NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年10月31日 更新 | 29,991 views

ワキガ手術のよくある失敗とは? 実際の体験談や画像で見てみよう

ワキガ手術で長年の悩みから解放されるはずが、失敗して逆に悩みが増えた……こんな時、病院はほとんど頼りになりません。手術の失敗を訴えても、ワキガの症状の個人差を理由にして、責任回避するだけ。なので、失敗しないためには、自分で積極的に行動するしかありません。そのためにはワキガ手術の失敗例をチェックして、病院と医師とを正しい目で選ぶことが大切なポイントになります。

ワキガの根本的な原因であるアポクリン腺を取り除き、症状を改善するのがワキガ手術の目的です。

ワキガの症状に合わせて様々な手術法があり、治療法としての歴史も長いので、本来なら安全で間違いもないはず。

ところが少し調べただけでも、ワキガ手術の失敗例は意外に多いのが事実。

そのうちのかなりの事例は、医師と患者とのコミュニケーション不足によるものですが、明らかに技術的な失敗事例も目につきます。

まずはワキガ手術の失敗例について、実態を探ってみることにしましょう。

ワキガの程度と手術法の関係

頭に手を添えて目をつむる女性の写真出典:We Heart It

ワキガの原因は、脇の下などに多くある「アポクリン腺」から出る汗です。

ワキガの手術ではこのアポクリン腺を除去することによって、臭いを元から取り去ってしまいます。

軽度から中度の症状の場合には皮下組織吸引法超音波吸引法という、脇の下に穴を開け、アポクリン腺を吸い出す方法がとられます。吸引法のほかには、皮下組織削除法などもあります。

吸引法は傷口が小さく済むのがメリットですが、超音波吸引法には火傷や皮膚壊死などのリスクがあります。

さらに重度の症状では、脇の下を切開して、皮膚の裏にあるアポクリン腺を目で見て取り除く剪除法(せんじょほう)が主流となっています。

剪除法はほかの手術に比べて傷跡が大きくなってしまうのですが、安定してワキガ改善の成果を上げられると、採用する医師が多いのだそうです。

このように手術にはいろいろあるので、症状に対して手術法が正しく選択されないと、失敗の確率が高まるという危険性があります。

それでは次で、ワキガ手術の具体的な失敗例について見てみましょう。

失敗①臭いが残っている

ワキガの手術をしたのに臭いが残っている、という場合に考えられる原因は、アポクリン腺の取り残しです。

本来なら重度の症状だったのに、軽度~中度向けの手術を受けてしまうと、アポクリン腺が完全に除去されずにワキガが再発してしまうのです。

アポクリン腺は意外にガンコな組織で、強い再生能力を持っています。

ただし除去したアポクリン腺が復活して増えることはないので、しっかりと取り除けばワキガが再発することはありません

高い技術を持った医師が剪除法で行えば、高い確率でワキガは完治できると考えていいでしょう。

一方、皮下組織吸引法は、アポクリン腺の取り残しの可能性もあることから、完治ではなく症状の改善と認識した方がいいかもしれません。

失敗②スソワキガの症状が出る、臭いが強くなる

脇の下のワキガ手術をしたら、それ以外の体臭が強まったという事例もあるようです。

中でもスソワキガの症状が悪化するケースが多く見られます。

これは脇の下のアポクリン腺が大幅に減ったことで、体内の代謝バランスが変化して、乳輪や陰部などのアポクリン腺が活発になりスソワキガが強まったと考えられます。

この症状は手術前には予想できないので、カウンセリングで医師に詳しく聞いておいた方がいいでしょう。

失敗③傷跡が消えずに残る

脇の下を切開する剪除法では、切った部分の皮膚を裏返してアポクリン腺を除去するため、手術部位にはかなりの負担がかかります。

その結果手術後に肌組織の定着がうまくいかなかったり、傷口の縫合がきれいにできなかったりすると、手術の跡が傷跡になって残ってしまうことがあります。

傷跡が目立つかどうかは、先述のように選ぶ術式にもよりますが、医師の腕に左右される可能性もあるとのこと。

技術レベルが高い医師なら、なるべく目立たないように肌のシワに沿って切開して、縫合技術も優れているため、傷跡がさほど気にならないことが多いそうです。

剪除法でも皮下組織吸引法でも皮膚下の組織を切開するので、手術後の処置の仕方が悪かったり、患部の圧迫固定に失敗したりすると、皮膚が硬く突っ張ってしまったり、肌が凹凸になってしまったりなどのトラブルが起こることもあります。

ですので、クリニックや医師は慎重に選び、効果より見た目を優先したい場合は吸引法を選択するのがいいかもしれません。

ワキガ手術の実際の画像が見たい!という人に

ワキガ手術の傷跡については、実際に体験した経過を画像付きで報告しているブログがあるので、いくつかご紹介します。

※グロテスクな画像もありますので、閲覧の際にはご注意ください。

「ワキガ手術後の合併症の嵐と戦うブログ」

「脇が手術経過ブログ」

「ワキガ手術後経過日記」

……「ワキガ手術後経過日記」に登場するPMR法は、スキンクリニックの独自の術式だそうです。

共立美容外科 仙台院 他院での施術による失敗制

……こちらにははっきりとした、ワキガ手術の失敗例が載っています。

また、手術跡のケアについては、「ワキガ手術跡の治療法」に関する下記のページを参考にしてください。

ワキガ手術のその他の失敗例は?

脇にたくさんのクリップがとまっている女性の写真出典:We Heart It

人間の汗にはアポクリン腺からの汗ともうひとつ、エクリン腺からの汗があります。暑い時やスポーツをした際にかく汗ですが、エクリン腺は当然脇の下にも非常に多く存在します。

ワキガの手術ではこのエクリン腺も一緒に除去されます。

すると、アポクリン腺同様に、他の部位にあるエクリン腺からの発汗が増えることもあります。

このように全身の発汗バランスに狂いができて、それがワキガ以外の臭いの原因になる可能性もあるのです。

また、ワキガの症状に個人差があるように、臭いの感じ方にも個人差はあります。

手術後のちょっとした臭いにも敏感になってしまい、症状が改善されても手術の失敗だと思い悩むケースも目にします。

ですので、ワキガの手術の結果は「無臭」になることではなく、臭いの症状が改善されることだと考えるといいでしょう。

ワキガ手術で失敗を防ぐには?

ワキガの手術は美容整形よりも、形成外科の1部門と考えるべきでしょう。

そこで必要とされるのは医師の高い技術力と、どれだけ多くの手術をこなして来たかという経験の多さです。

病院と医師選びに細心の注意を払って、カウンセリングにも時間をかけて、術前の不安な要素を取り除いてしまいましょう。

注意すべきことをしっかり守って正しく手術を受ければ、ワキガは高い可能性で治るはずです。

脇ボトックス注射の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
東京美容外科 8,000円
城本クリニック 100,000円
湘南美容外科クリニック 12,000円
水の森美容外科 12,000円
聖心美容クリニック 78,000円

※費用は税抜表示です。ボツリヌストキシンの種類や注入量は各クリニックで異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

脇ボトックス注射の体験レポート公開中!

test

脇ボトックスで脇汗を撃退してみた!3日で汗とは無縁に!

こんにちは! 私はNICOLY読者のひとりで、今回は脇のボトックス注射のモニターに挑戦しました。術後少し経ってから効果が出てきて、今では外での仕事のときも脇汗がまったく出ないんです……!施術中の痛みも特になく、あっという間に終わりました。

出典:[美容整形体験レポート] 脇ボトックスで脇汗を撃退してみた!3日で汗とは無縁に!品川スキンクリニック 表参道院

お悩み別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

46139 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ