唇の整形は実は怖い? ありがちな失敗例とその対処法とは

顔占いでは、唇の形でその人の性格がわかるといいます。目の次に注目度が高い口もと。確かにふっくらしていればセクシーに、キリッと引き締まっていれば上品に見えますね。整形したい気持ちは、とてもよくわかります。しかし、口の整形は失敗すると、とても恐ろしい結末が……。今回は唇の整形の失敗例とその対処法をご紹介します。

山本クリニック 院長 山本豊

この記事は、山本クリニック 院長 山本豊先生が監修しています。

唇の整形は、金額も高く、ダウンタイムも長いのでよく考えましょう。

特に唇の整形は失敗すると、生涯にわたって後遺症に悩まされる事例もあります。

意外に多い?唇の整形でありがちな失敗例

唇の整形方法は、ふっくらとさせる場合と薄くする場合でやり方が違います。

よくありがちな失敗例をご紹介します。

ダーマル・フィラーの注入の失敗

ダーマル・フィラーとは、永久的に体内に残る皮膚充填剤の注入の事です。

よく日本ではヒアルロン酸を注入して、肌の張りやふっくらとした唇を作りますが、安全性が高い分、持続効果が短いのが悩み。

こちらのダーマル・フィラーは、安全性は低いのですが、効果は永久的なので、よく海外の整形で用いられている方法です。

ただし、年数がたつと、硬化したり炎症を起こす失敗例が確認されています。

形が不揃い、引きつる

唇を薄くする手術は、医師があらかじめデザインを決め、唇の内側を切開し、粘膜状に湿っている部分の余分な組織を取り除いて形を整えます。

とても繊細な技術を要する手術ですから、下手な医師が行うと、形が不格好になったり、唇を開けると引きつったりする後遺症が出る場合があります。

その他、修正手術で切開をしたら、傷跡がケロイド状になってしまった、手術中に口の神経を傷つけて、痺れや感覚が無くなるなどの麻痺が残った、という事例も報告されています。

唇の整形をする前に

とにかく唇の整形は事前の情報収集がポイントです。

技術力が高く学会研究を熱心に行っている名医を選ぶことが肝心。

職人的技量が問われる手術ですから、お金を惜しんで格安のクリニックで安易に手術をしないほうが安心です。

今は3Dカウンセリングなどを併用してくれるクリニックもあります。

自分が納得のいくまでカウンセリングを行い、万が一失敗した時のシミュレーションまで細かく医師に相談してください。

特に、再手術にかかる費用について、確認しておくと安心できます。

唇の整形はダウンタイムも長く、形が気に入らなければ数回手術をすることもあります。

その度にかかる費用も高額ですし、メイクや運動を制限されるなど、日常生活にも負担がかかります。

それらのことまで頭に入れ、そして万が一失敗したときの費用まで準備してから、整形するようにしてくださいね。

written by ぎりぎりへぶん

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

59,492 views

この記事の監修者

山本クリニック 院長 山本豊

山本豊

院長 / 監修記事 (25)

山本クリニック

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー