ニキビの抗生剤「ダラシンTゲル」高い効果を得るための正しい使い方

赤く膿んだニキビに効果が高いとされる「ダラシンTゲル」は、皮膚科で処方されるニキビのための抗生物質。即効性があるといわれる反面、耐性菌が出来てしまい期待する効果が得られない場合や、赤み、かゆみなどの副作用がでることもあります。ダラシンTゲルは皮膚科を受診して医師に処方箋を書いてもらうことで入手できます。

品川美容外科新宿院院長 板井徹也

この記事は、品川美容外科新宿院院長 板井徹也先生が監修しています。

気になるニキビ。早く治したい!と皮膚科に行く人も多いのではないでしょうか?

ニキビ治療で皮膚科に行くとよく処方されるのが、「ダラシンTゲル」。 ニキビの原因であるアクネ菌をおさえる効果のある治療薬として有名です。

しかし、このダラシンTゲル。上手に使うにはコツがいるそうです。

この記事では、ダラシンTゲルを使用する際のポイントや注意点を解説します。

目次

ニキビを治療する抗生物質「ダラシンTゲル」

容器に入った塗り薬の画像

ダラシンTゲルとは、皮膚科でニキビの治療薬としてよく処方される抗生物質のこと。栄養ドリンク剤のユンケルでお馴染みの「佐藤製薬株式会社(SATO)」が製造・販売しています。

ダラシンTゲルは「クリンダマイシン」を主成分とした商品名

「ダラシンTゲル」は商品名であり、その主成分は「クリンダマイシン」です。

クリンダマイシンには、ニキビの元になるアクネ菌のタンパク質合成を阻害する作用があるとされています。

佐藤製薬のほかにも、複数の会社がクリンダマイシンを主成分とするニキビ治療薬を製造・販売しています。

たとえば、沢井製薬の「クリンダマイシンリン酸エステルゲル1%」や、シオノケミカルの「クリンダマイシンゲル1% クラシエ」などがあります。

ダラシンTゲルに期待できる効果は?

鏡を見る女性

ダラシンTゲルは、化膿して炎症が起きてしまっている赤いニキビに効果が期待できる薬。

ダラシンTゲルは抗生物質なので、ニキビを悪化させる原因であるアクネ菌やブドウ球菌を殺菌・除去することで、赤みや腫れを改善するとされています。

ダラシンTゲルの使い方は?

顔を触る女性

ダラシンTゲルの使い方はとてもシンプル。1日2回、朝晩の洗顔後に適量をニキビ部分に塗布するだけです。

しっかり汚れが落ちていないと薬の効果が薄れてしまうので、まず、洗顔で汚れを落とし、化粧水で肌を整えてから塗るようにしましょう。

また、塗るのはニキビ部分のみとし、決して顔全体に広げないようにすることが大切。

なぜなら、不必要にダラシンTゲルを塗り広げると、耐性菌(薬に対して耐性を持つようになった菌)という、ダラシンTゲルが効かない菌が生まれてしまうからです。

ダラシンTゲルの効果が出るまでの期間はどのくらい?

まずは1週間を目安に使用してみて、効果が出るのを待ちましょう。少し刺激を感じる程度であれば、そのまま使用を継続しても大丈夫だそうです。

しかし、「1週間使用しても効果が見られない」「刺激が強すぎて肌が痛い」といった場合は使用を中止し、医師へ相談してください。

ダラシンTゲルは短期間集中して使うことで、ニキビの赤い炎症を抑える薬。

4週間以上など長期間にわたって使用すると、耐性菌ができてしまって効果が半減することがあります。

ダラシンTゲルの副作用は?

かゆがる女性

ダラシンTゲルの副作用は、臨床試験の結果では全体のうち8%の人に見られたといわれています。比較的軽い副作用には、次の4つが報告されています。

  • ピリピリする刺激
  • 赤み
  • かゆみ
  • かぶれ

「突っ張る感じ」や「ヒリヒリした刺激」といった副作用は、継続を続けるうちにおさまることが多いようです。

ダラシンTゲルの重篤な副作用に注意

ダラシンTゲルによる副作用の多くは軽いものが報告されていますが、ごくまれに下記のような重篤な副作用もあるようです。

  • 大腸炎
  • 激しい腹痛
  • 下痢
  • 発熱
  • 血液便
  • 下血

このような副作用が現れた場合は直ちに使用を中止し、医師の診断を受けてください。

ダラシンTゲルはどこで手に入るの?

医師と患者

ダラシンTゲルは皮膚科を受診して、医師に処方箋を書いてもらわないと入手できません。

「ダラシンTゲル」はジェル状の薬ですが、「ダラシンTローション1%」というローション状の薬もあります。効果に違いはありませんが、一般的に処方されるのはゲルタイプの塗り薬が多いようです。

ダラシンTゲルは短期集中で使用!まずは1週間使用しよう

女性がカップの飲み物を持っている画像

ダラシンTゲルは、化膿して炎症が起きてしまっている赤いニキビに効果が期待できる薬で、短期集中で使用するもの。

あまり長く使用すると耐性菌ができてしまいます。

まずは、1週間使用して様子を見てみましょう。

「1週間使用しても効果が見られない」「肌が痛い」といった場合は使用を中止して、医師へ相談してください。

この記事の監修医:坂井徹也先生のクリニックはこちら

  • 住所東京都新宿区新宿3-33-10 新宿モリエールビル6F
  • アクセスJR新宿駅「南口」徒歩約4分/「中央東口」徒歩約8分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00~20:00
  • 電話番号0120-614-900
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

品川美容外科新宿院の詳細

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

ニキビ・ニキビ跡の美容医療の施術を受けられるクリニック

  • 福岡天神南駅より徒歩約1分
  • フラクショナルCO2レーザー 顔初回4,500円

湘南美容外科クリニック 福岡院の詳細

その他のニキビ・ニキビ跡の施術の施術を受けられるクリニックを探す

この記事の監修者

品川美容外科新宿院院長 板井徹也

板井徹也

監修記事 (2)

品川美容外科新宿院院長

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

id美容外科 代表院長 パク サンフン

パク サンフン

監修記事 (1)

id美容外科 代表院長

共立美容外科 銀座院 藤巻尊子

藤巻尊子

監修記事 (1)

共立美容外科 銀座院

共立美容外科新宿本院 望月香奈

望月香奈

監修記事 (1)

共立美容外科新宿本院

サイトメニュー