NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年06月04日 更新 | 17,724 views

普段メイクに+シェーディングで小顔効果絶大♡色選び、入れ方のコツ

小顔になりたい願いを叶えてくれるのがシェーディング。いつものメイクにひと足しするだけで、簡単に小顔効果を発揮してくれます。シェーディングは光と影の効果で顔を小顔に見せます。色は自分の肌より2トーン暗い色を選び、初心者さんはマットタイプを選ぶのがおすすめ。慣れてきたら鼻筋にも使用すれば、鼻を高くみせることもできます。

毎日のメイクで「シェーディング」をしていますか?

シェーディングは、顔にメリハリをつけ、また小顔に見せてくれる効果的なメイク方法です。

今回は、シェーディングの選び方や使い方について徹底的に解説します!

シェーディングとは

深紅の口紅をぬった女性の写真出典:we♡it

シェーディングとは、明暗のコントラストで立体感を与える技法のこと。

絵画では陰影画法とも呼ばれています。

絵を描く場合は、暗い部分には濃い色を、明るい部分に薄い色を置くことで、明暗を出していきます。

これによって紙上に奥行きがある絵を描くことができるんです。

メイクテクニックのシェーディングも、基本は絵と同じ。

顔の輪郭に陰影をつけることで顔全体に立体感を出していきます

また、顔の気になる部分を目立たなくし、小顔に見せることもできるのです。

シェーディングの選び方は?

まずは、シェーディングの選び方について知りましょう。

シェーディング選びは 「どの種類にするか」 「どんな色にするか」が重要になります。

シェーディングの種類をチェック!

まずは、シェーディングの種類を把握して、どのタイプが自分に適しているかチェックしてみましょう。

シェーディングに使うアイテムは、主にパウダータイプ、リキッドタイプ、クリームタイプの3種類があります。

パウダータイプ

. Benefit HOOLA . 一番気に入ったフーラ😂💓 . シェーディングは今まで MACやNARSしか使ったことなくて NARSのを使った時、色味も使いやすさにも感動して そらからめっちゃ気に入っててそれしか使ってなかったし ずっとリピートだって思ってたけど ベネフィットのフーラが大人気すぎて 少し色濃いかな?本当にこれが人気なの? って疑いながらも 日本未発売だし、せっかくだからってノリで買ったら… めっちゃよかった😍✨✨ . 肌にめちゃくちゃ馴染むし 付属のブラシもすごい使いやすいし 今はこれがナンバーワン👆🏻💓 これなら人気な理由がわかる!! めっちゃ気に入ってる💕💕 . #makeup #cosme #beauty #メイク #コスメ #ビューティー #化粧 #化粧品 #美容 #instabeauty #instamakeup #benefit #ベネフィット #海外コスメ #hoola #フーラ #シェーディング #shading #newin #favorite #お気に入り #大人気 #popular #購入品 #日本未発売

A photo posted by Reina❥❥ (@r7_rabbit) on

パウダータイプは、顔全体のシェーディングに適しています。

ふんわりと色をのせることができるので、濃淡の調節がしやすく、初心者さんにも安心です。

ふつう、ブラシを使ってパウダーをとり、おでこやエラなどの広い範囲にシェーディングしていきます。

リキッドタイプ

リキッドタイプも、顔全体のシェーディングに適しているのが特徴。

暗めの色のリキッドファンデーションをシェーディングとして代用する人が多いようです。

使い方は、リキッドタイプのファンデーションをのせたあと、シェーディングしたい部分に点々と色をのせ、スポンジなどで境目をぼかしていきます。

リキッドなので、肌に馴染みやすく自然な仕上がりになるのが特徴。

ただし、しっかり色がのるので、つけすぎたときの修正が難しいのがデメリットです。

スティックタイプ

クリームタイプは、細かい部分のシェーディングに適しています。

特に、鼻筋や小鼻などに塗りやすくておすすめです。

スティックタイプは肌に密着しやすくキープ力が高いのがメリットですが、きちんと馴染ませないとムラが目立つなどのデメリットもあります。

シェーディングの色の選び方

どのタイプのシェーディングにするかが決まったら、次は色選びです。

シェーディングの色が暗すぎると舞台メイクのように不自然になってしまうし、反対に明るすぎるとシェーディングの効果が出にくくなってしまいます。

ここでは、正しい色選びのポイントをチェックしていきましょう。

自分の肌より2トーン下げた色を選ぼう

自分の肌色にかなり近い色では、シェーディングの「影」の効果を出すことはできません

逆に自分の肌より暗すぎる色を使ってしまうと、舞台メイクのようになってしまいます。

自分の肌色より2トーンほど暗めの色を選べば、肌なじみの良いシェーディングをつくれるんだとか。

ラメ入りやツヤが出るタイプは避けよう

特に、リキッドタイプやスティックタイプのシェーディングには、ツヤが出るタイプとマットなタイプがあります。

どちらを選べばいいのか迷ってしまいますが、おすすめなのはマットタイプのシェーディングです。

シェーディングは「影」をつけるのが目的なので、ツヤを出して光を集めてしまうと、シェーディングの効果が薄れてしまいます。

同様の理由で、ラメ入りのブラウンアイシャドウなどをシェーディングとして代用するのもおすすめしません。

シェーディングの使い方

それでは、いよいよ実践編です。

シェーディングの基本の使い方について詳しく見ていきましょう。

シェーディングの基本の使い方

シェーディングを入れる部分は、フェイスライン、髪の生えぎわ、鼻筋の脇、顎の4カ所です。

シェーディングを入れる位置の画像

また、シェーディングする部分は同じでも、シェーディングの種類によって使い方は少し異なります。

それぞれの使い方についてもチェックしておきましょう。

パウダータイプのシェーディングの使い方

パウダータイプのシェーディングは、まずブラシでパウダーを取ったあと、手の甲などで濃さを調節するのがポイントです。

あとは、フェイスライン、髪の生えぎわ、鼻筋の脇、顎の4か所を中心に、気になる部分に色をのせていきます。

リキッドタイプのシェーディングの使い方

シェーディングをしている人のビフォーアフター

リキッドタイプは、シェーディングしたい部分にざっくりと色をのせ、スポンジなどを使ってぼかしていきます。

色をのせすぎると修正するのが大変なので、様子を見ながら少しずつ使ってください。

スティックタイプのシェーディング使い方

スティックタイプは、指でとって鼻筋や小鼻にポンポンとのせて使います。

そのあと、指やスポンジを使ってしっかり馴染ませます。顔全体に使用したい場合も、同様にしてください。

メイクでシェーディングをする順番は?

「シェーディングってメイクのどのタイミングですればいいの?」と疑問に思っている人も多いはず。

シェーディングは、種類によらず、ファンデーションの後に入れるのが基本です。

ただし、ファンデーションがパウダータイプ、シェーディングがスティックタイプやリキッドタイプの場合は、先にシェーディングをしてからパウダーファンデーションをのせた方が、仕上がりがきれいになります。

自分の使っている化粧品に合わせて、ベストな順番を模索してみるのも良いと思います。

顔の形別・シェーディングの入れ方

基本のシェーディングのやり方はわかったものの、人それぞれ顔の形は違うから、自分に合ったシェーディングの入れ方も知りたいものです。

そこで最後に、顔の形ごとに、シェーディングの入れ方を図入りで解説していきます!

丸顔さん

顔が丸いと、子どもっぽく見えたり太って見えたりしてしまって悩んでしまうことも多いものです。

そんな丸顔さんにおすすめなシェーディングの入れ方はこちら。

丸顔さんのシェーディング

丸顔さんは、顔を縦長に見せるようにシェーディングするのがポイントです。

おでこの横から、こめかみを通ってエラまで色をのせましょう。

面長さん

面長さんは、顔が縦に長く、大きく見えてしまうのが悩みの種です。

そんなときは、こんなふうにシェーディングしてみてください。

面長さんのシェーディング

面長さんは、おでこと顎にシェーディングすると縦のラインが目立たなくなり小顔に見えます。

ベース顔さん

エラがしっかり張っているベース顔だと、顔がゴツゴツした印象になって悩んでしまいがちです。

そんなお悩みを解消するシェーディングの入れ方はこちら。

ベース顔さんのシェーディング

ベース顔さんは、エラの部分にシェーディングしていきます。

ことのき注意したいのは、頬骨の辺りまでは色をのせないことです。

頬骨の辺りがすっきり見えてしまうと、エラが目立つようになってしまいます。

逆三角形さん

一見すっきりとして理想的なフェイスラインに思える逆三角形さん。

ですが、シャープなあごのせいでキツい印象を持たれたり、大人っぽくみられたりして悩んでいる人もいるはずです。

そんなときは、こんなふうにシェーディングしてみましょう。

逆三角形さんのシェーディング

逆三角形さんは、顔に丸みを持たせるようにシェーディングするのがポイントです。

おでこの両端やあごに色をのせて、やわらかい印象に仕上げていきます。

下膨れさん

顔の下側がぷっくりしていて、垢抜けない印象でお悩みの人も多いのではないでしょうか。

そんな下膨れさんには、こんなふうにシェーディングするのがおすすめです。

下膨れさんのシェーディング

ぷっくりしている部分に重点的に色をのせていきましょう。

幅を広めにとってシェーディングしてもOKです。

シェーディングを使いこなして立体小顔を目指そう!

女性が笑っている画像

シェーディングはさりげないようで意外と効果のある小顔メイク方法。

たった1~2分程度で済むので、毎日のメイクに取り入れてみることをおすすめします。

シェーディングを使いこなして、メリハリのある小顔を目指してください!

top image via we♡it

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45316 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ