NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年07月13日 更新 | 10,305 views

「絶対くびれを手に入れる!」私が実践した1か月でくびれを手に入れる方法

くびれたウエストには憧れるけど、ご飯は我慢したくないし、わざわざ時間をとってジムに行くのもめんどくさい……。そんな私が1か月でくびれを手に入れるために行ったのは、日々の生活にちょっとした工夫を加えること。自分の性格に合ったダイエット法を見つければ、心も身体もポジティブになれるかもしれません。

女性のウエスト

キュっと引き締まったくびれは、女性に自信を与えてくれるもの。 逆にお腹がぶよぶよだと、身体にぴったりした服は着たくないし、水着も自信をもって着られません。

私がくびれを絶対に手に入れる!と決意したのは、ダンスのイベントでお腹の見える衣装を着ることになったからでした。 でも食べるのは大好きだし、わざわざジムに行くのは時間もお金も大変……。

そこで発想を転換して、日常生活に取り入れられる5つの工夫を1か月間実践した結果、キュッとしたくびれを手に入れることができたんです!

この記事に書いてあること

  • くびれが無くなる生活習慣
  • くびれ作りに効果的な5つの工夫
  • くびれダイエットの成果

くびれが無くなる生活習慣

西洋ナシ出典:Unsplash

くびれを手に入れるためには、くびれが無くなる原因を知っておいた方がいいかも。その最も大きな原因は、もちろんお腹の脂肪です。

脂肪がたっぷりのウェスト

脂肪には「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2種類があります。カロリー摂取が多すぎると、身体は脂肪を溜めこもうとしますが、脂肪がつくのは内臓のまわりと皮膚の下です。 お腹はもともと脂肪がつきやすい上に、内臓脂肪と皮下脂肪の両方がダブルでついてしまいます。これではくびれも無くなるはず....。

生活習慣病の原因にもなる内臓脂肪は、男性につきやすい傾向があり、皮下脂肪は女性につきやすい特徴がありますが、皮下脂肪の方が減らしにくいとも言われています。

お腹まわりの筋力低下

脂肪が増えるだけではなく、運動不足で筋力が弱まると、よけいにくびれは目立たなくなります。

お腹まわりにはいくつかの筋肉群があり、正面にあるのが「腹直筋」で、両サイドにあるのが「腹斜筋」です。また腹斜筋の内側には「腹横筋」というインナーマッスルがあります。

お腹を引き締めて、くびれのあるボディラインを作るためには、腹斜筋とインナーマッスルを鍛えると効果があるそう。くびれを手に入れるために腰を回すのは、これらの筋肉を鍛えるいい方法なんです。

骨盤の歪みやズレ

人間の身体の真ん中で、重い内臓を支え続けている骨盤には、かなりのストレスがかかっています。日常生活の中で、いつも同じ形に足を組んだり、同じ向きで寝たりしていると、骨盤の左右に微妙なズレができてしまうことも。

このズレが長い期間に蓄積されると、全身のバランスが崩れて、肩こりや腰痛などの症状になやむことにもなります。そしてくびれが無くなる原因にも。 そこで骨盤の歪みやズレを解消すれば、全身のバランスを整えて、ダイエットすると同時に再びくびれを手に入れることができるかもしれません。

くびれ作りに効果的な5つの工夫

くびれが無くなる原因を理解したところで、ここからは私が試したくびれを手に入れる方法を紹介します。私がくびれ作りのために行ったのは、日常生活にほんの少し工夫を加えることでした。

1. とにかく腰を回す

くびれ作りに最も効果的なのは筋トレでも有酸素運動でもなく、ひたすら腰を回すことだと思います。 一時期話題になったオチョダイエットも、腰を回すことでお腹のお肉を効果的に落とす、というもの。

この動画で紹介されているオチョダイエットは、腰を8の字に回す方法です。 オチョダイエットには即効性がありますが、慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。

そしてこの動画は、ダンスの基礎練のレッスン動画です。

3:43~から腰の基礎練を行っているのですが、こうして腰を回したり、いろんな方向に動かすだけでもくびれ作りに効果的。

オチョダイエットの手法がむずかしく感じたら、最初はただ腰を回したり動かしたりするだけでも大丈夫です。 ちなみに私はドライヤーをかけている間と歯磨きをしている間を、腰回しの時間にしていました。

2. 歩く時は腰をひねる

歩く時にできるだけ腰をひねるようにするのも、くびれ作りに効果的。 右脚を出したら左肩を少し前に出すように、上半身をツイストしながら歩くんです。

少し周りの目が恥ずかしいかもしれませんが、くびれを手に入れるためなら、なりふりかまっていられません。 ポイントはお腹に意識を集中させること。 お腹のひねりをしっかり意識しながら歩くことで、より高い効果が得られます。

私は自己流でやっていましたが、ふつうに歩くより腰に負荷がかかりやすいので、腰痛持ちの人は気をつけた方がいいかも。

3. 常にお腹をへこませておく

「なんとなく細くなるかな~」と思って私は常にお腹をへこませて生活していました。 これが功を奏したのか、ぽっこり出ていた下っ腹が引っ込み、見事にフラットになったんです。

実はこれにはちゃんとした根拠があります。お腹をへこませることで、インナーマッスルは自然と鍛えられるんだとか。 一時期話題になったドローインダイエットも、これと同じ原理。 ドローインダイエットは、息を吸う時にお腹をへこませ、吐く時にはさらににお腹をへこませる、というダイエット法です。

常にお腹をへこませるのなかなか難しいので、まずは息を吐く時だけでも、お腹をへこますように意識してみるのがいいかも。

ファッションショーのモデルたち出典:Unsplash

4. 姿勢を常に意識

正しい姿勢を意識することも、くびれ作りには欠かせません。 ふだん猫背の人が正しい姿勢を意識すると、自然と下腹部に力が入るのを感じると思います。 つまり正しい姿勢をキープするだけで、お腹の筋トレになるんです。

また、美しいくびれに欠かせないのが、骨盤が正しい位置にあること。 どんなに骨盤矯正のエステに通ったり、ヨガで身体のバランスを整えても、ふだんから正しい姿勢を意識していないと骨盤はゆがんでしまいます。

私は気がつくと猫背になっていて、正しい姿勢を常に意識するのが実は苦手でした。 猫背は楽だけど、姿勢を正すとなんかキツい……。 そんなふうに思っていたのですが、キツいということはつまり筋肉を使っているということ。 知らず知らずのうちにお腹の筋トレができていたんです。

5. ウエストのきつい服を着る

あえてウエストのきつい服を着るのは、気持ちの面でダイエットに効果的。 私はよくスカートをはくんですが、楽なゴムのスカートを一切やめて、きつめのホックのスカートばかりをはいていました。

スカートがきついので常にお腹をへこませてないといけないし(笑)、お腹がふくらんでしまうからたくさん食べれらない....。(はじめのころは無理して食べて、スカートのホックをふっとばしたりしてましたが……)

スカートがちょっとずつゆるくなっていくと、モチベーションアップにもつながります。

番外編、骨盤ダイエット

くびれを手に入れる積極的な方法としては、骨盤ダイエットがあります。毎日ちょっとした時間、骨盤を動かす運動を続けることで、骨盤の歪みやズレを矯正できるそう。

骨盤が正しい位置で安定すると、全身の動きが良くなって新陳代謝もアップ。おまけに内臓の働きも良くなるから、便秘や冷え性も解消します。 その結果お腹まわりの脂肪が減って、念願のくびれが手に入るというワケ。

骨盤ダイエットの方法は色々ありますが、私が実践したように、腰を8の字に回すだけでも大丈夫。それと一緒に、骨盤がズレる原因になる日常生活のクセなども、意識して無くすようにしましょう。

くびれダイエットの成果は......?

くびれの変化

お腹はダイエットの効果が出やすい場所なので、1週間の努力でも変化がおきると言われています。 私は、1か月間くびれ作りをがんばった結果、見た目が大きく変化しました。

きちんとサイズを測っていなかったので、正確にはわかりませんが体重は4キロ減少。 食べないダイエットはしていないつもりだったのですが、お腹を意識することで自然と食べる量が減ったことが要因だと思います。

自分に合うダイエット法で、心も身体もポジティブに

ビキニを着て笑顔の女性3人

くびれダイエットを通して思ったのは、姿勢や歩き方、服の選び方をちょっと変えるだけで、体型は劇的に変わるということ。

ただふだんからちょっとした動作に意識を向けるのって、なかなかむずかしいんですよね。 私も基本的には怠け者なので、姿勢も歩き方も服選びも、楽な方に流れがち。

1か月間という期限つきだったことと、衣装を着るためという明確な目標があったからこそ、がんばれたんだと思います。 もし毎日コツコツ努力するのが苦手なら、「1週間だけ姿勢を気にしてみよう」と期限を決めて、少しずつ始めてみるのもありかも。

自分の性格にあったダイエット法を見つけて、毎日少しだけ努力をすれば....人は変われる。 体型の変化が、心にもポジティブな影響を与えてくれるかもしれません。

まとめ:「絶対くびれを手に入れる!」私が実践した1か月でくびれを手に入れる方法

くびれが無くなる生活習慣に注意

  • お腹はもともと脂肪がつきやすい
  • 運動不足で腹筋が弱まると、くびれが無くなる
  • 骨盤の歪みやズレで、くびれが無くなる

くびれ作りに効果的な5つの工夫

  • とにかく腰を回してくびれを作る
  • 歩く時にできるだけ腰をひねる
  • 常にお腹をへこませるように意識する
  • ふだんから正しい姿勢を意識する
  • あえてウエストのきつい服を着る
  • 骨盤ダイエットも、くびれ作りに効果的

くびれダイエットの成果

  • 1か月間でくびれ作りは大成功
  • 無理のない目標を決めて、くびれを手に入れる

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

46062 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ