NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年08月05日 更新 | 3,032 views

奥二重でもぱっちりでか目が叶うメイクを動画で解説

動画で学ぶ、奥二重さんのメイク方法。奥二重さんのメイクのポイントは、極細アイライン、アイシャドウにラメは禁止、アイラインは目尻より1cmはみ出して描くこと。基本の奥二重メイクをマスターすれば、キャットアイメイクやたれ目メイクでいろんなイメージを楽しめます。気分に合わせてメイクで印象を変えられるのは、奥二重の特権です。

腕で顏を覆っている女性の写真

奥二重のアイメイクの悩みで多いのは「きつい印象になる」「目力が弱い」「厚塗りに見えてしまう」こと。

奥二重でもメイクを工夫すれば、優しい印象でぱっちりとした大きな目に見せることはできます。

今回は奥二重でも「なりたい印象になれる」メイク方法を動画で紹介します。

奥二重の芸能人!

「二重=可愛い」という固定観念にしばられていませんか?可愛くなるには二重じゃないとダメなんて思わないでください。

芸能人にも奥二重の女性はたくさんいます。そんなきれいで可愛い奥二重の女優さんたちをご紹介しましょう。

吉高由里子

吉高由里子出典:laughy.jp

朝ドラに出演したこともある吉高由里子さん。若い人のみならず、主婦にも人気がある女優さんです。

吉高由里子さんのまぶたはかなり厚ぼったく、限りなく一重に近い奥二重ではないでしょうか。

しかし奥二重でもとっても美人で、表情も豊かです。むしろ奥二重が彼女の良さであるといっても過言ではないでしょう。

綾瀬はるか

綾瀬はるか出典:topicks.jp

意外と思われるかもしれませんが、綾瀬はるかさんも奥二重です。しかもかなりパッチリ目の奥二重となっています。

そこらの二重の女性よりもおそらく目は大きいでしょう。綾瀬はるかさんの目を見ていると、「奥二重=目が細い・小さい」なんてイメージは吹っ飛びますよね!

しかもキュートな印象もある綾瀬はるかさん、奥二重で可愛い系を目指す人は彼女のメイクを参考にしてみてもいいかもしれませんね!

酒井若菜

酒井若菜出典:matome.naver.jp

女優業からグラビアまで、多彩な活躍を見せている酒井若菜さん。彼女は昔から奥二重で、あまり顔の印象も変わっていないイメージですよね。

芸能人の中でも目の大きさを気にして整形してしまう人も多い中で・・・酒井若菜さんは昔から魅力的な奥二重をキープして、常に変わらない可愛さを私たちに見せてくれています。

ギャル系・清楚系・奥様系、いろいろな役どころを演じていることが多いのが酒井若菜さんの女優としての特徴。参考にできるメイクも多そうです!

ふんわり優しいデカ目メイク方法

新見千晶さんが教えるメイク 「奥二重さんのデカ目」

奥二重さんは切れ長の目を丸く見せる工夫をすることでデカ目にしていきます。

ポイントはアイラインを細く、まぶたに濃いアイシャドウを乗せないこと

ドライヤーでホットビューラー効果

ドライヤーでビューラーを暖めている写真

ドライヤーでビューラーを温め、まつげを上げます。手の甲などに当て、温度を確認してからまつ毛を挟みます。

ビューラーを温めることで癖がつきやすくなり、まつ毛をきれいにカールさせることができます。

コンシーラーをアイホールに

コンシーラーをまぶたに塗っている写真

まぶたにコンシーラーを乗せ、まぶたのくすみを取っていきます。

このひと手間で、アイシャドウの発色がとても良くなるのだそう。

くすみがちな目尻の切れ込み部分にも忘れず、しっかりとカバーしましょう。

明るいベージュをアイホール全体に

アイシャドーを塗っている写真

明るいベージュをアイホール全体に塗っていきます。

奥二重さんにおすすめな色はマットなベージュ。ラメやパール入りはまぶたが膨張して見えるのでNGです。

明るめのブラウンを奥二重の幅に入れていく

アイシャドーを塗っている写真

明るいブラウンのアイシャドーを二重幅にのせていきます。

あまり濃い色を入れてしまうと、二重の幅が狭く見え、目が小さく見えてしまうので気を付けてください。

色をのせる際は、ワイパーのようにブラシを左右に小さく振りながら入れていきましょう。

アイラインは極細、たれ目ラインが重要

アイラインを引いている写真

アイラインは極細に、まつげの隙間を埋めるように引くのがポイント。

目を開けた状態で、目尻を1cmほど下げて引くと目が大きく見えます。

奥二重はまぶたのキワが見えやすいので、まぶたを指で押し上げ、粘膜をアイラインで塗りつぶしておくと黒目が大きく見えます。

下まぶたにもアイシャドウを。

下まぶたにアイシャドーを塗っている写真

上まぶたにのせた明るいブラウンのアイシャドウを目尻3分の1にも入れます。

目を丸く見せるため、小さなブラシで丸さをイメージしながら入れていきましょう。

下まぶたはパール入りのアイシャドウをのせて、涙袋のようにぷっくりとさせると目が大きく見えます。

にこっとしたときに、下まぶたの膨らむ部分(涙袋)にラメやパール入りの白いシャドウをのせましょう。

目の下の明るいアイシャドウは、明るすぎない色をチョイスするのがポイントです。あまりに明るすぎると、目下のメイクだけ不自然に浮いてしまいます。

ラメ入りのアイテムはゴージャスに見えてしまい、あまり品がありません。ナチュラルに見せるのであれば、パール感のあるアイシャドウや涙袋専用のアイテムを使うようにしましょう!

もっと落ち着いた目元に仕上げたいのであれば、コンシーラーでも代用可能です。コンシーラーを涙袋の部分に塗れば、ぷっくり可愛らしい目元になります。

「ちょっと控えめすぎるかな?」というくらいでまぶたの下のアイメイクは十分です。せっかくまぶたにした透明感あるメイクを台無しにしてしまうような、品のないメイクにならないようにしてくださいね!

またタレ目の印象をつけたいのであれば、まぶたの下に少し暗めのアイシャドウを塗るというのもおすすめです。

目尻から3ミリくらいのところまで、ブラウンやグレイのアイシャドウを薄く塗ります。こうすることで、奥二重をやさしいタレ目に仕上げることができます。

この目の下のアイシャドウもやりすぎないのがポイントです。塗りすぎると、目の下にクマができたようになってしまうので注意してください!

マスカラは根元からしっかりと

マスカラのポイントを示した写真

奥二重はまつ毛の根元が見えやすいので、根元からしっかりとマスカラを塗ります。

コームタイプのマスカラがおすすめ。

マスカラを放射線状に塗ることで目を大きく見せていきます。

下まぶたを塗るときは、マスカラを縦にして左右に振りながら塗っていくと、ダマにならずにきれいに塗っていくことができます。

つけまつげは目尻に

つけまつげをつけた目元の写真

奥二重は目尻につけまつげをつけると、自然な印象でさらにデカ目効果を狙えます。

つけまつげを目尻部分だけカットして使用すると◎。

最後につけまつげと自まつ毛をビューラーでなじませるとより、ナチュラルに仕上げることができます。

ノーズシャドウで光と影を演出し、まぶたに奥行きを出す

ノーズシャドーの写真

最後にノーズシャドウを使って、まぶたに奥行きを出します。

まず、アイホールの骨のくぼみ部分にブラウンを入れていきます。

このひと手間でまぶたをすっきりと見せることができます。

次に明るい色を目頭から眉下部分に入れ、まぶたに奥行きを出していきます。

なりたい印象に!簡単アレンジメイク方法

オレンジのメイクをしている女性が驚いている写真

基本の奥二重メイクをマスターしたら、クール系やキュート系のメイクにも挑戦してみましょう。

クールな目元になる奥二重のメイク方法

韓国の女性たちの間で人気なのが、クール系のキャットアイメイク

キャットアイメイクのポイントは、ブルーやグリーンなどの寒色系のアイシャドウを使うこと。

二重さんがやると、派手すぎてけばい……と思われがちですが、奥二重さんなら二重の幅が狭い分ナチュラルに仕上げることが可能なんです。

寒色系のアイシャドウで目元を引き締めたら、目尻のアイラインを下ではなく、上に跳ね上げるように引いてみましょう。

ミステリアスな魅力ある目元の完成です。

キュートな目元になる奥二重のメイク方法

冬意識メイク。 #eyemake #make #ブルーメイク #赤メイク #blue #red #奥二重

A photo posted by さとうよりこ (@jojoriko_) on

二重幅が狭いため、キリッとした印象になりがちの奥二重さんの目元ですが、可愛らしく見せたい人も多いのではないでしょうか。

そんなときは、目尻の下のアイラインをぼかしてたれ目っぽく見えるメイクにしてみましょう。

ちょっと濃い目のブラウンのアイシャドウを目尻3分の1にオンしてぼかすだけ。

また、使用するアイライナーは黒ではなくブラウンをチョイス。

アイラインの引き方で気をつけたいこと

奥二重さんはアイラインを引くときに注意して欲しいことがあります。ちょっとしたことをですが、これを気をつけることによってガラっと印象が変わってきます。

奥二重の人はアイラインを太く引きすぎないように注意しましょう。太く引いてしまうとせっかくの二重部分にラインが重なってしまって、一重のような目元になってしまうのです。

なので奥二重の方はアイラインを細めに引いて、前述したように長さを出すことで工夫をしてみてください。少しタレ目ぎみにアイラインの延長線を描くと、やさしい印象が出てGOODでしょう!

まつげは上げ過ぎないのが奥二重のメイクポイント

女性がポーズをとっている写真

奥二重さんがまつげを上げ過ぎると、上まぶたについてしまったり、きつい印象になりやすいので、上よりも前に出すイメージでビューラーを使うと良いそう。

極細アイライン、ラメ禁止、アイラインは目尻側を1cmはみ出すのがルール。

奥二重メイクに慣れれば、ぐっとメイクの幅が広がりそう。

動画を確認しながら、練習してみてくださいね♡

written by かよちゃん

image via shutter stock

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45232 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ