NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年08月15日 更新 | 32,010 views

美容注射は美肌にいいだけじゃない。ほしい効果別おすすめ美容注射3選

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行が監修しています。

美容注射には、美白、美肌効果のある「ビタミン注射」や疲労やストレスを回復する「にんにく注射」、アンチエイジングケアをしつつ、肌をキレイにしてくれる「プラセンタ注射」などさまざまあり、注射するだけで強力な美容効果や健康効果をもたらしてくれます。自分の目的に合った注射を受けて、さらにキレイで健康な肌を手に入れちゃいましょう。

ハットを持つ女性

手っ取り早くキレイになりたい! というのが本音の女性は少なくないはず。

その手っ取り早くキレイになりたいという思いを叶えてくれるのが、美容注射です。

「注射を打つだけで、すぐに高い美容効果を得られる」と、美容に関心の高い人たちから人気を集めているよう。

もちろん、毎日コツコツと続けるホームケアと併用することで、さらなる効果をねらうこともできるでしょう。

美容注射の種類

そばかすのある女性

ひとくちに美容注射といっても、用途や成分などによってさまざまな種類のものがあります。

なかでも有名なのは、

  • ビタミン注射
  • にんにく注射
  • プラセンタ注射

の3つ。

それぞれ効果が違うので、自分に合った美容注射を見つけましょう。

肌をキレイにしたい人の美容注射:ビタミン注射

ローファーをはいた足

美しい身体づくりに欠かせない栄養素だけど、ついつい不足しがちなビタミン類。

不足しがちなビタミンを補ってくれるのが、ビタミン注射です。

ビタミン注射に用いられるのは、美肌効果のあるビタミンB群やビタミンCの含まれたビタミン製剤が主流

それぞれのビタミン製剤が単独で配合されているものもあれば、複数のものがブレンドされている「カクテル注射」もあります。

ビタミン注射は、美容効果の高さから芸能界にもファンが多く、女優の冨田リカさんは週に1度のビタミン注射が欠かせないと公言しているようです。

ビタミン注射に使用される主なビタミン類と効果

ビタミン注射に使用されている主なビタミン類は、

  • 疲労回復効果やストレスを緩和する効果がある「ビタミンB1」
  • 皮膚や粘膜を保護したり、代謝を促進したりする「ビタミンB2」
  • 皮膚炎の予防や免疫力アップを助ける「ビタミンB6」
  • 美白効果やコラーゲン増加、抗酸化作用、免疫力アップ、風邪予防、疲労回復効果などがある「ビタミンC」

などです。

「ビタミンC」は、主に美白効果やアンチエイジング効果が欲しかったり、日焼けが気になったり、タバコを吸ったりする人におすすめな成分。

また、ニキビや肌荒れ、口内炎が気になる人には「ビタミンB2」、「ビタミンB6」、「ビタミンC」が、慢性的な疲労感がある人には「ビタミンB1」と「ビタミンC」が、お酒をよく飲む人には「ビタミンB2」がおすすめです。

ビタミン注射の頻度

ビタミン注射の効果の持続期間は3日~1週間ほど。

だから、ビタミン注射の効果を継続させるためには、週に1~2回くらいの頻度で継続して注射を受けることが望ましいです。

ビタミン注射の費用

注射1回の料金の相場は1,000~2,000円ほど

美容注射としては平均的な価格です。

注射薬の安全性

ビタミン注射は、クリニックによってさまざまな注射薬が使用されているようですが、なるべく厚生労働省の認可を受けた安全性の高い薬剤を使用しているクリニックで施術を受けることをおすすめします

また、あまりに安い値段の薬剤だと体によくないものを使っている可能性もあるので、注意しましょう。

ビタミン注射の副作用

深刻な副作用が起こることは基本的にありませんが、まれにアレルギー反応や下痢、頭痛、湿疹、蕁麻疹などが生じることがあるよう。

体に不調が起きたと思ったら、1度医師に相談してみましょう。

ここまでのまとめ:)

  • ビタミン注射の効果:ビタミンの種類によって、疲労回復や代謝アップ、美白効果などさまざまな効果が期待できる。
  • 効果の持続期間:3日~1週間ほど。
  • ビタミン注射の副作用:アレルギー反応や下痢、頭痛、湿疹、蕁麻疹など
  • ビタミン注射の費用:1回あたり1,000~2,000円が相場。

スタミナをつけたい人の美容注射:にんにく注射

カメラのレンズを覗く女性

にんにく注射とは、「ビタミンB1」を主成分とした薬剤を注入する注射のこと。

多くの場合、ほかのビタミンB群なども配合されています。

また、名前の通りに注射薬ににんにくが入っているわけではなく、にんにく注射の主成分である「ビタミンB1」の吸収と活性化を促す「硫化アリル」という成分がにんにくのような臭いを放つことから、にんにく注射と呼ばれているそうです。

にんにく注射の効果

にんにく注射は、糖を分解して肉体や脳の活動に必要なエネルギーに変換するはたらきをサポートしてくれる「ビタミンB1」を血管に注入し、全身に行きわたらせることで、速やかにエネルギーをチャージできます。

「ビタミンB1」は疲労回復にとても効果的で、にんにく注射を打った直後から身体がぽかぽか温まってくるように感じる人も多いのだとか。

また、にんにく注射は多くのスポーツ選手に愛用されており、なかでも元プロ野球選手の清原和博さんは、現役時代にオリジナルブレンドのにんにく注射「キヨハラスペシャル」を定期的に打って試合に臨んでいたそうです。

にんにく注射がおすすめな人

にんにく注射は、

  • 慢性的な疲労感がある
  • 緊張型頭痛や肩こり、腰痛持ち
  • やる気が低下しがち
  • ストレスがたまっている
  • 夏バテしている
  • 冷え性
  • 風邪をひきやすい
  • お酒をよく飲む

などの人に特におすすめ。

当てはまっていたら、1度試してみるのもいいかもしれません。

にんにく注射の頻度

にんにく注射の効果の持続期間は3日~1週間ほど。

だから、にんにく注射の効果を継続させるためには、週に2~3回くらいの頻度で注射を受けることが望ましいとされています。

にんにく注射の費用

注射1回の料金の相場は1,000~2,000円ほど

ビタミン注射とあまり変わらず、美容注射としては平均的な値段です。

注射薬の安全性

クリニックによってさまざまな注射薬を使用しているようですが、ほかの美容注射同様、なるべく厚生労働省の認可を受けた安全性の高い薬剤を使用しているクリニックで施術を受けたほうがいいでしょう。

美容注射を受けようとしているクリニックがどんな薬剤を使用しているのか、事前に調べておくことをおすすめします。

にんにく注射の副作用

深刻な副作用が起こることは基本的にありませんが、まれにアレルギー反応や下痢、頭痛、湿疹、蕁麻疹などを生じることがあるようです。

副作用が出たら注射の使用を中止し、念のため医師に相談してみましょう。

にんにく注射の臭いについて

にんにくの臭いのする注射と聞くと、「注射を打つことで自分がにんにく臭くなったらどうしよう」と不安に感じる人も少なくないでしょう。

施術を行うクリニックでは、「にんにく臭がするのは注射を打つ時のみで、そのあとは臭わない」と説明されることが多いようですが、なかには注射後すこしの間、自分の口臭や体臭ににんにくの臭いが混じるように感じる人もいるようです。

ここまでのまとめ:)

  • にんにく注射の効果:エネルギーチャージ、疲労回復。
  • 効果の持続期間:3日~1週間ほど。
  • にんにく注射の副作用:アレルギー反応や下痢、頭痛、湿疹、蕁麻疹など。また、注射後しばらく口臭や体臭がにんにく臭くなったと感じる人もいる。
  • にんにく注射の費用:1回あたり1,000~2,000円が相場。

ホルモンバランスを整えて美肌になりたい人の美容注射:プラセンタ注射

雑貨

「プラセンタ」とは「胎盤」のことで、プラセンタ注射に用いられる薬剤は、人の胎盤から作られたもの。

胎児を育てるゆりかごである、栄養豊富な胎盤がさまざまな美容効果や健康効果をもたらしてくれます

SMAPの木村拓哉さんもプラセンタ注射の愛用者のひとりのようで、もしかしたら木村拓哉さんの若さの秘訣はプラセンタ注射にあるのかもしれません。

プラセンタ注射の効果

人の胎盤には、たんぱく質、脂質、糖質の「三大栄養素」や「アミノ酸」、「ビタミン」などをはじめとして、おなかのなかの赤ちゃんを育てるために必要な数え切れないほどの栄養素がぎっしりと詰まっています。

栄養たっぷりの胎盤からできているプラセンタ注射薬を注入することで、基礎代謝の向上や血行促進、免疫力のアップ、老化の原因である活性酵素の除去など、数多くの効果が期待できるんです。

また、コラーゲンやヒアルロン酸が含まれているため、肌にハリやうるおいが与えられ、「成長因子(グロース・ファクター)」と呼ばれるたんぱく質が細胞の新陳代謝を促し、自然治癒力を高め、皮膚を細胞レベルで若返らせてくれます。

プラセンタ注射がおすすめな人

プラセンタ注射は、

  • 肌を白くしたい
  • しわやたるみを改善したい
  • シミや肝斑がある
  • ニキビや肌荒れなどの肌トラブルが起きている
  • 乾燥肌
  • アトピー性皮膚炎
  • 生理不順
  • 更年期障害
  • 肩こりや腰痛持ち
  • 慢性的な疲労感がある
  • 自律神経失調症や不眠症、うつ病などでメンタル面が不調

という人におすすめ。

また、プラセンタ注射にはホルモンバランスを整えるはたらきがあるので、一般に男性ホルモン過多の人がなりやすいという薄毛の男性が受ければ、育毛効果も期待できるそうです。

プラセンタ注射の施術について

プラセンタ注射薬は、静脈に注入すると血圧の低下や呼吸困難といった症状を引き起こすことがあるので、かならず筋肉注射か皮下注射を行っているクリニックで受けましょう

また、プラセンタ注射の効果を実感するためには、継続して注射を受け続けることが必要。

最初は2~3日ほどしか効果が持続しないので、週に2~3回くらいの頻度で、慣れてきたら、週に1~2回くらいの頻度で注射を受けるといいでしょう。

プラセンタ注射の費用

肝障害、乳汁分泌不全や更年期障害の治療目的でプラセンタ注射を受ける場合、治療費は保険適用となります。

ただ、美容目的の場合には保険適用外になるので、プラセンタ注射1回の料金の相場は1,000~2,000円ほどです。

注射薬の安全性

プラセンタ注射薬は厚生労働省からの認定を受けている医薬品で、現在日本では、「メルスモン」と「ラエンネック」の2製剤が、薬の安全性を保証する「薬事法」の承認を受けています。

メルスモンやラエンネックの注射薬は、日本国内の正常分娩で生まれた人の胎盤のみから作られたものなので、感染症などのリスクがとても低く、安全性が高いといわれています。

プラセンタ注射を受けるなら、メルスモンかラエンネックのいずれかを使用しているクリニックで施術を受けるのがいいでしょう。

プラセンタ注射の副作用

プラセンタ注射は、注射の際に悪寒や発熱、発疹といった症状がみられる場合があり、なにか症状が発生した場合はすぐに投与を中止します。

また、注射後に軽い痛みや赤みが生じることがありますが、数時間のうちに消えることがほとんど。

ただ、まれに発疹や発熱などのアレルギー反応を生じる場合があります。

プラセンタ後の献血について

2006年に、厚労省からプラセンタ注射を1度でも受けたことのある人は献血を控えるようにとの通達がありました。

ヒト由来の製剤を用いる以上、感染症のリスクが「ほぼない」とされているプラセンタ注射薬でも、感染する可能性が完全にゼロとは言い切れないので、輸血の安全性を高めるためにもプラセンタ後の献血は控えましょう

ここまでのまとめ:)

  • プラセンタ注射の効果:基礎代謝アップ、血行促進、免疫力アップ、抗酸化作用など。
  • 効果の持続期間:2~3日ほど。注射を継続することで長期間効果を実感できるようになる。
  • プラセンタ注射の副作用:悪寒、発熱、発疹など。「メルスモン」「ラエンネック」の2つの製剤は、感染症のリスクが低く、安全性が高い。
  • プラセンタ注射の費用:1回あたり1,000~2,000円が相場。

美容注射を受けるには?

ゴールドの腕時計をした女性の腕

美容注射は、医療機関の内科や皮膚科、美容皮膚科、美容外科などで受けられます。

プラセンタ注射に関しては、保険が適用される医療目的での治療を受けたい場合は内科や婦人科を受診しましょう。

複数のクリニックのサイトを見比べるのは重要ですが、あきらかに相場よりも格安の料金設定のところには注意してください。

また、クリニックの口コミサイトを参考にする人も多いですが、口コミサイトに載っているのはあくまでも個人の感想なので、あまり鵜呑みにはせず、参考にするくらいにとどめておきましょう。

すべての美容注射の施術の流れ

カウンセリングで自分の要望を伝え、医師から注射に関する説明を聞いたあとに注射をします。

注射を打つ部位によってはメイク落としをしてから注射を行うようです。

また、美容注射は5~10分程度で終わり、施術後はすぐにメイク可能

帰宅後はいつも通りの生活を送ることができます。

ビタミン注射、にんにく注射、プラセンタ注射の場合の1回の注射料金の相場は1,000~2,000円ほど

継続して受ける人は、注射数回分の料金をまとめて支払うと割引になるクリニックもあります。

美容注射が向いていない人

サングラスをかけた女性

それぞれの美容注射にはさまざまな効果がありますが、なかには施術に向いていない人もいます。

施術を決意する前に、向いているかどうかも確認しておきましょう。

注射が怖い

注射が生理的に苦手という人の場合は、まず注射に対する苦手意識の克服が必要かも。

ただ、効果が出やすい注射だからといって注射針を刺すときの痛み以外は基本的にありません

また、刺したときの痛みをなるべく抑えるために細い注射針を取り扱っているクリニックもあるので、細い注射針を扱っているクリニックを選ぶのもひとつの手です。

クリニックに通うのがめんどくさい

「毎週病院に通うのはめんどくさい、でも美容注射を受けたい……」という人は、なるべく自宅や職場に近いところで気軽に注射を受けられるクリニックを選ぶのがおすすめ

なかには注射薬や器具を自分で入手して自己注射をする人もいるようですが、クリニックで注射するよりリスクが伴うので、基本的にクリニックで受けるようにしましょう。

なるべく美容にお金をかけたくない

美容注射の多くは継続して打ち続けることで効果を発揮していきます。

だから、美容注射は1回あたりの注射にかかる費用はあまり高くなくても、トータルで考えるとそれなりに出費がかさむ美容法なんです。

なるべく美容にお金をかけたくない人にはあまり向いていないかもしれません。

美容注射は信頼のおけるクリニックで

靴ひもを結ぶ女性の手

美容注射には、美白効果や美肌効果のある「ビタミン注射」や、疲労回復効果のある「にんにく注射」、アンチエイジング効果のある「プラセンタ注射」などさまざまなものがあります。

また、1回の注射にかかる費用はだいたい1,000~2,000円と安め

ただ、美容注射は継続的に受けることで効果を発揮するものが多いので、継続して注射を打つことを考えると、最終的には結構お金がかかってしまうかもしれません。

さらに、クリニックによって使用している薬剤が違うこともあるので、なるべく厚生労働省の認定を受けている薬剤を使っているクリニックを選ぶようにしましょう

images via Shutterstock

written by エクリトアコ

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

湘南美容外科

美肌・美白

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43192 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ