げる手術ですが、下眼瞼下制術などとあわせて行うことでより印象的なたれ目にできます。

術後の目もとの腫れは1週間ほど、内出血は1~2週間ほどでおさまる場合が多いようです。しかし、1~2か月は目もとに赤みが残ることがあります。

目尻切開の費用相場は20万~30万円前後のようです。

つり目の解消を目指す整形によくある失敗談

ベンチにもたれる女性

つり目を解消したかっただけなのに、思わぬトラブルが起こることも。施術前に、起こりうる失敗を知っておきましょう。

失敗談1:つり目が改善しなかった

とくに下眼瞼下制術でのたれ目形成の施術を単体で受けた人に、思ったよりつり目が改善しなかったと思う人が多いようです。

下眼瞼下制術は「たれ目形成」とはいわれていますが、目の形を劇的に変えられる手術ではありません

黒目の大きさなどにもよりますが、下まぶたのラインを下げられる幅は大きくて2mmほどなので、もっとたれ目にしたい人は二重整形などの他の施術とあわせて行うのが良いでしょう。

失敗談2:三白眼になってしまった

二重整形で目の大きさを拡張したり、下眼瞼下制術の下げ幅を大きくしすぎると、黒目が上方に偏り、左右下の三か所に白目が出る「三白眼」になってしまう場合があります。

むやみに目を大きくするのではなく、黒目の大きさなども考慮しつつ、自分に合ったたれ目をデザインすることが重要です。

失敗談3:逆さまつ毛になってしまった

下眼瞼下制術の施術の際に、まぶたの内側の組織を切除することでまぶたの皮膚が余ってしまい、下まつ毛が目の中に入りやすくなってしまう場合があります。

逆さまつ毛になってしまった場合、下眼瞼下制術とあわせて下まぶたの逆さまつ毛の修正手術を受けるのがおすすめです。

つり目解消法はたくさん!失敗例も知って手術を検討しよう

寝そべる女性の顔

つり目の解消を目指す整形には、二重整形や、たれ目になる下眼瞼下制術や目尻切開などがあります。

二重整形と下眼瞼下制術を組み合わせて受けるなど、いくつかの施術法をあわせて受けることも可能です。

10万円以下から行えるお手軽な手術もありますが、失敗のリスクはゼロではありません。事前にどのようなトラブルが起こるのかも理解しておきましょう。

この記事の監修医:和田哲行先生のクリニックはこちら

  • 住所東京都渋谷区道玄坂2-3-2 大外ビル4F
  • アクセスJR渋谷駅 「ハチ公改札」徒歩約1分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00〜20:00
  • 電話番号0120-175-600
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

品川美容外科渋谷院の詳細

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

眼瞼下垂の施術を受けられるクリニック

  • 大阪大阪梅田院JR大阪駅より徒歩3分
  • 眼瞼下垂373,500円

湘南美容外科クリニックの詳細

  • 福岡西鉄福岡天神駅より徒歩5分
  • 眼瞼下垂(切開法)480,000円

聖心美容外科 福岡院の詳細

眼瞼下垂の施術を受けられるクリニックを探す

この記事の監修者

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

和田哲行

院長 / 監修記事 (55)

品川美容外科渋谷院

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

id美容外科 代表院長 パク サンフン

パク サンフン

監修記事 (1)

id美容外科 代表院長

共立美容外科 銀座院 藤巻尊子

藤巻尊子

監修記事 (1)

共立美容外科 銀座院

共立美容外科新宿本院 望月香奈

望月香奈

監修記事 (1)

共立美容外科新宿本院

サイトメニュー