2017年09月22日 更新

頬がこけ、老けてしまうことも!バッカルファット除去の失敗パターン

バッカルファットは頬の深部にある脂肪のかたまり。多すぎるバッカルファットを施術で除去すると、小顔効果や口元のたるみ改善が期待できます。効果が高いとされる美容術ですが、除去しすぎると頬がこけて老けた印象になることも。施術をするなら若いうちにすること、また自分にとって本当に取り除いて良い脂肪なのかしっかり考えましょう。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行先生が監修しています。

頬にある脂肪のかたまり「バッカルファット」の除去は、小顔やたるみの改善・予防効果が期待できるとされています。

物理的に脂肪を取り去るため、しっかりと変化を感じることのできる施術とされていますが、やはり気になるのは失敗例ではないでしょうか。

バッカルファット除去の失敗パターンには、どのようなものがあるのでしょうか。

目次

バッカルファットとは

バッカルファットとは、頬の深部にある被膜で包まれた脂肪のかたまりのこと。若いうちは高い位置にありますが、20歳頃から徐々に下がってくるとされています。

下がったバッカルファットは、口元のたるみを強調するためほうれい線マリオネットラインが目立つ要因のひとつにもなります。

バッカルファット除去とは

鏡を見る女性の写真

バッカルファット除去とは、その名のとおりバッカルファットを取り除く施術。口腔内から切開し、バッカルファットを除去します。

バッカルファットを除去することで、頬まわりのボリュームが減り小顔効果や、たるみの改善効果が期待できます。

また、若いうちに施術を受けることで、将来的なたるみの予防につながることも。

バッカルファットの除去は口の内側を切開して行うため、見える部分には傷跡が残りません。ただし、ダウンタイム中は腫れが強く出る場合もあるため、周囲の人にばれずに施術を受けることは難しいようです。

バッカルファット除去は失敗のリスクもある?

落ち込む女性の写真

バッカルファットの除去は物理的に脂肪を取り去るため、プチ整形などに見られがちな「変化が感じられなかった」という失敗例はほとんどないようです。

しかし、バッカルファット除去によって、以下のような望んでいないような仕上がりになってしまうことがあるようです。

  • 老けた印象になった
  • 顔に左右差ができてしまった

具体的には、どのような症状なのでしょうか?

失敗例:頬がこけて老けて見えるように

バッカルファット除去をしたことによって、頬がこけて、施術前よりも老けて見えるようになってしまったというケースがあります。

これは、除去するバッカルファットの量が多すぎたことが失敗の原因のようです。

また、頬骨の高い人は頬の脂肪が減るとへこんで見えやすい傾向があります。

バッカルファット除去はダルマ落とし!?

バッカルファットを除去すると、必然的に空いたスペースができます。このスペースがそのまま維持されれば問題ありませんが、なかには脂肪のダルマ落とし現象が起こることも。

脂肪がなくなったスペースに、頬上の別の脂肪が落ちて移動してきてしまうのです。

これによって、目の下でバランスを取っていた肌はみるみるハリをなくしてしまいます。

こうなると、バッカルファット除去をする前よりも老け込んでしまった印象になってしまうこともあるようです。

失敗例:左右のバランスが崩れてしまった

もともと人間の顔は完全な左右対称ではありません。そのため、バッカルファットの量にも左右差があることが多いようです。

このことを考慮して適した量を除去しなかった場合、左右のバランスが崩れた仕上がりになってしまいます。

バッカルファット除去おすすめは30代前半

カレンダーの写真

こういった老け込み現象をなくすには、バッカルファットの除去は30代前半までにしておくことが良いそうです。

理由は、肌の再生能力が30代前半とそれ以降では違ってくるから。若い肌は、余った皮膚が自然に縮んでくるという能力がしっかり備わっています。

そのため、バッカルファット除去を受けて目の下の皮膚が緩んでしまっても、そこからしっかり再生してハリを取り戻していくそうです。

万が一、バッカルファット除去を行ってくぼみやしわができてしまったら、ヒアルロン酸注射でふくらみを取り戻すことを検討するのも良いでしょう。

施術をする前に……美容においての脂肪の重要性

胸に手をおく女性の写真

美容において脂肪というのは重宝するべき存在。

もちろん、過度な脂肪は肥満などを引き起こしますが、適度な脂肪は女性らしいラインを引き出すために必要だといわれています。

顔の若々しさ・美しさをキープするために、果たしてバッカルファット除去が本当に適切かを、施術をする前にもう一度しっかりと考えましょう。

バッカルファット除去のリスクも考えてから施術を受けよう

頬をさわる女性の写真

バッカルファット除去は、気になる頬のボリュームがダウンして小顔効果も期待できるうれしい施術です。

しかし、なかには老けた印象になってしまった、顔のバランスが悪くなったというケースもあるようです。

バッカルファット除去をするなら、その後の経過も考えてなるべく若いうちの施術がおすすめ。

また、自分のその脂肪は本当に除去してしまっても良いのか……しっかりと考えたうえで施術を行いましょう。

この記事の監修医:和田哲行先生のクリニックはこちら

  • 住所東京都渋谷区道玄坂2-3-2 大外ビル4F
  • アクセスJR渋谷駅 「ハチ公改札」徒歩約1分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00〜20:00
  • 電話番号0120-175-600
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

品川美容外科渋谷院の詳細

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事の監修者

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

和田哲行

院長 / 監修記事 (55)

品川美容外科渋谷院

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

id美容外科 代表院長 パク サンフン

パク サンフン

監修記事 (1)

id美容外科 代表院長

共立美容外科 銀座院 藤巻尊子

藤巻尊子

監修記事 (1)

共立美容外科 銀座院

共立美容外科新宿本院 望月香奈

望月香奈

監修記事 (1)

共立美容外科新宿本院

サイトメニュー