2017年01月10日 更新 | 3,739 views

プラセンタに期待できる効果がすごい! 透明素肌が手に入るかも?

アラサー女性にすすめたいプラセンタ。プラセンタは肌のターンオーバーを促し、シミの原因となるメラニン色素を抑制するはたらきがあります。また、活性酵素を排除して色素沈着を予防するので、まさに美白の必須アイテムといえるかも。美白を目指すなら、プラセンタのメカニズムを知ることが、一番の近道です。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行先生が監修しています。

プラセンタの美肌作用は、美容業界でもお墨付き。

効果的に使用するために、プラセンタが持つ効果を知っておきましょう。

プラセンタとは?

妊婦

プラセンタとは胎盤のこと。赤ちゃんがお腹の中で健やかに育つための栄養素や、成長因子がたっぷりと含まれています。

プラセンタは、いわばお腹の中で赤ちゃんを育てるベッドのようなもの。これは、赤ちゃんを出産すると同時に体外へと排出されます。

栄養豊富なプラセンタは、犬や猫といった動物の場合、出産と同時に栄養補給のために食べてしまうのが一般的。

人間の場合は、胎盤の有効成分を最新の技術で抽出、精製したものをプラセンタと呼び、シミを薄くするなどの美白効果やエイジングケア美容に利用しています。

プラセンタが美肌に効果的だというメカニズム

美白女性

プラセンタには「新陳代謝を活発にする」「自然治癒力を高める」という特徴があります。

そのため、プラセンタを使用することで肌のターンオーバーが促され、新しい皮膚の成長因子を促進されるんです。

その結果、シミやしわが薄くなったり肌の色素沈着が抑制されて、白くて美しい肌を蘇らせてくれるのだそう。

そのほかに期待できるプラセンタの効能

プラセンタの効果は、美肌だけではありません。エイジングケア作用があるので、疲労回復、毛根を活性化して発毛まで促します。そのため、男性の薄毛対策にもプラセンタは注目されているんです。

女性も老化とともに髪の毛が薄くなりがち。プラセンタを服用すれば、体全体の新陳代謝を活発にしてくれます。

プラセンタは活性酸素を除去し、髪の毛、肌、関節といった年齢とともに衰えがちな部分をサポートしてくれるんです。

プラセンタの副作用と注意点

注意

プラセンタの中でも、特に副作用に注意してほしいのがプラセンタ注射。

肌の美肌作用、疲労回復、エイジングケアに優れたプラセンタの効果がもっとも早く現れるのはプラセンタ注射ですが、この注射を経験すると、献血ができない決まりになっています。

その理由が、変異型クロイツフェルトヤコブ病「vCJD」という病気。献血の際に「vCJD」の適切な検査方法がないため、ヒト胎盤由来のエキスが原料のプラセンタ注射からの感染を防ぐことが目的です。

プラセンタ注射の種類と持続効果

また、プラセンタの静脈注射は、血圧低下やショック状態、呼吸困難、チアノーゼ、痙攣、ホルモン異常といった症例があるため、皮下注射または筋肉注射のどちらかが良いでしょう。

皮下注射または筋肉注射のどちらかを選択しますが、どちらも持続効果はおよそ1週間から半月程度。効果を持続させるには、月に2回程度は注射する必要があります。

プラセンタ注射が使用されて40年ほど経ちますが、その間、プラセンタ注射の使用によって重篤な副作用がでたという報告は日本国内でも海外でも一件もありません。

あっても、注射によるアレルギーや発疹程度。しかし体調が悪かったり、体質にあわないと感じた時は、使用を中止し、医師に相談してみてくださいね。

written by ぎりぎりへぶん

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

和田哲行

院長 / 監修記事 (226)

品川美容外科渋谷院

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー