2017年05月18日 更新 | 18,982 views

ボトックス注射で口角アップ♡ 愛らしい表情をゲットしよう

口元の印象は、表情を作り出す大きな要素のひとつです。口角のたるみは老けて見えるようになるだけでなく、不機嫌な印象や暗い印象を与えてしまいます。美容整形でよく聞く「ボトックス」は、そんな口角のたるみにも有効といわれています。ボトックスが口角を引き上げるのを助ける仕組みや、注意点など口角へのボトックス注入をくわしく説明します。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行先生が監修しています。

いたって普通の顏をしているのに「機嫌悪い?」とよく聞かれる……そんな経験はありませんか。

それはもしかすると、口元の印象のせいかもしれません。

口角が下がっていると、どうしても不機嫌な印象や老けた印象を与えてしまいます。

いつも意識して口角を上げていられればいいのですが、なかなかそうもいきません。

美容整形には口角を上げるためのボトックス注射というものがあり、簡単に若々しく愛らしい表情をゲットできるかもしれないのです。

なぜボトックス注射は口角を上げることにつながるの?

そもそも口角が下がってしまう原因は、口角部分の筋肉によるもの。

口角と顎を結ぶラインには口角下制筋という筋肉があり、この筋肉が口元を引き締めたり、口角を下げる働きをしています。

一方、目と口角を結ぶラインには、口角挙筋という口角を上げる働きをしている筋肉があります。

そして、年齢とともに口角挙筋の筋力が弱まったり、そもそも口角挙筋よりも口角下制筋のほうが筋力が強い場合、口角が下がった印象になってしまいます。

ボトックスはボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種で、筋肉を動かす神経伝達物質である「アセチルコリン」の伝わりを弱める働きがあるんです。

つまり、ボツリヌス菌のこの性質を利用して口角下制筋の力を弱めれば、口角が下がった印象が解消されるかもしれないということ!

口角へのボトックス注射施術の流れ

口角へのボトックス注射の際には、まずは麻酔効果のあるクリームやテープで口角部分に麻酔をかけます。

その後ボトックス注射の施術に。

所要時間は約10分ほどです。

塗るタイプや貼るタイプの麻酔なので、口角を上げるためのボトックス注射では、ほとんど痛みを感じることがありません。

ボツリヌス菌の効果が現れるのには少し時間がかかるため、術後3日ぐらいから少しずつ効果が感じられるようになります。そして、1週間~10日後には効果が安定するのが一般的です。

施術にかかる費用

口角を上げるためのボトックス注射に健康保険は適用されません。

そのため、クリニックによって価格設定はさまざま。

平均的な費用の相場は約3万円~8万円ぐらいです。

口角へのボトックス注射の注意点と副作用

ボトックス注射は、施術時間も短く、比較的安全な施術方法ではありますが、メリットばかりではなく副作用や注意点もきちんと確認したいところ。

口角へのボトックス注射の際には、どのようなことに注意したらいいのでしょうか?

ボトックス注射の効果は永久的ではない

ボトックスで口角を上げたいと思っている人に必ず理解してほしいのは、ボトックスの効果は一生続くものではないということです。

時間がたつと、ボツリヌス菌の効果が弱まってしまうので、早い人では3か月、長い人でも1年ほど経過すると効果はなくなってしまいます。

効果がなくなると、当然ながら元の状態に戻ってしまうので、口角は下がった印象になってしまいます。

そのため口角の上がった表情をキープするために、定期的にボトックス注射を受ける人もいます。

施術後の注意点

施術後は、ボトックス注射による内出血を起こす場合があります。

内出血が起こることを事前に把握したり、内出血を起こさないようにすることは不可能ですが、2、3週間もすればきれいに治ります。

ほかにも術後に起こりやすい症状として、食べるときに疲れやすいというものがあります。

これは、いつもより筋肉が弱まっているため、顎や口元が重たく感じられるからです。

これは慣れてくると違和感がなくなります。

副作用や手術の失敗

口角へのボトックス注射はボツリヌス菌の筋肉の動きを弱める性質を利用したものですが、ボツリヌス菌の性質による副作用がまれに起こります。

たとえばボツリヌス菌が皮膚の下で想定より広がってしまったり、効きすぎてしまったりすると表情を作り出すいろいろな筋肉の動きが弱まり、表情に固さや不自然さが残ることがあります。

ただ、ボトックス注射による副作用は、ボトックスの効果が薄れることにより症状もおさまります。

これらの原因は主にドクターの技量不足が挙げられます。
ボトックスが表情筋の働きを弱めるといっても、顔には30以上の表情筋があり、それぞれが組み合わさり表情を作っているので、少しでも注入量や場所を間違えると、表情の喪失や形態が変化してしまうのです。
ボトックスを任せられるドクターは、解剖学的に皮膚や表情の機能を熟知している人でないといけません。
ボトックスは安全性の高いものですが、誰にやってもらうかが重要になってきます。

表情の明るさが幸せを呼び込む♡

誰だって、怒っていたり不機嫌そうな顔をしている人にはあまり話しかけたくありません。

一緒に出かけるときも、「いつも暗い表情の人とではあまりおもしろくない……」と感じてしまう人もいるでしょう。

自分ではそんなつもりはなくても、無意識の表情でいろいろな損をしているかもしれません。

常に口角を上げていられるように意識できればいいのですが、それもなかなか難しいこと。

ボトックス注射で口角を上げると、表情が若々しくなるだけでなく、人とのコミュニケーションや自分の自信にも繋がるのかもしれません。

written by mariaxx

NICOLY編集員がエラのボトックス注射で小顔になってきました!

関連する記事

エラのボトックス注射で小顔に近づいた! | 水の森美容外科 東京銀座院

エラが張って顔が大きく見えるのが悩みだった編集部・稲西が、エラのボトックス注射で小顔を目指す!訪れたのは水の森美容外科東京銀座院。エラのボトックス注射で小顔になるのは、想像以上に苦痛だった!?そんな施術の一部始終をレポートします。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

和田哲行

院長 / 監修記事 (226)

品川美容外科渋谷院

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー