NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1023記事

メルマガ登録

2016年08月05日 更新 | 5,983 views

ナチュラルなデカ目が叶う♡ 奥二重さん向けメイクテク

アイラインやアイシャドーがまぶたに隠れてしまって、つい厚塗りメイクをしてしまう奥二重さんは結構多いのではないでしょうか。そんな悩みを解決する、ナチュラルなのにデカ目に見えるメイク方法をまとめました。アイラインは太く引けば引く程、二重の幅を狭く見せてしまいます。奥二重さんのアイラインは、細くまつげのキワに描くのが基本。

女性が髪を触っている写真

奥二重さんのメイクは結構大変。

せっかくメイクをしても、目を開けるとまぶたがかぶさって見えなくなってしまったり……。

だから、ラインを太くしたりシャドウを濃くしてしまってたりして、気が付けば厚塗りになってしまうことも。

ナチュラルなのにデカ目になれる奥二重さんのためのメイク方法をまとめてみました。

アイシャドウはベージュが基本

デカ目効果を狙って、濃い茶色で目元を囲うのはNG。

逆に目が小さく見えてしまいます。

奥二重さんのメイクのコツは二重幅をしっかりと見せること

ナチュラルにデカ目効果を狙うなら、アイシャドウは明るいベージュを選びましょう。

ラメやパール入りは膨張して見えてしまうのでNG

キラキラ輝くラメ入りのアイシャドウはとても可愛いですが、奥二重さんが使うと腫れぼったい印象になってしまうかも。

目元をすっきり見せるには、マットなベージュを選ぶのが正解。

ベースメイクの際に、アイホールだけちょっと暗めのファンデを馴染ませておくと、腫れぼったさ防止に効果的。

腫れぼったいまぶたが気になる人は、ひと手間加えてみてください。

アイライナーは極細に、色はブラウンのものをチョイス

奥二重さんは二重の幅が狭いので、二重の幅を活かすためにも極細のアイライナーを使用するのが基本です。

色は瞳の印象を強くするブラックより、柔らかい印象を与えるブラウンがおすすめ。

リキッドタイプより、ペンシルタイプの方がより優しいイメージに。

アイラインは引くのではなく「埋め込む」

アイラインは一気に引くと、のっぺりとした印象になりがち。

また、線が太くなって二重幅を隠してしまう可能性もあります。

奥二重さんのアイラインは、目尻から目頭に向かって、数ミリずつ埋めていくのが正解。

目尻まで引いたら目を開いて、下向きに3ミリくらいはみ出すアイラインを描きます。

こうすることで、たれ目っぽく見える目元になり、柔らかい印象になります。

隠しアイラインでさらにナチュラル度アップ

隠しアイラインとは、まつげの間を埋めるように引くライン。「隙間埋め」のことです。

ペンシルはやや難易度が高いので、隙間埋めはブラウンの極細アイライナーでチョンチョンつつくように埋めていきましょう。

まつ毛とまつ毛の生え際を、埋めるように塗りつぶしていくと、まつ毛の生え際に極細ラインが引かれていているように見えるんです。

ナチュラルなデカ目を簡単にゲットできます♡

涙袋を作ることでデカ目効果◎

ぷっくりとした涙袋を作ると、きつく見られがちな奥二重も一気に愛らしい印象に。

涙袋部分に白系のアイシャドウか、涙袋ライナーでハイライトを入れたら、肌色に近い明るいブラウンを涙袋の影の部分に入れ、綿棒でぼかします。

このコントラストによって、涙部袋のぷっくりとした部分が一層強調されるんです。

涙袋メイクの注意点!

涙袋メイクによって奥二重さんはパッチリで可愛い目元を作ることができます。

しかし涙袋メイクは気を付けないと仕上がりが不自然になってしまうので、コツをしっかり掴んでからやりましょう!

まずはハイライトとして入れるアイテムの選び方ですが、ラメラメの派手なものは使わないでください。ラメだと上品さがなく、悪目立ちした涙袋になってしまいます。

明るめのアイシャドウ・パール感のあるアイシャドウ・コンシーラーなどを使うようにしてください。とくにコンシーラーは一本あると他のフェイスメイクにも使えるので、非常に重宝しますよ!

そして薄~くでいいので、目の下にブラウンなどの暗めのアイブロウを引くとさらに涙袋メイクが強調されていきます。

基本的に涙袋メイクはやりすぎない・塗りすぎないというのがポイントです。涙袋のハイライトもその下のアイブロウも、「こんなに控えめでいいの?」というくらいでかまいません。

塗りすぎるとハイライトが全体のアイメイクのバランスを崩してしまいますし、目の下のブラウンアイブロウも塗り過ぎはクマのようになる恐れがあります。

ほどほどにすることで、可愛くデカ目効果のある奥二重メイクに仕上がるのです!

奥二重さんのまつ毛アレンジ

奥二重出典:withonline.jp

奥二重の方もしっかりとまつ毛にマスカラを塗っていきましょう。ボリュームを出すために何度も重ね塗りしたいところですが・・・

実は奥二重さんはまぶたが下がりやすいという特徴があります。なので何度もマスカラを塗ってしまうと、まつ毛の重みで次第にまぶたが下がってきてしまうのです。

まつ毛の重ね塗りは2度を限度にしておくのがおすすめ。長さを出すものを使うと、一度塗りでもきれいでデカ目効果のあるまつ毛に仕上がりますよ!

下がりやすいまつ毛ですから、ビューラーで事前にしっかり上げておくのはマストです。ビューラー本体が頬にくっつくくらい、まつ毛の奥から挟んでいきましょう。

根元を掴んでしっかり2~3度ビューラーでぐいぐい挟み込めば、しっかりまつ毛がカールします。ビューラーが浮いてしまうとうまくカールしないので、鏡を見てやるというのもひとつの手ですね。

真似したい!奥二重芸能人のアイメイク

黒木メイサ

黒木メイサ出典:topicks.jp

黒木メイサさんはネコ目メイクをしていることが多いですよね。奥二重のオリエンタルビューティーさをいかんなく発揮しているイメージがあります。

黒木メイサさん風メイクのポイントは、アイラインを目尻からはみ出すくらい長めに引くことです。目尻より3ミリほど長く引いてみると、いい感じになると思います。

アイラインはリキッドタイプを使用すると、うまく引くことができます。目尻に幅を持たせるようなイメージで、慎重にアイラインを引いていきましょう。

そっして目頭・眉下のあたりにパール感のあるアイシャドウをワンポイント置くと、少し抜け感が出てクールになりすぎません。

クールな印象の中に可愛らしさもチラつかせたい、という方はこういったパール系アイシャドウを使ってみてもいいかもしれませんね!

吉高由里子

吉高由里子出典:genryu08.com

吉高由里子さんのアイメイクはナチュラル系ですね。アイラインなどはあえて太くせず細くすることで、奥二重の可愛さを強調しているんだと思います。

アイラインは控えめですが、アイシャドウはブラウン系のものをしっかり使って影を出しています。上下のまぶたの際にも入れて、目全体を囲むようにするのがポイントです。

これによって奥二重でナチュラルに仕上げながらも、デカ目効果を出すことができるのです。

さらにひと手間でナチュラルメイク完成!

さらにデカ目効果を狙いたい場合は、眉毛をカーブの少ない、平行気味の太眉に仕上げると◎。

目と眉の間が狭いと目が大きく見えるんだそう。

ただし、眉の色を濃くし過ぎると、眉の印象ばかり強くなってしまいます。

明るいアイブロウパウダーなどを使って、色を調整してみてください。

気合いを入れたいときはつけまつげをプラス!

緑色のアイシャドーを塗った女性の写真

「今日はデートだから気合いを入れたい!」。

そんなときは、最後に目尻だけつけまつげをプラスすると、さらに目元が強調され、ナチュラルな華やかさを演出できます。

目尻にだけにつけまつげをつけることで、ナチュラルさをキープできます。

ナチュラルなのに可愛い奥二重メイクをマスターして、メイクによって変わる印象を楽しみましょう♡

written by かよちゃん

image via shutter stock

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44215 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ