2017年10月16日 更新

美容注射は美肌に良いだけではない?おすすめの美容注射3選

美容注射には、美肌に近づける「ビタミン注射」や疲労やストレスを回復するのを促す「にんにく注射」、エイジングケアができる「プラセンタ注射」など、さまざまな種類のものがあります。注射だけとお手軽な治療ではありますが、継続して続ける必要がある、トータルで考えると費用がかさむ、注射が苦手な人には向かないなどのデメリットもあります。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行先生が監修しています。

手っ取り早くきれいになりたい! というのが本音の女性は少なくないはず。

そのようにな人におすすめなのが「美容注射」

美容注射は「注射を打つと、肌の調子が良くなる」と、美容に関心の高い人たちから人気を集めているようです。

今回は美容注射についてくわしく紹介します。

900円台で美容注射が受けられるクリニックをみる

目次

美容注射の種類

注射器の写真

ひとくちに美容注射といっても、用途や成分などによってさまざまな種類のものがあります。

なかでも以下の3つは、名前を聞いたことがある、気になっているという人も多いのではないでしょうか?

  • ビタミン注射
  • にんにく注射
  • プラセンタ注射

この3つはそれぞれ、効果が異なるため目的によって選択する必要があります。では、具体的にこれらはどのような効果が期待できるのでしょうか?

ビタミン注射とは

ビタミンの写真

ビタミン注射に用いられるのは、美肌効果のあるビタミンB群やビタミンCの含まれたビタミン製剤が主流。

ビタミン注射に使用されているおもなビタミン類や効果は以下のとおりです。

  • ビタミンB1:疲労回復やストレスを緩和させるといわれている
  • ビタミンB2:皮膚や粘膜を保護したり、代謝を促進したりする
  • ビタミンB6:皮膚炎の予防や免疫力アップを助ける
  • ビタミンC:メラニン色素の生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ効果やコラーゲン増加、抗酸化作用、免疫力アップ、風邪予防、疲労回復などが期待できる

ビタミンCは、とくに日焼けが気になったり、タバコを吸ったりする人におすすめの成分。

また、ニキビや肌荒れ、口内炎が気になる人には「ビタミンB2」、「ビタミンB6」、「ビタミンC」が、慢性的な疲労感がある人には「ビタミンB1」と「ビタミンC」が、お酒をよく飲む人には「ビタミンB2」がおすすめです。

それぞれのビタミン製剤が単独で配合されているものもあれば、複数のものがブレンドされている「カクテル注射」もあり、クリニックによって異なるようです。

ビタミン注射の頻度

ビタミン注射の効果の持続期間は3日~1週間ほど。

そのため、ビタミン注射の効果を継続させるためには、週に1~2回ほどの頻度で継続して注射を受けることが望ましいようです。

ビタミン注射の副作用

深刻な副作用が起こることは基本的にありませんが、まれにアレルギー反応や下痢、頭痛、湿疹、蕁麻疹などが生じることがあるよう。

体に不調が起きたと思ったら、1度医師に相談してみましょう。

ビタミン注射の費用

注射1回の料金の相場は1,000~2,000円ほどです。

900円台で美容注射が受けられるクリニックをみる

にんにく注射とは

注射をする女性の写真

にんにく注射とは、「ビタミンB1」を主成分とした薬剤を注入する注射のこと。多くの場合、ほかのビタミンB群なども配合されています。

注射薬ににんにくが入っているわけではなく、にんにく注射の主成分である「ビタミンB1」の吸収と活性化を促す「硫化アリル」という成分がにんにくのような臭いを放つことから、にんにく注射と呼ばれているそうです。

ビタミンB1には、糖を分解して肉体や脳の活動に必要なエネルギーに変換するはたらきをサポートするはたらきがあります。そのため、ビタミンB1を全身に行きわたらせることで、速やかに疲労回復する効果が期待できます。

にんにく注射を打った直後から体がぽかぽか温まってくるように感じる人も多いようです。

にんにく注射の頻度

にんにく注射の効果の持続期間は3日〜1週間ほど。

そのため、にんにく注射の効果を継続させるためには、週に2~3回ほどの頻度で注射を受けることが望ましいとされています。

にんにく注射の副作用

深刻な副作用が起こることは基本的にありませんが、まれにアレルギー反応や下痢、頭痛、湿疹、蕁麻疹などを生じることがあるようです。

気になる症状が怒ったら、念のため医師に相談してみましょう。

にんにく注射の臭いについて

にんにくの臭いのする注射と聞くと、「注射を打つことで自分がにんにく臭くなったらどうしよう」と不安に感じる人も少なくないでしょう。

治療を行うクリニックでは、「にんにく臭がするのは注射を打つ時のみで、そのあとは臭わない」と説明されることが多いようです。

しかし、なかには注射後すこしの間、自分の口臭や体臭ににんにくの臭いが混じるように感じる人もいるようです。

にんにく注射の費用

注射1回の料金の相場は1,000~2,000円ほどです。

プラセンタ注射とは

女性の横顔の写真

「プラセンタ」とは「胎盤」のことで、プラセンタ注射に用いられる薬剤は、人の胎盤からつくられたものです。

人の胎盤には、たんぱく質、脂質、糖質の「三大栄養素」や「アミノ酸」、「ビタミン」などをはじめとして、胎児を育てるために必要な数え切れないほどの栄養素が詰まっています。

栄養たっぷりの胎盤からできているプラセンタ注射薬を注入することで、基礎代謝の向上や血行促進、免疫力のアップ、老化の原因である活性酵素の除去などにつながるといわれています。

また、コラーゲンやヒアルロン酸が含まれているため、肌のハリやうるおいが増したと感じることもあるようです。

さらにプラセンタ注射には、ホルモンバランスを整えるはたらきがあるので、男性ホルモン過多による薄毛の改善も期待できるようです。

プラセンタ注射の副作用

プラセンタ注射は、注射の際に悪寒や発熱、発疹といった症状がみられることがあり、その場合は発生した場合はすぐに投与を中止します。

また、注射後に軽い痛みや赤みが生じることがありますが、数時間のうちに消えることがほとんど。

ただ、まれに発疹や発熱などのアレルギー反応を生じる場合があります。

注射薬の安全性

プラセンタ注射薬は厚生労働省からの認定を受けている医薬品で、2017年8月現在日本では、「メルスモン」と「ラエンネック」の2製剤が、薬の安全性を保証する「薬事法」の承認を受けています。

メルスモンやラエンネックの注射薬は、日本国内の正常分娩で生まれた人の胎盤のみからつくられたものなので、感染症などのリスクがとても低く、安全性が高いといわれています。

そのため、プラセンタ注射を受けるなら、メルスモンかラエンネックのいずれかを使用しているクリニックで治療を受けるのが良いでしょう。

また、プラセンタ注射薬は、静脈に注入すると血圧の低下や呼吸困難といった症状を引き起こすことがあるので、かならず筋肉注射か皮下注射を行っているクリニックで受けましょう

プラセンタ注射の治療頻度

またプラセンタ注射は、継続して注射を受け続けることが推奨されています。

最初は週に2~3回ほどの頻度で通いその後は肌の様子を見ながら、週に1~2回ほどに落とすと良いようです。

プラセンタ注射後の注意点

2006年に、厚労省からプラセンタ注射を一度でも受けたことのある人は献血を控えるようにとの通達がありました。

ヒト由来の製剤を用いる以上、感染症のリスクが「ほぼない」とされているプラセンタ注射薬でも、感染する可能性が完全にゼロとは言い切れないので、輸血の安全性を高めるためにもプラセンタ後の献血は控えましょう

プラセンタ注射の費用

肝障害、乳汁分泌不全や更年期障害でプラセンタ注射を受ける場合、治療費は保険適用となります。

ただ、美容目的の場合には保険適用外になり、プラセンタ注射1回の料金の相場は1,000~2,000円ほどです。

900円台で美容注射が受けられるクリニックをみる

美容注射のデメリット

顔を隠す女性の写真

それぞれの美容注射にはさまざまな効果が期待できます。しかし、デメリットもゼロではありません。

治療を決意する前に、デメリットも確認しておきましょう。

何度も通院する必要がある

美容注射はどれも継続することが推奨されています。そのため、効果を得るには何度も通院しなければいけないというデメリットがあります。

そのため、「忙しくて通うことができない」「毎週病院に通うのはめんどくさい」という人は、なるべく自宅や職場に近いところで気軽に注射を受けられるクリニックを選ぶのがおすすめです。

トータルで考えると費用は高い

美容注射の1回の治療費は数千円と比較的安いです。しかし、継続して続けていくことを考えると、想像していたよりも高い出費になるため注意が必要です。

注射が苦手な人にはおすすめできない

注射が生理的に苦手という人の場合は、美容注射をしたくてもできないかもしれません。

しかし、予防接種や採血と比べて特別痛みが強いということはありません。クリニックによっては痛みを抑えるために細い注射針を用意しているところもあるようなので、確認してみると良いでしょう。

お手軽な美容注射は目的別に種類を使い分けよう!

寝転がる女性の写真

美容注射には、美肌に近づける「ビタミン注射」や疲労やストレスを回復するのを促す「にんにく注射」、エイジングケアができる「プラセンタ注射」などさまざまなものがあります。

それぞれ1回の注射にかかる費用は数千円と美容医療の他の施術に比べると安めで挑戦しやすい治療のひとつです。

しかし、美容注射は継続的に受けるのが望ましいものが多いので、継続して注射を打つことを考えると、最終的には費用がそれなりにかかってしまうかもしれません。

また、クリニックによって使用している薬剤が違うこともあるので、事前にどのような成分が入っているかを確認して治療を受けることがおすすめです。

900円台で美容注射が受けられるクリニックをみる

美容注射の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
品川スキンクリニック 920円
湘南美容外科 1,210円
聖心美容クリニック 3,000円
城本クリニック 3,000円

※費用は税抜表示です。※クリニックによって施術内容が異なりますので、詳細はクリニックHPをご確認ください。

※掲載している情報は2017年10月14日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

この記事の監修医:和田哲行先生のクリニックはこちら

  • 住所東京都渋谷区道玄坂2-3-2 大外ビル4F
  • アクセスJR渋谷駅 「ハチ公改札」徒歩約1分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00〜20:00
  • 電話番号0120-175-600
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

品川美容外科渋谷院の詳細

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事の監修者

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

和田哲行

院長 / 監修記事 (55)

品川美容外科渋谷院

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

共立美容外科新宿本院 望月香奈

望月香奈

監修記事 (1)

共立美容外科新宿本院

聖心美容クリニック 統括院長 鎌倉達郎

鎌倉達郎

統括院長 / 監修記事 (3)

聖心美容クリニック

id美容外科 代表院長 パク サンフン

パク サンフン

監修記事 (1)

id美容外科 代表院長

サイトメニュー