2017年10月25日 更新

美肌以外の作用も!高濃度ビタミンC点滴のうれしい効果とは

高濃度ビタミンC点滴は、美肌効果や、しわやたるみの改善を目指すエイジングケアが期待できるとされています。またニキビの改善や予防も、サプリメントや食事で経口摂取する場合より、効果が感じられやすいそうです。美容効果を求める場合は、治療を継続的に受ける必要があるため、費用は複数回分で計算すると良いでしょう。

恵聖会クリニック 理事長 鬼頭恵司

この記事は、恵聖会クリニック 理事長 鬼頭恵司先生が監修しています。

美容医療によるエイジングケアには、さまざまな方法がありますが、なかでも手軽に受けることができる点滴は、おすすめの治療のひとつ。

「高濃度ビタミンC点滴」は、大量のビタミンCを血管内に直接注入する点滴治療です。

今回は、高濃度ビタミンC点滴についてくわしく紹介します。

目次

高濃度ビタミンC点滴とは?

点滴

高濃度ビタミンC点滴は、濃度の高いビタミンCを血管の中に、点滴で大量に投与することで、血中のビタミンC濃度を上昇させるというもの。

ビタミンCが持つとされる優れた美肌効果を活かして、美容目的で治療を受けることも可能です。

食事やサプリメントでビタミンCを経口摂取しても美肌効果は得られるといわれていますが、点滴で直接血管内に注入するため、ビタミンCをより体の隅々まで行き渡らせることが期待できます。

高濃度ビタミンC点滴がおすすめな人

高濃度ビタミンC点滴は、下記のような人に適しているとされます。

該当する場合は、治療を検討してみてはいかがでしょうか。

  • 肌を白く美しくしたい
  • 肌のシミやくすみ、肝斑が気になる
  • 肌荒れを治したい
  • 日焼けした肌色を早く戻したい
  • エイジングケアをしたい
  • 体が疲れやすくなっている
  • 免疫力を高めたい

特に喫煙はビタミンCを大量に消費するので、習慣的に喫煙している人は一度受けてみても良いかもしれません。

高濃度ビタミンC点滴がもたらすとされる美容効果

ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴は、美肌はもちろん、エイジングケアニキビの改善など、さまざまな効果が期待できます。

具体的にはどのような効果が期待できるのでしょうか。

高濃度ビタミンc点滴の効果1:美肌

白く美しい肌作りを妨げる日焼けやシミのおもな原因は、紫外線を浴びた際に肌を守るために発生する黒い色素「メラニン」。

ビタミンCにはメラニンの生成を抑制するはたらきがあり、肌を明るく見せる効果が高いといわれています。

高濃度ビタミンC点滴の効果2:エイジングケア

ビタミンCは、コラーゲンを生み出す「繊維芽細胞」を刺激することでコラーゲンの生成を促進し、肌に弾力を与えてしわやたるみを目立ちにくくするとされています

さらに、ビタミンCの抗酸化作用は、老化の原因となる活性酸素から肌を守る効果が期待できます。

高濃度ビタミンC点滴の効果3:ニキビの改善、予防

老化も防止してくれる「抗酸化作用」は、皮脂分泌の抑制を図ることができます

そのため、皮脂の過剰な分泌で起きるニキビの改善や、新たなニキビを予防する効果も期待できます。

高濃度ビタミンC点滴の安全性

ビタミンC点滴 医師

高濃度ビタミンC点滴には、「副作用」と呼ばれるようなものはほとんどないとされています。

ビタミンCは水溶性の物質で尿とともに排泄されるため、過剰摂取による副作用は基本的に起きないのだそうです。

しかし、ごくまれに、カルシウムなどの尿路結石に関する物質が結晶化して起こる「腎結石」「尿路結石」を発症したり 、点滴終了後の数時間だけ見かけ上の高血糖を起こしたりすることがあるようです。

点滴に使うビタミンC製剤の品質

点滴用のビタミンC製剤のなかには、品質保持のために防腐剤が含まれているものもあります。

防腐剤を体にいれたからといって、必ずしも害があるわけではありませんが、体に良いものとはいえません。

そのため、直接体内に成分をいれるビタミンC点滴では、防腐剤が使用されていないものを選ぶ方が良いでしょう。

高濃度ビタミンC点滴を受けられない人

大量のビタミンCの投与は、肝臓に負担がかかりやすいので、肝機能が低下している人や人工透析を受けている人は、治療を受けることができません

ほかにも、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、G6PD欠乏症(貧血の遺伝病)、妊娠中の人は受けることができません。

高濃度ビタミンC点滴の治療の流れ

ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴の治療は、クリニックでカウンセリングを受けた後に行います。

点滴後は血糖値が低くなりやすいので、空腹状態で治療を受けるのは避けましょう。

点滴にかかる時間は1~2時間ほどで、入院などは必要ないとされています。

また、1回の高濃度ビタミンC点滴にかかる費用の相場は1~3万円ほど

ただし、継続して点滴を受ける場合は、複数回分の料金をまとめて支払うと、1回あたりの費用が抑えられるクリニックもあるようです。

点滴後のアフターケア

高濃度ビタミンC点滴は、基本的に治療後すぐに帰宅し、いつもどおりの生活を送ることができます。

まれに軽い吐き気眠気が生じることがありますが、一時的なものなのだそうです。

また、「美容目的」の場合は1〜2週間に1回の割合で点滴を受け続けると、目に見えて効果を実感できるようになることが多いとされています。

高濃度ビタミンC点滴はさまざまな効果が期待できる

髪をなびかせる女性の後姿

高濃度ビタミンC点滴には、美肌効果やエイジングケア、ニキビの予防など、さまざまな期待ができます。

このように高濃度ビタミンC点滴は、魅力的な治療ではありますが、腎結石」や「尿路結石」を発症のリスクや品質、持病には注意する必要はあるようです。

この記事の監修医:鬼頭恵司先生のクリニックはこちら

アンチエイジング・若返りの施術を受けられるクリニック

  • 全国アンチエイジング
  • プラセンタ注射 3アンプル 1回2,830円

湘南美容外科の詳細

  • 全国アンチエイジング
  • PRP血小板療法 目の下14,170円

湘南美容外科の詳細

高濃度ビタミンC点滴の施術を受けられるクリニックを探す

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事の監修者

恵聖会クリニック 理事長 鬼頭恵司

鬼頭恵司

理事長・院長 / 監修記事 (4)

恵聖会クリニック

この記事のライター

口コミ・費用明細投稿

クリニックに行こうか悩んでいる人が、
あなたの体験を必要としています。

口コミ・費用明細を投稿する

投稿でamazonギフト券プレゼント!

ピックアップクリニック

サイトメニュー