2017年02月21日 更新 | 37,155 views

埋没法の二重まぶたは元に戻る? 埋没法の持続性について

埋没法による二重整形の効果は永続的なものとは言えないかも……。二重まぶたが長期間維持するかは、手術を受ける人のまぶたの状態、日常習慣などがかかわっているんです!今回は、埋没法の持続性やもとに戻ってしまう原因などをご紹介します♡

品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香

この記事は、品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香先生が監修しています。

頭を抱えて悩む女性

メスで切らない二重整形である「埋没法」。

まぶたを糸で留めるだけ、という手軽さが埋没法の大きな魅力ですが、じつは簡単に糸が取れてもとのまぶたに戻るのでは……?と、不安に思う人も少なくないはず。

埋没法でつくられた二重まぶたは実際どれほどもつのか、その持続性やもとに戻る可能性が高いケース、その原因についてまとめてみました。

「埋没法」の効果は永久に続くものではない

白いスカートの女性が自分のヒールを持って歩く様子

「埋没法」って?

埋没法とは、まぶたに糸を通し、目を開ける時に動く筋肉や瞼板(けんばん)とよばれる、まぶたの先端にある軟骨と皮膚を連結することで二重まぶたをつくる手術。

まぶたを切って縫い合わせているわけではないため、糸がほどけたり切れたりしてしまうと、二重のラインが消え、まぶたがもとの状態に戻ることがあります。

二重まぶたは、なぜ元に戻ってしまうの?

埋没法手術で埋め込まれた糸がほどけたり、強くひっぱって糸が切れてしまった場合、もとのまぶたに戻ることに。

その場合は、まぶたの二重の幅がすこしずつ狭くなり、徐々に浅くなっていった二重のラインがやがて消えていきます。

ただし、糸で結びつけた部分が癒着して癖がついていた場合、抜糸してもそのまま二重が崩れない可能性も。

しかし多くの場合は、糸が取れてしまうのと一緒に二重のラインも失われてしまいます。

二重まぶたが、半永久的に持続する「切開法」って?

半永久的に戻ることのない二重まぶたを手に入れたいなら、「切開法」による二重整形がおすすめ。切開法は、メスを使っての手術になりますが、二重まぶたの状態を半永久的に保つことができます。

関連する記事

二重整形切開法の効果は半永久的。そのぶん大きくなる3つのリスク

ぱっちりした目もとを手に入れるための方法のひとつが、二重まぶた整形。そのなかの「切開法」はまぶたにメスを入れて二重を作るので、一度施術すれば半永久的に二重を維持できます。一方、施術後の腫れが長引いたり、目が開きにくくなったり、目を完全に閉じれなくなったりというリスクもあるのだとか。

埋没法でつくられた二重まぶたはどれぐらいもつ?

女性がこっちを向いている写真

まぶたの厚い人が、幅の広い二重を作ろうとすれば二重が取れてしまう確率はあがるようです。

一方、標準的な幅の二重まぶたをつくる手術を受けた人のうちの多くが、それを長期間維持することができているようです。

「埋没法」で長く効果を持続させたいなら

糸を留める箇所を増やす

また、少々手術が複雑にはなりますが、埋没法の施術の際に糸で留める箇所の数を増やしたり(2点留め、3点留めなど)、糸同士をからめたりすることでより取れにくくすることも可能です。

医師と入念なカウンセリングを

埋没法の持続性は、施術にあたる医師の技術力によって左右される場合も

納得のいく二重まぶたをつくるためにも、カウンセリング時にご自分がどんな二重まぶたを望んでいるのか医師にきちんと伝えることが大切。

関連する記事

二点どめと三点どめどっちがいいの? 二重埋没法の適切なとめかた

二重整形の施術法のひとつに埋没法がありますが、実は埋没法には、二点どめや三点どめなど、とめ方に種類があるんです。二点どめは、まぶたに結び目を2箇所作り、その2つの結び目で二重を維持する方法。埋没法で作る二重は複数点とめ方が長く維持できやすいといわれていますが、何点とめても変わらないという医師もいるようです。二重整形を受ける前に、とめ方について知っておきましょう。

二重まぶたが元のまぶたに戻りやすい人の特徴

ノートとペンを持っている女性

もとに戻りやすい人の特徴

  • まぶたが厚い人
  • 目を開ける力が弱い人
  • アトピーや花粉症などでよく目をこする人
  • ボクシングなど顔面に打撃を受ける可能性のあるスポーツをする人
  • つけまつ毛を愛用している人
  • 埋没法でつくる二重の幅がかなり広い人

元にもどってしまう原因は?

二重埋没法で作った二重がもとに戻ってしまう原因をチェックしてみましょう。

まぶたが厚い人、目を開ける力が弱い人の場合

まぶたが厚い場合、まぶたの皮膚が二重の形に折りたたまれにくく、埋め込まれた糸に力がかかりやすいので、比較的もとに戻る可能性が高いよう。

そのため二重埋没法は、まぶたの薄い人に向いている施術です。

まぶたが厚い人は、眼窩脂肪を除去することで二重まぶたを取れにくくすることができるようです。

目をよくこする人、目もとに打撃を受けるスポーツをする人、つけまつ毛を使用する人の場合

こするなどのまぶたの皮膚をひっぱる行為を日常的に行うことは、まぶたに負担をかけることになり、もとに戻りやすくなります。

つけまつ毛を使用する人は、取り外す際お湯を含ませたコットンや綿棒を目元にあて、グルー(接着剤)をふやかしてはずすなどして極力まぶたをひっぱらないようにするのが◎。

二重幅が広い人の場合

まぶたは上部のほうが脂肪が厚いため、二重幅を広くとればとるほど施術箇所に負担がかかりやすくなり、もとの状態に戻るリスクが高くなります。

元に戻ってしまったら考えること

カメラを向けている女性

それでも二重が取れてしまった際には再手術を受けることが可能ですが、以前の手術時に使用した糸がまぶたの内側に溜まってまぶたに負担がかかってしまうため、埋没法手術を受けられるのは3~4回くらいが限度と言われています。

それ以降も二重まぶたを維持したいなら、半永久的に二重まぶたを保つことが可能な切開法での手術を受けることをおすすめします。

また、一度埋没法手術を受けて二重がすぐに取れてしまった人の場合、繰り返し手術を受けても長持ちしないことが多いよう……。

その場合、切開法での二重整形をおこなったほうが、美しい二重まぶたにできる可能性が高いです。

関連する記事

二重まぶた整形には切らない手術と切る手術がある! 二重整形の基礎知識

ぱっちりした二重に憧れて、二重まぶた整形を考えいる人は多いかも。実際、ここ数年で二重まぶた整形を受ける人が増えているみたいなんです。そんな二重まぶた整形を受ける前に知っておくと役に立つ基礎知識をまとめました!

自分のまぶたに合った手術で美しい二重を

カップルがサングラスをかけて笑顔を見せている様子

せっかく理想の二重まぶたを手に入れることができても、すぐにまたもとの状態に戻るようでは意味がないですよね。

自分に合った埋没法を行うことで、二重まぶたを長く持続させましょう♡

二重埋没法の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 13,611円
品川美容外科 18,140円
水の森美容外科 55,555円
城本クリニック 60,000円
聖心美容クリニック 115,000円
東京美容外科 130,000円

※費用は税抜表示です。※2点留め、両目の金額を掲載しています。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

二重埋没法の体験レポート公開中!

test

【体験レポ】3万円以下で二重に!湘南二重術の経過や腫れ・痛みを徹底調査 | 湘南美容外科新宿本院

2017年2月からスタートした二重埋没法「湘南二重術」。その費用はたったの29,800円(税込)というから驚きです。理想の二重ラインになれるの?腫れや内出血はどれくらい?痛みは?などさまざまな疑問を解決すべく、湘南美容外科で体験取材を実施!湘南二重術の全貌を明らかにします!

出典:【体験レポ】3万円以下で二重に!湘南二重術の経過や腫れ・痛みを徹底調査 | 湘南美容外科新宿本院nicoly.jp/article/7082

関連する記事

【体験レポ】3万円以下で二重に!湘南二重術の経過や腫れ・痛みを徹底調査 | 湘南美容外科新宿本院

2017年2月からスタートした二重埋没法「湘南二重術」。その費用はたったの29,800円(税込)というから驚きです。理想の二重ラインになれるの?腫れや内出血はどれくらい?痛みは?などさまざまな疑問を解決すべく、湘南美容外科で体験取材を実施!湘南二重術の全貌を明らかにします!

埋没法で二重整形してきた! | 品川美容外科渋谷院

NICOLY読者の私は、腫れぼったい一重がずーっとコンプレックスでした。そんなコンプレックスを克服すべく、今回NICOLYの美容整形モニターに思い切って応募! とんとん拍子で話が進み、なんと無料で二重まぶた埋没法の施術を受けさせてもらえることになったんです。品川美容外科渋谷院の和田院長に行ってもらった二重整形の一部始終を、動画と写真つきでご紹介しちゃいます。

出典:[美容整形体験レポート] 埋没法で二重整形してきた! | 品川美容外科渋谷院nicoly.jp/article/2246

関連する記事

[美容整形体験レポート] 埋没法で二重整形してきた! | 品川美容外科渋谷院

NICOLY読者の私は、腫れぼったい一重がずーっとコンプレックスでした。そんなコンプレックスを克服すべく、今回NICOLYの美容整形モニターに思い切って応募! とんとん拍子で話が進み、なんと無料で二重まぶた埋没法の施術を受けさせてもらえることになったんです。品川美容外科渋谷院の和田院長に行ってもらった二重整形の一部始終を、動画と写真つきでご紹介しちゃいます。

二重埋没法を体験してきた!気になるダウンタイムを一挙公開【品川スキンクリニック表参道院】

二重埋没法は、プチ整形として大人気。美容整形の中でも軍を抜いて症例数の多い施術です。今回は奥二重に悩むあみさんが、品川スキンクリニック表参道院で、二重埋没法を体験してきました!気になる麻酔注射の痛みや内出血、腫れの期間は果たしてどれくらいだったのでしょうか……!

出典:二重埋没法を体験してきた!気になるダウンタイムを一挙公開【品川スキンクリニック表参道院】nicoly.jp/article/3793

関連する記事

二重埋没法を体験してきた!気になるダウンタイムを一挙公開【品川スキンクリニック表参道院】

二重埋没法は、プチ整形として大人気。美容整形の中でも軍を抜いて症例数の多い施術です。今回は奥二重に悩むあみさんが、品川スキンクリニック表参道院で、二重埋没法を体験してきました!気になる麻酔注射の痛みや内出血、腫れの期間は果たしてどれくらいだったのでしょうか……!

二重整形をするか悩んでいる、迷っている人に読んでほしい

「一重で恥ずかしくないの?」「ブスは一生ブスなんだよ」と散々いじめられた私が二重整形した今、一重で悩んでいる人に伝えたいこと。

関連する記事

「一重で恥ずかしくないの?」傷つき続けた私の心。二重整形で、やっと人生が明るくなりました【体験談】

腫れぼったい一重とずんぐりした体型の私は、学生時代ずっといじめられていました。毎日投げかけられる「ブス」という言葉のせいで、どんどん自信がなくなってゆき、殻に閉じこもるように。アイプチをやっても重たい一重は改善されず、「自分は一生こんな顔のままなんだ」と諦めかけたハタチの頃。二重整形の無料モニター募集を、偶然ネットで見つけたんです。

あわせて読みたい

いま話題の記事をまとめてチェック!おすすめの特集記事を紹介します。

関連する記事

二重整形を悩んでいる人へ!知っておきたい情報記事まとめ

二重整形をしたくても踏み出せず、悩んでいる人に役立つ情報を一挙にまとめました。「どのような二重になれるのか」「二重施術の基礎情報」「施術を受けた人のブログ」「二重施術の失敗やリスク」「クリニック選びのコツ」など役立つ情報を紹介します。

関連する記事

☆二重整形をするクリニックを選んでいる人、必見!地域別まとめ特集☆

見やすいクリニックまとめ一覧です。埋没法、切開法、口コミで今回はまとめました。近くに気になるクリニックは見つかりましたか?お医者様によって施術法もこだわりがあったりします。ぜひサイトを訪問してみてくださいね。

二重整形・二重まぶたの施術を受けられるクリニック

  • 東京銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分
  • 二重埋没法(NLQ法)※要問い合わせ

水の森美容外科 東京銀座院の詳細

  • 大阪JR大阪駅より徒歩3分
  • 両目ナチュラルベーシック法2点留め14,700円〜

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院の詳細

  • 福岡西鉄 福岡駅より徒歩約5分
  • 二重術スーパークイック法1点留め2年保証9,070円〜

品川美容外科 福岡院の詳細

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

72,867 views

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー