NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年11月11日 更新 | 12,292 views

シミやニキビ跡ケアに!知っておきたいケミカルピーリングの効果や安全性

品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香

この記事は、品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香が監修しています。

多くのエステティックサロンで美肌の施術として行われるケミカルピーリング。ニキビやシミ、くすみに効果があると言われています。しかしトラブルも多く、2000年6月には厚生省健康政策局医事課よりケミカルピーリングは医師の治療行為に該当すると明言されています。ケミカルピーリングの効果と安全性は本当に大丈夫なのでしょうか。

肌に薬品を塗って表面の皮膚を薄く剥がす「ケミカルピーリング」。

薬品を塗る、と聞くと少し不安になりますが、実際の効果はどうなのでしょうか。

ケミカルピーリングの効果や副作用、施術を受けた人の口コミなどをまとめました。

美肌を作る「ケミカルピーリング」とは?

女性がこちらを向いている画像

ケミカルピーリングとは、皮膚に化学薬品を塗り、古くなった角質層を薄く剥がす方法です。

古い角質層を剥がすことで、肌のターンオーバーを正常化させ、さまざまな肌トラブルを解消できます。

NICOLY:)豆知識 ターンオーバーとは

ターンオーバーとは肌が生まれ変わる周期のことです。多くの女性が、紫外線やストレス、加齢などによりターンオーバーが崩れ、肌トラブルを抱えやすくなっています。

ケミカルピーリングで使用する薬品の種類

日本皮膚科学会のケミカルピーリングガイドラインによると、ピーリングに使用する薬品は、グリコール酸、サリチル酸、トリクロロ酢酸などです。

これらの薬品を肌の状態を見ながら使用するのですが、皮膚をはがす薬のため、取り扱いには注意が必要です。

ケミカルピーリングの効果

女性が鏡を見て肌を気にしている画像

ケミカルピーリングでニキビ跡を治療する

クレーターのようにボコボコになってしまったニキビ跡は、なかなか滑らかな肌に戻すのは難しいでしょう。

しかしそんなニキビ跡の治療に、ケミカルピーリングは効果的だと言われています。

「にきび」に対するケミカルピーリングでは主にグリコール酸やサリチル酸を使って治療します。

薬品で皮膚をはがすので、効果が出る反面、治療直後から膿をもった赤いにきびなどが出やすい状態になります。

施術直後は皮膚も赤く炎症した状態になりますが、徐々に炎症はおさまります。

約2週間に1回の周期で平均6〜10回程度の治療を行なったところ、ニキビ肌が改善したという報告があります。

もちろん効果には個人差がありますし、他に病気で薬を服用している人や妊娠中授乳中の人、傷あとが残りやすい人などにはあまりおすすめできません。

ケミカルピーリングはシミも消える?

ケミカルピーリングの治療を継続することで、シミの解消も期待できます。

ケミカルピーリングで解消できるのは、紫外線が原因でできた薄いシミ(老人性色素斑)です。

肝斑やそばかす、濃く目立つシミなどは解消できないので注意してください。

ケミカルピーリングによって解消できるシミかどうかは医師に相談して確認してみましょう。

ケミカルピーリングの副作用は?

ケミカルピーリングによって報告されている副作用は、乾燥などの肌トラブルです。

角質層には、潤いを保って乾燥や外部の刺激から肌を守るはたらきがあります。ケミカルピーリングでは、古い角質を薬品で除去するので角質層が薄くなってしまいます。

その結果、肌が乾燥しやすくなったり敏感になったりという副作用がでることがあります。

ケミカルピーリングのアフターケア

女性が肌をケアしている画像

ケミカルピーリングによる副作用を防ぐためには アフターケアが大切です。

ケミカルピーリング後に必ず行うべきアフターケアをチェックしてみましょう。

日焼け対策をする

ケミカルピーリングのアフターケアで最も大切なのが日焼け対策です。 ケミカルピーリング後の肌が日焼けしてしまうと、炎症やシミの原因になってしまいます。

ケミカルピーリングをして数日間は、日焼け止めをしっかり塗って、日傘などを使うようにしましょう。

保湿する

ケミカルピーリング後の肌は通常より乾燥しやすくなっています。

なので、保湿ケアを念入りに行うことが大切です。

また、 ケミカルピーリング後の肌は化粧水や美容液が浸透しやすくなります。これをチャンスだと思って、肌に良い成分の入った化粧水を使ってみましょう。

ケミカルピーリングの費用や効果が出るまでの回数は?

口コミからもわかるように、ケミカルピーリングの効果は継続することではじめて実感できます。

ケミカルピーリングで肌の悩みを解消するには、薬品の強さにもよりますが、2~4週間ごとのサイクルで10回ほど施術を受ける必要があります。

また、効果を持続させるにはさらに定期的な施術が必要に。

ケミカルピーリングにかかる費用は、1回あたりだいたい5千円~2万円程度です。総額は決して安い値段ではありませんが、美しい肌が手に入るなら試してみる価値があるでしょう。

自分でできる?セルフケミカルピーリングのメリットとデメリット

女性が目を閉じている画像

「クリニックでケミカルピーリングの施術を受けるのは少し高額だな……」と感じた人もいると思います。

そんなとき、ドラッグストアや化粧品売り場へ行けば、自分でできるピーリングコスメを手に入れることができます。

これらの多くは、グリコール酸やクエン酸、サリチル酸といった、美容クリニックや皮膚科で使われるケミカルピーリングと変わらない成分で製造されています。

クリニックで施術してもらうよりもかなり安い金額で済むので、経済的なメリットは大きいです。

でもその反面、濃度や使い方によっては刺激が強すぎて、炎症痛みといった副作用が出てしまうかもしれないというデメリットがあります。

できれば医師の施術を受け、自宅でできる薬剤を処方してもらうほうが安心です。

ケミカルピーリングで美肌を手に入れよう

ケミカルピーリングは簡単な施術ですが、やり方を間違えると肌を痛める原因になります。

特に肌が弱い人は、自己判断せずなるべく医師と相談してください。

ケミカルピーリングで、生まれ変わったような美肌を手に入れましょう。

ニキビ跡ケミカルピーリングの費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
品川美容外科 3,610円
湘南美容外科クリニック 4,500円
城本クリニック 7,000円
聖心美容クリニック 15,000円
水の森美容外科 22,000円

※費用は税抜表示です。施術条件はクリニックによって異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

ニキビ・ニキビ跡

詳しく見る

全国

湘南美容外科

ニキビ・くすみ・しわ

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45232 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ