NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年07月07日 更新 | 19,467 views

オロナインで涙袋ができる!? その本当の理由とは

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行が監修しています。

肌荒れケアの味方、オロナイン。このオロナインで涙袋が作ることができる、と巷で噂になっているようです。では、どうしてオロナインで涙袋ができるのでしょうか? それには少し驚きの理由がありました。「やってみよう!」と思う前に、オロナインが涙袋に効く理由や、オロナインの成分について正しい知識を得ておきましょう。

冬になると大活躍する、肌荒れケアの定番商品「オロナイン」は、多くの人が知っている商品ですよね。私も小さな頃におばあちゃんに塗ってもらっていました。

しかし、このオロナイン、実は意外な使い方があるらしいのです。それは、オロナインで涙袋をつくるというもの。毎晩塗って寝るだけで涙袋を作ることができるそうなのです。

「やってみたい!」今すぐ行動に移したいところですが、その前にどうしてオロナインで涙袋が作れるのかなど、正しい知識を身につけることが重要です。

オロナインの基礎知識

出典:http://www.otsuka.co.jp/ohn/

オロナインの正式名称は「オロナインH軟膏」。”皮膚用抗菌軟膏剤”として大塚製薬が1953年に販売を開始しました。

オロナインの主成分は「クロルヘキシジングルコン酸塩液」という消毒液で、止血薬の「ラウロマクロゴール」、止血剤の「硫酸アルミニウムカリウム」、乳化剤の「ポリソルベート80」が添加されています。

吹出物、尋常性ざ瘡(にきび)、はたけ、軽いやけど、しもやけ、ひび、あかぎれ、各種外傷、水虫、たむしなど、さまざまな症状に効きますが、湿疹、皮膚炎、虫刺されなどの際は使用を控えたほうがよいとされています。

オロナインで涙袋ができる理由

ゴールドのネイルをした指で唇をおさえているグリーンのカラコンをしている女性出典:http://weheartit.com/entry/206998473/

オロナインには脂肪燃焼作用がある?

オロナインは、涙袋の下側に塗ると涙袋ができると言われています。

これは、オロナインの発汗作用によって汗をかくことで、その部分の脂肪が燃焼されるからとされています。

しかし、オロナインの主成分はクロルヘキシジングルコン酸塩液という消毒薬。オロナイン自体には脂肪を燃焼させるものは含まれていないそうです。

また、汗をかくことで脂肪が落ちるということはありませんし、体の構造上、オロナインを塗っただけで部分的に脂肪が落ちるということがありえないそうです。

では、なぜオロナインで涙袋ができた人が続出しているのでしょうか?

涙袋がぷっくりするのは皮膚トラブル?

一説によると、「オロナインを目元に塗ると小さな皮膚トラブルが起こり、少し腫れることによってぷっくりして見える」というものがあります。

実際に、オロナインを塗ったら変に腫れてしまい、2週間以上治らなかった人もいるとのこと。

そのため、オロナインを塗って涙袋がまったくできない人は、皮膚トラブルを起こさなかった人と言えるかもしれません。

そして涙袋ができた人は軽い皮膚トラブルでぷくっと腫れていると推測されるそうなのです。

真偽のほどは定かではありませんが、なんだか夢のないお話になってしまいましたね……。

オロナインの公式サイトでは、副作用が起こりやすくなる部位に、湿疹(かぶれ・ただれ)、化粧下、虫さされを挙げています。

そのため、オロナインを保湿液代わりに塗ってその上からメイクをするのは、トラブルが起こる原因になるため、避けた方がよいでしょう。

涙袋にオロナインを塗るやり方

それでも、「私はオロナインを試してみたい!」という人のために、オロナインの塗り方を紹介したいと思います。前述のようにリスクを伴う行為なので、あくまでも自己責任で行ってくださいね。

目に入ると充血したり、角膜炎などの眼のトラブルの原因になるので、万が一オロナインが目に入ってしまった場合はすぐに洗い流してください。

  1. 鏡の前でにっこり笑ってみる
  2. 涙袋の下の部分にオロナインを塗り、指で何回かなぞってマッサージする

このとき、涙袋ができてほしい部分そのものには触れないでください。

目頭から目尻まで毎日こまめにマッサージを行うことで涙袋のくせがついてくるそうです。

迷ったときには涙袋美容液を

オロナインで涙袋を作る方法は、信憑性に欠けたり、危険視する見方もあったりするので、検証が必要なようです。

そして一番大切なのは、オロナインの成分を理解して使用すること。「みんなもやってるから私も!」という考えだと、皮膚トラブルが起こってしまうかもしれません。

涙袋部分の皮膚はとっても薄いので、ケアは慎重に。ちょっとでも不安な人は、オロナインの代わりに涙袋美容液を使うのが安全でいいのではないでしょうか。

written by かよちゃん

top image via We Heart It

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ