NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年10月31日 更新 | 35,481 views

顔に最もよくできるシミ、老人性色素斑の有効な治療法まとめ

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行が監修しています。

皮膚のシミの中でも最も身近なものが、紫外線による老人性色素斑です。この老人性色素斑に対してもっとも有効な治療法は医療レーザー。さらに光(フォト)治療や、外用薬のハイドロキノン、トレチノインなどを組み合わせることも。また、紫外線ダメージは肌に蓄積されるので、日頃から日焼け止めクリームなどで肌を保護することも大切です。

紫外線ダメージが肌に蓄積することでできる、老人性色素斑

いくつもの種類があるシミの中でも、最も身近で誰にでもできるものです。

老人性色素斑の治療法にはどのようなものがあるのでしょうか?

老人性色素斑はシミの代表格

鼻ピアスをして顔を手で覆っている女性

肌にできる「シミ」にはいくつかの種類がありますが、特に代表的なものが老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)です。

大きさが数ミリから数センチ、境界が比較的はっきりとした薄茶色から濃い茶色のシミのことをいいます。

紫外線により皮膚のメラニン色素が増加したものなので、顔や手の甲、デコルテなど肌を露出する部分に多いのが特徴です。

加齢とともに徐々に出てくる場合がほとんどですが、思春期までに紫外線をたくさん浴びていたという人は20代後半頃から現われたり、出産後にしみが増えることもあります。

また、老人性色素斑は自然に治ることはなく、年齢とともに少しずつ色が濃くなったり、増加していくのだそう。

やはりシミはなくしたいですよね。そこで、老人性色素斑に有効な治療法を4つ紹介します。

老人性色素斑に有効な4つの治療方法

老人性色素斑の治療方法(外科治療)①レーザー治療

顔の施術を行おうとしている女性

レーザー治療患部に医療用レーザーを照射する、もっとも効果の高い治療法です。

照射時には、ゴムで強く弾かれたような痛みがあるとか。

施術後、レーザーをあてた部分はかさぶたになり、1週間~10日ほどで自然に治癒します。

新しい皮膚ができるまでは絆創膏などで保護。

また、かさぶたが取れた2~3週間後に再度色が濃くなる「炎症後色素沈着」が起きることがあります。

ほとんどの場合は徐々に元の色に戻りますが、なかにはハイドロキノン(外用薬)での治療が必要な場合もあるようです。

レーザー治療にかかる期間や費用は?

体質などによりますが、治療が完了するまでにかかる期間は1か月~半年ほど

施術費用は色素斑の大きさに比例し、直径1センチ程度のシミで1万円程度です。

ほとんどの老人性色素斑は1回のレーザー照射で改善しますが、状態によっては数回の照射が必要なことも。

老人性色素斑の治療方法(外科治療)②光治療(フォト治療)

まつげが長く、綺麗なグラデーションのアイシャドウの女性

光治療は、強い光を瞬間的に肌にあてる治療法。

照射面積が大きいので、広範囲に施術することができます。

レーザーに比べ効き目がマイルドなため、目立つかさぶたができにくいのが特徴です。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

また、かさぶたになったとしてもメイク等でカバーできる範囲なので、保護テープや絆創膏を貼る必要はありません。

光治療にかかる期間や費用は?

3週間~1ヶ月ごとに合計4〜8回程度の施術を受ける必要があります。

施術費用は両ほほで1回2万円程度です。

老人性色素斑の治療方法(外用薬)③ハイドロキノン

美容クリームで顔のケアを念入りに行っている女性

ハイドロキノン強力な漂白作用を持った外用薬です。

また、皮膚のメラノサイト(メラニンをつくる細胞)とチロシナーゼ(メラニンを合成する酵素)の働きを抑制し、新たなシミを作らないようにする働きも。

まれにハイドロキノンに強い反応を起こす人もいるため、腕の内側などの目立たない部分でパッチテストを行い、問題がなければ治療を始めます。

ハイドロキノン単体での処方か、レーザー治療との併用、またはトレチノイン(外用薬)と併用することが可能。

また、ハイドロキノンは浸透性がとても高いため洗顔後すぐではなく、スキンケアを終えた後に老人性色素斑の部分だけに塗布するのが正しい使い方です。

副作用として、まれに白斑(はくはん)という肌の色が抜け落ちまだらになる症状が起こることがあります。

ハイドロキノンによる治療にかかる期間や費用は?

肌のターンオーバーとともに色素斑が薄くなり、およそ3か月ほどで効果を実感できる人が多いようです。

ハイドロキノンの配合濃度にもよりますが、価格は1か月分2000〜3000円前後です(初診料や再診料などが別途必要)。

ちなみに、2002年の薬事法改正により、市販の化粧品にもハイドロキノンを配合できるように含まれているものがありますが、医療機関で処方されるクリームに比べるとかなり濃度が低く抑えられています

市販で口コミの良いものをAmazonでチェック

老人性色素斑の治療方法(外用薬)④トレチノイン(レチノイン酸)

オーガニック美容クリーム

トレチノインはビタミンA誘導体の一種で、皮膚に塗るとターンオーバーを強力に促進する働きがあり、シミのほかニキビシワなどの改善にも用いる外用薬です。

老人性色素斑の治療には、ハイドロキノンと併用して使用する場合が多いよう。

効き目が強い薬剤なので、一時的に肌の赤みが強く出ることも。使い方においては医師の指導を必ず守りましょう。

また、酸化しやすい物質なので冷蔵庫で保管する必要があります。

加えて、トレチノインを使用している間は皮膚のバリア機能が低くなっているので、日焼け止めクリームなどによる日々の紫外線対策は必須です

トレチノインによる治療にかかる期間や費用は?

価格の目安は1か月分ほどの量で4000円〜6000円程度になります。

健康保険は適用できるの?

タブレットを持ちながら返信内容を考えている女性

老人性色素斑の治療は美容目的のため、基本的に健康保険は適用されません。

ただ、「自分では老人性色素斑だと思い込んでいたが実際はシミではなくアザだった」といったこともあるようです。

肝斑や扁平母斑、太田母斑などのアザの治療は保険対象となるので、気になる場合には医師に相談してみましょう。

老人性色素斑の症例写真が見られるウェブサイト

カフェでパソコンを広げてネットサーフィンを楽しんでいる女性

品川スキンクリニック立川院 和田院長のブログ

ここで紹介されているのは肝斑~老人性色素班の「レーザー治療」の症例写真。

写真を見ると、少しずつですが、確実に肌がきれいになっているのが分かります。

品川スキンクリニック立川院 和田哲行のブログ

品川スキンクリニックの詳細・無料カウンセリングはこちら

用賀ヒルサイドクリニック ホームページ

ここで紹介されているのは、違う種類のシミが混在している場合の症例写真と、ビフォー・アフター画像です。

治療方法も組み合わせて行っていることがわかります。

美容皮膚外科 用賀ヒルサイドクリニック ホームページ

大山皮膚科 ホームページ

ここではレーザー治療や光治療による、シミやそばかすのビフォー・アフター画像が豊富です。

症例によってレーザー機器の種類を使い分けていることがわかります。

大山皮膚科ホームページ

あきもと皮フ科クリニック ホームページ

ここでは、レーザー治療と光治療、外用薬(トレチノイン)による老人性色素斑の症例画像が掲載されています。

あきもと皮フ科クリニックホームページ

ジュノクリニックホームページ

ここではレーザー治療と光治療の症例画像を見ることができます。

ドクター高須英津子の美容皮膚科ジュノクリニック

若いうちからの紫外線対策が大切

海に浮かんだボートの上で寝転んで上を見ている女性

老人性色素斑という名前を聞くと、年齢の高い人だけにできるものという印象を持ちそうですが、早ければ20代の人にも現われるということがわかりました。

若いうちには紫外線を浴びてもすぐにシミはできないけれど、肌は受けたダメージの記憶を蓄積しています

今はまだ老人性色素斑がないという人も、将来の美肌のために日頃から日焼け止めクリームなどを使用して肌を守ったほうがよさそうですね。

フォトRFアドバンスの費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
品川スキンクリニック 9,800円
湘南美容外科クリニック 14,249円
城本クリニック 15,000円
水の森美容外科 22,000円

※費用は税抜表示です。施術回数や部位は各クリニックに寄って異なります

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

シミ治療スペクトラの費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 7,962円

※費用は税抜表示です。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

シミ治療の体験レポート公開中!

test

フォトシルクプラスとパール美肌でシミ治療してきた!

品川スキンクリニック表参道院で、美白治療のフォトシルクプラスと美肌治療のパール美肌を体験してきました。

1回の施術で、シミをワントーン明るくすることができました。

1回でシミを完全に消すことはできませんが、複数回の施術を重ねることで徐々にうすくなっていきます。

出典:【品川スキンクリニック】フォトシルクプラスとパール美肌で、20歳からのシミ治療

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

品川美容外科

シミ・肝斑

詳しく見る

全国

シロノクリニック

シミ・そばかす

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44067 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ