2017年12月01日 更新

シミやそばかす脱毛効果もあり!? 「レーザーフェイシャル」とは

レーザーフェイシャルは、出力のやや弱いレーザーを広範囲に照射するものです。色素にダメージを与えるので、シミやそばかすの改善やうぶ毛の脱毛効を期待できます。さらに、コラーゲン生成の促進作用による、毛穴の改善やエイジングケア効果なども期待できる美容面でメリットの多い治療です。

品川美容外科横浜院 武内大

この記事は、品川美容外科横浜院 武内大先生が監修しています。

レーザーフェイシャルは、医療機関で受けることができる治療

シミやそばかすの改善だけではなく、そのほかにもさまざまな効果が期待できます。

魅力的なレーザーフェイシャルですが、シミやほくろを除去するためのレーザー治療とはどのように違うのでしょうか?

この記事ではレーザーフェイシャルについてくわしく紹介します。

目次

レーザーフェイシャルとは?

レーザーフェイシャルは、皮膚にレーザー照射を行うことで、肌トラブルの改善や美容効果が期待できます。

小さいシミやほくろの除去を目的としたレーザー治療では、出力が高く照射範囲の狭いレーザーをピンポイントで照射。

一方、レーザーフェイシャルは、顔全体にやや弱い出力のレーザーを照射することで広範囲に効果を出せるとされています。

レーザーフェイシャルで期待できる効果

レーザーフェイシャルは一般的にシミやそばかす治療で使用される機器ですが、実はさまざまな美肌効果が期待できます。

レーザーフェイシャルで期待できる効果は以下の通りです。

エイジングケア効果

レーザーフェイシャルでは、レーザーが皮膚の奥深くまで届き、コラーゲン繊維を刺激。

これにより、コラーゲンの生成が促進されるため、肌のキメが細かくなり、ハリが生まれるといったエイジングケア効果が期待できます。

また、しわや毛穴の開きなどの改善も目指せるので、幅広い肌悩みに適応可能です。

シミ・そばかすやくすみの改善

レーザーの光エネルギーは、色の濃いものだけに反応するので、シミやそばかすなどのメラニン色素にダメージを与えることが可能とのこと。

また、レーザーフェイシャルの治療を受けた後、シミが一時的に濃くなる事がありますが、かさぶた状に浮き上がり1週間ほどで新陳代謝とともにはがれ落ちるとされます。

うぶ毛の脱毛効果

レーザーフェイシャルで照射するレーザーは、うぶ毛の毛根にダメージを与えるそうです。

そのため、レーザフェイシャルの治療回数を重ねることで徐々にうぶ毛が薄くなり、化粧のりのアップが期待できます。

ニキビの改善や予防

レーザーフェイシャルで照射するレーザーは、アクネ菌の殺菌に効果が期待できるとのこと。

そのため、ニキビの改善や再発の予防が目指せます。

レーザフェイシャル治療の流れ

カウンセリング風景の写真

レーザフェイシャルは、医療用機器で行うため、美容皮膚科や美容外科などで治療を受けることができます。

この項では、レーザーフェイシャルが実際にどのような流れで行われるのかを見ていきましょう。

1:カウンセリング

カウンセリングでは、レーザーフェイシャルを受けることが可能かどうかのチェックを行います。

このとき、不安や疑問に感じることがあれば、医師に確認すると良いでしょう。診察の結果、問題がなければ治療に移ります。

2:準備

メイクを落とし、目をレーザーの光から守るためのカバーを装着した後、肌を熱から守るための冷却ジェルを塗ります。

3:照射

ジェルの上からレーザーの照射を行います。

照射時には光のまぶしさと、ゴムで弾かれたような痛みを感じるそうです。

治療にかかる時間は、両頬で15〜20分ほど。

レーザー照射後に、ビタミンC美容液などを浸透させることもあります。

4:完了

レーザーを照射した後は、皮膚を冷却して完了です。

一時的に、肌に赤みが出ることがありますが、保護テープ(絆創膏)などを使用する必要はありません。

また、治療後はメイクすることが可能です。

レーザーフェイシャルのアフターケア

レーザーフェイシャルを受けた後の肌は、バリア機能が弱くなっています。

必ず日焼け止めを塗り、入念な紫外線対策を行いましょう。また、肌をこすらないよう意識することが大切です。

治療当日からメイクはできますが、ファンデーションは肌に優しく乗せるように塗ります。

また、メイク落としや洗顔料は十分に泡立て肌の上で泡を転がすように行い、顔を拭く際にもタオルをそっと押し当てるようにすると良いそうです。

特にレーザーを受けてから2週間は日焼けに気をつけましょう。

肝斑(かんぱん)に効き目はあるの?

鏡

肝斑は、目の下に左右対称に広がるシミで、30〜40代の女性に多く見られるもので、ホルモンバランスや肌への刺激(洗顔やメイクの際にこすってしまうなど)が、要因といわれています。

肝斑は、出力の強いレーザーで治療した場合、悪化してしまうこともあるとされています。そのため、肝斑治療にレーザーフェイシャルはおすすめはできません。

肝斑を悪化させてしまうこともあるため、症状によってはレーザーフェイシャルをしない方が良いです。
肝斑の治療は、正しいスキンケアと内服薬・外用薬が基本になります。

レーザーフェイシャルを受けることができない人や部位

拒否

レーザーフェイシャルは、治療するにあたりいくつか制限があります。

そのため、治療を受けることができない人や、難しい部位もあるのです。

下記のようなことに該当する場合は、治療が受けられない可能性があるので、 カウンセリング時に申告しましょう。

  • 妊娠している
  • 1か月ほどの間に強い日焼けをした
  • 光過敏症で光による発作の可能性がある
  • 心臓疾患、糖尿病などの持病がある
  • 金属板や金の糸、シリコンなどが埋められている部位がある

レーザーフェイシャルの費用

金

レーザーフェイシャルは、1回で効果を感じる人もいますが、満足できる効果を感じるためには3〜4週間ほどの間をあけて、5〜6回ほどの治療を受けると良いようです。

治療の費用は、1回あたり2〜3万円ほど。

ただし、初回に限っては1回1万円ほどで受けられる場合もあるので、クリニックに問い合わせてみると良いでしょう。

また、複数回の治療を受けることを前提として、5回ほどの治療をセットにしたコースが用意されている場合、1回あたりの治療費用が通常よりも抑えられることがあります。

治療を定期的に受けようと考えている人は、検討してみてはいかがでしょうか。

レーザーフェイシャルで美肌を目指そう

診察

レーザーフェイシャルは、エイジングケア、シミ・そばかすやくすみの改善、うぶ毛の脱毛、ニキビの改善や予防など、さまざまな効果が期待できます。

しかし、治療後は肌はとても敏感になっているため、いつものスキンケアを念入りに行う、紫外線対策をしっかり行うことが大切です。

また、レーザーフェイシャルの治療を行えない人もいます。

事前に自分は当てはまるかどうかを確認してから治療を行い、レーザーフェイシャルできれいな肌を目指しましょう。

レーザーフェイシャルは、ダウンタイムがほとんどなく様々な美肌効果が期待できます。
1回で大きな変化はありませんが、興味のある方は試してみる価値は十分あるでしょう。

この記事の監修医:武内大先生のクリニックはこちら

  • 住所新潟県新潟市中央区弁天1-1-22 東信新潟ビル2F
  • アクセスJR新潟駅「万代口」徒歩約2分 京成新潟駅「新潟駅」徒歩約2分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00~19:00
  • 電話番号0120-293-740
  • 予約ネット予約・電話予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

品川スキンクリニック新潟院の詳細

美肌・美白・くすみの美容医療の施術を受けられるクリニック

  • 福岡天神南駅より徒歩約1分
  • プラセンタ注射 3アンプル 1回2,830円

湘南美容外科クリニック 福岡院の詳細

シミ取りレーザーの施術を受けられるクリニックを探す

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事の監修者

品川美容外科横浜院 武内大

武内大

院長 / 監修記事 (68)

品川美容外科横浜院

この記事のライター

口コミ・費用明細投稿

クリニックに行こうか悩んでいる人が、
あなたの体験を必要としています。

口コミ・費用明細を投稿する

投稿でamazonギフト券プレゼント!

ピックアップクリニック

サイトメニュー