2017年01月08日 更新 | 6,864 views

ヒアルロン酸は種類によって保水力が違う。ヒアルロン酸ナトリウムの効果

ヒアルロン酸には種類があり、ヒアルロン酸より分子が小さく、肌の奥深くまで浸透しやすい「ヒアルロン酸ナトリウム」や、ヒアルロン酸のおよそ倍の保水力があるといわれている通称「スーパーヒアルロン酸」などがあるんです。また、ヒアルロン酸は食品やサプリメントで経口摂取すると体内に吸収される前に分解されてしまうので、化粧品など直接肌に塗る方法で取り入れたほうがいいでしょう。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行先生が監修しています。

髪を整える女性

基礎化粧品やサプリメントなどのパッケージに「ヒアルロン酸配合」と書かれているのは、何度も目にしたことがあるはず。

ヒアルロン酸ナトリウムは、そのヒアルロン酸の種類のひとつです。

でも、ヒアルロン酸ナトリウム自体がどういうものなのか、なぜ肌にいいのかは意外と知りませんよね。

ヒアルロン酸ナトリウムについてくわしく知って、より効果的に使いましょう。

そもそも「ヒアルロン酸」ってなに?

階段の柱に寄りかかる女性

ヒアルロン酸とは、細胞のまわりに存在するムコ多糖類とよばれる物質の1種。

牛の眼の硝子体から発見されており、硝子体はウロン酸という物質を多くふくんでいます。

だから、ギリシャ語で硝子体という意味の単語「Hyaloid(ヒアロイド)」とウロン酸の意味の単語「Uronic acid(ウロニックアシッド)」をあわせて、「Hyaluronic acid(ヒアルロン酸)」と名づけられたそう。

ヒアルロン酸はとても保水力が高い成分で、ヒアルロン酸1gあたりに6,000mlもの水分をたくわえることができます

ヒアルロン酸はわたしたち人間の体のなかにも存在していて、肌にうるおいをあたえたり、関節の潤滑剤になったり、眼の乾燥をふせいだり、といったさまざまな役割を果たしているんです。

ヒアルロン酸はD-グルクロン酸とN-アセチル-D-グルコサミンが重合した酸性ムコ多糖である。眼硝子体、臍帯、関節液、皮膚、軟骨などの結合組織に多く含まれ、主として、線維芽細胞や滑膜細胞などで産生されている。細胞より遊離したヒアルロン酸は、血流に乗ってリンパ組織へ移動し、大部分は肝まで運ばれ代謝される。残りの一部は脾臓や腎において代謝され、分子量の小さくなったものは尿より排泄される。

肌のなかでつくられるヒアルロン酸

人間の肌は、表皮、真皮、皮下組織という3層から構成されています。

肌3層

3層のひとつである真皮層は、多くの保湿成分を生成し水分を蓄えておくための層

ヒアルロン酸は、コラーゲンなどとともにこの真皮層がつくりだす保湿成分のひとつで、肌のハリやみずみずしさを保つためには欠かすことのできない物質です。

また、人の体内で生成されるヒアルロン酸の量は、25歳を過ぎたあたりから徐々に減少していくといわれています。

ヒアルロン酸ナトリウムって?

黒いハイヒールとワンピース

年齢とともに減っていくヒアルロン酸を肌の外側から補うために開発されたのが、ヒアルロン酸を水酸化ナトリウムで中和した「ヒアルロン酸ナトリウム」。

ヒアルロン酸は高分子で分子が大きいため、肌の表面から真皮層まで浸透させて内側から潤すことはできません。

でも、表皮層の1番外側にある角質層の水分をとりこんで肌内部から水分が蒸発するのをふせぎ、肌の表面を乾きにくくしてくれます

また、最近ではより分子がちいさく、肌の深いところまで届きやすい「低分子ヒアルロン酸」や、ヒアルロン酸を特殊な製法でフリーズドライして浸透力と保水力を高める「無水ヒアルロン酸」などが開発されているようです。

ヒアルロン酸より効果が高いといわれるスーパーヒアルロン酸って?

ヒアルロン酸よりもさらに高い保水力のある新成分として、「スーパーヒアルロン酸」とよばれているものがあります。

スーパーヒアルロン酸とは、正式名称を「アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム」といい、ヒアルロン酸のもつ「水酸基」とよばれる原子団の一部を「アセチル基」に置き換えたもの。

アセチル基は、皮脂に覆われていて水をはじきやすい角質層にしっかりと吸着し、肌の表面に水分をとどめる役割を果たしてくれます。

また、親水性だけではなく、水に溶けにくい性質「疎水性」も兼ね備えたことで、よりアルコールに溶けやすくなり、化粧品に配合するのが簡単になりました。

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム配合の化粧品は、粘性が強く、ぬるぬるとした手触りになりがちなヒアルロン酸ナトリウム配合のものとは異なり、べたつきのないさらっとしたテクスチャーであることも特徴です。

ヒアルロン酸注射が肌にもたらす効果

サングラスをかけた女性

現在、多くの美容整形クリニックで審美医療とされている「ヒアルロン酸注射」。

ヒアルロン酸注射による施術は、皮膚の真皮層に直接ヒアルロン酸を注入し、肌の凹凸をなくしたり膨らませたりするもの。

顔のしわやほうれい線を浅くしたり、鼻筋を通したりするなど、実にさまざまな用途で用いられているようです。

関連する記事

[美容整形体験レポート]鼻のヒアルロン酸注入やってきた! |品川スキンクリニック 立川院

鼻が低いのがコンプレックスだった編集部・せなどすが、品川スキンクリニック立川院で鼻のヒアルロン酸注入を体験してきました。30分ほどの施術でうれしい効果が! そんな施術中の一部始終をレポートします。(動画もあるよ!)おすすめクリニックや費用相場など、鼻ヒアルロン酸注射の基礎知識も大公開!

また、ヒアルロン酸はもともと体内で生成されているものなので比較的安全性が高く、アレルギーを引き起こす原因となるたんぱく質が含まれていないので、アレルギー反応が起こることもほとんどありません

ただ、ヒアルロン酸注射の効果はあくまで一時的なもの。

ヒアルロン酸は体内で吸収されてしまうため、肌は時間の経過とともに注射を打つ前の状態に戻ってしまうんです。

だから、ヒアルロン酸注射の効果を持続させるなら、定期的に注射を打つ必要があるでしょう。

注入するものにもよりますが、おおよそ半年から一年効果が持続します

出典:神戸大学医学部附属病院 美容外科ウェブサイトwww.med.kobe-u.ac.jp/cosme/treatment/treatment-6.html

ヒアルロン酸ナトリウム配合のヒアルロン酸注射の効果

ヒアルロン酸ナトリウムが配合されているヒアルロン酸注射は、関節痛の治療などに使われているよう。

ヒアルロン酸ナトリウムを関節に注入すると、関節が滑らかになって、おおきく動かしやすくなるそうです。

ヒアルロン酸注射のリスク

スニーカー

ヒアルロン酸注射は、適切に行われれば基本的にリスクが少ない美容法ではありますが、もちろんリスクがまったくないわけではありません。

ヒアルロン酸注射に用いられる注入材には、純粋なヒアルロン酸のみでつくられているものと合成樹脂などの物質が混ぜられたものがあります。

ヒアルロン酸のみのものなら体内に自然に吸収されますし、もし体内に吸収される前に元に戻したくなった場合には、ヒアルロニダーゼというヒアルロン酸を分解する物質を注射することで解決できるよう。

ただ、ヒアルロン酸以外の成分が含まれている場合、ヒアルロン酸以外の成分だけがいつまでも肌のなかに残るおそれがあります。

また、純粋なヒアルロン酸であっても、注射をおこなう際に打つ箇所を間違えると皮膚におおきなダメージを及ぼすことも。

実際に、ヒアルロン酸注射を扱っている美容整形クリニックで、誤ってヒアルロン酸を動脈に注射して血管を塞いでしまい、患者の小鼻を壊死させてしまうという医療事故が起きています。

どんなに熟練したドクターでもこのような事故をゼロにすることはできません。そのリスクを知った上で施術する事を検討してみたほうがよさそうです。

ヒアルロン酸配合食品が肌にもたらす効果

ハットを手に持つ女性

「食べるヒアルロン酸」や「飲むヒアルロン酸」といってヒアルロン酸が配合されたサプリメントや美容ドリンクなどが数多くありますが、経口摂取したヒアルロン酸がもたらす美肌効果はまだきちんと実証されていないよう。

ヒアルロン酸は体内に吸収される際に分解されてしまうので、経口摂取しても無意味だとする声が多いんです。

また、実際にヒアルロン酸が配合されたサプリメントや美容ドリンクを摂取し続けているけれど、効果は実感できていない人も多くいるようです。

ヒアルロン酸には種類があり、それぞれ保水力も違う

女性の横顔

ヒアルロン酸ナトリウムはヒアルロン酸より分子が小さいので、肌の奥深くまで潤すことができます

また、正式名称を「アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム」というスーパーヒアルロン酸は、ヒアルロン酸のおよそ2倍もの保水力があるよう

ひとくちにヒアルロン酸といってもさまざまな性質のものがあり、肌にもたらす効果は異なります。

また、同じ成分であっても、どのように取り入れるかによって効き目が変わることも。

ただ漠然と「肌にいいもの」として取り入れるのではなく、ヒアルロン酸の種類や性質をよく知り、より適した使い方をして愛され美肌を手に入れちゃいましょう。

images via Shutterstock

written by エクリトアコ

あわせて読みたい

いま話題の記事をまとめてチェック!おすすめの特集記事を紹介します。

関連する記事

二重整形を悩んでいる人へ!知っておきたい情報記事まとめ

二重整形をしたくても踏み出せず、悩んでいる人に役立つ情報を一挙にまとめました。「どのような二重になれるのか」「二重施術の基礎情報」「施術を受けた人のブログ」「二重施術の失敗やリスク」「クリニック選びのコツ」など役立つ情報を紹介します。

関連する記事

☆二重整形をするクリニックを選んでいる人、必見!地域別まとめ特集☆

見やすいクリニックまとめ一覧です。埋没法、切開法、口コミで今回はまとめました。近くに気になるクリニックは見つかりましたか?お医者様によって施術法もこだわりがあったりします。ぜひサイトを訪問してみてくださいね。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

ヒアルロン酸注射隆鼻術の施術を受けられるクリニック

  • 東京銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分
  • 鼻筋ヒアルロン酸39,000円

水の森美容外科 東京銀座院の詳細

  • 福岡西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分
  • 鼻筋ヒアルロン酸初回 46,000円

品川スキンクリニック 福岡院の詳細

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

和田哲行

院長 / 監修記事 (226)

品川美容外科渋谷院

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー