2017年05月18日 更新 | 19,707 views

頬がこけ、老けてしまうことも!バッカルファット除去の失敗パターン

バッカルファットは頬の深部にある脂肪のかたまり。多すぎるバッカルファットを手術で除去すると、小顔効果や口元のたるみ改善が期待できます。効果が高いとされる美容術ですが、除去しすぎると頬がこけて老けた印象になることも。骨格や脂肪の量などに応じた施術を受けるために、しっかりとカウンセリングを受けましょう。

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行先生が監修しています。

頬にある脂肪のかたまり「バッカルファット」の除去手術には、小顔やたるみの改善・予防効果が期待できるとされています。

物理的に脂肪を取り去るため、効果が高いといわれる手術ですが、やはり気になるのは失敗例

バッカルファット除去の失敗パターンには、どのようなものがあるのでしょうか。

バッカルファットは頬の深部にある脂肪

バッカルファットは、頬の深部にある被膜で包まれた脂肪のかたまりのこと。若いうちは高い位置にありますが、20歳頃から徐々に下がってくることが特徴です。

下がったバッカルファットは口元のたるみを強調するため、ほうれい線マリオネットラインが目立つ要因のひとつにもなります。

バッカルファット除去は小顔、たるみ改善効果が期待できる

鏡を見る女性の写真

バッカルファットを手術で摘出すると、頬まわりのボリュームが減る小顔効果や、たるみの改善効果が期待できます。また、早めに施術を受けることで、将来的なたるみの予防につながることも。

バッカルファットの除去手術は口の内側を切開して行うため、見える部分には傷跡が残りません。ただし、ダウンタイム中は腫れが強く出る場合もあるため、周囲の人にばれずに手術を受けることは難しいようです。

バッカルファット除去手術の失敗パターン

落ち込む女性の写真

バッカルファットの除去手術は物理的に脂肪を取り去るため、プチ整形などに見られがちな「変化が感じられなかった」という失敗例はほとんどないようです。

それでは、バッカルファット除去による失敗パターンには、どのようなものがあるのでしょうか。

バッカルファット除去手術の失敗パターン1:頬がこけて老けて見えるように

まずは、頬がこけて、施術前よりも老けて見えるようになってしまったというもの。これは、除去するバッカルファットの量が多すぎたことが失敗の原因となっています。

また、頬骨の高い人は頬の脂肪が減るとへこんで見えやすい傾向があります。

バッカルファット除去手術はダルマ落とし!?

バッカルファットを除去すると、必然的に空いたスペースができます。このスペースがそのまま維持されれば問題はないのですが、頬の中で私たちが望まないことが起こることも……。

それは、脂肪のダルマ落とし現象です。脂肪がなくなったスペースに、頬上の別の脂肪が落ちて移動してきてしまうのです!

これによって、目の下でバランスを取っていた肌はみるみるハリをなくしてしまいます。こうなると、バッカルファット除去をする前よりも老け込んでしまった……という患者さんも出てきます。

バッカルファット除去おすすめは30代前半

こういった老け込み現象をなくすには、どうしたら良いでしょうか?美容外科のお医者さん曰く、バッカルファットの除去手術は30代前半までにしておくのがおすすめなだそう。

理由は、肌の再生能力が30代前半とそれ以降では違ってくるから。若い肌は、余った皮膚が自然に縮んでくるという能力がしっかり備わっています。

なので、バッカルファット除去手術を受けて目の下の皮膚が緩んでしまっても、そこからしっかり再生してハリを取り戻していくのだそうです。

くぼみやシワにはヒアルロン酸注射

万が一、バッカルファット除去を行ってくぼみやシワができてしまったら、ヒアルロン酸注射でふくらみを取り戻すことを検討するのも良いでしょう。

担当のドクターに相談すれば、こういったアフターケアも行ってくれるはずです。美容整形の併用というのは割引がきくことが多いので、ぜひカウンセリングしてみてくださいね!

バッカルファット除去手術の失敗パターン2:左右のバランスが崩れてしまった

もともと人間の顔は完全な左右対称ではないので、バッカルファットの量にも左右差があることが多いようです。

そのため、適した量を除去しないと左右のバランスが崩れてしまうという失敗になりかねません。

スプリングスレッドのすすめ

たるみは解消したいけど、左右のバランスが崩れてしまうのは心配……という方は、スプリングスレッドの美容整形を検討してみてはどうでしょうか?

スプリングスレッドとは、フランス製の伸縮性に富んだ糸を使って頬を引っ張り上げる美容整形。スプリングスレッドは物理的にたるんでしまった皮膚を引っ張り上げるので、若々しい肌になれる効果が高いといわれています。

スプリングスレッドは効果の持続性が高く、また安全性もあるとされ、ここ最近人気が高まっている施術。トラブルを避けたい!とう方は、検討してみるのも良いかもしれません。

バッカルファット摘出による失敗(トラブル)事例が読めるブログ

パソコンをする女性の写真

しらゆりビューティクリニック院長のブログで、他院でのバッカルファット除去によるトラブル事例を読むことができます。

1年前にバッカルファット除去を受けたものの、血腫(患部に血が溜まる状態)ができてしまったそう。

さらに、バッカルファット除去により頬がこけ老けて見えるようになってしまったため、別のクリニックで脂肪の移植を受け、最終的にはしらゆりビューティクリニックで再度脂肪移植とリフトアップ術を受けたそうです。

バッカルファット除去の症例画像が見られるサイト

紅茶と写真

美容クリニックのウェブサイトから、バッカルファット除去の症例画像が掲載されているページを集めてみました。

湘南美容外科

バッカルファット除去のページ中央部に、症例写真が掲載されています。各症例の画像をクリックすると、さらに詳細な説明が読めます。

高須クリニック

ビフォーアフター画像の一覧ですが、各症例ごとの「詳しく見る」ボタンから、経過画像と詳しい内容を見ることができます。

あつぎ美容クリニック

解説の文章はありませんが、バッカルファット除去によるビフォーアフターの様子が比較しやすい画像が掲載されているため、とても参考になります。

アテナクリニック

紹介されている画像は少ないのですが、バッカルファット除去によって頬がかなりスッキリした症例が紹介されています。

こいずみ形成クリニック

ほかの症例画像にはあまりない、口を「イーッ」と横に広げた表情の画像があります。

【閲覧注意】摘出したバッカルファットの画像あり。

銀座CUVOクリニック

各症例の画像とともに、とても詳しい解説が掲載されています。

【閲覧注意】摘出したバッカルファットの画像があります。

バッカルファットを批判する医師も……

顔を隠す女性の写真

失敗例が多く報告されているバッカルファット除去。しかし、クリニックではこの施術をおすすめしていることも多いようです。なぜ失敗が多いのになくならないのか。

それは、バッカルファット除去がクリニックにとっておいしい手術だから、という医師の指摘も。バッカルファットカット自体難しい手術ではなく、特別な機器も不要で、それなりの料金を患者からとれるのだそうです。

バッカルファットを痛烈に批判しているドクターも多いことも事実。以下にその主張をしているドクターのブログを載せておきます。

▼シンシア~Sincerely Yours 銀座の美容外科・美容皮膚科▼

脂肪というのは貴重な存在

バッカルファットは頬の脂肪ですが、これをカットすることによってたるみが解消できるのか?と思うと、疑問が残る人もいるでしょう。

そもそも、美容において脂肪というのは重宝するべき存在。もちろん、過度な脂肪は肥満などを引き起こすのでいけませんが、適度な脂肪は女性らしいラインを引き出すために必要だといわれています。

顔の若々しさ・美しさをキープするために、果たしてバッカルファット除去が本当に適切かを、再考慮しなくてはいけないかもしれませんね。

失敗を防ぐためには入念なカウンセリングを受けよう

バッカルファットの除去による失敗を防ぐためには、カウンセリングを十分に受けて治療計画をしっかりと相談することが重要です。

アフターケアにもきちんと対応してくれそうな、信頼できるクリニックを選びましょう。

NICOLYモニターさんがバッカルファット除去を体験してきました!

関連する記事

[美容整形体験レポート]バッカルファット除去で小顔に近づいた!|湘南美容外科 町田院

湘南美容外科町田院で実際にバッカルファット除去の施術を受けて、コンプレックスだった顔の大きさを小顔にしてみることに。施術中は口の中が少し引っ張られる感じがあっただけで特に痛みはなく、術後数日経っても腫れませんでした。口のなかにある傷口も小さな口内炎になるくらいだったので、美容整形初心者にもおすすめかもしれません。

バッカルファット除去の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 177,371円
もとび美容外科クリニック 183,300円
水の森美容外科 200,000円
東京美容外科 350,000円

※費用は税抜表示です。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

バッカルファット除去の体験レポート公開中!

test

バッカルファット除去で小顔にしてみた|湘南美容外科 町田院

脂肪をなくし小顔になる方法としては、バッカルファット除去と脂肪溶解注射のふたつ。バッカルファット除去は、深い層の脂肪にあるバッカルファットを口の内側から除去し、小顔効果と加齢によって頬がたるむのを予防します。脂肪溶解注射は、あごの裏や頬などあらゆる部位の皮下脂肪を除去することで、小顔にします。また、それぞれの施術のメリットや副作用、ダウンタイム、施術の流れ、失敗例などを紹介します。

出典:脂肪をなくして小顔に!バッカルファット除去と脂肪溶解注射の違いとはnicoly.jp/article/4261

関連する記事

[美容整形体験レポート]バッカルファット除去で小顔に近づいた!|湘南美容外科 町田院

湘南美容外科町田院で実際にバッカルファット除去の施術を受けて、コンプレックスだった顔の大きさを小顔にしてみることに。施術中は口の中が少し引っ張られる感じがあっただけで特に痛みはなく、術後数日経っても腫れませんでした。口のなかにある傷口も小さな口内炎になるくらいだったので、美容整形初心者にもおすすめかもしれません。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

和田哲行

院長 / 監修記事 (226)

品川美容外科渋谷院

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー