NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年07月19日 更新 | 5,306 views

パウダータイプのシェーディングで簡単小顔♡初心者さんにおすすめ

シェーディングは顔に影を作り、立体感を出すことでことで、小顔を演出するメイクのこと。でも初心者さんにはちょっと難しそうですよね。そんなシェーディング初心者さんのために、簡単にシェーディングができるアイテムや方法をまとめました。パウダーを大きめブラシで肌にのせるだけで、自然な小顔を作れます。

水着姿の女性の写真出典:we♡it

シェーディングは小顔を叶えてくれる、魔法のようなメイクテクニック。

とはいえ、初心者さんにはちょっと敷居が高いように思えてしまいます。

「興味はあるけど、厚化粧と思われないかな……」と、不安に思ってためらってる人もいるのではないでしょうか。

そんな悩みに応えるため、初心者さんにも簡単にできるシェーディングの仕方を紹介します。

初心者さんにはパウダーがおすすめ!シェーディングアイテムの選び方

頬に手を当てた女性の写真出典:we♡it

まずは、シェーディングに使うアイテム選びから。

シェーディングをするアイテムは大きく分けて、パウダータイプとクリームタイプの2つ。

クリームタイプはベースメイクから影を作っていきます

一方、パウダータイプは最後の仕上げにふわっとのせるので、自然な影を作ることができます

クリームタイプはしっかりと色がのり影がはっきりと出るので、やりすぎてしまうと舞台メイクのようになってしまう可能性があります。

シェーディングに不慣れな初心者さんは、薄づきで簡単なパウダータイプがおすすめです。

パウダータイプのメリット、デメリット

パウダータイプのメリット

  • ふんわりと仕上がるので、失敗しづらい
  • 広い範囲を塗るのに向いている
  • 顔全体のバランスを見ながら、少しづつ入れていくことができる

パウダータイプのデメリット

  • ブラシを使う必要がある

クリームタイプのメリット、デメリット

メリット

  • 鼻筋などの細かい部分に使用するのに向いている
  • 密着性が高く、長時間崩れない

デメリット

  • きちんとなじませないとムラになる
  • 広範囲の使用には向いていない

シェーディングに使う色は2トーン暗めがベスト

にっこり笑っている女性の写真出典:we♡it

肝心の色選びですが、シェーディングに使う色は自分の肌色より2トーン暗めの色がベストです。

なぜかというと、肌色に近すぎるとシェーディングとしての効果を発揮できず、肌色より暗すぎると舞台メイクのように陰影が悪目立ちしてしまうから。

また、パウダーを選ぶときはつやが出ないマットなものを選ぶと良いそうです。

マット質のパウダーはより自然に影を演出してくれます◎

初心者さんにおすすめのシェーディングパウダー

初心者さんにおすすめのアイテムは、キャンメイクのシェーディングパウダー 680円(税抜)。

キャンメイクのサイトはこちら

ひとはけで小顔美人になれるシェーディング専用のパウダー。

皮脂に強く、粉伸びが良くて、メイクが長時間持つそうです♡

プチプラなので挑戦しやすいです。

アイブロウとしても使用できるので、用途別に何色か揃えるのもおすすめです。

セザンヌのシェーディング

プチプラのメイクアイテムで有名な「セザンヌ」。セザンヌのシェーディングも、非常に人気があります。

肌に密着するクリームタイプとなっているので、立体感のある影を演出するには非常に重宝する相手です。

しかも手を汚さずに肌に塗ることができるのも嬉しい点。ひと塗りすれば、一日中小顔効果を出してくれます。

ヒアルロン酸やコラーゲンといった美容成分を配合しているので、乾燥肌でお悩みの方もカピカピすることなく使うことができるようです。

セザンヌ シェーディング出典:@コスメ

スティックタイプなので細かいところはコツがいりますが、基本的には簡単に仕上がります!

他のアイテムとブレンディングもできるので、使い勝手はとてもいいです。

太めのスティックなのでエラや髪の毛の生え際に遠慮なく使っています。

広い範囲でシェーディングしたい人におすすめのアイテムかも!

シェーディングには大きめのブラシを使おう!

シェーディングには大きめのブラシを使うのがベスト。

小さいブラシだと、ついつい濃くしてしまいがちな上、全体のバランスを取りづらいようです。

洗えばチーク用のブラシとしても使うことができるので、1つゲットしておいても損はありません。

大きいブラシを使うメリットとしては、パウダーがついていない側面でぼかすことができるという点だと思います。

シェーディングも慣れてくると、ブラシの片面にシェーディングパウダーをつけて反対側のパウダーがついていない面でぼかすというワザを会得することができます。

いちいちもう一本、ぼかし用のブラシを用意するのは面倒くさいですよね。

100均でもメイクブラシは買えますが、できれば1000円以上するような大きめのブラシを購入してシェーディングして欲しいと思います!

エラ張りさんはさらにもう一工夫で小顔効果アップ

そばかすのある女性の写真出典:we♡it

エラが気になる人はさらにもう一工夫を加えたシェーディングを!

+リキッドファンデーションで小顔効果アップを狙いましょう。

やり方はとっても簡単。

化粧下地を顔に塗った後、

  • エラの根元からこめかみ
  • あご

の3箇所に自分の肌色より1トーン濃い色のリキッドファンデーションを伸ばします。

リキッドファンデーションをのせた上から、パウダーを使ってシェーディングをすれば、より引き締まった顔を作ることができます。

「影を作るのならのせる色は濃ければ濃いほどいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、はじめに濃い色を乗せてしまうのはNG。

シェーディングが目立ちすぎて不自然になり、ナチュラルな小顔にはならないんです。

手間をかけて、ちょっと濃い色を丁寧に重ねていくことが大事。

顔の形によってシェーディングの仕方を変えよう

顔の形ポイントメイク出典:tiful.jp

基本的なシェーディングのやり方は以上になりますが、これに慣れてきた方はぜひご自身の顔の形に応じたシェーディングをしてみましょう!

シェーディングは顔の形によって変化させることで、より小顔効果やエラを目立たなくする効果を出すことができます。

まんまる顔タイプ

顔がまん丸で、どちらかと言うと童顔に見えてしまうというあなた。丸顔にはできるだけ顔を縦長に見せるようなシェーディングを施していきましょう!

ふっくらした両サイドの頬にシェーディングを入れていきます。頬の下を広めにシェーディングして、輪郭を縦に見せるようにするのがポイントです。

額の端っこから始めて、エラのあたりまでシェーディングしてください。このときの注意点はアゴまでシェーディングしないということです。

面長タイプ

顔が縦に長くて面長になっている方は、縦のラインをできるだけシェーディングでカバーできるようにしましょう。

額の髪の毛の付け根アゴのラインにシェーディングすれば、面長が気にならなくなりますよ!

頬などサイドにシェーディングしてしまうと顔の長さが強調されてしまいますので、やらないようにしましょう。

逆三角形タイプ

顔の形が逆三角形になっている人は、どんなシェーディングすればいいのでしょうか?

逆三角形タイプは顔に丸みを持たせたいので、角度がついてしまっているアゴを中心にシェーディングしてください。

また耳の上あたりの生え際にシェーディングするのもおすすめです。とくにおでこを出すヘアスタイルの方は、ここにシェーディングしてみましょう。

エラが出がちなベース型タイプ

ベース型はとにかくエラが張っているのが気になっていると思います。なのでエラをいかにシェーディングで目立たなくするかというのが課題です。

エラの部分に丁寧にシェーディングしていってください。

ただし頬骨あたりまでシェーディングすると逆にエラが目立ちますので、シェーディングの範囲はそこまで広げないようにしましょう!

初心者さんも、シェーディングにレッツトライ!

メイクばっちりの女性の顏の写真出典:we♡it

シェーディング初心者さんが気を付けることは、

  • できるだけ大きめのブラシでざっくりと影を入れること
  • 自分の肌色に合った色を使うこと

の2点。

メイクパレットについてくるブラシは小さなものが多いけど、シェーディングに慣れるまでは大きなブラシを使うのが◎。

大きなブラシは影が濃くなりすぎてしまったり、ムラになったりすることを防いでくれるので、安心してシェーディングに挑戦できます。

色選びに苦戦する場合は、化粧カウンターで店員に相談してみましょう。

きっと自分の肌に最適の色を選んでくれます。

written by かよちゃん

top image via we♡it

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43235 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ