NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年08月05日 更新 | 5,323 views

メイクポーチの中身はそのまま♡ たれ目メイクで簡単デカ目

優しく親しみやすい印象を与えるたれ目。女性らしさがあって、男性人気も高いたれ目に、憧れる人も多いのではないでしょうか。たれ目は特別なことをしなくても、メイクで簡単に作れるんです。普段使ってるアイシャドー、アイライン、マスカラの使い方をちょっと変えれば、可愛らしいたれ目メイクの完成です。

優しそうで親しみやすい印象を持たれるたれ目に憧れる女性は多いのではないでしょうか。

生まれつきたれ目じゃなくても、メイクでたれ目を演出することができます。

可愛いらしい雰囲気を目指しているひとにおすすめです。

アイシャドウでたれ目メイク

たれ目メイクと相性抜群なのは、柔らかい雰囲気になれるアイシャドウ。

ピンクやブラウン、ラベンダーなどのソフトカラーがおすすめです。

たれ目メイク初心者さんはブラウンやゴールド系から試してみてください。

簡単♡アイシャドウでたれ目メイク方法

  1. 明るいシャドウをアイホール全体にオン。
  2. 二重幅の部分にライトブラウンをオン。
  3. 目のフチをダークブラウンで引き締め。
  4. 下まぶたの目尻側3分の1にもダークブラウンをオン。

ポイントは、最後に目尻にのせるダークブラウンを、くの字型にぼかすこと

ぼかすことでナチュラルに仕上がります。

覚えておきたい!アイシャドウの塗り方

通常のアイメイクでは横グラデーションでアイシャドーを重ねるのが基本ですが、たれ目メイクの場合は縦グラデーションを作ることが重要なんです。

内側から外側になるにつれて濃い色になるように、縦グラデーションを作りましょう。

アイラインでたれ目メイク

💋💋💋 今日はアディクションの シャングリラっていう 赤シャドウをメインに🎶 光の加減でオレンジにもブラウンにも 見える、馴染みの良い 赤シャドウなので すごく使いやすくてお気に入り❤ アディクションで働いてる義妹ちゃんから 誕生日にもらったシャドウです(´ω`)🎶 * 目尻側を濃いめにぼかして、 目頭側は白味の強いいベージュを 入れてます(・v・)✨ ラインは相変わらずブラックのリキッド。 今日はキャットラインにはせずに 平行に流す感じにしました(^^) #ikumieyez #アイメイク #秋メイク #アディクション #addiction #マック #mac #ブラウンメイク #陰影メイク #キャットライン #つり目メイク #たれ目メイク #強めメイク #アイシャドウ #ブラウンシャドウ #スモーキーメイク #大人メイク #大人顔メイク #ハーフ顔メイク #motd

A photo posted by dancemylife_ikumi (@dml_ikumi) on

たれ目に見せるアイラインのポイントは、目尻3分の1を意識すること

通常のアイラインは、目の真ん中の部分や目尻を太めにして描きますが、タレ目メイクの場合は、目尻側に重心をずらして描くのが正解なんです。

アイラインは下に下ろすイメージで

アイラインを引く際は、目の一番高い部分から、下に下ろすイメージで。

目尻よりもほんの少し長めに引くのがコツです。

たれ目を意識しすぎるて、過度にアイラインが下がっているのはNG。

ほんの少し下がり気味のアイラインを引くイメージで、自然なラインを心がけましょう。

アイラインはちょっとだけ太めに

目尻に向かってだんだん太くなるようにアイラインを引くと、重心が目尻側によって、たれ目に見えやすくなります。

また、目力が強い人は、あえてアイラインを引かないというのも手です。

締め色で縦グラデーションを作れば、優しい印象のほんのりたれ目なメイクになります。

一重・奥二重さんは隠しラインを入れてデカ目演出

一重や奥二重の人は、二重の人に比べてアイラインが隠れやすくなってしまいます。

デカ目になるポイントとしては、「隠しライン」を入れていくということがひとつ挙げられます。隠しラインというのは、まつ毛の隙間をしっかり埋めるアイラインのことをいいます。

この隠しラインがしっかり入っていると、目元の輪郭がはっきりして一重や奥二重の人でも目がぱっちりして見えるのです。

「アイラインを太めに引いているけどなかなかデカ目効果が得られない・・・」という方は、隠しラインを丁寧に描いてみてください。

マスカラでたれ目メイク

マスカラの塗り方を工夫することで、たれ目に見せることができます。

まず、まつ毛をビューラーを使って根元からしっかりとカールさせましょう。

マスカラは、上下のまつげとも、目尻に流すイメージで塗ると◎

目尻側だけ重ね付けするとより重心がよって、たれ目効果が上がります。

たれ目効果をさらに倍増させるには、目尻につけまつげをつけましょう。

上手なマスカラの仕上げ方

マスカラの理想はやはり一本一本がでセパレートした状態に仕上がることです。ダマになったりくっついていたりすると、その分デカ目効果は薄れていってしまいます。

コームやブラシなどを使って、しっかりマスカラをつけたまつ毛がきれいに強調されるようにしましょう。この一手間で、仕上がりはかなり変わってきます。

ボリュームマスカラやロング効果のあるマスカラを使うと、よりデカ目メイクが際立つでしょう。

そしてまずは伏せ目にしてまつ毛の上側をなでるようにマスカラを塗るのがおすすめです!こうすることで、より高いデカ目効果を得られます。

もちろんこのあと乾いたらら、普段通りのマスカラの塗り方で二度塗りを行ってください。下まつげにもマスカラすると、また印象ががらっと変わるのでぜひやってみてくださいね!

ダサいデカ目メイクにならないために

メイク出典:treasurenews.jp

目を大きく見せようとしてそこばかり重点的に力を入れていると、いつのまにか全体のバランスを見るとおかしいメイクになっている場合があります。

くれぐれもデカ目を追求しすぎて「ダサいアイメイク」にならないようにしてくださいね!

ついやってしまいがちなダサいデカ目メイクをご紹介します。

アイラインでぐるぐる目を囲む

目を大きく強調したいからといって、目の周りを黒いアイラインでぐるぐる囲むアイメイク。

これはケバさや不自然さを出す典型的な「ダサメイク」です。女性らしい清潔感も出ないので、このメイクをしている人はすぐにやめましょう。

確かにアイラインを太めに引くことは目の大きさを強調できますが、裏を返すと不自然に大きくなっただけで美しいメイクとはいえません

ナチュラルなデカ目を目指すのであれば、アイラインぐるぐるアイメイクからは卒業しましょう!

派手すぎるアイシャドウ

まぶたにアイシャドウを乗せすぎるというのも、ついついやってしまうデカ目メイクです。とくに派手なメイクを好む人は、こういったことをやってしまいがちです。

アイシャドウを濃くしすぎることは、老けて見える原因になると言われています。せっかくデカ目を目指してメイクに力を入れても、おばさんくさくなってしまっては無意味ですよね。

なのでアイシャドウはほどほどの濃さにしましょう。塗り過ぎ・厚塗りは厳禁、デカ目にしたいのであればアイシャドウは適度にのせるのがベターです!

とくに一重の人や奥二重の方は、暖色系の色をアイシャドウに選んでしまうと目が腫れぼったく見えてしまうという難点があります。

なのでアイシャドウにはマッドな色味のものをチョイスしましょう。ベースメイクの際に少し暗めのファンデーションをアイホールになじませておくと、よりデカ目効果が得られるようです。

こうしたちょっとしたメイクテクニックで、厚塗りしなくてもデカ目メイクを完成させることができます!まずは自分に合ったアイシャドウのカラーを探してみましょう♪

たれ目メイクはデカ目効果もあり!

髪をかきあげている女性の写真

奥二重の人や目が小さい人でも、たれ目メイクで簡単にデカ目効果を得ることができます。

たれ目メイクのポイントは目尻に重心がよるようにすること

特別な道具がなくても、普段のポーチの中身でナチュラルなたれ目は簡単に作れます。

優しい印象のたれ目メイクに、ぜひ挑戦してみてくださいね♡

written by かよちゃん

image via shutter stock

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44878 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ