NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年10月31日 更新 | 2,858 views

フォトRFでうぶ毛の脱毛もアンチエイジングもできちゃう♡

品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香

この記事は、品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香が監修しています。

フォトRFは、IPLという光エネルギーの効果を「高周波」という意味の「RF」で高める光治療機器です。フォトRFは、シミやそばかす、くすみなどの色素沈着の解消、保湿効果のある「コラーゲン」や「エラスチン」の生成促進、赤ら顔の改善、うぶ毛の脱毛効果など、さまざな効果が期待できるよう。ただ、効果が出るのが遅かったり、施術を受けられない人もいたりするので、医師とのカウンセリングを大切にしましょう。

ブレスレットをつける女性

医療機関で受けることができる光治療には、いくつか種類があります。

光治療のなかでも光と高周波の組み合わせによる「フォトRF(オーロラ)」には、さまざまな美容効果があるよう

どんな美容効果があるのか知っておきましょう。

フォトRF(オーロラ)は光と高周波による治療機器

窓の外を見る女性

フォトRFは美肌効果を目的とした光治療機器のひとつで、「オーロラ」とはイスラエルの医療機器メーカー「シネロン社」によって最初に発売されたフォトRF機器の製品名です。

「フォト(Photo)」には、「写真」以外に「光」という意味があります。

「RF」は、「高周波」という意味の「Radio Frequency(レディオ・フレケンシー)」の略です。

つまり、フォトRFとは光と高周波を組み合わせた治療法ということ。

また、フォトRFに使用されている光は「IPL(Intense Pals Light=インテンス・パルス・ライト)」というもので、黒や赤などの色の濃い部分だけに熱ダメージを与えるのが特徴です。

IPL治療は出力を高くすればより強い効果が期待できますが、その分やけどなどの副作用が起きやすくなるデメリットが生じることも

でも、IPLの出力を最小限に抑えながらより高い効果を得られる高周波エネルギーをIPLと同時に照射すれば、光をより効率的に肌の深部まで浸透させることができます。

フォトRFでさまざまな効果が期待できる

ジーンズをはいた女性

フォトRFは1度の照射範囲が広い光治療なので、ほほや顔全体など、広い範囲の施術に適しています。

だから、さまざまな効果を得ることができるんです。

フォトRFの効果1:シミ、そばかす、くすみの解消

フォトRFの熱エネルギーは色の濃いものに吸収されるので、肌のメラニン色素であるシミ、そばかすにダメージを与えて分解する効果があるそう。

だから、加齢とともにできてしまったシミやくすみ、紫外線の浴びすぎでできてきまったそばかすも、フォトRFでなら解消できちゃうことが多いんです。

フォトRFの効果2:肌にハリを与える

フォトRFの光の刺激が肌の深部の真皮層に届くと、保湿効果のある「コラーゲン」や「エラスチン」、「ヒアルロン酸」などを生成する「神経芽細胞(しんけいがさいぼう)」を活性化させることができるそう。

肌にハリが生まれることで、毛穴の引き締まりも期待できるかもしれません。

フォトRFの効果3:脱毛効果

顔のうぶ毛の脱毛にも、フォトRPは有効なんです。

フォトRFをうぶ毛の毛根に当てると、光エネルギーが働き、ダメージを与えてくれます。

1度の施術でうぶ毛が生えなくなるわけではありませんが、回数を重ねることで次第に毛根が弱まり、毛の量が減っていくそうです。

フォトRFの効果4:赤ら顔の改善

ほほが赤くほてったように見える「赤ら顔」は、顔の表面の毛細血管が過剰に広がってしまった状態です。

フォトRFは、血液の中の赤い色素「ヘモグロビン」にダメージを与え、血管を細くして目立たせないようにする効果があります。

フォトRFの施術の流れ

寝る女性

フォトRFの施術は、基本的に医療機関でのみ受けられます。

でも、施術を決意する前に、まずはフォトRPの基本的な流れを理解しておきましょう。

ステップ1:カウンセリングを受ける

フォトRFは、体質やそのときの体の状態によって受けられないことがあります。

だから、まずは事前の医師とのカウンセリングでフォトRFを受けても問題ないかを確認しましょう

カウンセリングは重要なステップのひとつなので、少しでも不安なことがあれば医師に相談しておくことをおすすめします。

ステップ2:施術前の準備

施術前は、洗顔をして顔を清潔にし、肌に冷却ジェルを塗ります。

あとは目を保護するカバーを装着すれば、施術前の準備はひとまず終了です。

ステップ3:フォトRFの照射

フォトRFの照射を行っていきます。

フォトRFの照射の瞬間はゴムで軽くはじかれた程度の痛みと光のまぶしさがあるよう

痛みに敏感で不安な人は、カウンセリングで医師に相談しておきましょう。

ステップ4:施術終了

照射が終わったら、患部を軽く冷やして終了です。

クリニックによってはビタミンC美容液のイオン導入などを行うこともあるよう

また、フォトRFは基本的に腫れによるダウンタイムがないので、すぐにメイクして帰宅することが可能です。

ステップ5:施術後

施術した翌日ごろから、一時的にシミやそばかすが濃くなります。

一時的に濃くなったシミやそばかすは、のちにかさぶた状に浮き上がり1週間程度で自然にはがれ落ちるので、無理にはがさないように気をつけましょう。

フォトRFの施術回数の目安は5回

フォトRFは、施術の回数を重ねることで効果を実感する人が多いようで、基本的には3〜4週間おきに5回程度の施術が目安となっています。

クリニックにもよりますが、フォトRFの施術料金は顔全体で1回2〜3万円ほど、5回セットで10万円前後です。

初回はトライアルの意味合いとして、1万円前後で提供しているクリニックも多くあるようなので、チェックしてみましょう。

フォトRFが受けられない人

カメラを触る女性の手

フォトRFの施術を受けることができない可能性があるのは、

  • 妊娠している、または妊娠の可能性がある
  • 肌に光線過敏症のある
  • 光の刺激でてんかん発作を起こす可能性がある
  • 心臓ペースメーカーを使用している
  • 糖尿病や心臓疾患などの持病がある

などに当てはまる人。

また、照射できない可能性のある場所は、

  • 入れ墨やアートメイクをしている部分
  • 金の糸やシリコンなどを埋め込んでいる部分

などです。

心当たりのある人は、事前のカウンセリングで医師に相談しましょう。

フォトRFの効果はゆっくりと現れる

コートのボタンを留める女性

フォトRFは、シミやそばかす、くすみを解消したり、肌にハリを与えてくれたり、産毛の脱毛効果があったりします。

基本的には3~4週間おきに合計5回ほど施術が必要と、肌に対する効果はゆっくりと現れますが、その分副作用やリスクはほとんどないよう。

ただ、効果を感じられなかったという声もあるそうです。

1度の施術で大きな効果が欲しい人でシミの除去のみの施術を受けたい人には、小さな範囲に高い出力で照射するレーザー治療の方がいいかも

いずれにしても医師とのカウンセリングを大切にして、自分に合った施術法を見つけましょう。

フォトRFアドバンスの費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
品川スキンクリニック 9,800円
湘南美容外科クリニック 14,249円
城本クリニック 15,000円
水の森美容外科 22,000円

※費用は税抜表示です。施術回数や部位は各クリニックに寄って異なります

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

シミ治療の体験レポート公開中!

test

フォトシルクプラスとパール美肌でシミ治療してきた!

品川スキンクリニック表参道院で、美白治療のフォトシルクプラスと美肌治療のパール美肌を体験してきました。

1回の施術で、シミをワントーン明るくすることができました。

1回でシミを完全に消すことはできませんが、複数回の施術を重ねることで徐々にうすくなっていきます。

出典:【品川スキンクリニック】フォトシルクプラスとパール美肌で、20歳からのシミ治療

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

湘南美容外科

美肌・美白

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ