NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1033記事

メルマガ登録

2016年05月05日 更新 | 15,064 views

フラれたのはすっぴんがブスだから? わたしが美容整形を決意した理由[体験談]

アイプチで一重をごまかし続けていた私。でも大好きな彼と一緒にお風呂に入っているとき「まぶたに何かついてるよ」と言われてしまい……。観念して彼の前でアイプチを落とした私は、すっぴんが一重だということがバレてしまったんです。

私の人生最大のコンプレックスは一重まぶたでした。

中学生まではとくに気にすることなく過ごしていましたが、徐々におしゃれやメイクに興味が出てくるに連れて自分の目の細さにコンプレックスを抱くようになったんです。

きっかけは男友達からつけられた「きつね」というあだ名。もちろん彼らに悪気はなく、からかっているだけだったと思います。

それでもやっぱり、私の顔はきつねみたいなんだ……と傷ついたのを覚えています。

友だちとドラッグストアで化粧品を試しても、いくらアイラインを引いても一重まぶたが重く覆いかぶさり目もとの印象が変わらない……、大好きなピンク系のアイシャドウは、まぶたが腫れぼったくなってしまう……。

慣れないメイクだからこんなものかと思いましたが、隣のぱっちり二重の友達がキレイにアイラインを引きますます可愛くなっていました。

鏡に映ったピンク色に腫れたまぶたの自分を見て恥ずかしくなった私は何も買わずに店を出ました。

高校2年、初のアイプチに挑戦

高校で出会った親友も一重まぶたに悩む女子でした。

毎日のように一重まぶたに対する不満を語り合っていた彼女から、ある日アイプチの存在を教えてもらったんです。

ドラッグストアで簡単に手に入るアイプチをすぐに購入し、親友とともに恐る恐る挑戦。

アイプチ経験者の友達からコツを聞き、まぶたをくっつけ……、でき上がって鏡を見た私は自分の顔に驚きました。

憧れの二重まぶたの自分がそこにいたんです。

ただ、アイプチはのりづけでまぶたをくっつけるもののため、瞬きをするとまぶたが少し突っ張る感じがします。

「授業中に居眠りしたら完全に白目になるね」なんて笑いながらよろこびを分かち合った私たち。

でも、いきなり二重まぶたで通学するとまわりの反応はどうなんだろう……という疑問がわいてきました。ただでさえあだ名が「きつね」の私。きっと一重まぶたがよほど印象的な顔なのでしょう。

その私がある日を境に二重まぶたになったら、整形疑惑でも浮上するのではないだろうか……

さまざまなネガティブな妄想が頭をよぎった結果、細い二重のラインに調節し奥二重風の瞳を作り上げた私。次の日アイプチをして登校しましたが、私の変化に気付く人はいませんでした。

アイプチなしでは外出できない! メザイクを試してみるも……

そんななか、アイプチを続けるとだんだん二重のラインが形状記憶され、運よければ整形なしで二重まぶたが手に入るといううわさを聞きました。

私は比較的まぶたが薄かったので、形状記憶の期待大と言われていました。

しかし、アイプチを初めて約2年が過ぎたっころ、大学生になった私はいまだにアイプチなしでは外に出られない状況でした。

毎日クレンジング後の一重まぶたを見るたびにため息をつく日々……。アイプチのプッシャーで何度も形を作りますが二重ラインはすぐに消え去ってしまいます。

そんなとき、アイプチをし続けているとまぶたの皮膚がたるんでしまうという話を耳にしました。このままアイプチを続けても大丈夫なのか……心配になった私は、インターネットを開きました。

そこで私はメザイクというものに出会いました。

メザイクとは糸のように細い透明のテープをまぶたに押し付けることでくぼみを作り目を開いたときに二重になるテープです。

実際に使ってみると予想以上に細いテープでまぶたにつけてもほとんど目立ちませんでした。アイプチのようにのりづけをするのではなく、糸でくぼみをつけるものなので、まぶたがたれる心配もありません。

「これはいける!」と目を見開いた瞬間、そこには一重まぶたにテープを貼りつけた自分が映っていました。

メザイクは奥二重の人が二重ラインの幅を大きくするために使われることが多いようです。そのためもともと一重の私にはなかなか高度な技術が必要でした。

何本ものメザイクを無駄にして挑戦し続けましたがまったくうまくいかず……、結局アイプチに戻すほかありませんでした。

今度はアイテープに挑戦

メザイクに失敗した後、しばらくアイプチを継続していた私。

でもどうしても自然な二重がほしくて、毎日のようにインターネットで二重情報を検索していました。

そこで次に見つけたのがアイテープです。

アイテープはメザイクよりも太い透明の両面テープをまぶたに貼りつけ二重まぶたを作るというものでした。

アイプチ同様まぶたを貼りつけるためやや突っ張る感じはありますが、テープで固定するため形状記憶しやすいのではないかと勝手な期待を胸にドラッグストアで購入しました。

使ってみるとメザイクよりも簡単に二重まぶたを作ることができましたが、なんだか不自然だったので家の中でのみ使うことにしました。

外出時はアイプチ、家ではアイテープを併用することで少しでも長く二重の時間を作り形状記憶を狙いました。

しかし、面倒くさがりで飽き性な私に続くはずもなく……1か月もしないうちにアイテープは引出の奥にしまわれてしまいました。

すっぴんは一重

大学1年の夏、大好きな彼氏ができました。

そのころは、作る二重まぶたの幅も初期に比べだいぶ広げていたし、周りの人は一重の私を誰も知らない環境だったため、友達のなかには「二重」「目が大きい」というイメージが定着していました。

もちろん大好きな彼も私の二重の顔だけしか知りません。

片思いをしていたころは気付かなかったことが、付き合ってからわかるようになりました。それは恋人同士になったからにはすっぴんを見せる機会が出てくるということ。

県外の大学に進学していた私はひとり暮らしをしていました。

誰にも遠慮せずに堂々と彼を部屋に呼べる環境……。実家暮らしの彼が私の部屋に通うようになるまで時間はかかりませんでした。

最初の頃は純粋な恋をはぐくんでいた私たちでしたが、大学生ともなれば身体の関係も求められます。

初めての夜、大好きな彼を拒むわけもなく受け入れ、その後お風呂に一緒に入ったときのこと。

彼が私のすっぴんを見たいと言い出したのです。

私は、彼がお風呂を出たあとにクレンジングをして、こっそりアイプチだけほどこしすっぴんと言い張ろう考えていました。

しかし、事態はそんなに甘くなかったのです。

一緒に湯船につかっていたとき、彼が私の瞳を指さしてこう言いました。「まぶたに何かついてるよ」それは明らかにはがれかけたアイプチでした。

そこで嘘をつきとおせるわけもなく、あっけなく私はすっぴんが一重だということを打ち明けました。その後、きれいにクレンジングして一重まぶたに戻った素顔を彼に見せましたが……、わたしは罪悪感にかられて謝り続けました。

彼はフォローしてくれましたが、一重まぶたの顔面に自信を持てない私は彼の言葉をまともに受け止めることはできませんでした。

それからしばらくして、彼から別れを告げられました。彼ははっきりとした理由を言いませんでしたが、わたしは自分のすっぴんがブスだったからではないだろうかと思う日々が続きました。

その後は自分のすっぴんがコンプレックスになり恋愛をすることにも恐怖を感じました。

どちらかというとアイプチ後の私の顔は男ウケがいい方だったと思います。その反面、化けの皮をはがすと一重でブスな私が現れるんです……。もう、あんな思いはしたくない……と好きな人ができても気持ちを抑え込むようになりました。

そしてたどり着いた美容整形という選択

しばらく恋愛から遠ざかっていた私。でもこのままではいけない!と、ついに美容整形とを決意しました。

高校時代の友達で二重整形をした女友達から情報を聞きだし、大手のクリニックで施術することに。

キャンペーン中で料金も思っていたより手頃でした。今の私を救えるのは整形しかないと揺るがない決心をしクリニックを訪れました。

カウンセリングで二重ラインの幅を決め、すぐに施術。長年のアイプチ効果でうっすらラインがついていたため、そのラインを参考にしてもらうことにしました。

私が選んだ施術法は埋没法。私はまぶたが薄いため埋没法で十分だろうという医師の意見でした。

手術台に乗り、まずはじめにまぶたに麻酔を打たれます。これが本当に痛いのです。

打たれた瞬間涙が勝手にあふれ視界が見えなくなりました。

一方、糸で縫いつけられたときは、まぶたを引っ張られる感覚のみで痛みはありませんでした。

片目を終えて再度麻酔に入ったときはこれ以上ないくらいの恐怖でした。

その後、両目で10分くらいで手術は終了。手術直後はまぶたが少し腫れただけでメガネをするとそこまで気になりませんでした。

2週間のダウンタイムを乗り越えて

でも翌日以降の腫れは大変でした。

術後2週間は目の腫れが続きますと説明を受けていたので覚悟はしていましたが、予想以上に腫れてしまいました。

まぶたが重くて目が開かないため視野がだいぶ狭まります。

とてもではありませんが外出なんてできる状態ではありません。メガネをしてもぷっくり腫れているのがわかります。

大学の長期休暇中に行ったものの、アルバイトは2週間以上休みをもらえなかったため出勤せざるを得ませんでした。

もちろんバイト先にも整形をしたことは黙っていたためメガネでカモフラージュして出勤しました。

しかしどう見ても容貌の変わった私。すぐに店長から呼び止められました。「あれ? 二重だったっけ?」と一番言われたくなかったな言葉……。

「逆まつ毛を除去する手術を受けました」とあからさまにわかりやすい嘘をつきましたが、それを見透かしたかのように店長は含み笑いを浮かべていました。

本当殴ってやりたい気持ちでした。その後もバイト仲間からまぶたについていろいろと質問されましたが、みんな他人事だからかそれほど興味を持たず「逆まつ毛とって二重になれるなんてラッキーだね」と言ってくれました。

大学でも何度も突っ込まれましたが、その都度うまくかわし大事にならずに済みました。

「むしろ一重だったっけ?」と以前の顔を思い出すことができない友達もいました。

自分が思うほど他人は自分に関心がないんだなと初めて気が付いた瞬間でした。自分があんなにコンプレックスで悩んでいたのが少しばからしく思えるほどに。

美容整形のおかでですべてが前向きに

二重まぶたを手に入れた私の人生は一変しました。

外の顔も二重、すっぴんも二重。もう恋愛に恐れる必要はなくなったのです。

それからしばらくして私には好きな人ができ、私から告白し無事に恋人同士になることができました。

それまででは考えられなかったことです。彼に初めてすっぴんを見せたとき「それ本当にすっぴんなの? かわいすぎてうれしい」と抱きしめられたのを今でも覚えています。

社会人になった今、職場では少々目立つ存在になり男性に声をかけてもらえる機会が増えました。

私は今の自分に本当に自信を持てています。

また、メイクの仕方も180度変わりました。アイラインやアイシャドウ、マスカラが楽しくてたまりません。今の私はメイクでなりたい顔になれるのです。

アイラインにまぶたが覆いかぶさることは一切ありません。目が大きくなったおかげで「きつね」というあだ名がウソのように、やわらかい雰囲気になりました。

高校時代、同じ悩みを抱えていた女友達も私が整形したあと同じクリニックで何人かが施術しました。

友達も口をそろえて言います。「もっと早く整形していれば無駄なお金を使うことも思い悩むこともなかった」と。

整形というと、いい印象を持たないひともいるかもしれませんが、私は肯定的に考えます。

自信の持てない一生を暗い気持ちで送るよりも、少しの冒険心で明るい未来を歩いた方が絶対に幸せです。

実際に今、私は幸せなのですから。

二重のプチ整形をやっているクリニック

written by chia02

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45471 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ