NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年03月14日 更新 | 4,097 views

敏感肌でも脱毛できる、 肌にやさしいSSC脱毛とは?

SSC脱毛は、抑毛効果のあるジェルを肌に塗り、光を照射して有効成分を毛根部に浸透させる脱毛法。繰り返し施術を受けることでだんだんむだ毛が気にならなくなります。刺激がマイルドなので肌が敏感な方や痛みが苦手な方向き。SSC脱毛を行っている大手エステサロンは「ミュゼプラチナム」と「脱毛ラボ」です。

SSC脱毛は、エステサロンで行われる「光脱毛」の一種です。脱毛時の痛みなど、刺激を極力抑えた脱毛法なので、敏感肌の人でもほとんど痛みを感じません。

また、SSC脱毛で使用するジェルには、美容成分が豊富に含まれていて、脱毛しながら美肌ケアもできるという一石二鳥の効果があります。 クリニックで行われるレーザー脱毛と比べて、料金面でもかなり抑えられているので、初めての人でも試しやすい脱毛法だと言えるでしょう。

この記事に書いてあること

  • SSC脱毛以外の脱毛法は?
  • 敏感肌にもおすすめ、エステサロンのSSC脱毛
  • SSC脱毛を行っているエステサロンについて

SSC脱毛以外にはにはどんな脱毛法があるの?

女性が首をかしげている画像

SSC脱毛の特徴を知るためにも、それ以外の脱毛法について簡単に紹介しておきましょう。

IPL脱毛

IPL脱毛もSSC脱毛とほぼ同じように、光照射を行う脱毛法です。クリニックで使う医療用レーザーの、照射の力を弱めた方法だと考えればいいでしょう。

SSC脱毛とちがって、光の力で毛根に直接熱ダメージを与え、肌に負担がかからないレベルでムダ毛の毛根を破壊します。その結果、ムダ毛は少しずつ抜け落ちて行きます。

レーザー脱毛

レーザーを肌に照射し、毛根にダメージを与える脱毛法です。 強いエネルギーを出力する医療レーザーを使用するため、専門の医師がいるクリニックなどでのみ受けることができます。

レーザーをムダ毛の毛根に照射して、毛根そのものを再生できなくするので、一度脱毛すればもうムダ毛は生えてきません。 脱毛効果は高めですが、敏感肌の人には赤みが強く出たり、肌荒れすることもあるそう。光脱毛に比べると、痛みを伴うことも多いようです。

ニードル(針)脱毛

毛穴に電極のついた細いニードルを差し込み、電流(高周波)を流して毛根を破壊する方法です。 即効性が高く確実な永久脱毛が可能ですが、ムダ毛の毛穴ひとつひとつに施術を行うため、広範囲の脱毛には時間がかかるそう。

また、電流を流す際に強い痛みを感じるので、敏感肌の人にはおすすめできません。

敏感肌にもおすすめ、エステサロンのSSC脱毛

脱毛を考える時には、効果や料金以外にも、肌に対する影響や痛みの程度などを確認しておきたいところ。特に敏感肌の人にとっては、脱毛後の肌のトラブルも気になるところです。

SSC脱毛は光で抑毛成分を浸透させる脱毛法

女性が両手を頬に当てている画像

SSC脱毛とは光脱毛の一種で、イタリアの美容機器メーカーDEKA社により開発されました。 SSCとは「Smooth Skin Control(スムーススキンコントロール)」の略です。

SSC脱毛は、ビーンズジェルという専用のジェルを塗った肌の上から、クリプトンライトによる瞬間的な強い光の照射を行います。 ビーンズジェルにはトレジャービーズという粒が含まれており、強い光を浴びることでビーズの中のフィリニーブ(成長抑制成分)が溶け出すというしくみです。

SSC脱毛は、レーザー脱毛やIPL脱毛とちがって、光で直接毛根にダメージを与えるわけではありません。ジェルの中のフィリニーブが毛根に働きかけて、毛の成長を抑えることで、ムダ毛は自然に抜け落ちて行きます。

フィリニーブは植物由来の成分なので肌に優しく、敏感肌の人にも安心して使える成分です。

光照射をした毛根からは再び毛が生えてきますが、繰り返し施術を行うことでだんだんとムダ毛を弱らせ、目立たなくしていきます。

SSC脱毛と毛周期の関係

皮膚の表面に生えている毛は、成長期~退行期~休止期をくり返しています。

成長期は毛根から新しい毛が生え始まる時期で、やがて成長が終わって毛が抜ける時期が退行期です。 その後は新しい毛の準備期間とも言える休止期に入りますが、この休止期に脱毛処理を行ってもまったく無意味。脱毛を効果的に行うには、成長期にあるムダ毛に働きかける必要があります。

しかも全身にあるムダ毛の成長リズムはバラバラ、だから1~3か月くらいの周期で、脱毛を続ける必要があるんです。 SSC脱毛もこの毛周期にうまくタイミングを合わせて、効率よくムダ毛を処理する脱毛方法なんです。

SSC脱毛のメリットとデメリット

女性がびっくりしている画像

SSC脱毛は毛根に穏やかに働きかけることが特徴。だから、おもな脱毛法のなかではもっとも肌に優しく、痛みもほとんどないとされています。 敏感肌で、刺激を受けるとすぐに荒れてしまうという人や、他の脱毛法では痛くて続けられなかったという人には、このSSC脱毛がおすすめです。

ただし、SSC脱毛は刺激が少ないぶん、ムダ毛が気にならなくなるまで、長期的に施術を受ける必要があります。 個人差はありますが、効き目を感じ始めるまでには5~6回、むだ毛があまり気にならなくなるまでにはおよそ10回以上はかかるそう。

即効性や、より確実な脱毛効果を求める人は、ニードル脱毛やレーザー脱毛など、医療機関での脱毛法を選んだほうが良いかもしれません。

SSC脱毛を行っているエステサロンは?

女性の鼻~鎖骨にかけてのアップ

SSC脱毛を行っている大手エステサロンは、ミュゼプラチナムと脱毛ラボです。 脱毛の料金プランにはいくつかのコースがありますが、同じタイプのプランで両エステの料金を比較してみましょう。

ミュゼプラチナム

全身美容脱毛コース 6回/252,000円(税別) 全身の脱毛6回に、特典として両ワキとVラインを、何度でも脱毛できるプランが付いたセットです。

ミュゼプラチナムの公式サイトを見る

脱毛ラボ

スピード全身脱毛 6回/109,760円(税別) 顔を含む、全身48ヶ所の脱毛を6回受けられるセットプランです。

脱毛ラボの公式サイトを見る

キャンペーンを利用すれば価格は同じくらい

このように、単純に料金を比較すると、2つのエステサロンには2倍以上の価格差があります。 ただし、ミュゼプラチナムでは全身脱毛の4回以上のコースの施術料金に対し、半額キャンペーンを頻繁に実施しているよう。

キャンペーンを使えば、料金面では両サロンに大きな差はなくなります。

通いやすいエステサロンを選ぼう

女性が街を歩いている画像

SSC脱毛は、効果を感じるまでに継続して通う必要があります。 そのため、施術料金はもちろんですが、家や職場などから通いやすい立地か、サロンの雰囲気はどうかもチェックしたいところ。

まずは初回キャンペーンなどを利用して、いちどサロンに足を運んでみるといいと思います。

まとめ:敏感肌でも脱毛できる、 肌にやさしいSSC脱毛とは?

SSC脱毛以外の脱毛法について

  • 光照射による、マイルドなIPL脱毛
  • クリニックでのみ行うレーザー脱毛
  • 確かな効果ならニードル(針)脱毛

敏感肌にもおすすめなエステサロンのSSC脱毛

  • SSC脱毛は光で抑毛成分を浸透させる脱毛法
  • 毛周期に合わせて、効率よくムダ毛を処理
  • 肌にやさしく、痛みの少ない脱毛法
  • 効果が現れるまでには、少し時間がかかる

SSC脱毛を行っているエステサロン

  • 大手エステサロンでは、2つのサロンで受けられる
  • キャンペーンを利用して上手に脱毛

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45276 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ