2017年01月05日 更新 | 6,127 views

注射後にんにく臭はする? にんにく注射のうれしい効果とは

にんにく注射は、身体の疲れを取る成分であるビタミンB1をメインに、ほかのビタミンなどの栄養素が配合された注射薬を体内に注入することでさまざまな美容健康効果などを与えてくれる美容注射です。注射薬に配合する成分の組み合わせ次第で、さまざまな効果を得ることもできます。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行先生が監修しています。

タブレットを操作する女性

健康維持や疲労回復に有効な治療法として人気なのが、にんにく注射。

にんにく注射はとくに疲労回復効果が高いので、スポーツ界の中では以前からよく使われており、それが一般化して普及してきたものだそう。

そもそもにんにく注射とは?

カメラを持つ女性

にんにく注射とは、ビタミンB1を主成分とした静脈注射のこと。

多くの場合、ほかのビタミンB群やビタミンCなども配合されています。

疲労回復がメインですが、豊富なビタミンがあるので美容効果もあり、美容注射として女性からの人気も高まっています。

にんにく注射という名前は特定の製品名ではなく、おもに疲労回復目的で用いられるビタミンB1を主成分とした注射全般のことなので、ビタミンB1以外の薬剤はそれぞれのクリニックによって違います

また「にんにく注射」は、にんにくが含まれているわけではありません。にんにく注射の主成分はビタミンB1であり、その中に含まれる「硫化アリル」という成分がにんにくのような臭いを放つことから、この名前がついたそう。

にんにく注射がおすすめな人

壁にもたれる女性

にんにく注射には疲労回復効果や美容効果が期待できますが、

  • 慢性的な疲労感がある
  • 緊張型頭痛や肩こり、腰痛がある
  • やる気が低下しがち
  • ストレスがたまっている
  • 夏バテしている
  • 冷え性
  • 肌荒れが気になる
  • 風邪気味、または風邪をひきやすい
  • 二日酔いをしている、またはお酒をよく飲む

という人に特におすすめです。

にんにく注射の主成分となるビタミンB1には、筋肉にたまる疲労物質である乳酸を燃やし、エネルギーに換えてくれるので、疲労回復にとても効果が期待できます

ビタミンB1を全身に行きわたらせることで、疲労を軽減し、エネルギーチャージすることが可能です。

また、血液に乗ってまんべんなく全身にビタミンを行き渡らせてくれるので、血行が良くなり新陳代謝が高まります。

にんにく注射を打った直後から、なんだか身体がぽかぽかとあたたかくなってくるように感じられる方も多いのだとか。

さらに、にんにく注射はスポーツ選手や芸能人にも愛用している人が多く、元プロ野球選手の清原和博さんは、現役時代にオリジナルブレンドのにんにく注射「キヨハラスペシャル」を定期的に打っていたという話もあります。

女優の北川景子さんも、2週間に1度にんにく注射を受けているそうです。

にんにく注射に用いられるおもな成分と効果

サングラスをかけた女性

にんにく注射に使われているのは、主にビタミンB1を中心としたB群。

ビタミンB群には、

  • 疲労回復やストレス緩和、関節痛、筋肉痛の予防、肌荒れの改善などの効果が期待できる「ビタミンB1(チアミン)」
  • 皮膚や粘膜の保護、口角炎の予防、代謝の促進を助ける「ビタミンB2(リボフラミン)」
  • 皮膚や粘膜の保護、ストレスの緩和、善玉コレステロールの増加を助ける「ビタミンB5(パントテン酸)」
  • 皮膚炎や口内炎、口角炎の予防、ストレスの緩和、免疫力アップを促進する「ビタミンB6(ピリドキシン)」
  • 貧血予防や精神安定、不眠症を改善が期待できる「ビタミンB12(コバラミン)」
  • コラーゲンの増加、抗酸化作用、免疫力アップ、風邪予防、疲労回復を促進する「ビタミンC(L-アスコルビン酸)」

などのさまざまな成分があります。

また、ビタミンB群以外にも「ビタミンC」や「アミノ酸」、脂肪燃焼効果のある「カルニチン」や「α-リポ酸」など、目的に合わせて複数の成分を配合し、注入するようです。

施術について

くつひもを結ぶ手

にんにく注射は、内科や皮膚科、美容外科などで受けられます

内科では、ひき始めの風邪などの治療法としてにんにく注射を使用しているところもあるようです。

また、初回は医師の診療を受けてから、腕に注射をします。

にんにく注射にかかる時間は10~15分ほどで、注射の際の痛みは一般的な注射と同じくらいですが、まれに注射を受けた部分や腕などに血管痛を生じることもあるようです。

そして、注射1回の料金の相場は1,000~5,000円ほどで保険適用外

にんにく注射の効果持続期間

にんにく注射の効果の持続期間は、だいたい3日~1週間くらい。

にんにく注射の効果を持続させるためには、高齢者や疲労の溜まっている人、エイジングケアをしたい人は週に2~3回くらい、健康な人の疲労回復には週1回くらいの頻度で注射を受け続けることが望ましいとされています。

また、病気の治療や治療の補助ににんにく注射を受ける場合、最初の2週間に毎日にんにく注射を受け続けると病気の症状をより和らげることが可能になることが多いようです。

にんにく注射を受ける際の注意点

スマホをいじる女性

にんにく注射にはさまざまな効果が期待できますが、副作用の可能性がゼロというわけではありません

どんな副作用が起きうるのか、また、安全性はどれくらいあるのかを事前に知っておきましょう。

注射薬の安全性

クリニックによってさまざまな注射薬を使用しているようですが、なるべく厚生労働省の認可を受けた安全性の高い薬剤を使用しているクリニックで施術を受けるのがおすすめ

また、値段が安すぎる注射薬を使用しているクリニックには気をつけましょう。

にんにく注射の副作用

ニンニク注射で深刻な副作用が起こることは基本的にありませんが、まれにアレルギー反応や下痢、頭痛、湿疹、蕁麻疹などが起きることがあるよう。

副作用が出たら、使用を中止し、念のため医師に相談することをおすすめします。

にんにく注射の臭いについて

にんにく注射ににんにくは使われていませんが、注射を打ったときににんにくの臭いがすることがあります

施術を行うクリニックでは「にんにく臭がするのは注射を打つ時のみで、そのあとは臭わない」と説明されることが多いようですが、なかには注射後すこしの間、自分の口臭や体臭ににんにくの臭いが混じるように感じられる人もいるようです。

さまざまな効果をより効果的に取り入れよう

カメラのレンズを覗く女性

にんにく注射の主な成分はビタミンB類で、美肌効果だけでなく、疲労回復効果やアンチエイジング効果など期待できます

また、静脈注射で直接薬剤を取り入れることで、栄養ドリンクやサプリメントで経口摂取する何倍もの効果を得ることができるよう。

いつもの栄養剤では対応できない疲れや体調不良には、にんにく注射を打ってみるのがいいかもしれません。

written by エクリトアコ

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

和田哲行

院長 / 監修記事 (226)

品川美容外科渋谷院

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー