NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2015年12月29日 更新 | 15,087 views

本当に似合うメイク、してる? 奥二重さんのアイシャドウ選びのポイント

奥二重だと、目を開けたときにアイシャドウが隠れてしまったり、かえって腫れぼったく見えてしまったりして、困ってしまうことも。アイシャドウについて正しい知識を得て、効果的にアイシャドウを使いましょう。奥二重の人に効果的なアイシャドウの基本の塗り方や、ベースカラーを使った自分に似合う色の選び方などを紹介します。

奥二重だと、目を開けたときにアイシャドウが見えなくなってしまいがち。

かといって、隠れてしまわないように広範囲に塗ったら、余計に腫れぼったくなってしまった……。

そんな悩みを抱えている奥二重さんは多いと思います。

目元をすっきり大きく見せるためには、アイシャドウをどうやって使えばいいのでしょうか。

アイホールの位置を知る

アイシャドウを塗っている女性の目元

まずは、アイシャドウを塗る位置を正しく理解しましょう。

アイシャドウを塗る位置は、目頭と目尻を半円状に囲んだ部分です。この部分が、いわゆる「アイホール」。

いまいちピンとこない人は、眉の中央をぐっと上に引き上げてみましょう。まぶたの部分にくぼみができると思います。そこがアイホールです。

アイシャドウを塗っていいのは、アイホールの範囲まで。奥二重さんがアイシャドウの幅を広範囲にのせすぎたり、逆に狭くし過ぎると、メイク全体のバランスが崩れてしまいます。

アイホールからはみ出すことで、目元がきつく見えたり、腫れぼったく見えたりするので気を付けましょう。

アイシャドウパレットの役割と使い方

アイシャドウパレットとチップ

アイメイクで最も重要なのは「立体感」。

アイシャドウパレットは、瞳に立体感を出すために効果的なカラーが入ってます。腫れぼったく見えがちな奥二重の人は特に、このパレットをうまく使い分けることが大切。

それぞれのカラーについて、役割を知っておきましょう。

ハイライトカラー

ハイライトカラーは、明るく光沢感のあるカラーで、目元に透明感を与えてくれます。

パレットの中には、ハイライトカラーが2色入っていることも。

まぶた全体に乗せることで、くすみを取ってパッと明るい目元を作ってくれます。

ミディアムカラー

ミディアムカラーは、グラデーションを作るときに大事なカラー。ハイライトカラーよりもやや濃い色をしています。

奥二重さんは特に、このミディアムカラーを使いこせるようになると、すっきりした目元になれます。

目を開いたときに隠れてしまう部分よりも、少し上の部分までのせるのがコツです。

メインカラー(締め色)

パレットの中で最も濃い色がメインカラー。目のキワや目尻に入れることで、目の印象を強くすることができます。

二重幅の狭い奥二重さんがメインカラーをのせすぎると、二重が見えなくなり、目が小さく見えてしまうので、塗りすぎに注意。

ただし、目尻側にしっかり入れるのはあり。目元に立体感が出て、目を大きく見せてくれます。

アイシャドウを塗るときに必要なアイテム

カラフルな色のパウダーをのせたブラシ3本

アイシャドウを指で塗っている人もいるかと思いますが、専用のアイテムを使うことでムラなく仕上げることができます。

アイテムによって、発色やなじみ方が異なるので確認してみてくださいね。

チップ

市販のアイシャドウパレットによく付いてくるものです。

しっかりと発色させたいときに使います。細かい部分にも塗りやすいので、目のキワなどにメインカラーを乗せるときに便利。

アイシャドウブラシ

アイシャドウブラシを使うと、チップよりふんわりと色が入ります。グラデーションを作りたいときに便利かも。

奥二重にぴったりなアイシャドウの色って?

カラフルなアイシャドウ

奥二重さんに似合うのは、まぶたをすっきり見せてくれる寒色系が基本。ブルーやグレー、パープルが無難ですが、こちらは自分のベースカラーに似合ったものを選ぶとなお良いです。

ベースカラーとは、髪や瞳、肌の色味の系統を表したもので、イエローベースとブルーベースの2つに分かれます。

その人のベースカラーによって、似合う化粧品や服の色が変わってきます。

ベースカラーの簡単な調べ方

さっそくベースカラーを調べてみましょう。イエローベース、ブルーベースの特徴をそれぞれ紹介するので、自分に近い方を選んでください。

イエローベースの特徴

・どちらかといえば肌が黄みをおびた肌 ・唇の色がサーモンやピーチに近い色味 ・手の色は黄色~オレンジがかっている ・日焼けをすると小麦色になる ・真っ白よりもクリーム色の方が似合うと言われる

ブルーベースの特徴

・どちらかといえば色白で肌が青みがかっている ・唇の色は桜色やローズ ・手の色は青色~赤紫に近い色味 ・日焼けをすると肌が赤くなってしまう ・クリーム色よりも真っ白のほうが似合うと言われる

イエローベースの人が似合う色は?

温かみのあるイエローベースさんに似合う色はベージュやブラウン、オリーブ、ゴールド、グリーンなど。

秋の色を想像してもらえると良さそうです。

また、イエローベースさんはグレーやシルバーはあまり似合わないそう。

ブルーベースの人が似合う色は?

涼しげな色の似合うブルーベースさんに似合う色はパープルやブルー、シルバー、ダークブラウンなどのカッコいい系。

反対に、オレンジやゴールドは避けた方が良いようです。

奥二重さんは「赤み」のある色は避けて

赤いアイシャドウの女性

ベースカラーに合わせたアイシャドウを選ぶのが基本ですが、奥二重さんの場合、どちらのベースカラーだとしても「赤みのある色」だけは避けたほうが良いと言われています。

奥二重の人が赤みのある色を使ってしまうと、目が腫れぼったく見えてしまうのだとか。

同じ理由で、発色の良いピンクなども控えたほうが良いそうです。ピンクを使うなら、スモーキーなピンクなどにすると◎。

また、まぶたが重めで悩んでいる人は、マットなラメなしのアイシャドウにすると、目元がすっきりしてみえるそうです。

効果的にアイシャドウを使おう

女性がアイシャドウをぬっている画像

基本の塗り方と似合う色を理解したら、もっと効果的にアイシャドウを使えるはず。

今日からさっそく、実践してみてください。

written by かよちゃん

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43995 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ