自力で改善できる? マリオネットラインが現れる原因と対策

「マリオネットライン」とは、口の両端からあごにかけて伸びる2本の線のことを指します。マリオネットラインの改善を目指すには、口もとの筋肉の衰えを防ぐための生活習慣の見直しやマッサージ、エクササイズ、ヒアルロン酸注入などのプチ整形、外科手術によるリフトアップなどの方法があります。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大先生が監修しています。

加齢とともに出現する、口もとからあごにかけての線「マリオネットライン」

ほうれい線などとともに、顔が老けて見える大きな原因の1つです。

そのため、「口角を上げるとほうれい線やマリオネットラインが目立つので、なるべく人前で笑わないようにしている」という人もいるようです。

しかし、笑わないようにすることは、マリオネットライン対策としてはむしろ逆効果な場合もあるとのこと

では、マリオネットラインの改善を目指すためには、どのような方法があるのでしょうか。

今回は、マリオネットラインが生じる原因と、対策についてくわしく紹介します。

目次

マリオネットラインとは?

マリオネットライン

マリオネットラインとは、唇の両脇からあごに向かって伸びる2本の線のことで、40代くらいから目立ってくることが多いそうです。

人形劇に使われるあやつり人形「マリオネット」の口もとに入っている線に似ていることから、こう呼ばれるようになりました。

また、マリオネットラインは、鼻の両脇から唇の両端にかけてできるほうれい線の下にできるので、ほうれい線と合わせて「二重ほうれい線」とも呼ばれているそうです。

マリオネットラインができる原因

マリオネットラインは、以下の3つが原因で現れるとされます。

  • 頬の皮膚や筋肉の衰えによる脂肪の下垂
  • 口角を下のほうに動かす筋肉「広頸筋(こうけいきん)」のたるみ
  • 上唇と口角を下のほうに動かす表情筋「口角下制筋(こうかくかせいきん)」の縮み、硬化

おもに、口もとから下あご、首にかけて広がる「広頚筋」のゆるみや、マリオネットライン周辺にある「口角下制筋」の萎縮によって、たるんだ頬の皮膚や脂肪が線状の溝としてあらわれることが多いようです。

マリオネットラインが現れやすい人

しわを気にする女性

マリオネットラインが現れやすい人には、以下のような特徴があるようです。

  • 笑うことが少ない
  • 無表情、または表情が乏しい
  • 口数が少ない
  • いつも口をへの字に曲げている
  • 食べものをよく噛まずに食べる
  • 歯の噛み合わせが悪い、または片側だけで噛む癖がある
  • 猫背

口もとの筋肉を動かすことの少ない人は「口角下制筋」を、猫背の人は「広頚筋」を硬縮させてしまいやすいため、マリオネットラインが現れやすいといわれているのです。

該当する項目が多かった人は、今からでも生活習慣を変えてみてはいかがでしょうか。

マリオネットラインの改善を目指す方法

口元をおさえる女性の写真

マリオネットラインは、自宅で少し手間をかけるだけで改善、予防の効果が期待できます。具体的にどのような方法があるのでしょうか?

マリオネットラインの改善を目指す方法1:口もとのマッサージ

1つめは、頬のたるみを引き上げ、同時にしわの改善を目指すマッサージ。

  1. 口もとのマリオネットラインの始点に親指を当て、右側は左手で、左側は右手の手のひらで頬をやさしく覆うようにする
  2. 親指に軽く力を入れて、口角をひきあげるイメージで手のひら全体をゆっくりとこめかみのほうへ滑らせる

この2ステップを左右交互に5回ずつ行います。

マッサージをする際は、顔全体に美容液やマッサージクリームをたっぷり塗って、あまり力を入れすぎないようにしましょう

マリオネットラインの改善を目指す方法2:口の筋肉を鍛える

マリオネットラインは、口まわりの筋肉の衰えが大きな原因となって生じるものなので、普段からよく噛んでものを食べるように心がけたり、よく笑うようにしたりすることはもちろん、口もとのエクササイズを行うことも有効といえるでしょう

口の筋肉を鍛える方法は、2つあります。

口の筋肉を鍛える方法1:あいうえお体操

  1. 口を大きく開いて「あ」の状態にする
  2. 口を思い切り横に伸ばして「い」の状態にする
  3. 口をキュッと突き出すように「う」の状態にする
  4. 口を下の方に大きく開けて「え」の状態にする
  5. 口を前に出すように大きく開けて「お」の状態にする

一文字一文字をはっきりと大きな動作で行うことがポイントです

また、あいうえお体操は顔のたるみの改善が目指せるほか、フェイスラインの引き締めなどにも効果が期待できます

マリオネットラインの改善を目指す方法3:プチ整形

美容整形でマリオネットラインの改善を目指すというと、外科手術を想像する人がいるかもしれません。

しかし、皮膚の切開を必要としないプチ整形で、メスを入れずに改善を図れる場合もあるようです。

ヒアルロン酸注射

皮膚の内側に、「フィラー」(充填物という意味)としてヒアルロン酸を注入することで、シワやたるみの改善を目指すヒアルロン酸注射。

ヒアルロン酸は、体内で吸収されてしまうため、ヒアルロン酸注射の効果を持続させるためには定期的な治療が必要ですが、適切に治療が行われれば副作用などのリスクが比較的少ない治療法です

また、ヒアルロン酸注射で注入されたヒアルロン酸は、専用の分解注射で溶解させることが可能なので、満足のいかない仕上がりになってしまっても修正しやすいということも大きな特長の1つです。

注入したヒアルロン酸が肌に生じている段差を埋めるので、軽度のマリオネットラインなら目立たなくなるでしょう

ただし、注入量によってはヒアルロン酸の重みで、かえって頬の脂肪の下垂を促進してしまう恐れもあるようです

再生治療

再生治療は、さまざまな種類の細胞を作る「幹細胞」や、細胞の増殖や分化を促す「成長因子(グロースファクター)」を投与することで、肌を内側から盛り上げてしわや凹み、たるみなどの改善を目指します。

マリオネットラインの改善を目的として、使用することは可能ですが、効果が感じられるまでに時間がかかることや、治療後徐々に増加していく肌のボリュームのコントロールが難しいこと、やり直しが利かないことなど、デメリットも多いようです

照射治療

照射治療は、高周波を照射する「サーマクール」や、超音波を使う「ウルセラ」、レーザーで治療する「ダブロ」などの照射マシンで肌のリフトアップを図ります。

照射をして熱を加えることで肌を引き締め、内部のコラーゲン量を増やし、肌状態の改善を目指します

照射治療は、外科手術が可能にするような大胆なリフトアップは難しいですが、マリオネットラインが浅い人や、外科手術は受けたくないという人におすすめです。

糸によるリフトアップ法

糸によるリフトアップ法は、糸でたるんだ皮膚を引き上げたり、皮膚の中に埋め込んだ糸の刺激で肌のリフトアップしたりして、マリオネットラインを目立たなくするというもの。

数あるリフトアップ法のなかでも特におすすめなのが、以下の2つです。

  • たるんだ箇所を糸で物理的に引っ張り、改善する「フェザーリフト」や「スレッドリフト」
  • 皮膚の内側に埋め込んだ純金の糸で刺激を与えてコラーゲンの生成を促す「ゴールデンリフト」

外科手術

口もとに深く刻まれたマリオネットラインの改善を目指すなら、外科手術がおすすめです

マリオネットラインの改善に適した外科手術は、以下の2つ。

  • 切開部分から皮膚を後ろに引っ張って持ち上げ、顔のしわやたるみの改善を目指す「フェイスリフト」
  • マリオネットラインが現れる原因となる「バッカルファット」という頬の脂肪を除去する「バッカルファット除去手術」

フェイスリフトは、皮膚を切開するのでどうしてもこめかみや耳の前などに傷跡が残ってしまいますが、よく見ないとわからない程度のことが多いようです。

また、バッカルファットの除去手術は口の内側から行われるので、人目につく場所に傷あとが残りません

マリオネットラインの改善を目指して若々しい印象に!

女性の口元の写真

マリオネットラインは、無口な人やあまり笑わない人、口を動かさない人ほど生じやすいようです。

マリオネットラインの改善を目指す方法としては、ラインが薄い場合は自分で行うマッサージやプチ整形が、濃い場合は外科手術がおすすめです。

よく笑うことやよく噛んでものを食べることは、心身の健康にも良い影響を与えるので、日常生活のなかでも積極的に口の筋トレを心がけましょう。

セルフケアでは、医療機関で行う治療のようにな効果は期待できません。
予防やエクササイズ感覚で行うと良いでしょう。

なお、過度なマッサージや筋トレは逆にたるみの原因となってしまう場合もあります。

この記事の監修医:武内大先生のクリニックはこちら

  • 住所新潟県新潟市中央区弁天1-1-22 東信新潟ビル2F
  • アクセスJR新潟駅「万代口」徒歩約2分 京成新潟駅「新潟駅」徒歩約2分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00~19:00
  • 電話番号0120-293-740
  • 予約ネット予約・電話予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

品川スキンクリニック新潟院の詳細

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

しわ・ほうれい線の施術を受けられるクリニック

  • 東京JR池袋駅より徒歩5分
  • しわほうれい線治療 3DPRP注入 2箇所124,200円

湘南美容外科 池袋東口院の詳細

  • 大阪JR大阪駅より徒歩3分
  • しわ・ほうれい線治療 ヒアルロン酸注入60,000円〜

シロノクリニック 大阪院の詳細

  • 福岡西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分
  • ほうれい線治療うるおい注射 1箇所46,110円

品川スキンクリニック 福岡院の詳細

その他のしわ・ほうれい線・顔のたるみ施術の施術を受けられるクリニックを探す

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

id美容外科 代表院長 パク サンフン

パク サンフン

監修記事 (1)

id美容外科 代表院長

共立美容外科 銀座院 藤巻尊子

藤巻尊子

監修記事 (1)

共立美容外科 銀座院

共立美容外科新宿本院 望月香奈

望月香奈

監修記事 (1)

共立美容外科新宿本院

サイトメニュー