NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1023記事

メルマガ登録

2016年10月31日 更新 | 3,951 views

理想の鼻を手に入れる! 整形手術を成功させる2つのポイントとは?

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行が監修しています。

鼻の整形で成功する確率は、正確に何%と数字にするのが大変難しいものです。なぜなら成功と失敗との間に確かな判断基準は無く、成功とは結局個人の主観によるものだからです。それでも鼻の整形を考えている人にとって、成功率は非常に大きな問題です。失敗への不安を取り除くためにも、鼻の整形がどのくらい安全なのかを考えてみましょう。

整形の成功率は数字では表しにくいものです。

たとえばガンなどの病気で手術をする場合、治療を受けて回復した結果をデータにすることができます。病院ごとのデータを集めれば、ガンという病気の手術成功率がだいたい分かります。

ところが美容整形とは、悪い部分を治療する行為ではありません。施術そのものは何の問題もなく終わっても、仕上がりの結果が満足できないと、これは施術を受けた本人にとっては失敗と捉えられます。

そこで鼻の整形については、2段階で成功の確率について考えてみましょう。

純粋な施術の成功率はかなり高い

整形手術を受ける女性の写真

日本の整形技術は、世界的に見ても間違いなくトップクラスです。なぜそう言えるのか、その根拠を挙げてみましょう。

  • 医学界には高度な医療技術というベースが既にあり、美容整形もその基礎の上にある
  • 形成外科~美容整形というステップを踏む、技術力の高い医師が多い
  • 最先端の美容整形技術が国内外から常に入ってくる
  • 最先端の機械や器具が国内外から常に入ってくる
  • 美容業界のネットワークが発達していて、レベルの高い技術が平均的に広がりやすい

簡単に言ってしまうと、医療先進国である日本は、美容整形先進国でもあるのです。

最新の技術でレベルの高い医師が施術を行うため、その成功率はかなり高いと言えます。

医師の技術レベルもかなり高い

いわゆる腕のいい医師は、美容整形の仕事に就く前に形成外科の医師として経験を積んでいることが多いようです。

形成外科とは、事故や病気で体の一部がダメージを受けたときに元通りに治す医療です。

この形成外科医として働くには、医師国家試験に合格してから2年間の研修を経て、さらに大学の形成外科課程に進んで研修を続けます。

顔などの難しい手術を担当するまでには7~8年の研修期間が必要です。

美容整形を目指す場合は、さらにそこから美容外科の病院などで実地研修を受けなければなりません。

専門医として美容整形の医師になるためには、長い修行期間が必要なのですね。

ただし美容整形の医師の中には形成外科の過程を経験していない医師も多くいます。それが悪いということではなく、あくまでも指標のひとつなので、病院を選ぶときに参考にしてみてもいいでしょう。

本人が満足できるという意味での「成功」は別問題

微笑む女性の写真

鼻の整形で、施術自体は成功、医師によると経過も良好、しかし本人は何となく不満……自分が考えていた仕上がりとどこかが違う……これって成功と言えるのでしょうか?

仕上がりの満足度まで含めた成功率というのは、残念ながら提示することが難しいと言えます。

成功を判断する基準としてひとつ挙げるなら、「自分がなりたい鼻の形」という明確な目標をしっかり提示して、医師にはその目標に近づける努力をしてもらい、施術後にその目標がどこまで達成されたか自分で判断することです。

この目標により近づくためには、まずは良い医師を見つけ、相互の認識に違いがなくなるまでカウンセリングを受けることが重要なのではないでしょうか。

鼻の整形の例は芸能界にも

芸能人のなかには、整形を公言している人もいますよね。一部では「整形依存症ではないか」という声もありますが、理想のビジョンを持ち、実現しているという意味では、成功例として参考になるのでは?

最新ばにちゃん❤️

A photo posted by ヴァニラ (@vani0531) on

フランス人形のようになりたい、と整形をしているヴァニラさん。小鼻が目立たない細い鼻筋には憧れてしまいますね。プロテーゼ挿入のほか、鼻栓縮小、鼻中隔延長らの施術も行っているそう。

ナチュラルな見た目ですが、顔のほとんどの部分に手を加えているという七瀬リナさん。

  • 鼻尖縮小×2(鼻の穴を小さくして、小鼻を小さくする整形)
  • 鼻尖形成(小鼻の脂肪や軟骨を切除して、小鼻を細くする整形)
  • 鼻プロテーゼI型(スーっと通った鼻筋にする整形)
  • 鼻プロテーゼ入れ替え
  • 鼻中隔延長(耳の軟骨を鼻に移植し、鼻を長く、高くする整形)

なんと、こんなにもの施術を受けているのだそう。美への執念が感じられますね。

男性では珍しく、整形をカミングアウトしているアレンさん。人工的な美しさを求めているそうで、鼻のプロテーゼ挿入だけでも5回ほど経験しているのだとか。

2つのポイントをおさえれば、理想の鼻に近づける!

先生と楽しくカウンセリングを受けている様子

第一段階で施術も成功、第二段階で本人も満足、鼻の整形での完全な成功を手にするためには、条件が2つ挙げられます。

ひとつは、施術を任せる医師の技術レベルの高さと美的センスの良さです。

そしてもうひとつは、施術を受ける本人と医師とのイメージの共有です。

こんな鼻になりたい、というはっきりした見本があれば、医師も具体的な仕上がりを頭に描きやすくなるでしょう。

つまり鼻の整形で成功率をアップするためには、医師とのコミュニケーションが何より大切だと思います。

施術する側とされる側とが、同じ目標を設定できれば、成功率はかなり上がるのではないでしょうか。

自分の思い描いたとおりに鼻の整形を成功させて!

ある美容整形の医師の言葉に、「成功して美しくなった自分を想像することは、必ず本当の成功につながる」というものがありました。

自分がどんな鼻になりたいのかイメージを膨らませて、画像やイラストなどを使って、医師に希望をしっかり伝えましょう。

鼻ヒアルロン酸注射の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
城本クリニック 12,000円
東京美容外科 35,000円
品川美容外科 46,000円
水の森美容外科 49,000円
湘南美容外科クリニック 49,870円
聖心美容クリニック 55,000円

※費用は税抜表示です。ヒアルロン酸の種類や注入量は各クリニックで異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

鼻へのヒアルロン酸注射の体験レポート公開中!

test

[美容整形体験レポート]鼻のヒアルロン酸注入やってきた! |品川スキンクリニック 立川院

鼻が低いのがコンプレックスだった編集部・せなどすが、品川スキンクリニック立川院で鼻のヒアルロン酸注入を体験してきました。30分ほどの施術でうれしい効果が! そんな施術中の一部始終をレポートします。(動画もあるよ!)おすすめクリニックや費用相場など鼻ヒアルロン酸注射の基礎知識も大公開!

出典:鼻のヒアルロン酸注入やってきた! |品川スキンクリニック 立川院

お悩み別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

品川スキンクリニック 福岡院

西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分

詳しく見る

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

品川スキンクリニック 福岡院

西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44215 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ