NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1027記事

メルマガ登録

2016年08月05日 更新 | 4,868 views

あ!こんなところに......。ニキビができたときの正しいメイク方法

朝、鏡を見たときにニキビができていると憂鬱ですよね。とはいえ、ニキビのまますっぴんで出社するわけにはいかないし......、でもメイクは肌に負担がかかるし......。メイクした方がいいの? それともしない方がいいの?と悩みますよね。今日はそんな悩める女性に、ニキビができたときの正しいメイク方法をご紹介します。

そもそもニキビ顔にメイクはOK? それともNG?

メイクのせいでニキビが悪化するという説は、真偽を確かめるのが難しいもの。ただ、ファンデーションが、皮膚にとって刺激になることは間違いないので、ニキビができているときような免疫力の下がった肌に濃いメイクは厳禁です。

そこで、敏感肌用のアイテムを使うのがおすすめ。実はニキビができているときは、免疫力の低下と同時にお肌が敏感になっているんです。

さらに、肌の乾燥がニキビの原因でもあるため、十分に保湿ができるものをチョイスすることが大切。また、紫外線によってニキビが色素沈着を起こしてしまうため、まったくメイクをしないで外出するのも、ニキビを悪化させてしまう要因になります。つまり、ニキビができたときには、弱っている肌に適したメイクをするべきということです。

ニキビができたときのファンデーションの選び方

ニキビメイク出典:masi-maro.com

ニキビができたときのファンデーション選びは、ニキビを悪化させないためにも非常に重要です。

ニキビができてしまったらできれば治るまでノーメイクでいることを推奨したいのですが、それも難しいですよね。

極力肌の負担にならないようなファンデーションを選んで、ニキビの解消の妨げにならないようにしましょう!

油分の多い化粧下地は使わない

化粧ノリをよくする、そしてメイクの見栄えをよくするためには絶対に使いたいアイテムである化粧下地・・・。しかしニキビができているときには、あまり厚塗りするのはよくないです。

そして油分の多いものを使用すると、ニキビを増長させることにもつながります。なのでニキビができてしまったときには、油分少ない化粧下地を使うようにしましょう。

ファンデーションはパウダータイプを使う

化粧下地と同様にファンデーションも、オイル少なめのものを使ってください。オイルフリーでおすすめなのは、パウダータイプのファンデーションです。

パウダータイプであれば油分がなくさらっと使うことができますので、ニキビ発生中の肌にも使ってOKです!ニキビができているところだけ薄めに塗ると、治りも早くなるでしょう。

リキッドタイプやクリームタイプは毛穴のつまりを起こして、ニキビを悪化させることにもつながりかねません。ニキビが完治するまで使用を控えるようにしてくださいね!

コンシーラーはつけすぎず、上手に活用を

オフィスでは、ニキビ顔だと社会人としてきちんとしていないと思われることがあります。だからこそ、ニキビを隠したいと思う女性は多いですよね。かくいう私も必死になって隠していた時期がありました。特に30代になると、口周辺やあごのあたりにニキビができるため、人と会話するとき、とかく目立ちます。

ニキビを隠すとなれば、やはり活用したいのがコンシーラー。しかし、使いすぎるとニキビが悪化したり、うまくつけないと余計に目立ってしまいます。たくさんのコンシーラーが販売されていますが、私がよく利用していたのは、ランコムのタンミラクタッチです。

タンミラクタッチ(ランコム)

ランコム出典:www.cosme.net

4000円(税抜)

筆タイプの液状コンシーラーですが、カバー力はばっちり。シャープペンシルのようにカチカチと押すだけで、自分好みの分量を出すことができ、つけすぎることがありませんでした。フェイスパウダーとの相性が良く、光の錯覚でニキビを目立たなくする効果がありました。

下地やパウダーは肌に優しい物を

コンシーラーは部分的に使うものですが、化粧下地やパウダーは、一番お肌に触れるので、なるべく肌に優しいものを使うのがおすすめです。下地はニベアやノンコメドジェニックなどのプチプラアイテムも使いましたが、個人的に合うなと思ったのが「ナチュラルグラッセ」のBBクリームです。

BBクリーム(ナチュラグラッセ)

BBクリーム出典:www.cosme.net

2800円(税抜)

「ナチュラルグラッセ」は日本のメーカーです。このBBクリームはほのかなゼラニウムの香り。また、つけたとき痛みを感じません。天然成分が重視された配合なので愛用していました。また、仕上げのフェイスパウダーはニキビが悪化しないよう、油分の少ないものを活用していました。

パウダーファンデーションは、どうしても油分が入っているので、ニキビがひどいときにはフェイスパウダーをつけるのがいいと思います。フェイスパウダーはキラキラと光るので肌を明るく見せてくれ、コンシーラーが出すツヤ感を高めてくれました。

難点をいえば、天然成分でできているアイテムなので、落ちるのが早く、こまめに化粧直しが必要だったこと。ただし、香りがいいので化粧直しは苦ではありませんでした。無香料のアイテムが好きではなかったので、優しい香りに包まれる「ナチュラルグラッセ」のアイテムおかげで、ストレスの少ないメイクができました。

ニキビができてしまったときにメイクで気をつけたいこと

ニキビ出典:nikibiatokesukesyousui.com

ニキビが完治するまで、メイクには気を遣っていきましょう。ささいなことを気にかけておくだけでも、治りの早さが変わってきます。

ニキビ発生中のメイクでぜひ気をつけて頂きたいことについてまとめてみました。これらを守って、ニキビを悪化させないようにしてくださいね。

固めのブラシ・パフの使用はやめる

メイクアイテムを塗っていくのにブラシやパフを使うと思いますが、ニキビができているときに固い使用感のあるものは使わないでください。

ニキビを傷つけて、悪化させる可能性があります。また治っても跡となって残るという危険性も出てくるでしょう。

ニキビができているときのメイクでは、肌触りがよく柔らかいブラシやパフを使用するようにしてください。

また使い込みすぎてゴワゴワになったものも、ニキビを傷つけ肌に負担をかける原因になるので破棄して新しいものを使いましょう!

パフは清潔に保つようにする

ファンデーションなどをなじませるパフですが、しっかり清潔に保たれているでしょうか?

パフは私たちが思っている以上に雑菌や汚れがこびりついているアイテム。できれば毎日、専用の洗剤を使って洗いましょう。

ニキビができている間は使い捨ての小さめのパフを使ってもいいかもしれません。この方が毎日きれいな状態でメイクすることができます。

衛生上問題のあるパフを使っていると、ニキビはいつまでたっても治りません。それどころか治ったあとも跡になったりして、肌にとってはマイナスな結果になることもあります。

クレンジング・洗顔のときはゴシゴシこすらない!

メイクオフするときのクレンジングや洗顔がゴシゴシこすらずに、優しくお湯をつかって溶かしていってください。これもニキビをこれ以上悪化させないために必ず守って欲しいことです。

とくにネイルなどして爪を長くしている人は、ニキビに爪先が引っかからないように細心の注意を払ってメイクオフするようにしましょう。

爪で引っかいてしまうと、ニキビはどんどんひどくなっていきます。指のハラで優しくメイクを洗い流すようなイメージでオフしていきましょう。

ニキビとうまく付き合って、ハッピーなメイクを!

ニキビができているとき、それは自分の肌がちょっと弱っている証拠です。ストレスが多い環境だとニキビに悩むケースも少なくありません。

そんななか、メイクのことでストレスを感じれば余計にニキビが悪化してしまいます。自分が心地よいと思えるアイテムを見つけて、ニキビがあってもハッピーなメイク時間を楽しみましょう。

それがニキビの治りを早めてくれること間違いなしです!

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

ニキビ・ニキビ跡

詳しく見る

全国

湘南美容外科

ニキビ・くすみ・しわ

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44591 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ