NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1035記事

メルマガ登録

2016年11月24日 更新 | 13,502 views

父の死をきっかけにどもりを発症。いじめられ続けた私の半生[体験談]

父の死をきっかけにどもるようになってしまった私は、どんどんクラスから浮いた存在に。周りから無視されたり、冷ややかな目で見られたりするなかで、ついに学校に行くことができなくなってしまいました。

それは、私が小学校低学年のときでした。

学校で、いつものように授業を受けていた私は、突然職員室に呼び出されました。

職員室に行くと、担任の先生がとても悲しい表情で「お父さんが事故に遭って、今からお母さんが迎えに来るから、急いで帰る支度をしてきてね」と、私に優しく語りかけました。

わけがわからないまま、帰る準備をしていると、母が迎えに来てくれました。

そのとき、同じ小学校に通っていたひとつ上の兄と共に、母に連れられて、急いで病院へ行きました。

病院に着くと、父はすでに息を引き取っており、冷たくなっていました。

幼かった私ですが、父と二度と会えないことだけは理解でき、その場で泣き続けたことを今でも鮮明に覚えています。

その後、母の地元へ、母と兄とともに、3人で引っ越しをしました。仲のよかった友人達との突然の別れがとても辛かったです。

新しい小学校で待ち受けていたいじめ

新しい小学校は、都会の栄えたところにあり、前の小学校よりも、クラスも、一教室当たりの人数も多かったんです。

転校生として紹介されたとき、あまりの人数の多さに、ガチガチでどもってしまったことを今でも覚えています。

これが「あがり症」の症状の始まりだったのかもしれません。

クラスも歓迎モードではなかったのだと、今、振り返ってみると思います。

いきなり隣の席の男の子から「お前、お父さん、いないだろう」と、からかわれたり、小学校指定の黄色い帽子を水たまりに落とされたり、ランドセルを引っ張られたり……。毎日、泣きながら家に帰る日々でした。

黄色い帽子が濡れて帰ってきたとき、母は、その異変に気付き、どうして濡れているのかを私に聞きました。

正直に本当のことを話すと、母は、仕事で忙しいなか、合間を縫って学校へ出向き、担任の先生に私の帽子の件について、話をしにいきました。

次の日に学校へ行くと、帽子を捨てた子たちに、揃って「ごめんなさい」と謝られました。

いじめを克服して、リーダーシップを発揮するように

母のおかげで、それからはいじめられることはなくなり、友人も少しずつできるようになりました。

引っ越す前から、私たち家族のことを、親たちが子どもに言い聞かせていたことが、いじめにつながったようです。

それでも、正義感の強い母は、私たち兄弟に「いじめられたとしても、人を恨んだり、同じようにいじめ返したりすることは絶対にしてはいけない」と、言い聞かせました。

そんな母の姿を見ているうちに、私自身も正義感が強い子どもに。

いじめられている子がいれば、いじめっこに対して「いじめはいけない」と言う、仲のいい友人同士の「交換日記」に、「嫌いな人ランキング」が書かれていると、それを担任の先生にいけないことだと直訴して、学級会で話し合いをして解決する……そんな正義感に満ち溢れた性格へと成長していきました。

次第に周囲はたくさんの友人で囲まれ、小学校高学年のときには、学校を代表する生徒会長に選出されました。

そして生徒会長に選ばれて、初めて挨拶するときのことです。

全校生徒を目の前にした瞬間、今までに味わったことのないほど心臓がバクバクして、暑いわけではないのに、手や額から、汗がにじみ出てとまりませんでした。

挨拶するひと言めのセリフ「皆さん」という、たった4文字の言葉が、うまく出てこない……。

クスクスと前列の人たちに笑われていたのは覚えていますが、そのほかの記憶はまったくありません。

それから、毎週の朝礼で挨拶をするとき、毎回、どもってしまうようになりました。とうとう緊張やプレッシャーに押しつぶされて、学校も休みがちに。

仕事で忙しい母には心配をかけたくないという思いから、学校であったことは、一切話さなくなりました。

中学時代は症状の悪化が進んだ暗黒時代

中学生になると、ますます症状は悪化していきました。

たとえば、教科書の本読みは必ずどもってしまい、過呼吸のような荒い呼吸なって、まともに話すことができませんでした。

周囲からはクスクスと笑われ、泣きそうになりながらも、必死に最後まで読んでいました。

担任の先生に、何度か相談しましたが、私だけ特別扱いはできないという理由から、本読みを避けることはできず、辛い日々を送っていました。

音楽の授業でひとりずつリコーダーのテストをするとき、緊張しすぎて震えてしまい、まともに吹くことができません。

おかげでいつまでたってもテストに合格しませんでした。放課後に泣きながら居残り練習をしていました。

そのうち、「あいつは声が震えてる」などと、陰口を言われるようになり、周囲から距離を置かれるようになりました。

やがて友人はひとりもいなくなり、クラス全体のいじめの対象になっていました。

学校へは、恐怖で行けなくなりました。中学2年の2学期には、ほとんど投稿していなかったと思います。

心配した母は、しきりに、私に学校を休む理由について聞いてきました。

正直に話すことを恥ずかしいと思っていた私は、学校でのいじめのことを一切話しませんでした。

当時の私は、自分が大嫌いで、どうしようもない自分への苛立ちを、母にぶつけ「うるさい。黙れ」などと、ひどい暴言を吐くこともありました。

それでも前向きな母は、私を学校へ行かせたい一心で、私のクラスメートに連絡を取っては、会って学校へ行かない理由を聞いていたようです。

もちろん、誰も私がクラス全員からいじめられているということを、正直に話す人はいませんでした。

ある日、我が家に担任の教師が訪ねてきました。

このまま学校に行かなければ、卒業ができないかもしれないと告げられました。

母はそれだけは避けたいという思いが強かったようで「嫌ならすぐ帰ってきてもいいから、明日、少しだけでも学校へ行ってみない」と、私に学校へ行くよう促しました。

私も、このままではいけないと思っていたので、次の日学校へ行きました。

クラス全員から、相変わらず無視され、冷たい視線を向けられ……。辛すぎて休み時間になるたびに、保健室へ行きました。

そんな教室と保健室を行き来する日々。そのなかで、保健室の先生と親しくなり、母にも話せなかった悩みなど、いろいろな話をするようになりました。

素直に話してしまうと、不思議と心が軽くなりました。

ある日、進路のことで悩んでいる私に、先生が、自分の母校である高校への進学を進めてくれました。

先生は、その高校でとてもいい先生とめぐり会い、その出会いをきっかけに、今の職業を選んだとか。

その話を聞いて、私もその高校に行きたいと強く思うようになりました。

そこなら、自分をいじめていたクラスメートたちとも二度と会わなくてすむというのが、高校へ行きたいと思った一番の理由でした。

それからは保健室で、先生の指導のもと、必死に受験勉強に明け暮れました。

保健室には、私と同じような境遇の同級生がもうひとりいて、保健室で顔を合わせるうちに意気投合。同じ高校を目指して受験勉強をする戦友ができました。

高校での恩師との出会い

高校受験は、2人とも見事に合格。

バラ色の高校生活がスタートしました。

お互い以外に私たちのことを知る人はひとりもいません。あんなに幸せな気持ちになったのは、久しぶりでした。

残念ながらクラスは離れてしまいましたが、2人で一緒に通学して、一緒に帰宅しました。

担任は、笑顔の優しい50代の男の先生。クラス全員のことを、本当の自分の子どものように可愛がり、褒めるときは思いきりほめてくれ、悪い事をしたときには、心から叱ってくれる……理想的な先生でした。

国語の先生だったので、担任の先生の授業では、苦手な本読みをする機会がありました。

私は、この先生になら、自分の悩みを正直に話しても、絶対に理解してくれるという確信があったので、思い切ってすべてを打ち明けました。

小学校から中学校までの辛い経験や、これからの不安に対して、包み隠さずに話をすると、スッーと、心のモヤモヤが消えていったのを覚えています。

先生は、私が話をしている間、黙って、私の話に耳を傾けてくれました。

私が話終わると、先生はまるで自分のことのように、涙を流してくれました。

その姿に私は、初めて自分の気持ちをわかってくれた人に出会えたよろこびと、先生への感謝の気持ちで、胸がいっぱいになりました。

それから、先生は、重い口を開けて私にこう言いました。「わかった。本読みは、当てない。読める自信が来たときに、先生にまた教えてくれるか?」

私は即答で「はい」と答えました。先生は、言葉通り、高校3年間、国語の授業で私を本読みに指名することはありませんでした。

大好きだった恩師との別れ

3年生になり、いよいよ進路を決める時期。

初めての担任だった大好きな先生は、3年生のときは、違うクラスの担任でしたが、進路の相談にも親身に乗ってくれました。

私のことを3年間見守り続けてくれた先生は、料理が好きだった私に、調理師学校への進学を進めてくれました。

そして、先生は「面接はとても緊張する場だから」と、私のことを考えて、面接のシミュレーションまでしてくれました。

その甲斐あって、専門学校の試験に合格することができました。先生に、合格したことと感謝の気持ちを伝えると「本当によかった」と、自分のことのようによろこんでくれました。

専門学校を卒業、そして就職

専門学校の授業は、決して楽なものではありませんでした。実習は大変で、何度も辞めたいと思いましたが、仲間との出会いにめぐまれ、卒業まで励まし合いながら、頑張ることができました。

授業のなかでは、大勢の前で話す機会があり、どもってしまうこともありましたが、ここでは誰ひとりとして、私のことを笑う人はいませんでした。

そのおかげで、症状は少しずつ軽減され、自然と周囲の視線が気にならなくなりました。

専門学校を卒業すると、栄養士としての道を歩むことに。病院への就職も決まっていました。

仕事内容は、病院の患者さんに栄養のある料理を提供するというとてもやりがいのあるものでした。

患者さんに「美味しい料理をいつもありがとう」と、声を掛けられるたび、心の底から「途中で人生を諦めなくて、本当に良かった」と思いました。

結婚して、親になり強く感じることは……

そしてその病院に患者として入院していたのが今の主人です。

2年間の交際を経て、結婚しました。そして結婚してすぐ長男が誕生。

親になって初めて、母の気持ちが痛いほど理解できました。

中学生のとき、忙しいながらも、いつも明るく振る舞ってくれた母に対して、ひどい言葉をぶつけてしまったことに対して、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

母の元に訪れたとき、私は昔話のなかで母に「ごめんなさい」と謝罪しました。

すると、母は「私こそ、ごめんね。ずっと、寂しい思いをさせてしまって」と。

母の思いやりのある言葉に、涙が溢れました。

今では、親子のわだかまりもすっかり無くなり、楽しく笑顔の絶えない日々を過ごしています。

苦しいときは、誰にでも必ず訪れます。その大小は人によりさまざますが、ひとりで抱え込むのではなく、誰かに心を開いてみるのも、いいかもしれません。

信頼できる人に話をするだけで、気持ちが楽になります。

人との出会いを大切にして、感謝の気持ちを忘れずに前を見て進めば、どんなに辛い悩みでも、絶対に乗り越えられると信じています。

written by nakayama00000

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45928 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ