NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年05月06日 更新 | 5,883 views

電気で美肌を作るエレクトロポレーションにも副作用と注意点

品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香

この記事は、品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香が監修しています。

エレクトロポレーションは特殊な電気パルスによって、皮膚にダメージを与えることなく細胞間に隙間をつくり、美肌成分を肌の奥に浸透させることができる美容法。針を使わず安全で、ダウンタイムがないことで注目されています。そんなエレクトロポレーションですが、デメリットや副作用がまったくないわけではありません。

休日の朝に愛猫とたわむれている女性

エレクトロポレーションは、皮膚に特殊な電気パルスをながして細胞間に隙間をつくり、美肌成分を肌の奥に浸透させることができる美容法。

肌にダメージを与えないので、安全な美容施術として知られていますが、まれに副作用が起こることがあるそう。

そこで、エレクトロポレーションの副作用と施術を受ける際の注意点を調べました。

エレクトロポレーションの副作用は?

家で温まるためにココアを飲みながら自分の時間を過ごしている女性

一般に報告されているエレクトロポレーションの副作用には下記のようなものがあります。

  • 導入する成分によるアレルギー
  • 導入する薬剤の純度がよくなく肌荒れした
  • 電気刺激、導入機による摩擦刺激
  • 施術後のかさつき
  • 高額なのに効果が少ない

薬剤の純度や電気刺激、摩擦刺激は、自力で防ぐことは難しいかも……。

アレルギーに関しては事前の確認、術後のかさつきにはアフターケアの徹底などで対応できるかも。

効果に関しては個人差があるのでなんとも言えませんが、信頼できる医師に施術してもらうのが一番です。

副作用を防ぐ3つのポイント

エレクトロポレーションの副作用を防ぐためにも、施術を受ける際は以下の3つのことに注意しましょう。

  • 1.信頼のおけるクリニックで施術を受ける*

エレクトロポレーションの施術症例や施術実績がどれくらなのか調べてみましょう。

2.施術前の十分なカウンセリング

リスクや副作用についてきちんと説明してくれるクリニックが安心です。

3.導入する成分に対する知識や品質に注意を向ける

導入する成分によってどんな効果が期待できるのか、使われている薬剤の純度に問題がないかをチェックしましょう。

また、安全性の面から、そもそもエレクトロポレーションの施術を受けられない可能性が高い人もいます。

エレクトロポレーションを受けられない可能性が高い人

  • ペースメーカーなどが体内にある人
  • ゴム、金属に対する重度のアレルギーの人
  • てんかん発作の既往歴がある人
  • 妊娠中または授乳中の人
  • 皮膚疾患がある人
  • 化粧品にかぶれやすい人

安価な導入成分を使っているクリニックには要注意!

エレクトロポレーションは皮膚が持つバリア機能を一時的に壊すということなので、美肌に有効な成分だけでなく、不要な成分も肌に導入されてしまう危険性があります。

つまり、施術で使われる薬剤の純度や品質はとても大切!

また、導入する薬剤は肌に有害な防腐剤、保存料、着色料、香料などの添加物が含まれていなことが重要です。

副作用などのトラブルを避けるために、施術の料金が相場よりあまりにも安い場合はなにか落とし穴がないか疑ってみるのが無難かも。

導入する薬剤についても医師まかせではなく、どんな成分なのか、純度は問題ないのかなど興味を持って聞くことが、副作用を避けるためには必要だと言えます。

施術後ダウンタイムはないとは言っても、むやみに太陽に当たったり、激しい運動は控えるように気を付けることも大切です。

定期的な施術が必要

家でコーヒーを飲みながらゆっくりくつろいでいる女性

エレクトロポレーションは効果に個人差があり、1回の施術で効果を感じるのはまれなこと。

最低でも5回は定期的に施術を続けることが効果を持続させる秘訣です。

初めての施術で効果がまったくなかったとがっかりせずに、医師に相談してみたり、お家でできるスキンケアでエレクトロポレーションの効果をよりアップさせてみたりなど、根気よく続けるようにしましょう。

written by みちい

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

湘南美容外科

美肌・美白

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ