2016年12月29日 更新 | 6,534 views

芯からハリのある美肌になりたい♡リフトアップ美容機器ダブロについて

ダブロとは、肌のたるみの改善やリフトアップ効果を助けてくれる美容医療機器のこと。高密度の超音波であるHIFUを発し、皮膚の奥底にあるSMAS層という筋膜組織にまで熱エネルギーを届けることで組織をぎゅっとひき締め、さらにコラーゲンの生成を促すことでハリを与えます。ただ、一度の施術での効果持続期間は6か月~1年程度なので、効果を維持するには継続的に施術を受ける必要がありそうです。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行先生が監修しています。

睨む女性

年齢とともにあらわれる肌のたるみは、いつまでもキレイでありたい人の悩みの種です。

とくに肌の深層の衰えが原因のたるみは、外科手術でなければ改善することは難しいとされてきましたが、そんなたるみに効果的だといわれているのが「ダブロ」というマシンを使った治療法。

ダブロは、メスのいらない最先端のフェイスリフト法なんです。

そもそもダブロとは?

層の説明

「ダブロ(doublo)」というのは、超音波で皮膚のすぐ下にある「SMAS層(Superficial-Musclo-Aponeurotic-System、別名表在性筋膜層)」まで熱エネルギーを加えることで肌の底からリフトアップをするたるみ治療マシンのこと

肌のたるみの原因は皮膚の各層の衰えだけでなく、皮膚を底からもち上げているSMAS層の衰えによるものであることが少なくないんです。

ダブロは外科治療にも用いられる「HIFU(High Intensity Focused Ultrasound)(ハイフ)」という高密度の超音波を発するマシンなので、今までのマシンでは届かなかったSMAS層にまでその熱エネルギーを届けることができます。

ダブロの効果

ダブロによるHIFUの照射で熱を加えることで、SMAS層を構成しているコラーゲンタンパク質がぎゅっと縮み、ひき締まることによって、リフトアップ効果や小顔効果が期待できます。

さらに、加熱によって損傷した部分を修復するために新しいコラーゲンが肌内部で活発に生成されていくことで、皮膚の厚みや弾力が増し、リフトアップ効果が長期的に続くんです。

だから、

  • 顔のたるみや小じわを改善したい
  • メスを入れずに顔のリフトアップをしたい
  • フェイスラインをひき締めたい
  • 肌にハリを取り戻したい

といった人に特に向いているでしょう。

また、痛みの少ない治療がいい人やダウンタイムがない治療がという人にもおすすめです。

ダブロの施術について

壁にもたれて座る女性

ダブロの施術は、他の施術と同様にカウンセリングから始まります。

カウンセリングでは医師からダブロによる治療についての説明を受け、照射箇所など施術に関する希望を伝えますが、少しでも疑問に思ったことや不安に思ったことがあれば必ず解消しておきましょう。

カウンセリングが終わったらメイクを落とし、洗顔をします。

顔を清潔にしたら早速照射を開始しますが、照射部位によって出力を調整しながら行うので、施術中は肌がすこしピリピリしたり、熱を感じたりするよう

顔全体に照射する場合、治療にかかる時間はだいたい40~60分ほどで、1回の治療費の相場は10~20万円ほどです。

ダブロの効果のあらわれ方

肌がひき締まる感覚は治療の直後から実感する人が多いようですが、内部のコラーゲン量が増すことによるリフトアップ効果があらわれるには1~3か月前後かかるようです。

1回の治療でリフトアップ効果を実感する人がほとんどですが、効き目の出方には個人差があるため、複数回の治療を要する場合もあります。

また、ダブロ治療による効果の持続期間は6か月~1年ほどとされているので、効果を持続させるには1年に1~2回ほどのペースで治療を受ける必要があります

ダブロのダウンタイム

ダブロによる治療は、施術後のダウンタイムがほぼないというのが大きな特長。

照射した肌に腫れや赤みなどを生じることは少なく、施術直後から顔全体にメイクを施すことができます。

また、治療後の飲酒と入浴は翌日以降から、シャワーは当日から可能です。

施術を受ける頻度

ダブロは照射後1~3か月ほど時間をかけて徐々に肌のコラーゲン量が増え、リフティング効果があらわれてくるので、すぐに治療の効果を実感できなくても3か月ほどは経過を見ましょう

また、効き目がいまひとつだったのでもう1度治療を受けたいという場合には、最低3か月程度は間隔を空けるのがよさそうです。

ダブロの注意点

窓からのぞく女性

ダブロの施術は基本的に副作用が起きることはありませんが、まれに生じることもあるよう。

また、施術に向いていない人もいるので確認しておきましょう。

ダブロの副作用

ダブロの照射によって副作用と呼ばれるような症状がひき起こされることはまずないといわれていますが、まれに肌に赤みや腫れ、軽い痛みを生じる場合があります

でも、たとえ副作用が起きてもだいたい数日内に消えることがほとんどのようです。

ただ、あまりに長引く場合は施術を受けたクリニックに1度相談してみましょう。

ダブロの痛み

ダブロは治療時に痛みを感じることは少ないようですが、部位や出力によっては多少の痛みを感じる場合もあるよう

照射する箇所に事前に麻酔クリームを塗ったり、施術後に痛み止めを処方するなどの痛み対策を行っているクリニックを選びましょう。

ダブロの施術を受けられない人

ダブロは比較的安全性の高い治療法ですが、施術を受けられない人もいます

たとえば、

  • 妊娠中の人
  • ペースメーカーや除細動器を使用している人
  • 施術部位に金属系プレート、シリコン、金の糸を埋め込んでいる人
  • 施術部位に傷や皮膚疾患がある人
  • 糖尿病、ケロイド体質、心臓疾患、悪性腫瘍に罹患している人、またはその疑いのある人
  • その他、医師が不適当と判断した方

など。

当てはまる人は施術をしないようにしましょう。

ダブロ体験談が読めるブログ3選

サングラスをかけた女性

ダブロについては、ダブロを取り扱っているクリニックのサイトなどで詳しく知ることができますが、やっぱり生の声が1番参考になります。

実際にダブロを体験した人のリアルな声を知っておきましょう。

ダブロ体験談が読めるブログ1:れおめる日和

モデルもしている美容ブロガー、村上ゆきさんのブログ。

ダブロの照射を受けて、頬骨の位置が変わったと感じているようです。

施術前後の本人の顔写真が載っているので、どれくらいのリフトアップ効果があるのか見比べることができます。

ダブロ体験談が読めるブログ2:LOVE TRAVEL

カリスマブロガーである大川綾香さんのブログ。

クリニックでの施術中の写真も多数掲載されており、施術についての意見や感想がかなり細かく書かれていてとても参考になります。

大川綾香さんのブログ

http://ameblo.jp/kaukau-hawaii/

ダブロ体験談の記事

http://ameblo.jp/kaukau-hawaii/entry-11894576140.html

ダブロ体験談が読めるブログ3:一卵性双子橘姉妹オフィシャルブログ

元読モという経歴を持つ橘姉妹のブログ。

妹の美波さんはダブロによる治療をリピートされているようで、2回の施術のレポートが載っています

ダブロ照射で芯からハリのある美肌を手に入れちゃおう♡

スマホをいじる女性

ダブロ照射は、1度の施術でリフトアップ効果が高く、副作用の少ないたるみ治療。

ただ、1回の施術での効果持続期間は6か月~1年程度とされているので、効果を維持するには継続的な施術が必要です。

また、ダブロ照射はクリニックだけではなく、エステサロンでも施術を行っているところがありますが、エステサロンで使用することのできるマシンはクリニックのものに比べると出力が弱いため、効き目があらわれにくいよう

ダブロの照射による効果をより実感したい人には、クリニックで施術を受けることをおすすめします。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

和田哲行

院長 / 監修記事 (226)

品川美容外科渋谷院

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー