NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1025記事

メルマガ登録

2016年05月07日 更新 | 25,655 views

ニキビ治療外用薬「ディフェリンゲル」でニキビ跡って改善されるの?

「ディフェリンゲル」は毛穴汚れをピーリングし、初期段階のニキビの進行を防ぐ薬。ニキビ跡の改善には、ディフェリンゲルの肌のターンオーバーを促進して皮膚の再生能力を高めるといった作用がある意味功を奏するかも。また、ディフェリンゲルは副作用の出る確率が高いことがよく聞かれます。でもそれ、実は初期症状のひとつって知ってましたか?

ディフェリンゲルは2008年に日本でも保険適用となったニキビ治療薬。

その効果の高さからディフェリンゲルを手放せない、という人も多いのではないでしょうか。

ただ、ニキビが治療されてきたら次に気になるのは「ニキビ跡」。

ディフェリンゲルをこのまま塗り続けることはニキビ跡の改善につながるのでしょうか。

ディフェリンゲルってどんな薬?

女性が手にクリームの容器を持っている画像

「ディフェリンゲル」はニキビ治療薬として処方される塗り薬です。

医師がニキビの状態を見て処方してくれる薬で、ドラッグストアなどで購入することはできません。

主に毛穴が詰まった状態の白ニキビに効果があるとされています。

ディフェリンゲルにはどんな効果があるの?

皮膚科でニキビの治療に対して処方されるものの多くは「抗炎症剤」や「抗生物質」など、ニキビの原因となるアクネ菌を撃退するための治療薬。

このような抗生物質は、炎症を起こしたした赤ニキビか膿んでしまった黄ニキビに効果があります。

一方アクネ菌がまだ増殖していないような白ニキビには実はあまり効果はありません。

それに対して、ディフェリンゲルに含まれる「アダパレン」という成分には、次のような効果が。

  • ピーリング
  • 肌のターンオーバーを促す
  • 細胞の再生
  • メラニンの排泄

つまり、皮脂分泌を抑制して肌のターンオーバーを促してくれるため、ニキビ予備軍(=白ニキビ)の進行を防ぐんです。

ディフェリンゲルは直接的にニキビ跡を改善する薬ではない

木々と太陽の画像

「ディフェリンゲルはニキビ跡にも効果がある」と考えている人も多いと思いますが、実はディフェリンゲルはニキビ跡そのものに直接効果をもたらすものではありません。

ただし、ディフェリンゲルはピーリング効果で肌のターンオーバーを促してくれるので、結果として肌質が整い、ニキビ跡が薄くなっていくことがあります。

ニキビ跡には段階に合ったケアを

とはいえ、赤みのあるニキビ跡や、茶色く色素沈着したニキビ跡はゆっくり自然治癒されていくもの。

ターンオーバーを促すケア用品やビタミンC誘導体を含むニキビケア用品を使うのもアリですが、逆に肌にストレスを与えてしまわない程度にとどめましょう。

また、凸凹になってしまったニキビ跡は自力で治癒させるのはむずかしいかも。

程度のひどいニキビ跡には、美容外科などで行われている「レーザー」「ケミカルピーリング」「フォトフェイシャル」といった治療が必要です。

1日1回、夜のみ。ディフェリンゲルの使用上の注意点は?

本とレモンティーの画像

目安としては1日1回、夜寝る前の使用が良いでしょう。

ディフェリンゲルのようなピーリング薬剤は、日光に当たると害になる光毒性が報告されています。

なので、できるだけ夜間に使用した方がよさそうです。

また、ピーリングした肌は肌のバリア機能が低下しているため、日焼けは避けるようにしましょう。

さらに、肌がいつもよりも乾燥しがちなので、肌の保湿はきちんとケアする必要があります。

ディフェリンゲルを使用しない方がいい人は?

ディフェリンゲルは強い効果のある薬なので、人によっては使用がすすめられないことも。次の項目に当てはまる人はディフェリンゲルを使えません。

  • 授乳中の人
  • 妊娠中の人
  • 12歳未満の子ども

先述のものはあくまで目安として記しています。ディフェリンゲルを使用する際は必ず医師の診断に従ってください。

ディフェリンゲルには副作用がある?

女の子が窓から外を見ている画像

ディフェリンゲルを使用すると、ピリピリした刺激、痒み、肌の赤みや乾燥に悩まされることがあります。

これは副作用というよりもこの薬に対する一時的な「随伴症状」です。

それほど強い刺激を感じない程度であれば、治療を続けていくうちに徐々にこれらの症状は収まっていくものなのだとか。

この症状は治療開始後、1週間程度続くことが多いよう。同時にニキビもかなり軽減されているはずです。

ただ、あまりに刺激が強い場合は治療を中断する必要があります。痛みがある時はすぐに医師に相談しましょう。

ディフェリンゲルは正しく使えばニキビの強い味方

女性が飲み物を飲んでいる画像

ディフェリンゲルは再発を繰り返してしまいがちな白ニキビに効果のある薬。

とはいえ抗菌作用や抗炎症作用のある薬を併用することで、炎症を起こした赤ニキビも一緒に撃退することもできるんです。

ただ、ディフェリンゲルは効果が高い反面、間違えて使うと皮膚を痛めてしまうことも。

必ず専門医によるニキビ治療の指導を受けることが大切です。

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

ニキビ・ニキビ跡

詳しく見る

全国

湘南美容外科

ニキビ・くすみ・しわ

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44250 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ