2017年01月11日 更新 | 19,386 views

実はリスクが高い? 金の糸のメリット、デメリットについて

皮膚に純金の糸を埋め込み、肌質改善を図る「金の糸(ゴールデンスレッド)」。体内に埋め込まれた糸の刺激による肌のターンオーバーの促進、コラーゲンの量の増加などによる美白、美肌効果を期待できる画期的な美肌治療だといわれていますが、実はアレルギーリスクが高かったり、一度埋め込んだら糸の摘出ができなかったりするなどのデメリットもあるんです。

水の森美容外科 総院長  竹江渉

この記事は、水の森美容外科 総院長 竹江渉先生が監修しています。

古代エジプトの時代から金には高い美容効果があるとされ、現在に至るまで金を使用したさまざまな美容法が考案されてきました。

金を用いた美容法のひとつが、純金の糸を埋め込み、肌を若々しく見せる美肌治療「金の糸(ゴールデンスレッド)」

金の糸のエイジングケア効果を評価する声がある一方で、埋め込んだ金が体内に及ぼす影響などを危惧する声もあるようです。

「金の糸(ゴールデンスレッド)」とは?

金の糸とは、髪の毛ほどの細さの糸状の純金、24金を顔や首などの皮下にこまかい網目状に埋め込み、肌に内側から刺激を与えることで美肌効果をひき出すというもの。

金の糸「スレッド」を使用する施術なので、「ゴールデンスレッド」とも呼ばれています。

施術は針で皮膚の内側に金の糸を通し、埋め込むだけ。メスを入れることなく肌の若返りを図る美容法で、施術による副作用やダウンタイムが少ないのも特長です。

金の糸に期待できる効果

皮膚の皮下に埋め込まれた金の糸は、周囲の組織に傷をつけ、傷を治そうとするはたらき「創傷治癒作用」と、異物である金の糸を排除しようとする免疫反応をひき出します。

創傷治癒作用と免疫反応は血行を促進し、さらに治癒機能などを持つ「線維芽細胞」に刺激を与えることで、肌に弾力を与える「コラーゲン」や「エラスチン」の生成を促進。

そして、肌のターンオーバーを整えてシミを薄くするなどの美白効果をもたらすとともに、ハリつやが増して、肌を若々しくする効果が期待できるのだそう。

また、「皮膚に糸を埋め込む治療法」というと、たるみやしわの気になる部位を糸でひっぱり上げるタイプのリフトアップ効果のあるものが多いです。

ですが、金の糸は皮膚をひっぱり上げる治療法ではなく、あくまでも埋め込んだ純金がもたらす刺激による肌状態の改善を促すというもの。

そのため金の糸による治療では、肌のリフトアップはほとんど期待できませんが、弾力が向上するので肌のたるみやしわなどに多少の改善が見られることがあるようです。

金の糸がおすすめな人

一般的に、金の糸が特におすすめなのは、

  • 顔、首などの小じわ、たるみ
  • 肌の弾力不足
  • しみやニキビ跡などの色素沈着
  • 毛穴の開き

という肌の悩みを抱えている人のようです。

ただ、シワに対して期待できる効果は薄い、という見解も。

水の森美容外科 総院長  竹江渉

水の森美容外科 総院長 竹江渉

当院の見解としては、金の糸にたるみ改善の効果はなく、シワに対する効果も薄いと考えております。

コラーゲンの 生成を高める効果はあるものの、コラーゲンが増えたことでタルミが引き上がるものではない、というのがその理由です。

また、金の糸で肌の悩みを治療することのメリットとしては、

  • メスを入れることなく、肌を若々しくすることができる
  • 肌内部のコラーゲン量を増やすことで、肌状態を内側から改善することができる
  • 傷跡が残らず自然に若々しくなったように見えるので、施術を受けたことを他人に気づかれにくい
  • 施術後のダウンタイムが少ない
  • 施術時、施術後の痛みが少ない

という点があげられます。

金の糸の施術内容について

金の糸の施術は、

  1. カウンセリングで医師から施術について説明を受ける
  2. メイクを落として、洗顔をする
  3. 糸を通す箇所に目印をつけ、マーキングを行う
  4. 施術を行う部位に麻酔クリームなどで表面麻酔を行う
  5. マーキングに従って糸を埋め込む
  6. 施術を受けた部位をアイスノンなどで少し冷やす
  7. 肌を消毒し、マーキングを落とす

という流れ。

また、金の糸の効果は施術後3か月~半年ほどで徐々に現れてくるといわれています

施術にかかる費用

施術にかかる費用は糸の本数や部位にもよりますが、顔全体に挿入する場合の目安は30万~50万円ほど。比較的高めの値段です。

施術にかかる時間

顔全体に施術を行う場合、施術にかかる時間の目安は麻酔をする時間も含めて1時間ほど

美容整形としてはふつうの所要時間でしょう。

術後の効果持続期間

金の糸の効果の持続期間は10年~15年程度といわれています。

値段が高めなので、かなり持続性が高いです。

術後の痛み

金の糸は施術部位に麻酔を施してから行う場合が多く、また、施術に使用する糸も針も細いので、挿入時の痛みはほとんどありません

施術後に麻酔が切れてから手術部位に痛みを生じる場合がありますが、医師から処方される痛み止めを服用すれば耐えられるくらいのものであることが多いようです。

施術後のダウンタイム

メイクと入浴は施術の翌日から、シャワー浴は当日から可能です。

施術後、肌に多少の赤みやむくみなどが生じることがありますが、だいたい1週間ほどで落ち着くよう。

ただ、万が一炎症が長引く場合は感染症やアレルギーの疑いもあるので、施術を受けたクリニックに相談しましょう。

また、施術中に針が毛細血管を傷つけた場合、内出血を生じることがありますが、1~2週間ほどで消失します

まれに、目に見える症状がおさまった後も、施術を受けた部位に異物感がしばらく残り続ける場合があるようです。

金の糸のリスク

金の糸は若々しくなれるという効果に定評がありますが、それなりのリスクを伴う治療法のようです。

まず気になるのは、アレルギーリスクの高さ

純金はアレルギーリスクがとても低いとされてきましたが、近年の研究では、金の糸の挿入によって引き起こされる金属アレルギーは、10人に1人ほどの割合だという報告があります

仮に事前のパッチテストで問題がなかったとしても、後から発症する場合もあるそう。

また、肌の内側にこまかい網目状に巡らせる金の糸は、一度埋め込んでしまうと取り出すことが困難なので、アレルギーを発症してしまった場合には皮膚の大規模な切開による摘出が必要になる可能性も。

さらに、金の糸から溶け出す「金イオン」を「栄養導入、新陳代謝の向上を促す」と評価する声もある一方で、金イオンの毒性が体内に悪影響を及ぼすと指摘する声もあります。

ほかにも、金の糸が発熱してやけどを負う可能性があるため、レーザーや高周波を発する機械を用いた治療がいっさい受けられなくなるんだとか

レントゲンやMRI、CTなどの検査を受ける際、金の糸が影響を及ぼして画像が不鮮明になり、正確な診断がされづらくなることも大きなデメリットだといえるでしょう。

金の糸の症例写真や施術詳細がよくわかるサイトまとめ

金の糸の施術を考えるときもっとも気になるのは、術後の仕上がり。

実際に金の糸の施術を行っているクリニックのホームページでは、症例写真が載っていることが多いので参考にしてみましょう。

聖心美容クリニック公式サイト

金の糸による治療のメカニズムが、くわしく解説されています

症例写真も見られるので、仕上がりの参考になるでしょう。

ベル美容外科クリニック公式サイト

金の糸のページでは、治療の仕組みや術後の経過などが図解で非常に詳しく解説されています。

施術を受けた人の体験談も掲載されているので、リアルな口コミを読んでみましょう。

高須クリニック公式サイト

金の糸の症例写真がとても豊富です。

自分の顔に似た人の症例写真を探してみて、より現実に近い仕上がりを知りましょう。

水の森美容外科公式サイト

金の糸やエイジングケアに対する見解や、効果的な治療が記載されています。

金の糸はさまざまな効果が期待できるけど、それなりにリスクもある

さまざまな美容効果をもたらしてくれる金の糸ですが、施術には少なからずリスクを伴ったり、術後の生活にも影響を受けたりすることも。

金の糸による治療を受けることを検討している人はメリット、デメリットを比べ、同じような効果を得られるほかの施術も視野に入れたうえで、慎重に考えることをおすすめします。

水の森美容外科 総院長  竹江渉

水の森美容外科 総院長 竹江渉

金の糸自体の治療を否定するわけではございませんが、治療を希望する患者様には、効果に関して良くご理解頂いた上で、選択をして頂くようにしております。

金の糸はあくまで美肌治療であるという点を良くご理解しておかなければいけません。

金の糸は金を埋め込むという外科的な手術をイメージさせますが、あくまでコラーゲンを増やすという内科的な治療です。

例えば、コラーゲンのサプリメントを摂取して頂いて、どの程度の効果があるかと考えて頂くと良いかもしれません。

勿論、局所的にコラーゲンを増加させますので、コラーゲンを摂取するよりは、遙かに効果は高いとは思われます。

金というイメージが患者様に高い効果をイメージさせますが、 患者様の高い期待に応えるほどの効果を出すことが難しいことから、満足度の低い手術であるとも考えております。

水の森美容外科 総院長  竹江渉

水の森美容外科 総院長 竹江渉

たるみやしわなどアンチエイジング対策としては、ハムラ法やフェイスリフト、ヒアルロン酸注入など、様々な効果的な治療方法がございます。

御自身に合った治療を選択 することが何よりも大切ですので、まずは悩んでいるポイントを医師に相談してみてください。

written by エクリトアコ

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

73,690 views

この記事の監修者

水の森美容外科 総院長  竹江渉

竹江渉

総院長 / 監修記事 (12)

水の森美容外科

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー