NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1023記事

メルマガ登録

2016年05月06日 更新 | 2,248 views

オゾンの力で血液を浄化する「血液クレンジング」とは

血液クレンジングは、いったん取り出した血液にオゾンガスを混ぜてオゾン化し、酸素をたっぷりと含んだサラサラの状態にして体内に戻すという治療法。浄化し、新鮮な状態になった血液を身体のすみずみまで巡らせることで、血流の改善や新陳代謝の活発化、活性酸素の除去によるアンチエイジング効果などが期待できちゃうんです。

黒いコートを着た女性

オゾンの力で血液を浄化することでさまざまな健康効果や美容効果を得ることができる治療法、「血液クレンジング」。

血液クレンジングは、じつは海外では40年ほど前から実施されてきた治療法で、ヨーロッパでは効果的なエイジングケアのひとつとして定着しており、ドイツでは保険適用されているとか。

さまざまな国で使われている「血液クレンジングには、血液をサラサラにしたり、顔色をよくしたりする効果があるんです。

「血液クレンジング」とは?

タブレットを操作する女性

血液クレンジングとは、施術を受ける方の体内から抜きだした血液に医療用のオゾンガスを注入して溶解させ、オゾン化した血液をふたたび体内に戻すことで血液を浄化する治療法です。

「大量自家血オゾン療法」ともいい、オゾンガスを用いた治療法「オゾン療法」のひとつ。

中性脂肪が多いドロドロの状態の血液は、血管の中をスムーズに流れることができず、栄養素や酸素が体内を行き渡らなくなるんです。

そして、身体の機能が低下してしまい、脳梗塞や心筋梗塞を発症するリスクが高まってしまいます。

でも、血液クレンジングを行い、オゾンの働きで血液をサラサラにすることで、細胞の活性化や血液循環の改善、免疫強化、また、抗酸化力のアップによるアンチエイジング効果なども期待できるんです。

血液クレンジングが特におすすめな人

血液クレンジングが特におすすめなのは、

  • 目の下のくまやシミ、くすみなどを改善、予防し、美肌を目指したい人
  • シワやたるみを改善、予防し、肌のアンチエイジングケアをしたい人
  • 肩こり、腰痛で悩んでいる人
  • 慢性的な疲労に悩んでいる人
  • 冷え症の人
  • アトピー性皮膚炎の人
  • ドロドロの血液をきれいにしたい人
  • コレステロール値が気になる人
  • 更年期障害に悩んでいる人
  • 糖尿病や高脂血症、気管支喘息、心筋梗塞、脳梗塞、パーキンソン病、がんなどの病気にかかっている人、または予防をしたい人

などです。

当てはまる人は、1度血液クレンジングを試してみることをおすすめします。

血液クレンジングの施術の流れ

こちらを見る女性

血液クレンジングの施術の流れは、たった3ステップだけ。

施術を受ける前に理解しておきましょう。

ステップ1:採血

専用の容器に100~200mlほどの血液を採取します。

コップ一杯分くらいの少量の採血なので貧血の心配はないようです。

また、採決の段階では、血液は黒ずんだ色をしています。

ステップ2:オゾン注入

血液の入った容器にオゾンガスを注入し、溶解させて血液をオゾン化します。

オゾン化することによって、血液は酸素をたっぷりと含んだ、抗酸化作用にすぐれた血液に変わり、鮮やかな赤色に変化するようです。

ステップ3:血液を点滴で体内に戻す

オゾン化してサラサラになった血液は、点滴を利用して体内に戻します。

アトピー性皮膚炎の治療に用いる場合には、筋肉注射で身体の数か所に注射するようです。

採血から血液を体内に戻すまで、治療はだいたい30分ほどで終わります

血液クレンジングの施術について

ローファーをはいた足

血液クレンジングはほかの治療法と同様、定期的に受けることが重要です。

どのくらいの頻度で受けるべきなのか、治療にはいくらかかるのかなどを知っておきましょう。

治療を受ける頻度

血液クレンジングの効果を実感するためには、最初の2か月間は健康な人で月1~2回、病気を持つ人や免疫力を向上させたい人は月4回ほど、治療を受ける必要があります。

治療を始めて2か月経ったら、健康な人は月1回、病気の人は月2回程度まで治療を受ける回数を減らしてもいい場合が多いようです。

治療にかかる費用

血液クレンジングは、病気治療として行う場合でも日本では保険適用外なので、血液クレンジング1回分の料金の相場はだいたい2~3万円ほどかかってしまうよう。

継続して受ける場合は、注射数回分の料金をまとめて支払うと割引になるクリニックもあります。

ほかの点滴との併用

血液クレンジングは、ほかの美容効果や滋養強壮効果のある点滴と併用することもできます。

ほかの美容効果や滋養強壮効果のある点滴と併用すれば、相乗効果でそれぞれの治療の効果を増幅できることもあるのだとか。

特に高濃度ビタミンc点滴との相性がいいらしく、併用を勧めているクリニックもあるようです。

血液クレンジングの安全性や副作用

寝そべる女性

血液クレンジングはさまざまな効果をもたらしてくれますが、施術を受けられない人もいます。

副作用があるのかや、血液クレンジングの安全性について知っておきましょう。

血液クレンジングの安全性

オゾンは使い方を誤ると人体に害を与える物質で、高濃度のものを長時間吸引し続けると、生命にかかわる事態になることもあります。

でも、オゾンは血液と混ざると同時に、酸素と、がんや老化などを引き起こす「過酸化脂質代謝物」に変換されるので、血液クレンジング療法においては毒性を持ったオゾンのままの状態で体内に入ることはないよう

また、施術の際には、すべての作業は密閉された容器内で行われ、血液が外気に触れることがないので、細菌感染のリスクなどもほとんどありません

血液クレンジングの副作用

血液クレンジングの施術は毒性のあるものを体内に入れることはないので、適切に施術が行われれば副作用を生じることはほぼないと言われています。

ただ、日本酸化研究会によると、1999年まではポリ塩化ビニルのバッグを使用していたので、オゾンと反応し有毒ガスが発生していたため、副作用の報告もいくつかあったよう。

でも、2000年以降は、オゾン耐性のあるシリコンのルートやガラス瓶を使用しているので、目立った副作用報告はありません。

施術を受けられない人

血液クレンジングの施術が向いていないのは、

  • 甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)の人
  • G6PD欠損症の人
  • 妊娠中の人

などです。

全身の代謝が高い度合いまで進む「甲状腺機能亢進症(バセドウ病)」や、さまざまな体の不調を促す「G6PD欠損症」を患っている人は、血液クレンジングが受けられないよう。

だから、甲状腺機能亢進症の検査やG6PD欠損症の検査は必須です。

また、安全性を考慮して、妊娠中の人に対しては血液クレンジングを行わない方がいいでしょう。

アンチエイジングは健康な血液から

カメラを持つ女性

エイジングケアというとついつい肌に意識が集中してしまいがちですが、いくらスキンケアに気を遣っていても、体内の血液の状態がよくないと身体機能そのものが低下し、老化が進んでしまいます。

身体を芯から若返らせるために、血液クレンジングを利用してみるのもひとつの手です。

ただ、血液クレンジングは保険適用外だったり、受けられない人がいたりするので、施術前に医師と相談することを心がけましょう。

images via Shutterstock

written by エクリトアコ

お悩み別人気クリニック

全国

湘南美容外科

アンチエイジング

詳しく見る

全国

湘南美容外科

アンチエイジング

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44215 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ